体験型音楽祭『山のおんぶ』のブログ

「トントンギコギコチリンチリン あしたがきこえる 山のおんぶ」千葉県山武市さんぶの森公園にて毎年10月に開催される 体験型音楽祭『山のおんぶ』!!!







テーマ:

 
  
おはようございます。
山のおんぶの日程が決定いたしました!!!
今年は1日だけの開催です。

10月23日の日曜日。

...

とりあえず今のところこれだけは忘れないように覚えておいてくださいね♪

ここから先は少しだけ個人的な想いを書かせてもらいます。

毎年わからなくなる。
それは第何回なのか!w
いっつも忘れてしまう。
今年もだ。
あれ?
6回?7回?
バカなのか?
俺はバカなのか?
良いように考えると回数に囚われないでやってます♪みたいなことなのかもね。つうかもう、そういうことでやりたいと思います(笑)

でも1つ言えることは今年が最後だってこと。
最後っていうと寂しいですけど、これは始まるための終わり。
始まりに向けて終わるのです。


昨日は山のおんぶのミーティングをしました。
このメンバーの中で自分の中の山のおんぶが成長してきました。
山のおんぶも実行委員メンバーも大切な存在になりました。
どっちも愛してます!

今年もみんなでサイコーな山のおんぶにしようと動き始めました。
山のおんぶのFacebookページにいいねを押していただいてるみなさま。
これから半年ちょっとのおつきあいどうぞよろしくお願いしMAX!!!

山のおんぶは
10月23日です!!!

(f.s)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


2014年から山のおんぶの映像を記録としてそして彼の作品として、手掛けてくれているWILD LEMONによる

山のおんぶ2015の映像3部作、「ムシオクリ」 「森のウエディング」 「本祭りダイジェスト」が出揃いました!




同じお祭りの中で行われているコンテンツとは思えないほど、

それぞれの世界観、空気感、物語がぎゅっと濃縮されこの三つの作品に注ぎ込まれています。




3部とも、とても見ごたえのある作品に仕上がってます。

少し重くはなってしまいますが、映像がとても美しいので高画質設定でご覧いただければ嬉しいです。

是非ゆっくり、じっくりWILD LEMONの窓からのぞいた山のおんぶの世界をお楽しみください!





●WILD LEMON (WEB)





::: ムシオクリ :::








::: 森のウエディング :::


※森のウエディング詳細記事 >>>WO-un BLOG






::: 本祭りダイジェスト :::
















ki
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年もあの広い会場をムシオクリ前夜祭から本祭りの二日間、隅から隅まで駆け回り


たった一人で刻一刻と変わる祭りの表情をフレームに納めてくれたKENSAKU SEKIから


その美しい「場面」たちが届きました。





山のおんぶのウェブにも掲載されていますが、ここでも一部、皆様と共有させて頂ければと思います。


>>> KENSAKU SEKI

>>> 山のおんぶ2015・ギャラリー 





::: 24日 ムシオクリ前夜祭 :::




この山武地域で戦前行われていた五穀豊穣を願う行事「虫送り」を


現代に生きる僕たちが、僕たちなりのアプローチで、解釈で再現し始めて今年で3年目。




今年も天候に恵まれ、移ろい始めた秋の色彩と、そこに溶け込むような柔らかな音色に包まれて・・・


 



 




古きと新しき、光と闇、白と黒、始まりと終わり。


一見、両極端にあるように見えるものが、実は、常にともにあり、


ただただ巡り巡っていくものであったりもして。







終わりと共に始まっていくもの、


手放す事で得られるもの、


壊すことで守れるもの。






そこにあるのはもしかしたら意識が作る隔たり、言葉を使った区別でしかないのかもしれない。


でも僕たちが意識を通して「世界」を捉え、言葉で「世界」を作り上げているのは確かな事実。


だとしたら僕らはどんな意識で、どんな世界を綴っていこう





そんな僕たちなりの「綴り方」を,、風景を通して体験を通して、この -祭り- に落とし込んでいく。

















::: 25日本祭り・マーケットエリア :::


そしてまた朝を迎え、25日本祭り。 


エントランスを抜けてすぐのマーケットエリアには、8つの村に分れ野菜からクラフトまで計50店舗の幅広い出店者が軒を並べ


 

 


その間を縫うように、アートやパフォーマンス、様々なワークショップが展開、


ワクワクとキラキラが広大な芝生の広場を埋め尽くしました。




 


 



誰かが夢中で作ったものを、違う誰かが夢中で遊ぶ。



 


その熱が膨れ上がり溢れ出して、また他の誰かへと、ここから外へと、今日から明日へと、


手渡されていく。











::: デッキエリア :::


 




 



今年は「Down the river」をテーマに展開されたデッキエリア。


そこには「水」や「川」をイメージさせる様々な演出が。





「山から海へ、母から子へ、作り手から使い手へ。」


その流れの中で、沢山の想いと物語が、水面に映る光のしずくのように


輝きを放ちながら、それぞれの川をあらがうことなく下っていく。



 




 





そんな一筋一筋の輝きが綴る物語を、河原で踊るすすきの柔らかな穂先に透かして読み取るように


沢山の「KIZUKI」と共に持ち帰って頂けたならうれしいです。



 



 
















::: 森のウエディング :::

 


昨年に引き続き本祭り内で行われた森のウエディング。


沢山の方々に祝福されながらマーケットエリアを練り歩き、デッキエリアに設けられた特設チャペルにてセレモニーが行われました。





 



誰かの幸せを願い祝う事が、周りのみんなの力となり幸せとなり、響きあう。

そんな心地よい振動が、水に投げた小石が作る輪のように、


どこまでも広がっていくのを今年も強く感じたウエディングでした。






***************************************************************

このウエディングの詳細は、後日デッキエリアの企画製作を行ったWO-unの

ブログにて掲載される予定ですのでそちらも是非ご覧いただければと思います。

>>> WO-un

***************************************************************
















::: ステージエリア :::




今年もマーケットエリアを遊びつくし、デッキエリアのしつらえを堪能した参加者を心地よい音色と美味しい食事で


受け止め包み込んだステージエリア。







体が必要とするものを「おいしい」と感じるように、理屈を超えて心に染み込んでくる音色が、色彩が、


音楽とは、芸術とは、文化とは何なのか、なぜ必要なのかという原点にいつも僕らを立ち返らせる。



 




 



言葉を超えて、世代を超えて、意識の隔たりを超えて体を揺さぶり、


心に染み込んでくるこの振動は何なのか、どこから来るのか。


僕たちは揺らぎながらもその源を問い続け、追い続ける。





万人に届くほどものは到底手に出来ないとしても、


それがここで生きていく力、ここを活かす力に変わることを信じて。










::: SPECIAL THANKS :::



そして最後に。


参加して下さった沢山の出店者やアーティストたちが、自分たちの持つ「色」を余すことなく表現できる、


表現したいと思える環境〈キャンバス〉をともに作り上げてくれた最高の仲間たち。


 




今年もまた、この仲間たちと共に何かと向き合い「作る」事に夢中になれた事、

沢山の気づきと学びと成長を共に積み上げられた事。

そしてその結果、沢山の人たちが本気になれる、夢中になれるこの二日間を作り上げられた事を

本当に幸せに思います。






そして来年。


また皆で夢中になれることってなんだろう?


きっとそれは同じ事を繰り返す事ではない。





さあ、作るためにこわそう。







ki



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。