一色真宇(宮崎なぎさ)オフィシャルブログ

人生はマトリックス。その錯覚の世界から抜け出す方法を学ぶのがTAW理論。そして、TAWを活用したフラクタル心理学。その開発者です。


テーマ:


夏のフラクタル現象学、クラスを2つにしたので、

あと少しですが、7/30~8/2のレベル1、レベル2に空きが出ております。


上級が済んだかたは、ぜひこちらへどうぞ!


(増やしたクラスは一般向けではありませんので、この日程にご参加ください)



「宇宙は脳の投影である」


という説は、物理学者の中にも、気づいている人たちがいます。



私は、まったく別の観点、歴史という観点から、

地形が相似形になっていることに気づき、

そのうちに、この世界が脳の投影であることに

気づきました。



そして、脳がどのように世界を認識するか、ということを

ひとつひとつ解明していったのです。

宇宙は、あなたが思っているほど、

科学が信じているほど、巨大ではありません。

本当は…??



宇宙が巨大だと思っている限り、

あなたは自分の力がどれほどのものか、

いつまでもわからないでしょう。



TAWの言う、

「思考が現実化する。100%例外なく!」

は、ダテではありません。

宇宙さえも、あなたの脳の投影なのですから。



フラクタル現象学は、

仙台でも開催します。


東北・北海道のかた、東京の日程がご都合悪い方、

8/5,6レベル1
8/7,8レベル2です。


また、心理分析をばっちりと学びたいかたには、

仙台で開催の

心理分析講座(プロ編)にお越しくださいね。(8/9)


仙台の一色真宇の講座の詳細は、こちらから。


富山、広島でも一色真宇の「中級・上級フォローアップゼミ」

開催します。

中級・上級がしっかりわかっていますか?

もう一度、しっかり復習しましょう!

詳細はこちら。




さて、悩み相談、前回の続きです。

相談者様のメッセージより。

---------------------

自分のチャイルドに対しても、

この子はいつかきっと自分の力になってくれるからと、

チャイルドをかばい、否定しないできましたが、それだとやはりダメなんですね。

これからたたきつぶします。

たたきつぶすというのは、うだうだ文句を言ったり、

人を馬鹿にしたチャイルドが出たときに、

もぐらたたきのようにつぶすイメージでいいのでしょうか。


---------------------

はい。そうなのです。

古い自分を生かしたまま、新しい自分を創り出すことはできません。


たとえば、

バケツに水が入っていて、

これが泥水だとします。

この水をきれいにするには、

どうしたらいいでしょうか?

やはり、泥水は捨てなきゃだめですよね。


あっさりと捨てたほうが勝ちなのです。


ポジティブなことを言うだけで

人生がよくなったり、

完成形の夢をイメージするだけで

夢がかなうわけではありません。

まず、もともとある無駄な回路を

削除しないことには、

それがすでに自動的に動いてしまっているからです。


モグラたたきの要領で

どんどん叩き潰しましょう。


パンチ法もおすすめですよ。

要は、「おバカなチャイルドは絶対に許さない!」という

強い決意。

このようなおろかなチャイルドを持っていることで、

人がどれだけ病気をつくったり、苦しい人間関係をつくるか。

それを思うと、うだうだ言わずに、

パンチしたほうがいいですよね。


修正されたら、やっと、素直なチャイルドが生まれてきます。

これは、傲慢で生意気なチャイルドとは違います。



というわけで、頑張ってくださいね。

------------------
各地のフラクタル心理学講師たちのセミナー情報はこちら。

全国のフラクタル心理学マスターコースの開催スケジュールはこちら。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)