国際宇宙ステーション(ISS)に5カ月半滞在した野口聡一さん(45)が9日夜(日本時間)、米テキサス州ヒューストンで記者会見、元気な様子が宇宙航空研究開発機構の東京事務所にテレビ中継された。青い訓練服姿の野口さんは笑みを交え、「地球は素晴らしい星。毎日いろんな表情や姿を見せてくれ、半年間見飽きなかった」と話した。
 野口さんは昨年12月21日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地からソユーズ宇宙船で飛び立ち、2日昼(同)に帰還。宇宙滞在は2回目だったが、今回は163日に及び、日本人最長となった。
 ISS滞在中は「寝付きにくかったり食欲がない時もあった」が、帰還後の体調は万全。現在は専門医の指導の下で毎日2時間、リハビリを進めており、「部活の新人のようなしごかれ方」という。
 帰還時について「カプセルから出た瞬間の驚きはまだ残っている。空が抜けるように青く、土や草のにおいがし、別の世界に来たような気がした」と振り返った。
 今後の目標については「まだ白紙。今はリハビリをこなすのに精いっぱい」。帰還日は鳩山由紀夫前首相の辞任表明が重なったが、菅直人首相について質問が及ぶと「安定した政権で、新しい視点からの(問題)解決を期待している」と話した。 

【関連ニュース】
【動画】菅直人首相、就任初会見
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕金星探査機「あかつき」

大津市長「市議実働50日未満」…反発受け謝罪(読売新聞)
航路開設100周年で宇高連絡船再現=香川県〔地域〕(時事通信)
ウナギの稚魚の漁獲量が激減 丑の日を乗り越えられるか(産経新聞)
荒井戦略相 コミック、CDなどの領収書 事務所費問題(毎日新聞)
<脅迫>武富士副社長宅に「約束破った」の手紙、銃弾?同封(毎日新聞)
AD