開幕

テーマ:
横浜ファンの苦悩は尽きないですね。

これから少しずつ、
チャンスがピンチな打撃陣にも、
周期的にとんでもない投球をする先発陣にも、
どこか常に不安げな救援陣にも、
代打鈴木尚に代打万永にも、
牛島組最終奥義の捨て継投にも、

慣れていかなあかんですか。
AD

追加

テーマ:
犬上すくね先生「未来の恋人たち」買えました。
2ヵ月くらい探してたのかなあ。

これで、新装版とか改訂版とか気にしなければ犬上先生の単行本全部揃いました。
長かった。
AD

どうしちゃった?

テーマ:
MF3周年キャンペーンのタペストリーが当たったみたいで、今しがた届きました。
侵略する少女と嘘の庭。嘘というキーワードだけにヤマを張って2口も賭けた甲斐がありました。

スクールカレンダーは300人でしたが、これは3人ですよ?
なんか、最近いろいろありすぎ。

もう一度言葉にするのも嫌なのですが、うん。3つくらい前の記事を見てやって下さい。
そういうことがあって。

放送委員とかで忙しい時期も、テストで死にそうな時でも、そしてこんな時でも。
心がぐちゃぐちゃでも、乾いてても、輝いてても。
失敗を恐れず玉砕する心があれば、神様は見放さない。たとえダメでも慰めてくれる。

だから、諦めてもその諦めを捨てちゃいけないんですね。


なんかいいわ。人生。青春。
AD
うれしいから解説しちゃいます。

4月:ゼロの使い魔6 贖罪の炎赤石
著:ヤマグチノボル/画:兎塚エイジ
5月:神様家族7 新型握手
著:桑島由一/画:ヤスダスズヒト
6月:イコノクラスト!(4)
著:榊一郎/画:kyo
7月:銃姫6 The Lady Canary
著:高殿円/画:エナミカツミ
8月:陰からマモル!6 ゆーなとユーナ王女様
著:阿智太郎/画:まだらさい
9月:風水学園えくすとら 風の巻
著:夏緑/画:凪良
10月:かのこん2~はじまりはじまり~
著:西野かつみ/画:狐印
11月:青葉くんとウチュウ・ジン2 Xマス・スクランブル
著:松野秋鳴/画:超肉
12月:蟲と眼球と殺菌消毒
著:日日日/画:三月まうす
1月:ネクラ少女は黒魔法で恋をする
著:熊谷雅人/画:えれっと
2月:あそびにいくヨ!8 バレンタインデーのおひっこし
著:神野オキナ/画:放電映像
3月:侵略する少女と嘘の庭
著:清水マリコ/画:toi8


それぞれ上記した作品の表紙イラストが使用されています。
CDサイズのケースに入った一般的な12枚の卓上カレンダーです。
カレンダーにはシリーズ名のみの表記となっています。
(例:かのこん2~はじまりはじまり~→かのこん、但し蟲と眼球と殺菌消毒は「蟲と眼球シリーズ」)
カレンダーとしては最小限で、日付と曜日のほかは日曜と祝日の色が赤に変わっていて、あとはホラ、仏滅とか友引とかあるだけです。

すっきり…?

テーマ:
最近言動がおかしかった残酷な天使の憂鬱です。
自分でも嫌になるくらい抽象的な記事ばかり書いてました。

でも、やっと昨日の夜、結論が出ました。
簡単に言うと、ふられちゃいました。

でもなんで告白したかって、荷物をおろして軽くするためであって。
多分OK貰ってたらもっと苦悩してた気がします。
返事を貰ったときいやにすっきりしてたのもそのせいでしょう。きっと。

…何を言っても負け惜しみですね。



昨日何も考えずに買ったアンダーグラフ「真面目過ぎる君へ」を今聞いて、少し気持ちがまた揺れました。
多分、なんだかんだ言ってやっぱし好きだったんでしょう。

あんまし泣かない男です。
この1年間は少なくとも泣いた覚えがありません。
今回だってそう。まあ失恋で泣く男ってのも女々しいですが。

涙を零すかわりに、こうして文章を吐き出してるんだと思います。
乾いた心を潤してくれる、文章と名を借りた涙が、皆さんの心に何か与えられたらいいなあとぼんやり思ってます。


日はまた昇る。
明けない夜は、ない。
無限に続いていくような果てしない日常。
中高一貫という学校に身を置く僕ですが、他の道を歩く友人たちと同様、この3年間から卒業できたように思います。



宿題、やろうか。

てつがく

テーマ:
大体の人の人生は階段をのぼるようなものだと思ってます。
たとえ一段、抜け落ちていたりしても、いちにのさん、で飛び越えて。
もしも沢山、抜け落ちていたりしたら、過去を拾って、埋め合わせて。

でも、僕は沢山抜け落ちている所さえも、勢いで飛び越してしまったように思います。

拾った過去はポケットに突っ込んで。
ポケットがいっぱいになったら、リュックに詰め込んで背負って。

今、ちょっと重過ぎて動けなくなってます。
ちょっと休んで、動けるようになったとしても、抜け落ちている所を飛び越せるかは微妙です。


人は過去を思い出すとき、後ろを振り返ります。
そして、自分が埋めた階段のステップを見て、微笑んで、時に力を得ます。

対して僕は過去を思い出すとき、ちょっと座ってポケットやリュックを漁ります。
そうして目にした過去のかけらは、いつも決まって僕に輝きをくれます。

でもそのせいで動けなくなったらダメじゃないですか。
だから、今いちばん大事な過去だけをポケットにしまって、他の過去は今のステップに置いていこう。そう思いました。
その綺麗な過去の中に自分はいたんだ、と、上から見下ろしても気付けるような印を造って。

今はどれを持っていこうか置いていこうか考えてるところです。
なんのこっちゃわからないかも知れませんが、ちょっと待ってください。

すべてに結論が出て、乾いた心を零した涙で潤せるまで。



重野なおき先生「Good Morning ティーチャー」7巻購入。
8冊普通に陳列するなら、平積みにしてあげなよ〇屋書店。

《1がっかり》

今月のMF寸評

テーマ:
・ソラにウサギがのぼるころ
成長ではなく、増長して帰ってきましたね彼は。
嬉しいには嬉しいんですが、オンリーロンリーグローリーはやめて。
・キミを救う最初の呪文
タイトル変えないほうがよかったです。タイトルがヒントになって、あからさまな伏線も手伝ってラストが見えてた。
しかも、オチも見えやすい。期待を裏切らないオチですね(笑)。
ですが、多分売れようが売れまいがこんな作品ってラノベ界に必要な気がします。
・陰からマモル!7
山芽は萌える。ホタルは完璧。ゆうなはバナナ。鉄壁のフラット3じゃないか。
愛里は無視。

なんだか

テーマ:
なんだか切ない気分で、なかなか晴れません。
気が向いたら報告します。

柳沼行先生「ふたつのスピカ イラストブック」購入。


精神的に崩れそうな自分や、それなのに物欲が収まらない自分に《50がっかり》。