越前谷直樹(Crossover&Co.)BLOG

Crossover&Co.(Vo.将星&Vo.Gt.Pf.越前谷直樹)/COTAKULLA(松岡卓弥&将星&越前谷直樹)/ 2016.7.6 Album「CrosStyle」発売/



テーマ:
この度、事務所と相方将星との話し合いの末Crossover&Co.は年内いっぱいで事務所を離れ、自分達の力で活動して行く事を決意を致しました。

それに伴い、コタクラは解散となることをここにお知らせ致します。

コタクラの3人を応援して下さった皆様、コタクラの音楽を愛して下さった皆様、本当にありがとうございました。

これからもコタクラが作り上げた28曲の音楽はなくなる事はありません。

みんなの生活のどこかでこの音楽が鳴り響いている瞬間があったり、支えになれていたならとても嬉しい限りです。

お世話になった事務所(株)アワーソングスクリエイティブの皆様、作編曲家の水島康貴さん、関係者の皆様、そして応援して下さったファンの皆様、本当に本当にありがとうございました。

コタクラとして培ったものを大切に、Crossover&Co.、松岡卓弥、共々僕らは今後も全力で音楽を届けていきます。

これからもよろしくお願い致します!


Crossover&Co.
越前谷直樹
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(1)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

23歳

やっと東京で家を借りる。

リハーサルスタジオで店長として働きだすが、途中で副店長になる。

色んなアーティストの作曲やプリプロ作業をさせて頂きノウハウや経験を積む。

2nd.ALBUM「おちゃメン♂王子Ⅱ」をリリース。このアルバムにも一作目と同様に、ボイストラックが入っている。今や伝説。

{5DE7FE3D-49AF-45FF-8D63-996A0FA170D6}



24歳

東京という街に染まってゆく自分が嫌になる。本当に昔の純粋な気持ちで音楽が出来ているのか?何度も自問自答する日々。

周りの大人の意見。自分の想い。

これは答えが見つからぬまま28歳後半まで実は続く。少し人生の中心が濁っていた時期かもしれない。それでも続けられたのは、紛れもなく絶対音楽で生きるという強い意思。そして聴いてくれていた皆さんの言葉、声、顔、夢、瞳の輝き。

失くしちゃいけない大切なモノが沢山あった。

自分を信じて、たまに嘘をついて、突き進んだ。


25歳

3枚目のALBUM「おちゃメン♂王子Ⅲ」をリリース。星のお姫様という曲で、COLLAGEN BOY'z初のPVが出来る。

COLLAGEN BOY'zの名盤とも言われるこのアルバム。って自分で書くの恥ずかしいけどみんなが言ってくれてたんだもん。

1st.2nd.の時とはライブのスタイルも変えて、エレキギターとアコースティックギターとピアノをステージで使うようになる。

{76A3EDE8-7A42-449E-BAF8-B97E68E443A1}



26歳

4枚目のALBUM「COLLAGEN BOY'z」リリース。

松岡卓弥と相方の将星と3人組ハーモニーグループ「コタクラ」を結成。

コタクラ1st.ALBUM「Harmony」リリース。

この辺りでまた新たな人生の岐路にたたずむ。


27歳

事務所をアワーソングスクリエイティブに移籍。

ベストアルバム「COLLAGEN BOY'z FOREVER」をリリース。

COLLAGEN BOY'z

改め、

Crossover&Co.

に改名する。

改名後1st.ALBUM「CrosStyle」をリリース。

{31BAE287-0335-46DA-9E25-9BB537B0BDD4}


28歳

ライブ三昧の日々。

自分の本当の甘さ醜さ愚かさにやっと気づく。

音楽との向き合い方を改める。

ハードルが低すぎた。

そして今思うとそれなりの努力しかしていなかったのかもしれない。

もっとできる。もっとできる。

言うだけなら誰もがやっている。

言った後に行動出来るやつはなかなかいない事に気づく。

チャンス。


29歳

ありがとう。

心が定まっている。

ただその中でも見つけて行かなければいけないモノや、身につけて行かなければならない事が沢山ある。

わかっていながら出来るか出来ないかは自分次第。

そして、生きる。

音楽に生きる。




ざっくりね、本当にざっくり。

こんな文字じゃ語りきれないし、ブログで語る必要もないかと思ってきた。

こんだけ書いておきながら…

でも僕の人生はもう僕だけの人生じゃない。

いや、僕の人生なんだが、でも重ねて夢を描いてる人もいる。



とにかく、まだまだこれからだ。


一つ一つ積み重ねていく。


そしていつの間にかぬかるみに足を突っ込んで迷走していたぼんやりになった夢をもう一度呼び起こし叶える。




【地元北海道湯別球場1万人ライブ計画】


2017.3.5 29歳

東京初台Doors 100人

2018.3.5 30歳

東京初台Doors 200人 

2019.3.5 31歳

o-west 500人

2020.3.5 32歳

exシアター六本木 1200人 

2021.3.5 33歳

Zepp東京 2000人

2022.3.5 34歳

国際フォーラムA 5000人

2023.3.5 35歳

武道館 10000人

2024.3.5 36歳

横浜アリーナ 15000人

2025.3.5 37歳

埼玉スーパーアリーナ 20000人

2026.3.5 38歳

東京ドーム 50000人

2027.3.5 39歳

湯別球場 10000人



29歳になった今、僕の人生、音楽、を支えてくれた皆様に感謝。

そして出来れば一緒に夢の場所に居てくれたら嬉しいな。


ありがとう。


父さん、母さん、兄ちゃん、姉ちゃん、そしてもう天国にいるけどばぁちゃん。

支えてくれている家族。


ありがとう。



すいもあまいもなんとなく分かってきたつもり。


だからこそまだ諦めないと胸を張って言えない弱さがあるけど意地を張って言う。


バカだよ。

分かってるけど。

もう後に引けない。

そんな29歳。


あの時こうしとけば。

あの時気づいていたら。

そんな29歳。


最後は笑いたい。

見返してやりたい。

痩せたい。

そんな29歳。


葛藤ばかりあっても、考えてばかりいてもしょうがない。

でも悩む。

でもバカにもなる。

そんな29歳。


見栄もはりたい。

でもチンケなプライドなんか捨てたい。

名曲を作る!

そんな29歳。


誰かのせいじゃない。

自分のせいだ。

29歳。


人生の岐路。

29歳。


今やろう。

29歳。


越前谷直樹。

29歳。



出会ってくれて、聴いてくれて、


本当にありがとう。


これからもよろしくお願いします。


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

12歳

身長135cmで中学校に入学。

もちろん先頭。

野球部に迷わず入部。

初恋の子は転校してしまう。というか転校するのが分かっていて告白した。(←っつかこれ同級生とかに見られたら恥ずかしいね)

エレクトーンのアンサンブルを組む。そこでドラムを担当する。のちにそのメンバーの1人が2016年に全日本作曲コンクールという大会で1位に選ばれる。嬉しい!けど悔しいね。(←今の気持ち)

野球部では対戦相手のチームとおもや乱闘騒ぎになる。キッカケは僕の悪ふざけ。お灸を据えられる。

{3CF2D96F-F163-49CC-BBC8-FF69B41D1CAF}


13歳

先輩のバンドに誘われ、お年玉で「バンドやろうぜ」という当時流行っていた音楽雑誌の楽器が載ってるページにあったYAMAHAのドラムを購入。

ドラムが届いて組み終わった時に転校した彼女から電話で「別れよう」と告げられる。

この瞬間から音楽しかないと思いバンドに打ち込む。


14歳

父さんが昔使っていたアコースティックギターを倉庫で発見し、ギターを弾き始める。

最初に覚えたのはGLAYのBELOVED。サスケ。隣の家に住んでいた弟みたいなやつ(のちに湯別メインストリートという二人組フォークデュオを結成)と一緒に歌ったり色々遊ぶ。

先輩の影響で作曲とかもしだす。

友達が書いてきた歌詞に作曲して歌った音源をSONYのオーディションに出す。

一次審査が通り2時審査の面接オーディションで落ちる。緊張してた自分&レベルの差に凹む。

母の影響で聴いていた松山千春のモノマネを完璧に習得したく、まずはモノマネしてる人のモノマネを研究しだす。(今千春さん)

そして学祭で披露する。先生方大爆笑。

初めて海外(アメリカ)にいく。そこで…

{B971207F-7E21-4494-860E-1FB8441EF73E}


15歳

エスカレーター式かのように地元の高校に入学。

バンドは同級生と組む。

大人のバンドの人達とも仲良くなり、色んなアマチュアの人達のライブに連れて行ってもらう。そこで時には歌わせてもらったり。

幼稚園からずっと一緒だった幼馴染で、バンドも一緒にやっていたやつが失踪する。


{A2595EA3-C11C-4B71-BDCA-7205B76BBF1E}


16歳

隣の家の弟みたいな相方と湯別メインストリートという二人組フォークデュオを結成。

高校では進路相談や面接練習をみんながやらされる中、断固として「ミュージシャンになる!」と言い続け先生を困らせる。

YAMAHAの音楽大会に出場し、当時のオリジナル曲「この道あなたと…」か「ありがとう」(記憶曖昧)を歌って地区大会で優勝する。YAMAHAの方々に声をかけられる。

(その時北海道代表で優勝したのが福原みほちゃんというのちにメジャーデビューした子)

そのだいぶ前にテレビ朝日ミュージックという会社のオーディションにも応募していた。幸運にも声をかけて頂ける。当時放送されていたストリートファイターズという音楽番組の取材が

くる。驚く。喜ぶ。TVというものに初めて出る。

まだ子供でよくわからないながら、YAMAHAかテレビ朝日ミュージックかという選択に迫られる。

当時サスケ、ケツメイシ、湘南乃風、とくにHYが好きでファンクラブに入っていて憧れだったのもあり、HYの所属していたテレビ朝日ミュージックに入る事を決めた。

{93B0538B-75B8-42F5-BAF5-47ECAF5A8F86}


17歳

TV番組に毎週出たり、土日は毎週東京に出てくるようになる。

作曲、ギターレッスン、ボイストレーニング、ダンス、スポーツジムを習わさせて頂く。

疲れ果てて月曜日の朝の授業はほぼ保健室で寝ていた。

見た事のない人口100人の地元からは想像できない大都会の東京に胸を躍らせた。

毎日が楽しくて楽しくて、そんな記憶。


18歳

卒業後はほぼ東京に滞在。

だが相方が2つ下でまだ学生という事もあり、今度は毎週末北海道に帰ってくるという流れに。

毎週末ストリートライブを札幌の狸小路3丁目辺りで開催。最初は足を止めてくれる人はいない。




{17DF353A-F8DB-4591-82FD-F67C8605935B}


19歳

真冬のマイナス10℃を超える寒さの中、コードを押さえる指の感覚も無い中、毎週末は決まった時間に決まった場所でストリートライブをやり続ける。500枚限定で作った手作りCDも全て無くなる。やり続けた結果、300~400人の人が見に来てくれるようになる。

(1回2回、、100回ダメでも、続ける事は大切な事だと現在身に染みてわかる。)

主に北海道のTV番組に出演、そしてアルバムを引っさげて全国のラジオ、CDショップ、TV局を周るようになる。


{49D95A38-E069-404A-99DC-0B03BC7E9ABB}

{0828EC45-1406-4923-AC84-51A5862E63D5}


20歳

湯別メインストリートの解散。

事務所をやめる。

ここから札幌に住む。

人生でほぼ初めてのアルバイトのとんかつ屋さんは1ヶ月たらずでやめる。

あーまだ音楽やりたいとフツフツ滾る。

2回目のアルバイト先(工事現場警備員)の社長が小室哲哉さんと音楽をやっていた方で、「東京にまた行ける日が来るまでめんどうを見てやる」と言ってくれ、一生懸命働く。

警備員は指名制があるらしく、数ヶ月で指名が1番になり現場の頭をやらされるようになる。お父さん世代の方が多い仕事なので、とてもやりづらい。

なんだかんだ警備員という仕事に重きが置かれていて焦る。

そんな最中、「じゃ~んずΩ」というグループの「三浦タカ」という男にピアノをサポートで弾いてくれないか?と頼まれ、受ける。

それがキッカケでまた本格的に音楽活動を再開する。

再開する際に、

「越前谷直樹」

改め、

「若G」

に改名。

若Gの由来:地元の先輩(僕がオリジナル曲で弾き語りをするキッカケになった人)に新しい名前を相談した所、「若頭だったから若Gだ」という事になり、若Gになる。

三浦タカと全国TOURをした際に、東京で今のCrossover&Co.の相方「将星」と出会う。

将星が関わっていたT-INFINITYという事務所の社長さんが、僕に前の事務所で作曲のレッスンをして下さっていた方で、その繋がりで声をかけられ、将星の後ろでピアノを弾く事になる。

将星と一緒のステージ初ライブで歌ったカバー曲に対して、当時偉かった方に「お前らにそれ以上の名曲あるのか?」と言われ、久々に出て来た東京での初ライブでいきなり凹む。(しかし心の中は、「いつか見てろよコノヤロー」)


21歳

東京の家が無く、将星の家に居候。

将星と一緒に楽曲制作をしたりしていく中で明確にCOLLAGEN BOY'zというユニットを結成。

フォークデュオとして活動。

1番最初に30枚限定で作った手作りCDが、イベント即日で完売。久しぶりの感覚に喜ぶ。



{6741E6A8-17D2-4A15-8BC4-3638674C107E}


22歳

将星の家にずっと居候するのも悪く、事務所に寝泊まりするようになる。

あの頃の将星への家賃まだ返せてないな。

あの当時は色んな人の家を転々としていた。その日に初めましての人の家とかも。

この時に深夜朝方まで事務所のスタジオで作業してるアレンジャーさんの作業とPCを見て、ひたすら作曲を勉強する。

衣類はコインランドリー、お風呂は普段は事務所の蛇口or近くの銭湯、ベッドは倉庫のソファで過ごす。

色んな絡み合いの中、王子様になる。←(この辺は設定などを話すとややこしくなるので割愛させて頂きますw)

COLLAGEN BOY'zとして初めての全国TOUR。

1st.ALBUM「おちゃメン♂王子」をリリースする。このアルバムには伝説のボイストラックも入っている。今聴いてもなかなかヤバイ。楽しい。笑





後編へ続く、、、

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。