★世の中の嘘を暴き真実を見つけたい☆

ある日、安倍政治の異常さ、危険さや嘘に気付きました。その怒りから政治の嘘を見つけ、真実を探す記事を書いています。記事の転載は自由ですが、著作権は放棄していませんので出典元記載はお願いします。


テーマ:

 自民党の稲田朋美政調会長と言えば、安倍の側近中の側近。次期総理候補と噂される有力者です。
     
 彼女は安倍晋三が弱っていた時に安倍を支えた事で信頼を勝ち取り、重用されるようになりました。
 過去にヘイト団体の在特会やネオナチ集団、統一教会との関係も取り沙汰された怪しい経歴を持つなど、自民党内危険人物の一人である事は間違いありません。
      
 最近話題になっている、安倍も参加していたという「憲法改正誓いの儀式」(2012年頃開催?)で稲田朋美も恐るべき発言をしていました。
    
参加者の発言を要約してみましょう。
 
元内閣総理大臣補佐官 礒崎陽輔 

「戦争はできるんです(要約)」
   
元総務副会長 新藤義孝 

「ならば、今奪われている領土を取り戻しましょうよ!北方領土、竹島、主張するだけじゃなくて行動しなければいけないと思います。さらには、尖閣。使っていきましょうよ!軍事利用しましょう!」
   
 政務調査会長 稲田朋美

「国防軍を創設する、そんな憲法草案を提出いたしました。/…血を流さなければ国を護ることなんてできないんです!」
  
内閣総理大臣補佐官 衛藤晟一

「いよいよ、ほんとに憲法を変えられる時がきた。」

元法務大臣 長勢甚遠

「国民主権、基本的人権、平和主義を削除しよう!(要約)」
 
外務副大臣 城内実

「日本にとって一番大事なのは、皇室であり、国体であると思っております。」
 
参議院議員 西田昌司

「国民には国防の義務がある(要約)」
 
元文科大臣 下村博文

「私たち自民党は、大学入学前に自衛隊等の体験を義務化したいと思います(要約)」



 如何ですか?安倍シンパの連中の驚愕すべき発言です。
こんな連中が「自民党改憲草案」を作り上げ、これを元に憲法改正(改悪)を進めようとしているのです。

  
 既に終わったアベノミクスの継続は参議院議員選挙の争点ではありません。
争点は安倍らがひたすら争点隠しをしている本丸、改憲です。

  

 改憲勢力の中心にいる稲田がTV出演し、安倍晋三よろしく大嘘を吐いているという記事があります。おなじみリテラさんの配信記事からです。
    
http://news.livedoor.com/article/detail/11694211/
  

<以下転載>

稲田朋美が改憲で「自民党は国民主権、平和主義、人権尊重は変えない」と大嘘! 自民党改憲案とお前の過去の発言を読み直せ

2016年6月27日 20時30分 
LITERA(リテラ) 

{7982AEF9-BC99-4030-BE2E-0114A5E93C75}

稲田朋美公式サイトより


 先週、連続的に行われた党首討論では、安倍首相による総裁選の"憲法改正"争点隠しの言い訳が醜いことになっていたが、今度は安倍首相の"腹心"である稲田朋美政調会長がテレビで大ウソをついた。

     

 それはNHK『日曜討論』(6月26日放送)でのこと。まず稲田政調会長は、参院選で改憲を争点にしないことについて「決して逃げているわけではありません」と言い訳すると、つづけてこう述べた。

    

「(野党は)3分の2阻止とおっしゃるんですけど、日本は主権国家なんですね。主権国家として必要があれば憲法改正する、その3分の2ですよね。それを阻止する、憲法改正自体がいけないというのは、日本が主権国家をやめる(ということ)」

      

 いやはや、何を言っているのだか。この人、ほんとうに弁護士なのだろうか。憲法改正を阻止し、現行憲法を守ろうとするだけで「主権国家をやめる」ことになるなら、国民投票において、日本より厳しい「二重の過半数」を改憲の要件とし、これまで発議の9割近くが否決されているオーストラリアも主権国家でないというのか。

      

 稲田は「対案がない」などというが、立憲主義を踏みにじり、安保法制を強行に可決させてしまった政権に対して、「憲法改正はさせない」と訴えるのは立派な"対案"だ。というか、そもそも、なぜ憲法を改正するか否かで、対案が必要になるのか。

      

 ようするに、稲田政調会長こそはなから"改憲ありき"で、改憲したくないと思う国民のことを、国民でさえない"反日勢力"と決めてかかっているのだ。

      

 しかも、民進党の山尾志桜里政調会長が「いまの憲法を悪い憲法だと思っている自民党」と話すと、稲田政調会長はすかさず「思っていません(笑)」「レッテル貼って批判するのは止めたほうがいいですよ」と、安倍首相が乗り移ったかのようにおなじみのフレーズで割って入った。そして、こう言い切ったのだ。

      

「自民党の出している憲法草案も、国民主権、平和主義、基本的人権の尊重、これまったく変えません」

      

 よくテレビの生放送で断言したものだ、と感心すらしてしまいそうになる。それは、自民党の憲法改正草案とは、ずばり「国民主権、平和主義、基本的人権の尊重」の3つをことごとく否定する中身だからだ。

        

 先日発売された自民党改憲草案の批判本『あたらしい憲法草案のはなし』(太郎次郎社エディタス)は、〈憲法草案、すなわちあたらしい憲法の三原則〉について、その本質をこう指摘している。

        

〈一、国民主権の縮小
 一、戦争放棄の放棄
 一、基本的人権の制限〉

        

 そもそも改憲草案は、現行憲法の前文の主語が「日本国民」であるところが、「日本国」にすり替わっている。これは〈国民を必要以上につけあがらせてはけない〉という考え方からきており、〈国の中心が「国民」ではなく、「国」そのもの〉に変更されている証拠にほかならない。ようするに、国民主権という思想が根本から覆されているのだ。

        

 さらに、平和主義の根幹を成していた憲法9条からは「戦争放棄」の題が消え、「安全保障」という名の〈軍事力を自由に行使する(使う)ことのできる国〉になることを明記している。そして、集団的自衛権の制約もなくなり、国防軍が組織される。もちろん、この改憲草案では、国民にも戦争協力を求めている。

        

 基本的人権も同様だ。現行憲法13条では《すべての国民は、個人として尊重される》とあるが、自民党の改憲草案では〈全ての国民は、人として尊重される〉という大雑把な扱いになっている。人は生まれながらにして人権をもっているという考え方を否定し、個人の権利よりも国を優先させているのである。

        

 そのような憲法改正草案を掲げておいて、選挙を目の前に控えて「国民主権、平和主義、基本的人権の尊重、これまったく変えません」などとNHKのテレビ番組でうそぶくことは、はっきり言って国民への背信行為だ。

      

 実際、稲田政調会長の本音はもっと過激なものだ。稲田氏は過去に書籍のなかで、「国民主権、平和主義、基本的人権の尊重」が謳われた現在の憲法をこのように指弾している。

        

〈どこの世界に自国を自分で守らないと宣言する国があるでしょうか〉(渡部昇一監修『中国が攻めてくる!日本は憲法で滅ぶ』総和社、2011年)

        
〈前文だけ読んでも、まじめに勉強すれば、反日的になるような自虐的な内容です〉(『私は日本を守りたい』PHP研究所、2010年)

        

 その上で、稲田氏は前文をこのように変えるべきだ、と主張している。

        

〈本来前文には憲法ひいては国としての理念が語られなければならないはずです。前文で書かれるべきは、日本という国が神話の時代から連綿と連なる歴史を保持し、四海に囲まれた自然豊かな風土を持つ日本が、どのような国を目指すべきなのかという理想が語られるべきです〉(前掲『中国が攻めてくる!日本は憲法で滅ぶ』)

        

 思考が完全に戦前......。それを裏付けるように、ある講演会の壇上で稲田氏は「国民の生活が大事なんて政治はですね、私は間違っていると思います」とまで断言している。

        

 国民の生活など政治は守る必要はない──この考えは、しかし稲田氏だけのものではない。安倍首相が会長を、稲田氏が事務局長代理を務める創生「日本」の研修会では、第一次安倍内閣で法務大臣を務めた長勢甚遠氏が改憲草案を「不満」だと言い、こう述べている。

         

「いちばん最初に国民主権、基本的人権、平和主義、これは堅持すると言っているんですよ。この3つをなくさなければですね、ほんとうの自主憲法にならないんですよ」

        

 自民党の改憲草案は十分に国民主権、基本的人権、平和主義を無効化する恐ろしい内容だが、それでもまだ足りないとさえ考えているのである。

        

 安倍政権が憲法改正に動き出せば、この国は確実にこれまでとはまったく違う国へと変貌する。だからこそ、それを阻止するために野党は共闘という手段に打って出ているのだ。言わば、この国はそれほどまでに、安倍首相によってギリギリのところまで追い詰められている。改憲の先兵たる稲田政調会長は、これからも耳障りのいい話ばかり吐きつづけるだろうが、そんな見え透いたウソにはどうか騙されないでほしい。
       

(水井多賀子)

<転載以上>
  
 さて、この記事を読んで安倍自民に投票しようとする人がどれだけいるでしょうか?

    国家に隷属する存在になる事を嬉々として受け入れる国民がどこにいるのでしょう?

  
 間違っても選挙で自公、大阪維新等の改憲勢力に投票してはいけません。
  

 民主主義と平和主義を守るか、全体主義と戦争主義を肯定するか、参議院選挙の争点はそこです。

    人として生きる道を選ぶなら、安倍政治にはNOを突き付けるしかありません。宜しければ拡散をお願いします。








AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(10)

HARUKIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「政治」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。