まだ葉桜の余韻が美しい東京、

ピアニストのアントワーヌさんも無事来日、

今週末本番の春の企画も、準備が整って参りました。

終演後レセプションでご協賛頂く、

ロシアン・ウォッカのプロムテック・ビズ社様より、

当日サービスされるウォッカについての

情報を頂きました!

ウォッカ・ベースのカクテルは3種類。

まず1種類目は既にヴィノミュジックのシリーズ

「レモンウォッカ・カクテルコンサート」でもご紹介しました

ウォッカ「リモンナヤ」をベースにしたハニー・レモンウォッカ

2種類目は、こちらはお初の「ハンターウォッカ」

をベースにした「ハンターミントティ」

3種類目は「スタルカ」をハイボールのようにソーダ割りしたもの。

これらからお選びいただき、ご注文でその場で作ってくださるそうです。

そして、ストレートでは

「リモンナヤ」「スタルカ」「ハンター」の3種類です。

おつまみには、スハリキСухарики(ロシア風黒パン・ラスク?)

おつまみチーズなどをご用意下さるそうです

今回のプログラムには、

ウォッカの度数にも負けない?

ラフマニノフの熱い歌曲も演奏します。

どうぞご期待下さい



AD
先日のRussian Sake Fes! は

今度のヴィノミュジックのコンサートにご協賛頂く、

プロムテック・ビズ社様も参加されていて、

昼の部、夜の部 共に満席で大盛会にだったそうです。

さて、まだ詳細をお知らせしていませんでした

肝心のコンサートのご案内

4月17日日曜日(珍しく!)

15時開場、15時30分開演(しかも初の昼間開催

場所も今回初めての、渋谷道玄坂にある野中貿易ビルの6階、

アクタス ノナカ・アンナホールです。

会場アクセス Mapは
こちら

プログラムのテーマは

~フランスから春風にのせて贈る歌の調べ~

チラシはこちらです。

岩崎芳佳&アントワーヌ・パロック

チラシの裏側はこんな感じ、下半分は広告で~す♪

岩崎芳佳&アントワーヌ・パロック

アクタス、セルマージャパンの店長さんが作って下さいました。

そして演奏予定曲は、

以下のとおりです。

Chopinショパン
Życzenie願い
Wiosna春
Śliczny Chłopiec素敵な若者

Fauréフォーレ
Le Papillon et La Fleur蝶と花
En sourdineひそやかに
C’est l’extase langoureuseそれはやるせない恍惚

Chausson ショーソン
Le temps des lilas リラの時
Le colibri はちすずめ


Rachmaninoffラフマニノフ
Я жду тeбя 私はお前を待つ
Cирень リラ
Beceнниe воды春の水

Poulencプーランク
Hôtel ホテル
Voyage à Paris パリへの旅
Violon ヴァイオリン
Les Chemins de l’amour 愛の小径

Satieサティ
Je te veux あなたが欲しい


終演後はロシアンウォッカで乾杯です!

ご予約のお申し込みは

エコールボイスinfo@ecolevoice.com
045-561-3660
または、
株式会社アクタス セルマージャパンTEL 03-5458-1521


皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております


                                           


AD
ブログスキン、梅雨モードから

もう過ぎてしまいましたが、

なんとなく可愛いので、バレンタインモードに変更してみました!

もうすぐ春です!!

そして、春のリサイタルのご案内の前に、

ご協賛頂く、「ロシア 酒(Sake)フェス!」のご案内です!!




ロシアンウォッカからロシアンワイン・ビールまでが大集合!

当日は、ロシア料理のザクースカ(オードブル)弁当付きで、
ロシアのお酒がいろいろ楽しめるそうです。

昼の部はプロフェッショナルな方向け、

夜の部は一般の方向けだそうで、

以下は、当日のタイムスケジュール。

この度のリサイタルにご協賛頂く、

ロシアンウォッカ専門のプロムテック・ビズ社様もご参加されています。

3
17Russia Sake fes!

当日のタイムスケジュール

昼の部 (酒類業界対象)
13:30 開場 受付開始
14:1514:45 ミニセミナー (ロシアのウォッカ事情、ビール事情、ワイン事情)
14:45 ザクースカ(ロシア料理オードブル)弁当配布 試飲開始
試飲ブース: ・プロムテック・ビズ ウォッカ(スタルカ・リモンナヤ・ペルツォフカ・クバンスカヤ・ハンター・フラグマン)
ストロワヤサンプル(輸入計画品)
SMIRNOVA Planning プレミアムウォッカ(ホワイトバーチシリーズ・ベルーガシリーズ)
・池光エンタープライズ ロシアビール バルチカ No.3と9
STH Earth ワイン10点(赤・白・スパークリング)
特別企画コーナー: プロムテック・ビズの未輸入ロシアウォッカコレクション111本展示-試飲-投票-プレゼント

ロシアのウォッカ関連書籍展示、閲覧

カクテルコーナー: ウォッカベースカクテル 5by 能條貴史氏(Bar Aslun
16:00 未輸入コレクションの投票締切り
16:30 〃 投票結果によりプレゼント渡し
17:00 終了

夜の部FBO会員、プロムテック・ビズネットショップ会員、一般)
17:00 開場 受付開始
17:4518:15 ミニセミナー (昼の部と同)
18:00 ザクースカ(ロシア料理オードブル)弁当配布 試飲開始
試飲ブース: =昼の部とまったく同じ=
特別企画コーナー プロムテック・ビズの未輸入ロシアウォッカコレクション残りだけ展示-試飲可(夜の部は原則プレゼントはありません)

ロシアのウォッカ関連書籍展示 閲覧

カクテルコーナー: ウォッカベースカクテル 2-3
20:30 終了


フェスティバルの詳細は
こちらのウェブサイトから 

神保町のロシア料理店「ろしあ亭」

町田のBar ASLUNさまなどもご協力されているイベントです

そして、ヴィノミュジックの春のリサイタルでも、

終演後はこのウォッカでミニレセプションがございます。

プログラムにはもちろん、

ラフマニノフの「春の水」が

ロシアでは、ウォッカは「命の水」とも言われています。

AD
ヴィノミュジック、秋のワインコンサート

ボスニア・ヘルツェゴビナワインと蜂蜜

と「平和」について考えるプログラム

お陰さまで、満席で盛会となりました。

ご来場下さいました皆様、

誠にありがとうございました。

ご来場頂けなかった皆様、

ご報告遅くなりました!!

終了直後から、別イベントの練習に突入していました。

今回は、ヴィノミュジックの応援カメラマン関 博氏が駆けつけて下さって

沢山素敵なお写真を撮って下さいました。

ヴィノミュジック/株式会社ウイ

終演後、株式会社ウイ様の代表、出演者、スタッフの方たち、

そして手には今回ご提供頂いたワインのボトル

外においたチラシ立て看板



ヴィノミュジック/株式会社ウイ
ボスニア・ヘルツェゴビナってどこにある?
株式会社ウイ様がご用意された資料


あ、演奏中の写真は、ありません!

演奏後、まずは株式会社ウイ様のスタッフの方から

ボスニアワインについてのご説明を頂きました。

ヴィノミュジック/株式会社ウイ

今回は終演後にミニ試飲会という形式でした。

尚、ワインを飲まれない方もソフトドリンクで歓談を楽しまれました。

まずはワインのお写真から、

オーガニックでとてもフルーティー、皆様からも大好評でした。

ヴィノミュジック/株式会社ウイ



ヴィノミュジック/株式会社ウイ

ヴィノミュジック/株式会社ウイ

ヴィノミュジック/株式会社ウイ

ヴィノミュジック/株式会社ウイ

ヴィノミュジック/株式会社ウイ

ヴィノミュジック/株式会社ウイ

つづいて、オーガニックの蜂蜜2種、はバゲットにつけてヴィノミュジック/株式会社ウイ


ヴィノミュジック/株式会社ウイ

ヴィノミュジック/株式会社ウイ

そして今回はなんと特別に、

株式会社ウイ様からワインに合わせて提供された「ひとくちアミューズ」

ロシア料理教室「タチヤーナの台所」のタチヤーナさんオリジナル、

グルジア風、ウクライナ風、ウズベキスタン風といったエキゾチックな

アミューズ、赤白それぞれのワインに合わせて合計4種

もお楽しみ頂きました。


ヴィノミュジック/タチヤーナの台所

ヴィノミュジック/タチヤーナの台所


ヴィノミュジック/タチヤーナの台所

ヴィノミュジック/タチヤーナの台所

そして、オマケでタチヤーナさんからの差し入れの、

ウクライナのクッキーまで。

ヴィノミュジック/タチヤーナの台所

さて、今回のプログラムのどこが「平和」なのか、

それについて続き、ご説明したいと思いますが、

もしかするとパソコンが入院するかも!?

でまたちょっと間が空くかも?しれません。

でもその前に、パリ時代の友人が

中目黒でブロカント展を開催中で、

そのお知らせをしたいかも?という訳で、

もしかすると、また後ほど~~

今回のワインコンサートで、


株式会社ウイ様よりご提供頂くワイン

はヘルツェゴビナ地方のオーガニックワイン

こちらはそのワイナリーの今年7月頃のお写真だそうです。


ボスニア・ヘルツェゴビナワインコンサート




こちらが、その今回お味見頂く VINOGRADI NUIC


ボスニア・ヘルツェゴビナワイン

白と赤があり、

まだはっきりわからないそうですが、

赤多め、白少なめの本数が提供される予定のようです。

そしてこちらが、ヘルツェゴビナでは500件近くある蜂蜜農家の

オーガニック蜂蜜


ボスニア・ヘルツェゴビナ蜂蜜

株式会社ウイ様では、

これらの物産を取引して下さる日本企業を、業者さんを探しています。

こうして生産者と企業の間を繋げるのが

フェアトレードの役割なのだそうです。

ご興味ある企業様、ありましたら、

どうぞ、株式会社ウイ 03-5313-4556 まで、お問い合わせ下さい。