2009年予想を振り返る

テーマ:
さて今年も1年のらんふらんこ予想結果を振り返りたいと思います。

まずはじめに参考までに2008年の結果はこんな感じでした。

本命予想          

単勝回収値224円 複勝回収値101円
馬(推奨穴馬)予想  

単勝回収値 16円 複勝回収値 86円

消し馬(キルクル)予想 

単勝回収値103円 複勝回収値 95円



そして2009年。

有馬記念を終えてのらんふらんこの予想回収値は・・・


本命予想          

単勝回収値 81円 複勝回収値 85円
馬(推奨穴馬)予想  

単勝回収値 48円 複勝回収値 54円

消し馬(キルクル)予想 
単勝回収値119円 複勝回収値 94円

   (勝率-連対率-複勝率 / 着度数/平均人気)
本命予想            13%-24%-37% /4.7
馬(推奨穴馬)予想     1%- 3%-10% /9.3
消し馬(キルクル)予想
    12%-23%-31% /4.9

もう今年は全てにおいてダメでしたね。

とくに消し馬は散々たるもので、本命予想より消し馬買ってたほうが良かったという状態に。

最後の尾張S・ヘッドライナーが痛かったな・・・。


本命馬も、去年ほどとは言わなくても、そんな悪すぎない程度に当てているのですが・・・同じくらい消し馬来ちゃってるみたいな。


おもしろいのは7~9月の夏シーズンで

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
本命予想  14%-35%-64% /   86円-147円

消し馬予想 26%-33%-66% /  197円-136円

本命馬の複勝率が6割超えてるのに、消し馬はさらにそれを越えてるという・・・(苦笑)。



まあ、とにかく今年はヒドすぎて反省すべき点はすべてと言っていいでしょう。

ただ、それなりに攻略法というかスランプ脱出法は見つけた気がするので、そういう反省材料が多かったのは、帰ってよかったのかもしれません。


とりあえず、またすぐに始まる金杯から出直します!

また来年もよろしくお願いします!





クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のトリプルメインエベント ~有馬記念~

テーマ:
さあ、泣いても笑っても2009ラストGⅠ!
競馬ファン、全てのメイチ勝負・有馬記念です!

有馬記念
の本命馬はドリームジャーニーです! 

昨年絞込み段階では惜しかったこのレース、昨年データに今年は改良を加えて当てたいと思います。
過去10年のこのレース。複勝圏内に入着した馬の父血統を見ると、おおまかに3つの系統に分かれます。
○ターントゥ系(ヘイロー系)/着度数(6,4,8,45)
○ターントゥ系(ロベルト系)/着度数(3,0,0,10)
○非ターントゥ系(その他)/着度数(1,6,2,58)

それぞれの系統別に複勝圏内入着馬の共通項を見ていきます。


○ターントゥ系(ヘイロー系)/着度数(6,4,8,45)
①過去1年以内に「GⅠ連対」または「中山コースの重賞連対」または、過去に「有馬記念連対」いずれかを経験
②(このレースが)休養明け5戦目以内
③前3走以内に「重賞で1番人気かつ連対」または「GⅠで8番人気以内かつ着差0.3秒以内」を経験
④中3週~中8週のローテーション

該当馬はスリーロールス、ドリームジャーニー、ブエナビスタ


○ターントゥ系(ロベルト系)/着度数(3,0,0,10)
①前走3着以内
②(このレースが)休養明け4戦目以内
③前2走以内にGⅠ勝ち
④前走から騎手の乗り変わりなし

該当馬なし


○非ターントゥ系(その他)/着度数(1,6,2,58)
①前3走以内に2000m以上の重賞で6番人気以内を経験
②過去1年以内に「(牝馬限定戦除く)GⅠ連対」または「中山コースの重賞2勝以上」または「中山芝2500mの重賞で3着以内」いずれかを経験
③前走海外レース出走馬を除き中2週~中3週のローテーション

該当馬はマイネルキッツ


改めて残った馬はスリーロールス、ドリームジャーニー、ブエナビスタ、マイネルキッツ。

それぞれの前走出走レースデータ別に一頭ずつ見ていきます。

前走エリザベス女王杯で3着のブエナビスタ。
前走エリザベス女王杯出走組は過去10年で(0,1,0,7)。唯一連対したのは前走1着の07年ダイワスカーレットで、次に着順が良かったのも、前走1着の02年ファインモーションの5着。それ以外は掲示板をはずしています。牝馬同士の戦いと、牡馬混合の戦いでは明らかにレベル差がある感もあり、前走3着のこの馬は割引。

前走菊花賞1着のスリーロールス。
前走菊花賞出走馬は過去10年で(1,2,1,5)。複勝圏内に入着した4頭は、すべて①前走6番人気以内②前々走2000m~2200mの中距離重賞に出走して4着以内。この馬は前走8番人気で前々走は条件戦に出走していました。GⅠ勝ちの評価はできても、高レベルの中距離実績が無いことと前走フロック勝ちの感もあり、この馬も割引。

前走ジャパンカップで8着に敗れたマイネルキッツ。
前走ジャパンカップ出走馬は過去10年で(6,4,3,50)。勝ち馬6頭は全て前走3着以内の馬で、そこをボーダーラインにこのレースでの成績を比べると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3着以内 31%-42%-42% / 148円- 42円
4着以下  0%- 4%-11% /   0円-147円

4着以下の馬からは穴馬は出ているものの確率的に積極的には狙いづらいところ。この馬も割引。

前走天皇賞・秋6着のドリームジャーニー。
前走天皇賞・秋出走馬は過去10年で(2,0,2,6)。複勝圏内入着馬4頭は、それぞれ前走2,5,15,10着で好走馬からも惨敗馬からも、このレース好走馬が出ており、「ジャパンカップをパスしてこのレースにメイチ勝負」ということ自体が高評価できると言えます。過去2年の勝ち馬はこのローテーション。また4頭中3頭は1年以内に中山コースでの重賞連対実績がありました。
余力を残して、ここメイチ勝負のドリームジャーニー。中山コースで重賞好走実績もあり魅力十分。

ということで本命はドリームジャーニーとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はエアシェイディです。
過去10年のこのレースで、8番人気以下で複勝圏内に入着したのはのべ8頭。
その8頭の傾向を見てみると
①全馬中3週~中7週のローテーション
中山コース初出走だった04年3着のシルクフェイマスを除き、8頭中7頭が
②ここまで中山コースを2走以上して、複勝率6割以上。
③その年に中山開催の古馬混合重賞で3着以内を経験

これらに該当し、今回8番人気以下が予想されるのがエアシェイディ。
昨年同様、この馬を穴馬で狙います。


予想評価(本命=ドリームジャーニー 
「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=エアシェイディ
「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はイコピコです。
中2週以内のローテーションの馬は(0,0,1,20)。さらに前走菊花賞以外で4着以下に敗れた3歳馬(0,0,0,11)
。きついローテーション、若い3歳馬という点でデータ的に不利なこの馬を消します。



~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!~ 
「ハニーの本命馬はいないので手広くいきます!」





クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のトリプルメインエベント ~尾張S~

テーマ:
2009年の最終日の予想2本目!
次は地元・中京の終わりを告げる、中京・最終レース!

尾張S
の本命馬はケイアイアストンです! 

過去3年のこのレースのデータから。
前走クラス別成績を見ると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦  25%-25%-75% / 182円-282円
OP特別   7%-15%-15% / 151円-138円
重賞     0%- 5%-11% /   0円- 64円

重賞の高いレベルで力を使い切った馬よりも、条件戦上がりの馬のほうが好走しやすいのがこのレースの特徴。

さらに前走からのレース間隔に注目
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中2週以内  37%-37%-62% / 583円-253円
中3週~8週  0%- 8%- 8% /   0円- 93円
中9週以上   0%- 0%-20% /   0円-126円

レース間隔が詰まっていたほうが好走しやすい傾向にある特殊なレース。
連対馬はすべて中8週以内、勝ち馬はすべて中2週以内といった傾向。狙いは中2週以内の組。

前走条件戦・中2週以内で該当するのはケイアイアストン1頭のみ。
ということで本命は
ケイアイアストンとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はメジロシリングです。
過去3年のこのレースで相性が良いのが父ノーザンダンサー系の馬。全馬の成績は
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  15%-23%-30% / 210円-295円

今回の出走馬で該当する父ノーザンダンサー系の馬のうち、人気のないであろうメジロシリングを穴で狙います。



予想評価(本命=ケイアイアストン 
「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」
予想評価(馬=メジロシリング
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はヘッドライナーです。
意外とこのレースで相性が悪いのがサクラバクシンオー産駒で(0,0,0,5)の成績。さらに前走芝1200m戦で二桁人気の馬も(0,0,1,7)と成績は良くありません。データ的に血統面と、スプリント資質に疑問のあるこの馬を消します。
 




クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のトリプルメインエベント ~ファイナルS~

テーマ:
さあ、ついに2009年の中央競馬最終日です!
今週のメインエベントは各場の締めくくりとなるレース3本!
3連勝で派手に決めたい!まずは今年のファイナルを飾る
阪神・最終レースから!

ファイナルS
の本命馬はマストビートゥルーです! 

馬場改修後・別定戦となった過去2年のこのレースのデータから
複勝圏内入着馬全6頭の共通項として
①前年の12月以降に芝1600~2000mのオープンクラスで3着以内の経験アリ
②父か母父がターントゥ系またはノーザンダンサー系
③前走から斤量増減なしまたは斤量減
④中1週~中7週以内のローテーション
⑤6頭中5頭が関西馬

この時点で該当馬がマストビートゥルーのみ。かなりあっさりしてますが、このまま本命指名で。
ということで本命はマストビートゥルーとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はスピードタッチです。
騎乗騎手の中でも2009年の阪神芝1600mでの成績が最も良いと言えるのが藤岡康。
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  14%-21%-35% / 446円-333円


勝率・連対率・複勝率・単勝回収値・複勝回収値、すべてがナンバーワンの成績。


予想評価(本命=マストビートゥルー 
「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」
予想評価(馬=ダッシャーゴーゴー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はアグネストレジャーです。
このレースの消しデータとして
①休養明け初戦(0,0,0,6)
②前走芝のレースで二桁着順(0,0,1,15)
③7歳以上馬(0,0,0,8)
例によって2年のデータでサンプル数は少ないながら、合わせ技一本でこの馬を消します。 




クリックお願いします!
↓↓↓

今週のトリプルメインエベント ~朝日杯FS~

テーマ:
さあ、毎年遅ればせながら、この12月のGⅠから当たりの出る僕です(苦笑)。
先週に続き、こちらの2歳GⅠも当てて、いざ有馬記念へ!

朝日杯FS
の本命馬はエイシンアポロンです! 

過去10年のこのレースの連対馬20頭について調べました。
まず全20頭が過去2走内に
①前走もしくは前々走で「1着」もしくは「2走とも重賞連対」を経験
②前走もしくは前々走で3番人気以内を経験し、前走もしくは前々走で7番人気以下の経験はなし
③2ヶ月以上の休養明け初戦となる馬は、1600m以上の重賞で勝ち経験あり
④このレースまでの出走キャリアが2戦~8戦

この4つの条件をクリアしていました。

さらに20頭中18頭までが、過去2走内に
⑤重賞4着以内
⑥1800m以上のOP特別クラス勝ち
いずれかを経験。
(該当しないのは00年1着の前走未勝利戦勝ちメジロベイリーと99年1着の前走新馬戦勝ちのエイシンプレストン。9年以上遡る古いデータとなります。)

該当馬はダイワバーバリアン、ダッシャーゴーゴー、ローズキングダム、エイシンアポロン、トーセンファントム。

父ターントゥ系のダーワバーバリアン、トーセンファントム、父ナスルーラ系のダッシャーゴーゴー、父ネイティブダンサー系のローズキングダム、父ノーザンダンサー系のエイシンアポロン。大系統別に主流4系統に分かれました。
各父系統別のこのレースでの成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ノーザンダンサー系 13%-24%-27% /  93円- 85円
ネイティブダンサー系 6%-10%-13% /  80円- 36円
ターントゥ系       6%-14%-25% / 109円- 65円
ナスルーラ系      0%- 3%-12% /   0円- 21円

成績で頭一つ、二つ抜けているのが父ノーザンダンサー系。回収値も及第点で狙いはこの系統。
ということで本命はエイシンアポロンとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はダッシャーゴーゴーです。
このレース6番人気以下でこのレース複勝圏内入着した馬は6頭。
その共通項として
①前走5番人気以内
②6頭中5頭が前走芝1400m~1600m戦
③6頭中5頭がオープンクラスで連対経験有り

該当馬で、先のデータ生き残り馬でもあったこの馬を穴で狙います。



予想評価(本命=エイシンアポロン 
「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=ダッシャーゴーゴー
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はキングレオポルドです。
前走条件クラス出走の関東馬(0,0,0,18)。また、前走新馬戦勝ち馬を除く、前走条件クラスで2番人気以下の馬(0,0,0,29)。先のデータにもあったように、オープンクラスでの好走馬が有利なこのレース。オープンクラスでの力に疑問があるこの馬を消します。



~GⅠ特別シリーズ ハニーのこれだけは言わせて!~ 
「牡馬2歳はサッパリわからん!」
「困ったときのは騎手買い!ユーイチ乗れるかな?」





クリックお願いします!
↓↓↓