今週のメインエベント ~小倉記念~

テーマ:

さあ、8月になりました!夏競馬ももう折り返し、あっという間に秋のトライアル、秋のGⅠが来て、有馬記念ももうすぐです(気が早い。笑)。それは、ともかく夏のうちに力をつけて、秋の戦いに備えるのは馬にも人にも必要。ここから、積み上げて行きたいと思います!

そんな今週も渾身の一本勝負です!

 

小倉記念の本命馬はスピリッツミノルです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずはハンデ戦ということで、このレースの斤量別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
54.5kg以下  4%- 9%-16% /  83円- 80円
55~57kg    9%-17%-21% / 151円- 88円
57.5kg以上  0%- 0%-30% /   0円- 90円

ハンデ戦と言えども、さすがにこの夏の暑さで酷量は厳しすぎるのか57.5kg以上の組からは連対馬が出ておらず苦戦。好成績となっているのは55~57kg組。

次に前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦  8%-12%-20% /  62円-105円
OP特別  0%- 0%- 7% /   0円- 42円
GⅢ   6%-14%-20% /  97円- 80円
GⅡ  14%-14%-14% / 924円-194円
GⅠ  22%-44%-55% / 101円-120円

GⅠ出走馬が、夏のシリーズに出てくるということは余程の自身があってのこと。ここでの狙い目は前走GⅠ組。

というわけで本命はスピリッツミノルとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はケイティープライドです。

前走重賞で上がり3Fタイム5位以内、かつ前走と同じ騎手が騎乗した馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
21%-28%-35% / 228円-105円

唯一の該当馬となるこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=スピリッツミノル

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=ケイティープライド
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はバンドワゴンです。
過去10年のこのレースで、前走芝2000m以下のレースで0.6秒以上負け、かつ上がり3Fタイム9位以下だった馬の成績は(0,0,1,40)。また、騎手乗り替わりとなった父か母父リファール系の馬は(0,0,0,9)。前走大敗、加えて血統面にも不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~函館記念~

テーマ:

今週の岐阜・愛知は大雨。異常気象が続いています。

せめてこんな時は馬券だけでも異常な勢いで当てたい。そんな思いを込めつつ、今週も渾身の一本勝負です!

 

函館記念の本命馬はステイインシアトルです!

 

過去過去10年のこのレース、うち札幌開催となった09年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別データに注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 0%-11% /   0円- 46円
OP特別   4%-13%-18% /  59円- 93円
重賞   10%-15%-23% /  65円- 81円

夏の北海道シリーズ、特に中距離戦線では函館記念→札幌記念と重要なレース。そのせいかレースレベルは高く前走重賞組が好成績・高回収値で狙い目。

次に前走重賞組に限った上がり3Fタイム別成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5位以内 16%-27%-33% / 106円- 88円
6位以下   7%- 9%-19% /  47円- 78円

函館開催も開催が進んで馬場も傷みはじめるところとなり、差しも利きやすい馬場となってくる頃。
ここは、前走でも速い上がりを使っている馬が好成績。
この時点で該当馬はステイインシアトルのみ。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はスーパームーンです。

父か母父ロベルト系の馬で、前走1.0秒以上負けておらず、今回騎手乗り替わりとなった馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 12%-37%-62% /  90円-247円

 

唯一の該当馬となる、この馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=ステイインシアトル

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=スーパームーン
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はマイネルミラノです。
過去9回のこのレースで、前走芝1800m以上のレースに出走し、今回中7週以内での出走となった7歳以上馬は(0,0,0,10)
前走6着以下に敗れていた、斤量55kg以上の関東馬は(0,0,1,14)。高齢に加えて前走大敗が気になる、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~桜花賞~

テーマ:

すっかり日本全国雨模様、阪神競馬場の桜がもちつづけるのかも気になる今週は、牝馬クラシック第一弾・桜花賞!

先週は残念な結果でしたが、今週こそバッチリ当てたいと思います!

 

桜花賞の本命馬はミスパンテールです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
500万下   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
OP特別  3%- 6%- 9% /  11円- 25円
重賞    6%-12%-18% /  64円- 95円

 

枠番に左右されないコース形状に改修されてから、ますます力通りの決着となりやすくなったこのレース。前走クラスでも、レベルの高い前走重賞組が好成績。

 

次にレースキャリア別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4戦以内 14%-27%-35% /  83円-109円
5~8戦  2%- 5%-11% /  47円- 78円
9戦以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

 

3歳速い時期のこのレース。あまり勝ち上がりに時間がかかっているようでは厳しく、狙いはキャリア4戦以内の馬。

 

さらに前走重賞かつキャリア4戦以内の馬に限った、父系統別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ヘイロー 23%-42%-53% / 139円-154円
ミスプロ  0%- 0%-25% /   0円-202円
その他   0%- 0%- 0% /   0円-  0円

 

このデータでは3歳戦で無類の強さを見せる父ヘイロー系の馬が好成績・高回収値。
この時点で該当馬はアドマイヤミヤビ、ミスパンテール。

 

ハーツクライ産駒のアドマイヤミヤビ、ダイワメジャー産駒のミスパンテール。
ここで、土曜現在で重馬場の阪神競馬場、明日の天気予報からも馬場の回復は厳しそうな為、馬場は間違いなく渋ると考えた上で、「阪神芝1600m戦」(過去5年)の馬場状態やや重~不良だった場合のそれぞれの産駒別成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ハーツクライ   9%- 9%-15% /  33円- 27円
ダイワメジャー 13%-24%-29% / 235円-159円

 

好成績・高回収値となったのはダイワメジャー産駒。内訳を見ても、ハーツクライ産駒は5度の複勝圏内入着例すべてがやや重でのもので、馬場が渋れば渋るほど心配。逆に重馬場で3勝しているダイワメジャー産駒は重巧者と言っても良いほど。

というわけで本命はミスパンテールとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はアロンザモナです。

キャリア4戦以内で前走0.9秒差以内の惜敗だった馬で、すでにオープンクラスで勝ち経験のあった馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 28%-42%-57% / 154円-180円

 

該当馬中、人気の無いこの馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=ミスパンテール

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=アロンザモナ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はリスグラシューです。
過去10年のこのレースで、前走から騎手継続騎乗となった、前走0.4秒以上負けていた父か母父ネイティブダンサー系の馬(0,0,0,15)。また、前走芝1600m以上の距離で、4角8番手以下だったキャリア5戦以上の馬は(0,0,1,21)。血統面と脚質面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~大阪杯~

テーマ:

先週は地元GⅠでバッチリ本命馬1着!幸を信じて良かった!

この勢いで春のGⅠ、バンバン当てたいと思います!そんな今週は新たに格上げとなった大阪杯!GⅠ初回をバッチリ当てたいと思います!

 

大阪杯の本命馬はミッキーロケットです!

 

格上げされたとはいえ、レースの格と定量戦になった以外は産経大阪杯時代と同条件のこのレース。


過去10年のこのレースのデータから傾向を探ります。
まずは年齢別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4歳    22%-33%-44% /  84円-100円
5歳    10%-23%-30% /  67円- 57円
6歳    3%- 9%-24% /  65円- 68円
7歳以上  0%- 3%- 3% /   0円- 15円

 

3歳→4歳へのこの期間、グングン成長する4歳馬が明らかな好成績・高回収値。

 

次に前走上がり3Fタイム別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5位以内 10%-20%-32% /  75円- 76円
6位以下  3%-11%-15% /  26円- 40円

 

Bコースに替わるとはいえ、連続2開催目の阪神。上がり速い脚を使える馬の方が有利。

この時点で該当馬はマカヒキ、ミッキーロケット。
 

ともに前哨戦を4着以内と好走し、このレースへコマを進めた2頭。前走が休養明け初戦=このレース明け2戦目となるマカヒキと、このレースが明け3戦目となるミッキーロケット。
ここで前走4着以内だった馬に限る、休養明けからのレース数別データを見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
明け2戦 16%-33%-33% / 107円- 53円
明け3戦 25%-50%-50% / 537円-297円

 

まだこの後のGⅠ戦線を目標にしている明け2戦目組と比べて、ここをピークに持ってくるようローテーションを組んだ感もある明け3戦目組の方が好成績・高回収値。

というわけで本命はミッキーロケットとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はマルターズアポジーです。

過去10年、父ノーザンダンサー系の馬で、前走4角2番手以内だった馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  20%-40%-60% /  38円-122円

 

唯一の該当馬となるこの馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=ミッキーロケット

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=マルターズアポジー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はキタサンブラックです。
過去10年のこのレースで、前走から騎手継続となる父か母父ナスルーラ系の馬は(0,0,1,20)。また、前走上がり3Fタイム6位以下で今回中9週以上の休養明け初戦となった5歳以上の牡馬は(0,0,1,13)。血統面と休養明け初戦のローテーションが不利となりそうな、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメイエンエベント ~京都記念~ 

テーマ:

「もうそろそろ」「もうそろそろ」と言い続けて、どれだけの月日が過ぎたことか・・・。早いもので来週は今年最初の中央GⅠ・・・。もう当たりが欲しい!

そんな今週も渾身の一本勝負です!

 

京都記念の本命馬はサトノクラウンです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績に注目。
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
OP特別  0%- 8%- 8% /   0円- 16円
GⅡ・Ⅲ  4%-10%-15% /  32円- 58円
GⅠ   17%-30%-47% / 187円-114円

ここをステップにドバイ遠征に向かう馬もいる、この時期にしては非常にレベルの高いレース。
好走馬は前走、前年冬のGⅠ戦線(香港国際競争等の海外GⅠ含む)に出走し、ここから始動する馬に集中。

 

次に前走GⅠ出走馬に限った、レース間隔別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中8週以内 26%-36%-57% / 324円-146円
中9週以上  9%-23%-38% /  62円- 85円

ここではあまり間隔があきすぎず、レース感覚がボケないうちに出走して来た組に好走馬が集中。
この時点で該当馬はサトノクラウン、スマートレイアー。

5歳馬のサトノクラウン、7歳馬のスマートレイアー。
ここで前走GⅠ出走馬に限った年齢別成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5歳   18%-27%-72% / 212円-160円
7歳以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

本番前に目いっぱい走っては余力が残らない高齢馬より、若い馬の方が好成績。

というわけで本命はサトノクラウンとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はショウナンバッハです。

前走重賞で8着以内だった6歳馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  6%-33%-46% / 228円-138円

唯一の該当馬となる、この馬を穴で狙います。

 

 

 

予想評価(本命=サトノクラウン

「自信度=中」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ショウナンバッハ
「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はミッキーロケットです。
過去10年のこのレースで、前走から中3週以内の出走で、斤量増となった馬の成績は(0,0,0,11)。また前走GⅠ以外で上がり3Fタイム6位以下だった、父ターントゥ系以外の馬は(0,0,0,13)。レベルの高いレースにきて斤量増、加えて脚質面に不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓