今週のメインエベント ~桜花賞~

テーマ:

すっかり日本全国雨模様、阪神競馬場の桜がもちつづけるのかも気になる今週は、牝馬クラシック第一弾・桜花賞!

先週は残念な結果でしたが、今週こそバッチリ当てたいと思います!

 

桜花賞の本命馬はミスパンテールです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
500万下   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
OP特別  3%- 6%- 9% /  11円- 25円
重賞    6%-12%-18% /  64円- 95円

 

枠番に左右されないコース形状に改修されてから、ますます力通りの決着となりやすくなったこのレース。前走クラスでも、レベルの高い前走重賞組が好成績。

 

次にレースキャリア別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4戦以内 14%-27%-35% /  83円-109円
5~8戦  2%- 5%-11% /  47円- 78円
9戦以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

 

3歳速い時期のこのレース。あまり勝ち上がりに時間がかかっているようでは厳しく、狙いはキャリア4戦以内の馬。

 

さらに前走重賞かつキャリア4戦以内の馬に限った、父系統別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ヘイロー 23%-42%-53% / 139円-154円
ミスプロ  0%- 0%-25% /   0円-202円
その他   0%- 0%- 0% /   0円-  0円

 

このデータでは3歳戦で無類の強さを見せる父ヘイロー系の馬が好成績・高回収値。
この時点で該当馬はアドマイヤミヤビ、ミスパンテール。

 

ハーツクライ産駒のアドマイヤミヤビ、ダイワメジャー産駒のミスパンテール。
ここで、土曜現在で重馬場の阪神競馬場、明日の天気予報からも馬場の回復は厳しそうな為、馬場は間違いなく渋ると考えた上で、「阪神芝1600m戦」(過去5年)の馬場状態やや重~不良だった場合のそれぞれの産駒別成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ハーツクライ   9%- 9%-15% /  33円- 27円
ダイワメジャー 13%-24%-29% / 235円-159円

 

好成績・高回収値となったのはダイワメジャー産駒。内訳を見ても、ハーツクライ産駒は5度の複勝圏内入着例すべてがやや重でのもので、馬場が渋れば渋るほど心配。逆に重馬場で3勝しているダイワメジャー産駒は重巧者と言っても良いほど。

というわけで本命はミスパンテールとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はアロンザモナです。

キャリア4戦以内で前走0.9秒差以内の惜敗だった馬で、すでにオープンクラスで勝ち経験のあった馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 28%-42%-57% / 154円-180円

 

該当馬中、人気の無いこの馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=ミスパンテール

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=アロンザモナ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はリスグラシューです。
過去10年のこのレースで、前走から騎手継続騎乗となった、前走0.4秒以上負けていた父か母父ネイティブダンサー系の馬(0,0,0,15)。また、前走芝1600m以上の距離で、4角8番手以下だったキャリア5戦以上の馬は(0,0,1,21)。血統面と脚質面に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~大阪杯~

テーマ:

先週は地元GⅠでバッチリ本命馬1着!幸を信じて良かった!

この勢いで春のGⅠ、バンバン当てたいと思います!そんな今週は新たに格上げとなった大阪杯!GⅠ初回をバッチリ当てたいと思います!

 

大阪杯の本命馬はミッキーロケットです!

 

格上げされたとはいえ、レースの格と定量戦になった以外は産経大阪杯時代と同条件のこのレース。


過去10年のこのレースのデータから傾向を探ります。
まずは年齢別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4歳    22%-33%-44% /  84円-100円
5歳    10%-23%-30% /  67円- 57円
6歳    3%- 9%-24% /  65円- 68円
7歳以上  0%- 3%- 3% /   0円- 15円

 

3歳→4歳へのこの期間、グングン成長する4歳馬が明らかな好成績・高回収値。

 

次に前走上がり3Fタイム別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5位以内 10%-20%-32% /  75円- 76円
6位以下  3%-11%-15% /  26円- 40円

 

Bコースに替わるとはいえ、連続2開催目の阪神。上がり速い脚を使える馬の方が有利。

この時点で該当馬はマカヒキ、ミッキーロケット。
 

ともに前哨戦を4着以内と好走し、このレースへコマを進めた2頭。前走が休養明け初戦=このレース明け2戦目となるマカヒキと、このレースが明け3戦目となるミッキーロケット。
ここで前走4着以内だった馬に限る、休養明けからのレース数別データを見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
明け2戦 16%-33%-33% / 107円- 53円
明け3戦 25%-50%-50% / 537円-297円

 

まだこの後のGⅠ戦線を目標にしている明け2戦目組と比べて、ここをピークに持ってくるようローテーションを組んだ感もある明け3戦目組の方が好成績・高回収値。

というわけで本命はミッキーロケットとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はマルターズアポジーです。

過去10年、父ノーザンダンサー系の馬で、前走4角2番手以内だった馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  20%-40%-60% /  38円-122円

 

唯一の該当馬となるこの馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=ミッキーロケット

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=マルターズアポジー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はキタサンブラックです。
過去10年のこのレースで、前走から騎手継続となる父か母父ナスルーラ系の馬は(0,0,1,20)。また、前走上がり3Fタイム6位以下で今回中9週以上の休養明け初戦となった5歳以上の牡馬は(0,0,1,13)。血統面と休養明け初戦のローテーションが不利となりそうな、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメイエンエベント ~京都記念~ 

テーマ:

「もうそろそろ」「もうそろそろ」と言い続けて、どれだけの月日が過ぎたことか・・・。早いもので来週は今年最初の中央GⅠ・・・。もう当たりが欲しい!

そんな今週も渾身の一本勝負です!

 

京都記念の本命馬はサトノクラウンです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績に注目。
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
OP特別  0%- 8%- 8% /   0円- 16円
GⅡ・Ⅲ  4%-10%-15% /  32円- 58円
GⅠ   17%-30%-47% / 187円-114円

ここをステップにドバイ遠征に向かう馬もいる、この時期にしては非常にレベルの高いレース。
好走馬は前走、前年冬のGⅠ戦線(香港国際競争等の海外GⅠ含む)に出走し、ここから始動する馬に集中。

 

次に前走GⅠ出走馬に限った、レース間隔別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中8週以内 26%-36%-57% / 324円-146円
中9週以上  9%-23%-38% /  62円- 85円

ここではあまり間隔があきすぎず、レース感覚がボケないうちに出走して来た組に好走馬が集中。
この時点で該当馬はサトノクラウン、スマートレイアー。

5歳馬のサトノクラウン、7歳馬のスマートレイアー。
ここで前走GⅠ出走馬に限った年齢別成績を比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5歳   18%-27%-72% / 212円-160円
7歳以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

本番前に目いっぱい走っては余力が残らない高齢馬より、若い馬の方が好成績。

というわけで本命はサトノクラウンとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はショウナンバッハです。

前走重賞で8着以内だった6歳馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  6%-33%-46% / 228円-138円

唯一の該当馬となる、この馬を穴で狙います。

 

 

 

予想評価(本命=サトノクラウン

「自信度=中」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ショウナンバッハ
「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はミッキーロケットです。
過去10年のこのレースで、前走から中3週以内の出走で、斤量増となった馬の成績は(0,0,0,11)。また前走GⅠ以外で上がり3Fタイム6位以下だった、父ターントゥ系以外の馬は(0,0,0,13)。レベルの高いレースにきて斤量増、加えて脚質面に不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~桜花賞~

テーマ:

さあ、いよいよ暖かい毎日となり春を感じる今日この頃。競馬はいよいよ、クラシックシーズンです!
個人的には馬券自体の調子はいいので、ここらでそろそろブログ予想もバッチリ当てたいと思います!そんな今週も一本勝負!

桜花賞
の本命馬はシンハライトです!

阪神コースが馬場改修され外回りコースとなった過去9年のこのレースのデータから。

まずは前走距離別成績に注目。

 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

距離延長  1%- 1%- 3% /  72円- 23円

同距離   9%-18%-27% /  56円-133円

距離短縮  0%- 6%-12% /   0円- 33円


好成績・高回収値となっているのは前走から同距離の組。一般的には距離変化が軽視される分、距離短縮または距離延長組が好成績・高回収値となるケースが多く見られるのですが、まだ幼い3歳牝馬戦ではむしろ前走が同じ距離であった方が慣れもあってか好成績をなりやすい様子。


さらに前走同距離組に限った、前走人気別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

1~5人気 13%-24%-32% /  78円- 91円

6~9人気  0%- 0%-11% /   0円-141円

10人気以下  0%-14%-14% /   0円-472円


前走6番人気以下の馬からも時折穴馬の激走があるものの勝ち馬は出ておらず、2着馬も実数で1頭のみ。その点では成績が安定している5番人気以内の馬が狙い目。


また前走同距離組に限った、このレースまでのレースキャリア別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

4戦以内 18%-34%-40% / 109円-115円

5~6戦  5%-10%-24% /  35円-116円

7戦以上  0%- 6%- 6% /   0円-206円


レース数が多い馬=その分伸びしろが少なくなっているor桜花賞出走にこぎつけるのに苦労していた馬と言えます。

ここでの狙いはレース数が少ない=近道を通ってきた馬のキャリア4戦以内の組。


ここまでの該当馬はシンハライト、ジュエラー。

ディープインパクト産駒のシンハライトとヴィクトワールピサ産駒のジュエラー。

ここで、それぞれの産駒別「2~4月の阪神開催」「3歳限定」「芝1600戦」に限った成績を比べてみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

ディープインパクト 16%-31%-43% /  79円-120円

ヴィクトワールピサ  0%-16%-33% /   0円- 43円


ヴィクトワールピサ産駒はサンプル数が少ないこともありますが、それでもマイル戦でとくに強さを発揮するディープインパクト産駒の好成績・高回収値は狙わない手はありません。
というわけで本命はシンハライトとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はウインファビラスです。
前年の阪神JFで連対していた馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 26%-46%-53% / 102円- 85円

実績のわりに人気を落としている感のある、この馬を狙います。



予想評価(本命=シンハライト

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ウインファビラス
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また
消し馬(=キルクル)はメジャーエンブレムです。

過去9回のこのレースで、前走チューリップ賞をステップとしなかった関東馬で、芝1400m以下で勝ち鞍のなかった馬は(0,0,1,25)。前走左回りコースに出走していた、父か母父ノーザンダンサー系でキャリア5戦以内の馬(0,0,1,6)。ローテーションからスピード勝負に不安があり、さらには左回り→右回りへの対応にも不安のあるこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓

先週上半期最後のGⅠも消し馬1着という・・・いやあ、ホント1年単位くらいの不調に落ち込んでる気がします。やはり大振りがいけないのでしょうか・・・。
と言いつつも、今週はかなりのホームラン狙い!得意の3歳限定重賞、一発あってもおかしくない!そんな期待を込めて!

ラジオNIKKEI賞
の本命馬はイダスです!

ハンデ戦となった過去8年、うち中山開催だった11年を除く過去7回のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績に注目

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

500万下   7%-10%-21% /  37円- 66円

1000万下 13%-18%-22% / 232円-248円

OP特別  0%-17%-21% /   0円- 79円

重賞    5%- 7%-13% /  42円- 56円


レースレベルが高いと思われる前走重賞組は、前走掲示板にも乗れず負けて回ってくる馬が多く、つまりは重賞では歯が立たない結果が出てしまっている馬が多いということにもなります。

逆に好成績の前走1000万下組。この時期3歳馬で2勝していること、加えて1000万下=古馬混合戦でもあり、古馬にもまれた事が好走に繋がるようです。というわけで狙いはこの組。


さらに前走1000万下組みに限った前走人気別成績を見てみると

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

3人気以内 33%-33%-33% / 567円-156円

4人気以下  0%- 7%-15% /   0円-312円


前走の着順はともかく、その実力を評価されている事は、馬のレベルの高さの証。狙いは前走3番人気以内の組。
いうわけで本命はイダスとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はカウニスクッカです。

前走4角2番手以内で、今回前走から距離延長となる馬は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

  37%-37%-50% / 355円-110円

前に行った馬が穴をあけることも多いこのレース。先の該当馬4頭にも残ったこの馬を穴で。


予想評価(本命=イダス
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=カウニスクッカ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はショウナンワダチです。
過去7回のこのレースで前走4角13番手以下で上がり3Fタイムが上位3位以下だった馬は(0,0,0,12)。斤量55.5kg以上背負わされた父ヘイロー系以外の馬は(0,0,1,8)。脚質面、血統面とマイナス要素が揃った、この馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓