今週のメインエベント ~オークス~

テーマ:

先週はデータ該当馬2頭が1着・3着と好走して馬券も的中!この流れ来てます!勢いに乗って、今週もガツンと当てたいと思います!今週も牝馬GⅠで勝負!

 

オークスの本命馬はレーヌミノルです!

 

過去10年のこのレースで連対馬が出ているのは以下の3レース
(レース名/着度数)
①桜花賞    (8,5,4,64)
②忘れな草賞 (2,0,0,9)
③フローラS (1,4,4,32)

これら以外から連対馬が出た例はありませんので、その他レースのステップ組は消しとして、ここからはこの3レースそれぞれの連対例について見て行きます。

■桜花賞(8,5,4,64)
当たり前のように出走数が多い分、連対数も多いこのレース。のべ13頭の連対馬の共通項は。
①前走10着以内かつ着差1.0秒以内。ただし、前走3着以下だった馬は前走一桁人気。
②前走1着馬を除き、前走騎手が継続騎乗。
③前走3着以下だった馬は、今年に入って芝コースの「重賞連対」or「OP特別勝ち」
④父か母父ヘイロー系、または父か母父ミスプロ系。

該当馬はリスグラシュー、レーヌミノル。

■忘れな草賞
偶然にもレース名が示すように(?)忘れた頃にやってくるのがこのレースのステップ組。2頭の連対馬の共通項は
①前走2番人気以内かつ着差0.1秒以上勝ち
②前走騎手が継続騎乗
③父ヘイロー系

該当馬はなし。

■フローラS
連対例のないスイートピーSと比べて勝ち馬まで出してステップレースとしては断然好成績のこの組。5頭の連対馬の共通項は
①前走3着以内かつ0.1秒差以内
②前走3番人気以内
③前走3角10番手以内
④父か母父がノーザンダンサー系orミスプロ系
⑤関西馬は複勝率100%

該当馬はフローレスマジック。

改めて該当馬はフローレスマジック、リスグラシュー、レーヌミノル。

ここでこのレース全体の前走上がり3Fタイム別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5位以内 10%-16%-24% /  90円- 62円
6位以下  1%- 5%- 7% /  36円- 44円

好成績・高回収値となったのは5位以内の組。
上がり3Fタイムが速いということは、それだけの速い脚が使えるということのほかに、最後の最後にまだそれだけの余裕が残っているという裏付けにもなります。
3歳馬にはスタミナ勝負とも言えるこの時期の2400m戦。前走速い脚を残していた上がり3Fタイム5位以内の馬が狙い目。

この時点で該当馬はリスグラシュー(武豊)、レーヌミノル(池添)。
最後は騎手データです。
「4~5月」「芝の3歳限定重賞」(過去5年)の成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
池添 15%-31%-47% / 305円-147円
武豊  7%-14%-21% /  15円- 80円

ここ数年はクラシック戦戦で思いのほか勝てていない武豊。一方、この馬の前走で人気薄勝利、また昨年もこのレースを勝っている池添は好成績・高回収値。

というわけで本命はレーヌミノルとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はブラックスビーチです。
前走・前々走も連対を外していなかったディープインパクト産駒は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 28%-71%-85% / 125円-141円

該当馬中人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=レーヌミノル

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ブラックスビーチ
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はアドマイヤミヤビです。
過去10年のこのレースで、このレース8枠に入った、前走上がり3Fタイム3位以下だった父ヘイロー系の馬は(0,0,0,7)。また、前走4角13番手以下で10着以下に敗れていた馬は(0,0,0,11)。枠順の不利と前走大敗に不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~ヴィクトリアマイル~

テーマ:

先週はやはり少し狙いすぎたかなと自分でも思ってます(苦笑)。気を取り直して、今週こそ当てましょう!同じ府中のマイル戦でリベンジです!

 

ヴィクトリアマイルの本命馬はジュールポレールです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
OP特別以下  0%- 0%- 7% /   0円- 42円
重賞     5%-10%-15% /  93円-134円

ここはさすがにGⅠの舞台、前走レースレベルの低いOP特別以下のクラスからは連対馬すらでていません。狙いは前走重賞組。

次に前走人気別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
4人気以内  5%-11%-18% /  53円- 71円
5~9人気  4%- 9%-11% / 164円-102円
10人気以下  0%- 0%-12% /   0円-385円

前走人気が低い馬はこのレースでも人気が低いため、その分馬券圏内に入れば回収値は跳ね上がりますが、その成績自体は10%を切る連対率から狙いづらいところ。
そうなると、必然的に狙いは成績が安定している前走4番人気以内の組。

さらにこのレースでの枠番別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~3枠  6%-13%-23% / 149円-122円
4~6枠  5%-11%-13% /  19円- 61円
7~8枠  5%- 8%-13% /  84円-190円

 

09年以降のこのレースは、東京芝Aコースから仮柵移動しBコースで行われるようになったせいか、荒れた部分は柵の内側となり、ちょうど最内からが馬場の綺麗な部分となるようで、その影響もあってか数字自体も高い数字が内側に集中しています。狙いは1~3枠の馬。

この時点で該当馬はジュールポレール、アドマイヤリード。

前走3角5番手だったジュールポレール、前走3角14番手だったアドマイヤリード。
ここでこのレース全体の3角位置取り別成績を比べてみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5番手以内  6%-15%-22% /  71円-262円
6番手以下  5%- 9%-14% /  90円- 58円

先の内側有利ということもあってか、外からの差し馬が届きにくく、できるだけ前めでレースできる方が好成績。狙いは前走3角5番手以内の馬。

というわけで本命はジュールポレールとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はソルヴェイグです。

穴馬も内枠から。
このレース1~3枠に入った馬で、前走から距離延長となる父ヘイロー系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 12%-25%-43% / 171円-211円

唯一の該当馬、この馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=ジュールポレール

「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=ソルヴェイグ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はルージュバックです。
過去10年のこのレースで、マンハッタンカフェ産駒の成績は(0,0,0,8)。前走1800m以上の距離で8着以下に負けていた関東馬は(0,0,0,12)。血統面と前走大敗に不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~NHKマイルC~

テーマ:

先週は締めきりすぎることなく買えまして(笑)、馬券も◎本命が2着して的中することができました!1着だったら・・・とは思いますが、その夢は今回に期待します!

というわけで、今週も渾身の一本勝負!

 

NHKマイルCの本命馬はプラチナヴォイスです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
500万下   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
OP特別   0%- 2%- 5% /   0円-140円
GⅡ・Ⅲ  6%-12%-19% /  86円-121円
GⅠ    8%-17%-23% / 249円-140円

好成績・高回収値となったのが前走GⅠ組。昨年は1,2着馬、一昨年は1着馬がでており近年のトレンドなりつつあるのがこの組。

GⅠ組の好走理由として、GⅠ組のほとんどを占める桜花賞・皐月賞が連続開催の馬場が荒れた終盤に行われ、後方待機の差し追い込み馬が有利となりやすい傾向があるのに対し、NHKマイルCは開催前半の馬場が荒れていない前残り傾向の中行われるためではないかと考えられます。
そこで前走GⅠ出走馬に限った前走4角位置取り別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
10番手以内 12%-25%-33% / 352円-198円
11番手以下   0%- 0%- 0% /   0円-  0円

複勝圏内入着馬はすべて前走10番手以内から。狙いはやはりこの組。

また前走GⅠ出走と言っても2歳時が強くその時の賞金で出ている馬と、3歳時になって力をつけた馬とでは差があります。
その一つの指標として、「3歳時に重賞3着内またはオープン特別勝ち」の経験が有るか無いかの違いを見てみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
有  9%-22%-31% / 355円-207円
無   8%- 8%- 8% /  53円- 17円

やはり好成績となったのは「3歳時に重賞3着内またはオープン特別勝ち」の経験が有る馬。
この時点で該当馬はプラチナヴォイスのみ。

というわけで本命はプラチナヴォイスとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はタイセイスターリーです。

前走4角5番手以内かつ前走から中3週以内で出走した、父ヘイロー系の一桁馬番の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 25%-41%-50% / 648円-231円

該当馬中、人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=プラチナヴォイス

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=タイセイスターリー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はカラクレナイです。
過去10年のこのレースで、関西馬の牝馬は(0,0,1,11)。また、前走5番人気以下で、かつ4角13番手以下だった馬は(0,0,0,10)。牝馬で輸送が伴う点、加えて脚質面に不安のあるこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~天皇賞・春~

テーマ:

先週から買い目を考え過ぎて締め切り時間が来て買い逃す失態を繰り返しております、らんふらんこです(笑)。

ちょっと、ここは気持ちを切り替えて、気合いを入れ替えて行かねばですね。新しいスタートをここから!という思いで。そして、今週こそ的中を!そんな今週も渾身の一本勝負!

 

天皇賞・春の本命馬はシュヴァルグランです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは、過去10年のべ20頭の連対馬の前走レースを見てみると
(レース名/着度数)

■日経賞(3,4,2,43)
■産経大阪杯(3,3,2,10)
■阪神大賞典(3,1,4,47)
■京都記念(1,1,0,3)
■ダイヤモンドS(0,1,0,8)

その他のレースからは(0,0,2,32)と3着もたまにある程度、ということでデータ的には消し。
先の5レースのうち、今回前走京都記念出走馬はいませんので、京都記念を除く4レースそれぞれの連対条件について細かく見て行きます。

 

■日経賞(3,5,3,41)
過去10年で最も多くの連対馬を出しているのがこのレース。のべ8頭の連対馬の共通項は
①前走7番人気以内かつ10着以内
②前走負けていた馬は4角6番手以内
③前走3着以下に敗れていた馬は、前年4月以降に芝3000m以上の重賞で連対経験あり
④父ヘイロー系または父か母父がノーザンダンサー系

該当馬はシャケトラ。

 

■産経大阪杯(2,3,2,13)
過去10年で日経賞の次に多くの連対馬を出しているのがこのレース。のべ5頭の連対馬の共通項は
①前走5番人気以内かつ着差0.5秒以内
②前走負けていた馬は、前年4月以降に芝2400m以上の重賞で連対経験あり
③前走4角9番手以内
④5歳以上馬は父・母父とも非ヘイロー系

該当馬はなし。

■阪神大賞典(3,1,4,47)
過去10年以前には最も有力ステップでしたが、年々他の組に押されぎみ。それでも1位タイの3頭の勝ち馬を出しているのがこのレース。のべ4頭の連対馬の共通項は
①前走6番人気以内
②前走4角2番手以内
③前走負けていた馬は、過去に芝3000m以上のGⅠで3着以内の経験があること
④父か母父ターントゥ系

該当馬はシュヴァルグラン。

 

■ダイヤモンドS(0,1,0,8)
過去10年では1頭の連対馬が出ているこのレース。連対条件としては
①前走上がり3Fタイム1位
②前走から斤量の増なし
③前年にもこのレースに出走して着差0.4秒差以内の経験あり

該当馬はなし。

改めて該当馬はシャケトラ(田辺)、シュヴァルグラン(福永)。

最後は騎手データです。
「芝3000m以上のレース」(過去5年)の騎手データを比べてみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
福永 14%-35%-42% /  32円- 87円
田辺  0%- 7%-15% /   0円-133円

3割以上の連対率で好成績なのは福永。田辺は過去5年どころかデビュー以来未だに芝3000m以上のレースでの勝ち鞍が無いところに不安があります。

というわけで本命はシュヴァルグランとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はスピリッツミノルです。

1~3枠に入り前走4角4番手以内だった父ヘイロー系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 23%-35%-47% / 1028円-554円

昨年13番人気2着のカレンミロティックや12年14番人気1着のビートブラック等、大波乱の立役者はこの例に該当。

今回の該当馬から、この馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=シュヴァルグラン

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=スピリッツミノル
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」




また消し馬(=キルクル)はシャケトラです。
過去10年のこのレースで、GⅠ馬を除く、前走4角7番手以下だった4歳馬は(0,0,1,9)。また、前走から斤量3kg以上増となった、関東所属騎手騎乗の馬は(0,0,0,7)。脚質面と一気の斤量増に不安のあるこの馬。先の騎手成績からも騎手の長距離線の不安もあり、該当馬で残りましたがこの馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~マイラーズC~

テーマ:

先週、実は馬券の買い目を考え過ぎて締め切り時間が来て買い逃すという大失態!まあ、ハズレてたからいいんですけどね(笑)。

さあ、今週は仕切り直し!GⅠも一旦中休みということで、ここから新たなスタートを切りたいと思います!そんな今週は関西の重賞で渾身の一本勝負!

 

マイラーズCの本命馬はダッシングブレイズです!

 

阪神開催から京都開催へ移行した過去5年のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績に注目
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦     0%- 0%- 0% /   0円-  0円
OP特別    9%-18%-18% / 130円- 65円
重賞     3%- 8%-16% /  28円- 54円

 

好成績・高回収値となっているのは前走OP特別組。高レベルの戦いをしてきた重賞組より前走オープン特別組で好走してきた馬の勢いの方が勝っているといった感じ。

 

次にその“勢い”がよくわかる前走着順別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2着以内 12%-37%-37% / 280円-156円
3~5着 25%-25%-25% / 160円- 50円
6着以下  0%- 5%- 7% /   0円- 18円

 

好成績・高回収値となっているのは2着以内の好走馬。狙いはこの組。この時点で該当馬はダッシングブレイズのみ。

というわけで本命はダッシングブレイズとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はヤングマンパワーです。

前走7番人気以内かつ4角3番手以内だった馬で、前走から騎手乗り替わりとなった馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 20%-40%-60% / 138円-240円

 

唯一の該当となるこの馬を穴で狙います。

 

 

予想評価(本命=ダッシングブレイズ

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ヤングマンパワー
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はイスラボニータです。
過去5回のこのレースで、関東馬は(0,0,0,13)。また、前走上がり3Fタイム3位以下で、今回距離延長となる馬は(0,0,0,9)
。相性ぼ悪い関東馬、加えて切れ負けする脚質に不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓