今週のメイエンエベント ~中京記念~

テーマ:

今週で夏競馬前半も終わりと言った感じ。そして、地元・中京も最終週となります。
今週は現地競馬でドカンと当てたいと思います!そんな今週はもちろん中京の重賞から!

中京記念
の本命馬はマイネルアウラートです!


中京改修後芝1600m戦となった、過去4年のこのレースのデータから。

まずは過去10年のこのレースの斤量別成績を見てみると

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

55.5kg以上 11%-16%-25% / 128円-125円

55kg以下 0%- 7%-10% / 0円- 41円


まだ4度の結果ながら「ハンデ戦は斤量重い組」の傾向が。ここは、斤量55.5kg以上の組が狙い。


次に斤量55.5kg以上の組に限った、前走上がり3Fタイム順別成績を見てみると

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

5位以内 17%-17%-35% / 202円-155円

6位以下 5%-15%-15% / 62円- 98円


最終週に行われるこのレースでは、差し脚鋭い馬が有利。狙いは、前走上がり3Fタイム5位以内の馬。


さらに斤量55.5kg以上の組に限った、前走距離別成績を見てみると

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

距離延長 28%-28%-42% / 344円-244円

同距離 10%-15%-15% / 116円- 84円

距離短縮 0%-10%-30% / 0円-121円


好成績・高回収値となったのは距離延長組。タフなイメージの中京コースとは裏腹に、実際にはスピードのある馬が好走している様子。


この時点で該当馬はダッシングブレイズ、マイネルアウラート、ワキノブレイブ。

父ノーザンダンサー系のダッシングブレイズ、父ヘイロー系のマイネルアウラート、父ミスプロ系のワキノブレイブ。

ここで斤量55.5kg以上組に限った、ぞれぞれの父系統別成績を比べてみると

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

ヘイロー 13%-13%-26% / 148円-114円

ミスプロ 0%-33%-33% / 0円-240円

ノーザンダンサー 0%- 0%- 0% / 0円- 0円


ミスプロ系は実質2頭の2着馬による数字。それを含めて勝ち馬も出しているヘイロー系の方がここでは狙い目と言えます。

というわけで本命はマイネルアウラートとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はワキノブレイブです。

斤量55.5kg以上組に限った、6歳馬の成績は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

20%-30%-50% / 271円-285円


先の該当馬からこの馬を穴で。




予想評価(本命=
マイネルアウラート

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ワキノブレイブ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また
消し馬(=キルクル)はタガノエスプレッソです。

過去4回のこのレースで前走から斤量減となり、前走から騎手継続騎乗となった馬は(0,0,0,10)。また前走から中2週以内の出走となった馬は(0,0,0,6)。実力劣ると見られたハンデ評価、加えて脚質的にも不利なデータが揃ったこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~函館記念~

テーマ:

今週は猛暑とおもいきや大雨が降ったりと、大荒れの天気の一週間でした。
競馬の方も大荒れに期待して、渾身の一本勝負です!


函館記念
の本命馬はマイネルフロストです!


過去10年、うち札幌開催だった09年を除く過去9回のこのレースのデータから。

まずは過去9回のこのレースの斤量別成績を見てみると

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

53kg以下 0%-12%-16% / 0円-121円

53.5~55.5kg 6%- 8%-14% / 44円- 49円

56~57kg 9%-17%-26% / 92円- 89円

57.5kg以上 8%-16%-16% / 40円- 53円


ハンデ戦は斤量重い方から。とは言え、さすがに57.5kg以上は酷量のようで、ちょうどよく好成績・高回収値となっているのは斤量56~57kg組。


次に前走56~57kg組に限った、前走着差別成績を見てみると

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

勝ち 0%-18%-18% / 0円- 30円

負0.0~0.9秒差 16%-20%-37% / 95円-111円

負1.0秒以上 5%-11%-17% / 147円- 95円


前走1.0秒以上負けの組からはたまの複穴が出るものの好成績にはつながらず。また前走勝ちからの連続好走は難しいだけでなく人気しやすく回収値も低め。

そうなると一番の好成績となった0.0~0.9秒差負けの惜敗組が狙い目。


この時点で該当馬はホッコーブレーヴ、マイネルフロスト、マイネルミラノ。

8歳馬のホッコーブレーヴ、5歳馬のマイネルフロスト、6歳馬のマイネルミラノ。

ここで斤量56~57kg組に限った年齢別成績を比べてみると

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

5歳 13%-26%-26% / 85円- 53円

6歳 9%- 9%-27% / 30円- 90円

7歳以上 6%- 6%-12% / 156円- 85円


回収値は一長一短あれど、成績面とくに連対率ベースで見て他の組を3倍以上差をつけて好成績となっているのが若い5歳馬。狙いはこの組。
というわけで本命はマイネルフロストとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はトゥインクルです。

斤量56~57kg組に限った関西馬の成績は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

12%-20%-30% / 123円-100円


唯一の該当馬となるこの馬を穴で。




予想評価(本命=
マイネルフロスト

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=トゥインクル
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また
消し馬(=キルクル)はバイガエシです。

過去9回のこのレースで前走条件戦に出走していた関西馬は(0,0,1,4)。父ターントゥ系の馬を除き、前走から斤量3kg以上減となった馬は(0,0,1,6)。前走レースレベルの低さ、加えて血統面に不安もあるこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~七夕賞~

テーマ:

今週は参議院議員選挙!選挙の投票も、勝ち馬の投票もお忘れなく!
そんな今週も渾身の一本勝負です!

七夕賞
の本命馬はアルバートドックです!


過去10年のうち、中山開催となった11年を除く過去9回のこのレースのデータから。

まずは過去10年のこのレースの斤量増減別成績を見てみると

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

斤量増 22%-38%-50% / 139円-122円

同斤量 4%-10%-17% / 34円- 54円

斤量減 3%- 7%-14% / 119円-117円


「ハンデ戦は斤量増の組」がデータ派の定説。ここも好成績・高回収値となっており、狙いはこの組。


さらに前走から斤量増となった組に限った、前走人気別成績を見てみると

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

5人気以内 22%-44%-66% / 131円-121円

6人気以下 22%-33%-33% / 147円-123円


斤量増となった組でも、ある程度実力評価されている方が好走の確率は高いようで、狙いは前走5番人気以内の組。
この時点で該当馬はアルバートドックのみ。

というわけで本命はアルバートドックとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はマーティンボロです。
もう一頭の斤量増組を穴で狙います。


予想評価(本命=
アルバートドック

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=マーティンボロ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また
消し馬(=キルクル)はミナスウォーリアーです。
過去9回のこのレースでキャリア5戦以下で、前走OP特別以下クラスで4番人気以下だった関東馬は(0,0,0,23)。前走から中3週以内の出走となる、前走4角7番手以下だった父ノーザンダンサー系の馬は(0,0,1,10)。前走レースレベルの低さ、加えて血統面に不安もあるこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~ラジオNIKKEI賞~

テーマ:

上半期の競馬はそこそこの当たりはあったもののドカンと当たることなく終わってしまった感じもあります。夏競馬で鍛え直して再出発です!
今週は気合い入れ直して、一本勝負です!

ラジオNIKKEI賞
の本命馬はストーミーシーです!


ハンデ戦となった06年以降。かつ中山開催となった11年を除く、過去8回のこのレースのデータから。

まずは前走着順別成績に注目

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

一桁着順 7%-15%-20% / 53円- 94円

二桁着順 2%- 5%-13% / 50円- 70円


一昔前は「残念ダービー」とも呼ばれていたこのレース。それなりの馬が集まってくるわけで、さすがに前走大敗してるようでは歯が立たない様子。ここは前走一桁人気の馬が狙い。


次に前走一桁着順の馬に限った、今回の斤量別成績を見てみると

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

53kg以下 2%- 2%- 9% / 11円- 95円

53.5~55kg 10%-26%-31% / 82円- 98円

55.5kg以上 18%-27%-27% / 117円- 76円


単勝回収値・複勝回収値はどの組も一長一短。となると、最も好成績と言える55.5kg以上組がここでは買い。


また前走一桁着順の馬に限った、東西厩舎別成績を比べてみると

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

関東 9%-17%-24% / 71円-128円

関西 5%-12%-15% / 29円- 47円


ここは関東ローカル場、美浦からの近さの利もあって関東馬の方が好成績かつ高回収値。

この時点で該当馬はストーミーシーのみ。

というわけで本命はストーミーシーとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はキングハートです。
前走から斤量減となり前走1000万下以上のクラスに出走していた馬で、福島芝コース勝ちを経験していた馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  25%-25%-62% / 350円-263円

唯一の該当馬、この馬を穴で。


予想評価(本命=
ストーミーシー

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=キングハート
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また
消し馬(=キルクル)はゼーヴィントです。

過去8回のこのレースでキャリア5戦以下で、前走負けていた馬は(0,0,0,11)。また、前走4角12番手以下で、今回斤量が2kg以上減となった馬は(0,0,1,10)。キャリア不足に加えて、脚質的不安もあるこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメイエンエベント ~宝塚記念~

テーマ:

さあ、上半期総決算・宝塚記念です!中休み2週の成績はともかく、ここでガツンと当てて、すべて清算!となるような的中を目指したい!
そんな今週も渾身の一本勝負です!

宝塚記念
の本命馬はステファノスです!


過去10年のうち、京都開催だった06年を除く過去9回のこのレースのデータから。

まずは前走着順別成績を見てみると

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

3着以内 9%-20%-31% / 143円- 81円

4~9着 4%- 6%-10% / 11円- 72円

10着以下 4%- 8%- 8% / 13円- 35円


上半期の総決算と言えるGⅠ、勢い・実績は必要で好成績・高回収値となっているのは前走3着以内の組。


次に前走3着以内の馬に限った前走クラス別成績を見てみると

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

条件戦 0%- 0%- 0% / 0円- 0円

OP特別 50%-50%-50% / 1890円-355円

GⅡ・Ⅲ 12%-20%-33% / 162円- 90円

GⅠ(海外含む)5%-20%-32% / 40円- 66円


好成績・高回収値となっている前走OP特別組は10年8番人気優勝ナカヤマフェスタ一発のみの数字であてにしづらいところ。

そうなると狙いは次に好成績・高回収値となっているGⅡ・Ⅲ組。夏は「上がり馬を狙え」の格言もあるように勢いのある馬がここでは好走している様子。


さらに前走3着以内の馬に限った、年齢別成績を見てみると

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

3歳 0%- 0%- 0% / 0円- 0円

4歳 9%-18%-36% / 202円- 81円

5歳 10%-30%-40% / 106円-122円

6歳 12%-18%-25% / 155円- 56円

7歳以上 0%- 0%- 0% / 0円- 0円


ここで最も好成績・高回収値となっているのは5歳馬。ちょうどこの時期にあぶらがのって急成長する時期でもあり、この数字にも納得。狙いはこの組。


また前走3着以内の馬に限った、前走距離別成績を見てみると

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

距離延長 12%-29%-41% / 147円-113円

距離短縮 6%-18%-36% / 140円- 50円


阪神2200mコースは旧形態の内回りコースで4つのコーナーをまわる形態。多少の延長もそれほど影響なくこなせることが多いようで好成績・高回収値の馬もこちらに集中。

この時点で該当馬はステファノスのみ。

というわけで本命はステファノスとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はサトノクラウンです。
その年の京都記念の連対馬が宝塚記念に出走してきた場合の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
22%-33%-44% / 232円-107円

勝ち馬は2頭出ておりいずれも京都記念1着馬。ということで、穴はこの馬。


予想評価(本命=
ステファノス

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=サトノクラウン
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また
消し馬(=キルクル)はラブリーデイです。

過去9回のこのレースで前走天皇賞・春1番人気馬を除き、前走1.0秒以上負けていた馬は(0,0,0,21)。また前2走とも重賞連対していた馬を除き、騎手乗り替わりとなる6歳以上馬は(0,0,0,16)。前走大敗、加えて高齢も気になるこの馬を消します。



クリックお願いします!

↓↓↓