今週のメイエンエベント ~オールカマー~

テーマ:

先週も本命馬が3着!惜しい!惜しい予想は続いているんです!もう、あとひと押し!

そうは言っても、もう来週はGⅠ!今週当たりとドカンと当てたい!そんな今週も渾身の一本勝負です!

オールカマーの本命馬はゴールドアクターです!

 

過去10年、うち新潟開催だった14年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦 0%- 0%- 0% / 0円- 0円
OP特別 0%- 5%- 5% / 0円- 10円
重賞 9%-18%-27% / 75円- 68円

 

ここから天皇賞を目指す馬も多いトライアル戦。レースレベルは高く、好走馬は前走重賞組に集中。

 

次に前走重賞出走馬に限った、前走人気別成績を見てみると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5人気以内 12%-25%-37% / 134円- 89円
6~9人気 8%-12%-20% / 28円- 51円
10人気以下 6%-13%-20% / 35円- 55円

 

ここもレースレベルの高さを示すように、前走時点で実力評価された5番人気以内の組が好成績かつ高回収値。

この時点で該当馬はゴールドアクターのみ。

というわけで本命はゴールドアクターとしました。


 

また★馬(=推奨穴馬)はワンアンドオンリーです。

前走古馬混合GⅠで3角2番手以内だった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
50%-50%-75% / 172円-115円

 

唯一の該当馬となる、この馬を穴で狙います。


 


予想評価(本命=ゴールドアクター

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ワンアンドオンリー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はマリアライトです。
過去9回のこのレースで父か母父ミスプロ系の関東馬は(0,0,0,11)。また前走3角10番手以下かつ8番人気以下だった5歳以上馬は(0,0,1,18)。血統面と脚質面に不安のあるこの馬を消します。

 

 

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメイエンエベント ~セントライト記念~

テーマ:

先週は本命馬が3着とまずまずの結果。ここ最近消し馬が来ていないのも良い傾向。ここからさらに調子を上げたい!そんな今週も渾身の一本勝負です!

セントライト記念の本命馬はプロディガルサンです!

 

過去10年、うち新潟開催だった14年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
条件戦 0%- 0%- 0% / 0円- 0円
OP特別 0%- 5%- 5% / 0円- 10円
重賞 9%-18%-27% / 75円- 68円

 

夏の上がり馬と実績馬が菊花賞出走をかけて戦うレースといったイメージのこのレースですが、結果的には前走条件戦出走馬は徹底的にダメ。好走馬は前走重賞出走馬に集中。

 

また、前走騎手の継続・乗替別成績を見てみると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
継続 13%-25%-33% / 116円- 73円
乗替 1%- 4%-10% / 3円- 35円

 

ここは次に挑むGⅠに向けて慣れた騎手が継続している方が好成績。

この時点で該当馬はゼーヴィント(戸崎)、ディーマジェスティ(蛯名)、プロディガルサン(田辺)。

 

最後は騎手データです。
中山芝2200m(過去3年)の騎手成績を比べてみると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
田辺 21%-42%-42% / 237円- 95円
戸崎 15%-23%-30% / 57円- 56円
蛯名 9%- 9%-19% / 23円-109円

 

一番の好成績となっているのが田辺。回収値のも一発の魅力があり文句なしの狙い目。

というわけで本命はプロディガルサンとしました。


 

また★馬(=推奨穴馬)はプロフェットです。

前走重賞で4角3番手以内だった馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
25%-50%-62% / 192円-243円

 

唯一の該当馬となる、この馬を穴で狙います。


 


予想評価(本命=プロディガルサン

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=プロフェット
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はマウントロブソンです。
過去9回のこのレースで前走10番人気以下で、かつ4角9番手以下だった馬は(0,0,0,7)。また父か母父ミスプロ系の馬で、前走3着以下に敗れ前走から騎手乗り替わりとなった馬は(0,0,1,13)。脚質面と血統面に不安のあるこの馬を消します。

 

 

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~京成杯オータムハンデ~

テーマ:

開催替わりでいよいよ秋競馬の季節!そろそろ調子を上げて、秋のGⅠシリーズに突入したい!そんな今週も渾身の一本勝負です!

京成杯オータムHの本命馬はダノンプラチナです!

 

過去10年のうち新潟開催だった14年を除く、過去9回のこのレースのデータから
まずはハンデ戦ということで、前走からの斤量増減別成績を見てみると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
斤量増 20%-25%-40% / 167円-128円
同斤量 0%-10%-15% / 0円- 47円
斤量減 6%-11%-16% / 117円- 83円

 

「ハンデ戦は斤量増の組」というデータ派の定説がそのままあてはまるこのレース。狙いは斤量増の組。

 

また前走人気別成績を見てみると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1~2人気 22%-22%-25% / 171円- 70円
3~9人気 3%-10%-20% / 105円-106円
10人気以下 2%-11%-14% / 15円- 43円

 

秋のトライアルシーズン開幕週。ここはGⅠを目指すメンバーも揃うこともあって、前走時点で実力評価されている馬が好成績。狙いは前走2番人気以内の組。
この時点で該当馬はダノンプラチナのみ。

というわけで本命はダノンプラチナとしました。


 

また★馬(=推奨穴馬)はペイシャフェリスです。

前走一桁人気で今回53kg以下での出走となった関東馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
20%-20%-40% / 681円-202円

 

唯一の該当馬となる、この馬を穴で狙います。


 


予想評価(本命=ダノンプラチナ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ペイシャフェリス
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はラングレーです。
過去9回のこのレースで前走6着以下に敗れて、今回56kg以上背負うことになった5歳以下の馬は(0,0,1,9)。また、前走4角2番手以下だった父か母父ストームバード系の馬は(0,0,1,8)。前走大敗、加えて血統面が不利に働きそうなこの馬を消します。

 

 

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~小倉2歳S~

テーマ:

次から次へと台風がやってきている日本!明日の開催は大丈夫か!?でも、予想だけでも嵐が起こすような、そんな今週も渾身の一本勝負です!

小倉2歳Sの本命馬はダイイチターミナルです!

 

過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走着差別成績を見てみると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
勝0.3秒以上 10%-22%-29% / 42円- 79円
勝0.0~0.2秒  4%- 9%-14% / 218円- 76円
負0.0~0.5秒  7%- 7%-30% / 27円- 63円
負0.6秒以上 0%- 0%- 0% / 0円- 0円

 

数少ないレース経験の中で、指標となるのどれだけ強い勝ち方をしているか。その意味で好走成績となっているの、前走着差0.3秒以上つけて勝っている組。

 

さらに前走上がり3Fタイム別成績を見てみると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3位以内 8%-16%-22% / 136円- 75円
4~5位 0%- 6%-13% / 0円- 48円
6位以下 0%- 0%- 6% / 0円- 25円

 

夏の小倉最終週に行われることもあってか、前走上がりに速い脚を使えている馬が好成績。狙いは前走上がり3Fタイム3位以内の馬。

 

また前走からのレース間隔別成績を見てみると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3週以内 4%-11%-16% / 24円- 46円
4週以上 13%-19%-30% / 371円-133円

 

前走圧勝し、かつある程度成長期間をおいた組の方が好成績。狙いは前走から中4週以上開いた組。

 

この時点で残ったのはシゲルベンガルトラ(藤岡康)、ダイイチターミナル(嘉藤)。

最後は騎手データです。
小倉芝1200m戦(過去5年)の騎手データを比べてみると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
藤岡康 15%-21%-25% / 147円- 62円
嘉藤 9%-36%-54% / 20円-178円

 

勝率はやや劣るものの3割越えの連対率、そして5割越えの複勝率はかなり信頼できるといえる嘉藤の数字。狙いはこちら。

というわけで本命はダイイチターミナルとしました。


 

また★馬(=推奨穴馬)はブラックランナーです。

前走上がり3Fタイム2位以内で勝ち、かつ前走から中2~4週のローテーションで出走となった父ノーザンダンサー系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
15%-23%-23% / 960円-174円

 

唯一の該当馬となる、この馬を穴で狙います。


 


予想評価(本命=ダイイチターミナル

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ブラックランナー
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」




また消し馬(=キルクル)はドゥモワゼルです。
過去10回のこのレースで前走4角5番手以下だった馬は(0,0,1,18)。また、関東馬は(0,0,0,5)。このレース相性の良くない関東馬、くわえて脚質面に不安のあるこの馬を消します。

 

 

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~キーンランドカップ~

テーマ:

さあ、夏休みももうすぐ終わり!このブログの「大的中」という夏休みの宿題がまだ終わってない!
そんな今週も渾身の一本勝負です!


キーンランドカップの本命馬はホッコーサラスターす!

 

過去10年、うち函館開催だった13年を除く過去9回のこのレースのデータから。
まずは前走クラス別成績を見てみると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1000万下 0%- 0%- 0% / 0円- 0円
1600万下 10%-30%-40% / 291円-116円
OP特別 2%- 4%- 6% / 329円- 64円
重賞 9%-17%-27% / 57円- 70円

 

「夏は上がり馬を狙え」の格言もあるように、ここで好成績・高回収値となったのは前走1600万下組。狙いはこの組。

 

さらに前走1600万下組に限った、前走騎手の継続・乗り替わり別成績を見てみると
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
継続 20%-40%-60% / 582円-202円
乗替 0%-20%-20% / 0円- 30円

 

前走格下だった馬に継続して乗ってくるということは期待の表れ。狙いは前走から継続騎乗の組。

この時点で該当馬はホッコーサラスターのみ。

というわけで本命はホッコーサラスターとしました。


 

また★馬(=推奨穴馬)はナックビーナスです。

 

前走上がり3Fタイム1位で1着だった馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
40%-50%-70% / 411円-165円。


 


予想評価(本命=ホッコーサラスター

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ナックビーナス
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」




また消し馬(=キルクル)はヤマカツエースです。
過去9回のこのレースで前走から斤量増となる父か母父ミスプロ系の馬は(0,0,1,9)
前走6番人気以下で今回騎手乗り替わりとなる、今回中9週以上の休養明け初戦の馬は(0,0,1,11)
。前走大敗、加えて血統面にも不安のある、この馬を消します。

 

 

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓