今週のメインエベント ~阪神JF~

テーマ:

先週は本命馬が出走前に取り消し、まあ、ドローと言っていいのでしょうか(苦笑)。今週は仕切り直しの一戦、改めて気合いを入れて渾身の一本勝負!

 

阪神JFの本命馬はラスエモーショネスです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走着順別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2着以内  8%-15%-22% /  51円- 83円
3~9着  0%- 6%-12% /   0円- 57円
10着以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

一戦一戦ふるいにかけられ、勝ち残った馬がここに駒を進めている感のある2歳GⅠ。
それを示すかのように、連対馬はすべて前走5着以内、勝ち馬となるとすべて前走2着以内から出ています。もちろん、ここでの狙いは1着まで期待できる前走2着以内組。

次に前走2着以内の馬に限った、前走距離別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
距離延長  3%- 8%-15% /  30円- 81円
同距離  10%-20%-28% /  36円- 84円
距離短縮 37%-37%-37% / 300円- 90円

断トツで高い数字となったのが、前走から距離短縮となる組。2歳の時点でマイルより長い距離をこなす能力・スタミナは相当な実力を秘めていると言えます。

また前走2着以内の馬に限った、前走からのレース間隔別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
中2週以内  5%- 5%- 5% /  46円- 14円
中3~8週 11%-22%-33% /  45円-133円
中9週以上  5%-11%-17% /  85円- 39円

休養明け初戦では好走が難しく、レース間隔がつまってはなおさらという数字。ここは好成績となった中3~8週組が狙い目。

この時点で該当馬はラスエモーショネスのみ。
というわけで本命はラスエモーショネスとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はサヤカチャンです。

前走直線の長い東京コースで3角3番手以内かつ2着以内だった父ヘイロー系の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 20%-20%-80% /  50円-166円


事前予想では申し越し人気薄になると思っていましたが・・・。とはいえ、中穴とは言えるくらいのオッズとなっていますので、この馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=ラスエモーショネス

「自信度=中」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」

予想評価(馬=サヤカチャン
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はソシアルクラブです。
過去10年のこのレースで、前走新馬戦で2番人気以下だった馬は(0,0,0,9)。また、前走OP特別以下クラスで4角7番手以下だった馬で、前走から騎手乗り替わりとなった馬は(0,0,0,16)。キャリア1戦にも関わらずファンからの力量評価が低く、さらに脚質面にも不足がある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~チャンピオンズカップ~

テーマ:

先週は中穴と言っていい穴馬を本命にし見事的中!そして、この勢いで向かえる地元GⅠ!今週は、まさに気合いの入るGⅠです!

 

チャンピオンズカップの本命馬はアポロケンタッキーです!

 


このレースが中京で行われるようになって4年目。そこで過去3年分ではありますが中京開催のこのレースのデータから見て行きます。
まずは前走騎手の継続騎乗or乗り替わり別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
継続  7%-17%-28% /  77円- 89円
乗替  5%- 5%- 5% / 349円- 62円 

乗替組の高い単勝回収値は一昨年12番人気1着のサンビスタ一頭のみが上げている数字で、実際この馬以外の複勝圏内入着例はありません。
その点含め、好走例が多く安定していると言えるのは継続騎乗組。

次に前走クラス・開催場別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
地方重賞   15%-21%-26% / 464円-111円
中央ダート重賞 0%- 8%-16% /   0円- 62円
中央その他   0%- 0%-  0% /   0円-  0円

中京開催となってからは、勝ち馬はすべて地方ダート重賞から出ています。
中京コースが改修され直線が長くなったとはいえ、カーブのきつさは旧コースのままで、それは地方場に似たものとなっているとも言えます。
また、ここ数年で中央・地方の歩み寄りによってダート路線が充実してきたことも一因なのかもしれません。

さらに前走地方重賞組に限った、前走人気別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
5人気以内 18%-25%-31% / 551円-132円
6人気以下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

地方馬も多く走る地方重賞で、格下の地方馬と同列または下回るような人気では指標的なものとは言え実力は劣るかなと言ったところ。狙いは前走5番人気以内の馬。

また前走地方重賞組に限った、年齢別成績を見てみると
4歳以下   0%- 0%- 0% /   0円-  0円
5歳    25%-25%-50% / 147円-140円
6歳    40%-60%-60% /1646円-312円
7歳以上   0%- 0%- 0% /   0円-  0円

ダートGⅠ戦線は若い馬が勢いで突き破れるほど壁は薄くなく、また高齢馬も好走が厳しいのが現状。
この数字から6歳馬が一番の狙い目ですが、今回前走地方重賞に出走した6歳馬はいません。となると今回の狙い目としては5歳馬ということに。

この時点で該当馬はアポロケンタッキーのみ。
というわけで本命はアポロケンタッキーとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はミツバです。

前走地方重賞で2~3着に惜敗していた、父か母父ヘイロー系の馬は
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
50%-50%-75% /2057円-450円

前走好走の割に人気の無さそうなこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=アポロケンタッキー

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ミツバ
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はテイエムジンソクです。
過去3年のこのレースで、前走から斤量増となった馬は(0,0,0,11)。前走中央のダート重賞に出走していた、父も母父も非ヘイロー系の馬は(0,0,1,8)。前走からレースレベルが上がったところでの斤量増、加えて血統面にも不足がある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~ジャパンカップ~

テーマ:

先週は本命馬が3着。ただ、個人的馬券はハズレてしまいました。ただ、この秋のGⅠの予想自体は悪くなく、むしろいい感じではないかと個人的に手ごたえを感じています!今週こそ、快心の一発を!そんな気合いをこめて、今週も渾身の一本勝負!

 

ジャパンカップの本命馬はシュヴァルグランです!

 

過去10年のこのレースのデータから。

まず
○前走から中9週以上のレース間隔の馬(0,0,0,11)

このパターンからは連対馬は出ていませんので消しとします。

また
○外国調教馬(0,0,0,45)

強い外国馬の参戦も昔の話で過去10年では複勝圏内入着例は無く消し。

さらに、ここからは日本馬の複勝圏内入着条件について見ていきます。

日本馬で連対したのべ20頭は以下のいずれかに該当。
※前走または前々走が海外レースに出走の場合は、そのレースでの「人気」については無視します。(ブックメーカーによって人気は変わるため)。

①前走天皇賞(秋)で9人気以内かつ0.8秒差以内。
②前走芝2400~2500mの古馬混合GⅡで3番人気以内かつ着差0.2秒差以内。
③前走GⅠレースに出走し3番人気以内で着差0.5秒以内or海外のGⅠで8着以内入着。

いずれかをクリアが条件。


さらに前走国内レースで負けていた馬に限っては2走前または3走前のレースで
④芝2000m以上のGⅠで5番人気以内で4着以内
⑤芝2200m以上のGⅡで3番人気以内で1着
⑥芝1800m以上のGⅡで1番人気で連対

をクリアしていることが条件。

改めて該当馬はキタサンブラック、サトノクラウン、シュヴァルグラン。

ここで過去10年全体の枠番別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1枠 10%-20%-35% /  36円-155円
2枠 10%-10%-15% /  99円- 35円
3枠 10%-15%-25% /  62円-110円
4枠  5%- 5%- 5% /  10円-  6円
5枠  0%-15%-20% /   0円- 45円
6枠  0%- 5%- 5% /   0円- 15円
7枠  3%- 3%-11% /  35円- 29円
8枠  6%-17%-20% / 164円- 64円

日本一良質な芝コースと言っていい東京コース。もちろんコース替わりによる柵移動等もありますが、2連続開催の最終週となってもイン有利。
とくに1枠からは全体で最も多いのべ7頭の複勝圏内入着馬が出ており、中には人気薄も数頭いるため複勝回収値も高くなっています。狙いはこの1枠に入った馬。

というわけで本命はシュヴァルグランとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はレインボーラインです。

前走重賞で上がり3Fタイム5位以内だった、4歳以下の関西馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
20%-33%-50% / 148円-110円

該当馬中人気の無さそうなこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=シュヴァルグラン

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=レインボーライン
「自信度=低」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はソウルスターリングです。
過去10年のこのレースで、前走から騎手乗り替わりとなった父ノーザンダンサー系の馬は(0,0,0,18)。また、キャリア15戦以下の関東馬は(0,0,1,11)。血統面と若さから来るキャリア不足が気になる、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~マイルCS~

テーマ:

ついに来ました!・・・冬が(苦笑)。いやあ、今週から急激な寒さがやってきました。冬は苦手です(苦笑)。せめて馬券は当てて、懐は暖かくしたいものです。そんな今週も、渾身の一本勝負!

 

マイルCSの本命馬はサングレーザーです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走着差別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
0.5秒以内   6%-14%-22% /  49円- 68円
0.6~0.9秒差 9%- 9%-12% / 202円- 57円
1.0秒以上   0%- 0%- 0% /   0円-  0円

過去のこのレースでは、前走適距離でないGⅠに出走し大敗→その後適距離のこのレースで復活というシナリオが多いイメージ。
しかしながら、実際にはその例は少なく、その劇的なケースのインパクトが強く、例として多くあると感じているだけで、実際には例は少なく、またそういった馬は人気馬となることが多いため回収値は上がりません。前走6~9着組の回収値が高いのは10年13番人気1着のエーシンフォワードのみが数字を上げているため。
となると、ここでの狙いは前走0.5秒以内組というのが妥当。

次に前走着差0.5秒以内の馬に限った、前走騎手の継続・乗替&東西(海外)所属別成績を見てみると
 (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
継続・関東  6%-16%-20% /  43円- 56円
継続・関西  0%-13%-25% /   0円- 76円
継続・海外  0%- 0%-  0% /   0円-  0円
乗替・関東  0%- 0%-  0% /   0円-  0円
乗替・関西 13%-17%-20% / 132円- 66円
乗替・海外  5%-11%-29% /  33円- 84円

GⅠ本番ではあるもののここで乗り替わって好結果につながる事が多いのがこのレースの特徴。
また、それが昨今ありがちな超A級の外国人騎手への乗り替わりではなく、京都コースをよく知る関西所属騎手への乗り替わりであるというのも特徴的。

さらに前走着差0.5秒以内の馬に限った、前走上がり3Fタイムの順位別成績を見てみると
   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
1位   15%-36%-42% / 119円- 97円
2~5位  0%- 9%-17% /   0円- 33円
6位以下  8%-12%-18% /  68円- 82円

平坦コースの長い直線、まして連続開催の終盤とあって、前走でもお終い切れる脚を使えていた馬がここでも好走。狙いは前走上がり3Fタイム1位だった馬。

この時点で該当馬はサングレーザーのみ。

というわけで本命はサングレーザーとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はブラックムーンです。

父系も母父系もヘイロー系ではない、前走一桁人気かつ上がり3Fタイム6位以内の馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 15%-31%-31% / 339円-144円

該当馬中人気の無さそうなこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=サングレーザー

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ブラックムーン
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はサトノアラジンです。
過去10年のこのレースで、前走1.0秒以上負けていた馬は(0,0,0,31)。また、前走から距離短縮となる6歳以上のディープインパクト産駒は(0,0,0,7)。前走大敗と高齢が気になる、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓

今週のメインエベント ~エリザベス女王杯~

テーマ:

さあ、ここからは有馬記念まで毎週GⅠが続きます!一つも気を抜かず、そしてガンガン当てて行きたいと思います!そんな今週も、もちろんGⅠ一本勝負!

 

エリザベス女王杯の本命馬はリスグラシューです!

 

過去10年の連対馬の前走レースは大きく分けて5つのパターンに分類されます。
①府中牝馬S②秋華賞③(国内)牡馬混合重賞④牡馬混合条件戦⑤海外のレース。
これら以外のステップからは連対馬は出ていません。
今年は⑤に該当する馬は出走していませんので①~④の組について、順番に連対例を見ていきます。

 

■前走府中牝馬S組(すべてクリアが条件)
①その前走・前々走ともオープンクラスで、一桁人気かつ着差0.9秒以内
②前走6着以下だった馬は今回騎手乗り替わり
③前5走以内にGⅠで着差0.9秒以内を経験
④父か母父がロベルト系またはノーザンダンサー系
⑤4~5歳

該当馬はクイーンズリング

■前走秋華賞組(すべてクリアが条件)
①前走・前々走ともに芝1800m以上の重賞に出走し、2走ともに6番人気以内かつ7着以内。
②父か母父ヘイロー系

該当馬はディアドラ、リスグラシュー。

 

■前走(国内)牡馬混合重賞。(いずれかをクリアが条件)
①「前年のこのレースで連対」かつ前走芝2200以上の重賞で連対
②前2走とも一桁人気かつ5着以内。またこのレース含む3走すべて同じ騎手。
③前走の人気・結果は関係なく、過去1年以内に「牡馬混合のオープンクラス・芝2000m以上のレースで3角1番手からの逃げ切り勝ち」を経験

該当馬なし。

 

■前走牡馬混合条件戦(すべてクリアが条件)
①前走1番人気で1着
②前走騎手継続騎乗
③前3走以内に重賞に出走し着差0.6秒以内
④4歳以下

該当馬はジュールポレール。

 

改めて該当馬はクイーンズリング、ジュールポレール、ディアドラ、リスグラシュー。
3歳馬のディアドラ、リスグラシュー。4歳馬のジュールポレール。5歳馬のクイーンズリング。そして父ターントゥ系が3頭。父ターントゥ系ではないのがディアドラ1頭のみ。
ここで各年齢別+父ターントゥ系or非ターントゥ系別成績を比べてみると
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ターントゥ系・3歳  11%-20%-26% /  80円- 55円
ターントゥ系・4歳  10%-17%-23% /  78円- 75円 
ターントゥ系・5歳   2%- 2%- 2% /  67円- 11円
非ターントゥ系・3歳  5%-11%-17% /  50円- 28円

直線が長くキレ味勝負になりやすいこのコースで、強さを見せているのが父ヘイロー系を含む父ターントゥ系。とくにヘイロー系は早熟傾向もあるため、3歳時点で完成する馬も多く、その為か最も高い数字となったのが3歳馬の父ターントゥ系。

というわけで本命はリスグラシューとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はジュールポレールです。

先の該当馬の中でも人気のなさそうなこの馬。

今回の出走馬の種牡馬別「京都芝2200m戦」(過去5年)の成績で、最も複勝率が高いのがディープインパクト産駒。
中でもディープインパクト産駒の4歳馬に限った成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 17%-35%-50% / 172円-123円

4歳のディープインパクト産駒の中でも人気の無い方のこの馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=リスグラシュー

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ジュールポレール
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はルージュバックです。
過去10年のこのレースで、前走4角4番手以下で上がり3Fタイム1位の脚を使えず、騎手乗り替わりとなった馬は(0,0,1,43)。また、前走5番人気以下だった、5歳以上の父ヘイロー系の馬は(0,0,0,30)。脚質面と高齢が気になる、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓