さーせん!ちょっと間が空いてしまいました。

 

ちょっと社員シフトとかの都合で俺のお仕事の範囲が変わりまして、バタバタしてました。いや、このブログ・・・仕事中しか書いてないからさっ(((

 

で、前回の記事は途中だったんですが、もう時期を逃しちゃいましたね^-^;;;まぁその藤井四段なのですが、昨日勝ちましたね!凄い将棋でした。

 

中継が無かったので、FG2の配信サイトと2chの藤井応援スレ並行で観てたんですが・・・さすがに負けたと思いました。もうあかん、と。68桂じゃなくて77金打った時点で「なんでや!」と・・・(感想戦でそこ見えてなかった系のこと言ってましたね)

 

最後は特攻というか形作りの攻めだったんですが、「マジック」炸裂!本当にすごかったっすね。リアルタイムで観られた僥倖に感謝したいくらいですね。まぁでも、むしろあのときの澤田六段が76桂を払いに行った瞬間の配信サイトのコメントの「だめだああああああ」「そこだけはああああああ」「これはwwwww」みたいなコメントの嵐にびっくりしましたけどね。将棋わかってる人が多いんだなぁーと。そんなにダメか?と。

 

とりあえず凄い将棋でした。前にも書きましたが、本当に稀代の天才が世に出てくるところを我々は見ているのかもしれないっすね。

 

 

ただまぁ・・・澤田六段に勝つチャンスは十分ありました。その意味で・・・そこが少し見えたのかもしれないですね。今後の高レーティング棋士との対戦が楽しみです。

 

あ、将棋についてだけしか書いてませんが、麻雀が・・・なんか4月後半から絶不調に陥ってます・・・とにかくツモれませんw病んでます・・・代わりに将棋の勉強に勤しんでますw

 

 

AD

abemaTVで昨日放送された、「藤井聡太四段 炎の七番勝負 第7戦 対羽生三冠」、見ましたか!?俺は今見てますが・・・すごいですね!棋譜やニュースは昨晩見ましたが・・・なんと藤井四段が勝ちましたね!びっくりです。

 

今戦のルールは持ち時間2時間の1分切れ、かなり通常戦に近いものになってますね。持ち時間の短い将棋と持ち時間の長い将棋は別物であると聞きます。持ち時間2時間マッチで羽生さんに勝った、ということはかなり評価できるのではないか、と思います。

 

というか、マジですごいですよね。7番勝負で倒した6人って今脂がのっていて相当強い、とされてる人たちです。旬を過ぎたロートルじゃなくってバリバリの人たちです。それに勝つ14歳とかすごすぎますよね。14歳ですよ?羽生さんの7冠達成から20年、我々は次なる時代を担う天才の誕生に立ち会えているのではないでしょうか。ということで、少し対局を紹介していきましょう。ほんと凄いですよ!藤井四段。14歳ですよ。括目して見よ、ですね。4時間半の番組見るのだるい方は棋譜確認してからダイジェスト的にどぞー

 

先手後手を決める(先手のがわずかに有利とされる)振り駒で藤井四段が勝ち先手、序盤は角交換から進みます。三浦桂というらしい4五桂で先手藤井四段が後手羽生三冠を崩します。からのーゲスト解説(本解説は阿久津八段)の佐藤天彦現名人が登場し、「この対戦は、新旧の概念の対戦でもあり、具体的には駒得という概念を・・・まさに藤井さんがリアルタイムで見せてくれてますが、駒損をしてでも攻める、という価値観、これが新で羽生さんは旧というか既存の概念を持って打たれているという・・・」みたいな解説をしたところで、羽生さんが角と桂馬を得て藤井さんが金を得るという一見羽生さんが得したような感じの交換を解説とまさに同時に済ませてからの藤井四段が飛車を振ります。佐藤名人は同時に「歩の枚数の重要性も最近高まってきてます。以前は4枚も5枚も一緒、みたいなところがありましたが、今はそうじゃない」と。羽生3冠は歩切れを起こしつつあります。まさに慧眼。見えてますねーさすが。

 

 

ここで8二に歩を羽生三冠は打たされます。これが後々響きます。8の筋が事実上封印されてしまいました。

 

 

解説当たってドヤ顔の佐藤名人。この後羽生の角連打の前に「角はすぐに使わないほうがいい」と言って外しますが、「角に関しては外すのは将棋界アルアルですね」とメンタルの強さを示してくれます。さすが名人。というか中村桃子女流初段が・・・魅力的すぎますね。女子アナと言われても何の違和感のない知的美人・・・最高です。コメントで桃子桃子っていつも見るので何かと思ってたらこれか、と。納得。人妻らしいのが残念(何が?w)ですね。。。ちなみに将棋界には桃子がもう一人います。加藤桃子女王(段位としては女流ではなく奨励会初段)って人もいます。将棋的には加藤女王のが完全に上ですが・・・なお、中村女流初段、旦那さんは加藤さんらしいのでホントは加藤桃子なんですよね。面白い。あ、加藤女王もビジュアルは魅力的です。将棋にビジュアル関係ないっすけどねw

 

 

戻して歩切れを起こした羽生三冠、苦しい受けが続きます。

 

 

なんかすごい形(画面上が後手の羽生三冠)になります。見たことない、というアベマのコメントが溢れてます。大盤解説でもその点が触れられます。歩切れの代償でしょうか。

 

ここで

 

桃子がいなくなり阿久津八段と佐藤名人の・・・棋力的には最強だけど、ビジュアル的に・・・うーん、薔薇的(阿久津八段はイケメン棋士として有名で東の王子と言われている。佐藤名人は髪型的にもノンスタイル井上に似ている)にはいいのか!?なW解説が始まります。豪華ですが、中村女流初段に早く戻ってきてほしいところ。良かった、俺ゲ○じゃないくさいw

 

この段階での解説

両者「珍しい形だけど、(羽生の3列に大駒が並んでいるところを)駒落ちの対局みたいな感じですね」

阿久津「このままだと先手を持ちたいけど、歩切れが解消できれば後手が圧勝できる局面」

佐藤「歩切れさえ解消できれば、駒得の分後手有利。後手に悪いところが見えない。藤井は歩切れ解消の前に攻めないといけない」

 

後手が2四歩を打てないのが大きなところ、と解説。先手を持ってる阿久津八段も「2四歩が打てれば後手持ち」と。

 

将棋が強いといろいろわかるんだろうなーと思いつつドキドキしていたら

 

佐藤名人の予想の中にあった先手3五金。ソフト的な現代的な手とのこと。

 

 

王子、襟が乱れてますぞ!

 

この後羽生三冠が長考、手が止まります。

からの

 

後手8三飛車、が打たれます。ここで解説が佐藤名人に戻ってます。王子はお休みか。藤井四段が集中すると前傾姿勢が増す、という話から、癖の話に。佐藤名人は髪の毛を触るのが癖、だそうです。名人は気持ちよく話します。寝癖の話まで語ります。中村女流初段の癖も返しで聞いてくれ、50万視聴者の想いは一つになったと思いますが、盤面は読めても視聴者の心は読んでくれなかった名人。残念です。

 

ここで時間切れ、あ、俺のです。終業の時間が来ました。

続きは明日にしましょう。

 

最後に、現段階での今月のフリー戦績、俺のw

 

 

はい、少しだけ負け越す、俺らしいですね。定位置です。まぁ少しは向上してきているわけで・・・早く常に平均順位2,5を切れるようにいきたいですね。まぁでも4着多すぎだよな・・・むー

 

レーティングは1587、1600は維持したいっすね。まぁ引き続き頑張っていこうと思います。天鳳する時間が持ててないので・・・そこが課題ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

最近abemaTVを見まくってる。将棋チャンネル麻雀チャンネルがあるからなのだが・・・これが面白いかつ有用なのだ。なんかのついでにぼーっと見るのに最適だ。寝る前に流すとすぐ寝られるし。

 

少し説明すると、abemaTVはスマホとかで観られる独自多チャンネルシステムなんだけど、無料なのだ。月972円だか払えば過去の番組も見られる(ニコ動プレミアムに似ている)。アプリをインストールするだけでオッケーなので手軽でいい。テレ朝とアメーバの合弁みたいな感じなのでテレ朝の番組もあるし、パラダイスTV製作みたいなスカパーみたいな番組もある。それだけだときついけど、+1にはむっちゃいい、みたいな感じ。

 

藤田晋って人は・・・経営者としてなんかビジョン持っててすごいなぁ~と思う。麻雀にも力入れてるしね。将棋とか麻雀とかお金になりづらいジャンルに注力してくれてるのはものすごくありがたい話であると思う。

 

 

さて、枕が長くなったがそのabemaTVで【炎の七番勝負 第6局】藤井聡太四段 vs 佐藤康光九段【AbemaTV】(←まとめサイトへのリンク)

 

というのを観たのだが・・・むっちゃ凄い一戦だった。藤井四段凄すぎる。まぁ俺レベルではどのくらい凄いのかは正直わからないが、倒した相手が元名人でNHK杯(今回とレギュレーションが似ている早指しの大会)現王者の佐藤将棋連盟会長っていうのが。というか、この7番勝負ですでに強豪5人倒しているというのがもうね。加えて、前回の深浦戦から解説が橋本八段(ヤンキーチックなファッションで有名)になっていて、結構橋本八段好きなので聞いているのだが、まぁまぁ棋士の中でも強い方の橋本八段が「わからない」連発してたり、モバイル解説の藤井9段(元竜王。藤井システムはあまりにも有名)が「よくわからないけど藤井君が指してるということはいい指し手なんだと思う」的な発言していたとか、最新ソフトが読めてなくて、結果からそれが最適手だと後追いしたとか、なんか伝説に残りそうな強さを見せた模様である。

 

俺の感想だと、ここから行けるの????無理くね?あーつながるのか。つか、まだやる(優勢は確定させたので一息入れると思いきや連続攻撃が最後まで止まらず)の???え?行けるの?!!!!まじで!!!すげえええええ詰んだwwwww

 

こんな感じ。すごかった。

 

 

47手目で先手藤井四段が振り飛車。9六銀の段階で棒銀は見えますけど~からの振り飛車で戦端が開かれる

 

 

お互い桂馬を打ち合う。なんかこの前の9六桂馬が凄いって2ちゃんでものすごい言われていた

 

からの

 

 

95手目9四角成で、あああああ、と・・・。

 

プロすげえええええ。というか藤井四段すげええええええ

まだ14歳とか。凄い人がいるものですね。

 

 

触発されてネット将棋(対CPU)をガシガシ打ってます。美濃囲いしかまだ知りませんが。。。wとりあえず将棋、全然お金がかからないのがいいっすねw今まで課金額ゼロ、こんな趣味今までなかったwww

 

 

 

 

 

 

 

AD
{3B2ECDFE-B35D-45AF-90A4-B7744AAE1E2C}

ひどく速いかつ、何かの試合!?!?みたいなピン位置…止まらない止まらない。パーティ全員俺より上手いのに全員50叩く羽目に。俺は53。パッティング数がどいひー。3パット以上が6ホール…

{C1D62A4F-CDC3-4011-9107-DA05C6D34391}

でも、景色と天気は最高ですねえ〜〜

FOX系海外ドラマ、24以来割と好きなんですが、今日ネット見てて

 

24の最新作というかスピンオフの24レガシーの主人公エリック役のコーリー・ホーキンズって俳優、この人なんですが

 

ウォーキングデッドで人気になった、って記述見て、え?どこどこーだれだれ???ってなってました。出てました?みたいな。ぐぐりました

 

 

うおおおお!ヒース!まじか。同一人物なんだね。全然わからなかった。

 

いやー、よく外国人からしたら日本人の見分けがつかない、と言うじゃないですか?何言ってんですか、は?みたいに思うところがありましたが、納得しました。少し見た目を変えられるとわからなかった!

 

なんか勉強になったというか納得したというかなんというか・・・

 

とりあえず24レガシー、期待しないで観ましたが割と面白いです。来週が最終話らしいです。ま・・・すげー優秀な組織なのになぜそこでそれ???みたいなことは連発するし、人質取られて苦悩するばっか、っていうワンパターン芸なのは変わりないのですが。元作からは、トニーだけが出てますね。後はエドガーの従兄弟設定の人がいたりもしますので世界観だけが共通のようです。あ、リアルタイムって言って時間軸がむちゃくちゃなのは相変わらずです。1-3くらいは割と厳格でしたが、ワシントン⇔LAを3時間で移動した辺りからおかしくなりましたね。今回も・・・移動時間がおかしいのが多いです。もうちょっとうまくやってほしいです。まぁでも面白いっすね。

 

ウォーキングデッドも相変わらず面白いですしねぇ。シーズン7が終わって軽くロス入ってます。また半年待つのか、待ちきれませんね。美人キャラがどんどん老けたり太ったり死んだりするんで、そろそろご新規の美女キャラが欲しいところです。

 

そしてウォーキングデッドの代わりに始まったのが、なんとまさかのプリズンブレイクシーズン5!!!!!!マイケル!死んだんじゃないの!?!?脳腫瘍で死んだよね?どうやって生き返ったの???

 

まぁ首を斬られたサラが生き返ってるプリズンブレイク、何でもアリですよね。今週放送が始まったので観ました

 

やっぱマイケル・・・イケメンですよね・・・まじでマイケルになら抱かれてもいいっすわ・・・ヴェントワースミラー、ゲイらしいし1チャンあるかもですよね!?ゼロじゃないですよね!?!?

 

・・・まぁでも冷静に考えたら

 

 

サラのほうがいいよなー。良かった、俺大丈夫くさい。

 

なんだか駄文を書き殴っただけなのですが・・・今日の記事とします。