2014年7月

テーマ:
2014年7月の読書メーター
読んだ本の数:23冊
読んだページ数:6943ページ
ナイス数:82ナイス

異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女 (コバルト文庫) 異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女
★★★+ 谷さんの新シリーズ始動。馴染のないテーマを扱っているので、すんなりとは読めなかったけれど、その雰囲気を楽しめたので私的には満足♪堅物で他人を受け入れるのが苦手な主人公と、さりげなく見守る透磨との関係の変化が今後の楽しみ。図像学のことは初めて知ったので不思議な世界観に引き込まれる半面、ちょっとイメージがしにくくて残念だったかなと。ともあれ、続きが出るのが楽しみだな♪
読了日:7月4日 著者:谷瑞恵
デュラララ!!×6 (電撃文庫) デュラララ!!×6
★★ なんとか読み終え。静雄大活躍。臨也妖しい動き。帝人壊れかけ。5巻でも感じたけど、やっぱりだんだんと魅力を感じなくなってきている自分が…。真新しい感じがなくなってきているんだろうな。友達に13巻まで借りたけれど、これ最後まで読み切る自信が全くと言っていいほどないかも。気になる部分はあるんだけれど、奈何せん情報が多くなりすぎて頭がついていかないのかも。
読了日:7月4日 著者:成田良悟
ハルカの空: 南アルプス山岳救助隊K-9 (文芸書) ハルカの空: 南アルプス山岳救助隊K-9
★★★+ 山岳救助隊とその相棒・山岳救助犬の物語。数年前に初めて登山を経験。その時の高揚感が思い起こされてまた山に憧れてしまった。山の厳しさ、人間の奢りといった裏側まできちんと描かれていて、読んでいて好感が持てた。いいことばかりじゃないけれど、それでもその中に山の良さを見出して魅せられる人が沢山いるのも頷ける。近頃山の事故をテレビでよく耳にするけれど、山と向き合うのには必要以上の注意とマナーを持たなければならないんだろうな。軽い気持ちの人まで救ってくれる山岳救助隊と山岳救助犬の存在を知れて良かった。
読了日:7月9日 著者:樋口明雄
マツリカ・マハリタ (単行本) マツリカ・マハリタ
★★★+ 前作に比べてパワーアップしてて面白かった♪マツリカさんのその後がどうなったのか気になってたし、最終的にマツリカさんの正体も分かって満足満足。柴犬も自分で前を見て歩けるようになったみたいで、その成長ぶりがなんだか嬉しかったり。新たな友達も出来て、明るい雰囲気のまま終わって清々しかった。もうさすがに続編は出てくれなさそうなのが残念だけど、前作よりも謎解きの精度が上がっていたのも良かった。この強烈なキャラ、どこかで登場してくれると嬉しいな。。。やっぱり表紙の雰囲気が好きだな。
読了日:7月12日 著者:相沢沙呼
災厄 災厄
★★★ おぉ…四国がとんでもない事態に!!四国に住んでいる身としてはちょっと怖い内容。原因不明の集団死に混沌とする権力争い、本気でイライラさせられるお偉いさんたちの場面もあったり、原因不明の怖さに怯えたりと、なかなか内容の濃い作品だった。最終的なオチには驚いたけど、昔見た映画を思い出したかな。風が吹いて人がどんどん死んでいく不思議なお話。お偉いさんたちの無能っぷりがありありと描かれていて、今の日本らしいなといった感じ。そこへ必死に抵抗を試みる斯波の姿が痛々しかった。でも、一番すごいのは宮野だろうな。
読了日:7月12日 著者:周木律
トワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイア トワイライト〈1〉 愛した人はヴァンパイア
☆☆☆ 「誓うよ、きみのことは狩らないと」―久々の再読。今度こそ最終巻まで一気に読もうと心に誓いながら!前に読んだ時にはベラに惹かれるエドワードがイマイチ理解できなかったけれど、今回は割とすんなり受け入れられたような。届きそうで届かない距離感がもどかしくもあり、甘酸っぱくもあり、久々の恋愛小説にどっぷり浸かってしまいそうな予感。映画は見てないんだけれど、見てみたいなって思ったりも。ゴツボ×リュウジさんの挿絵もいい感じでお気に入り。この勢いでさくさくと読んでいこ。
読了日:7月12日 著者:ステファニーメイヤー
トワイライト〈2〉 血は哀しみの味 トワイライト〈2〉 血は哀しみの味
☆☆☆ 「あなたになら、噛まれてもいい!」―エドワードの正体や過去が明らかになっても、想いを変えることのないベラ。逆にエドワードの方が、ベラのことを心配に思ってはいるけれど、想いを抑えきれなくなってもどかしい感じ。甘甘の2人の関係にこっちが恥ずかしくなってしまうほど。カーライル一家との距離も少しずつ縮まったりと、今回は安心して読める内容だったけれど、3巻ではベラに危険が迫るようで、ますます目が離せなくなりそうな予感。しかし…吸血鬼一族って本当に存在するのかも?なんて思い始めてしまう。
読了日:7月13日 著者:ステファニーメイヤー
トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族 トワイライト〈3〉 闇の吸血鬼一族
☆☆☆ 「きみの血は、奴らには絶対わたさない」―エドワードの家族にも受け入れられ始め、エドワードの秘密も次第に明らかになり、2人の距離もますます近づいて…と甘い展開にばかり気を取られていたら!他の吸血鬼グループに血を狙われ始めるアクシデント!今回はとにかくハラハラさせられた。それほどまでに吸血鬼を魅了してしまうベラの血の匂いってどこまですごいんだろ。これまでは恋愛面だけ見ていたけれど、次第に種族間の葛藤とかも出てくるんだろうな。これから先、2人の道は棘なんだろうな。
読了日:7月13日 著者:ステファニーメイヤー
トワイライト〈4〉 牙は甘くささやく トワイライト〈4〉 牙は甘くささやく
★★★ 「あたしが欲しいの?それとも、あたしの血?」―エドワードと一緒に生きていきたいからこそ、誕生日を迎えることを嫌がるベラ。けれど、時間は待ってはくれず。誕生日パーティーで起こった事件をきっかけにベラから離れるエドワード…。心をすっかり失って抜け殻になったベラを救ったのはジェイコブ。だんだんともつれてくる関係にもどかしさが募ってくる。ジェイコブ、いい奴だとは思うんだけど、やっぱりベラはエドワードと一緒にいて欲しかったな。新たに登場した狼の存在も気になるし、続きもさくっと読も。
読了日:7月13日 著者:ステファニーメイヤー
トワイライト〈5〉 狼の月 トワイライト〈5〉 狼の月
★★★ 「この秘密を知ったら、きっと軽蔑するだろ?」―どうしてこうもベラの周りには異質の人間たちが集まって来るのか。。。まさかジェイコブまで…これならエドワードと一緒にいた方がきっとよかったに決まっているのに。まだまだ命を狙われ続けるベラがだんだんと気の毒になってきた。4巻の途中から、ずっとエドワードが登場しないから、なんだか面白くない。。。やっぱりベラとエドワードの甘甘っぷりが読みたくて仕方ないんだろうな。6巻ではまたエドワードが登場しそうな予告だったので楽しみ♪
読了日:7月13日 著者:ステファニーメイヤー
トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使 トワイライト〈6〉 嘆きの堕天使
★★★ 「もう、離さない。きみの苦しみはぼくのものだ」―思い違いをしたエドワードが大暴走!それを止めるべく、ベラとアリスがエドワードを追いかける。久しぶりのエドワードとの再会は、決してロマンティックなものではなく、新たな事件を生みそうな予感で。一筋縄ではいかないから余計に燃え上がるんだろうな、なんて。カレン一家での多数決の話が、ベラの今後を大きく決めそうな予感。最終的にはもう…そうなるしかきっと道はないんだろうな。。。何はともあれ、2人の絆も深まり、関係も元通りに戻って良かった♪
読了日:7月16日 著者:ステファニーメイヤー
トワイライト〈7〉 赤い刻印 トワイライト〈7〉 赤い刻印
★★★ 「人の血を飲まない理由を聞きたい?」―ロザリーの悲しい過去。ベラに辛くあたる理由がそこにはちゃんとあって。カレン一家との距離感も縮まってせっかく良い感じなのに…ベラのジェイコブにもいい顔をしようと必死なところにイライラさせられるな。もうエドワードを選んだんだから、どっちにもってのは選択肢にはないって分からないものなのかな。優柔不断っぷりに興ざめしてしまったな。エドワードはベラに過保護過ぎて、結局最後は折れてるし。行きつく所は見えてきたけれど、今までのテンションで読み続けられるか心配。
読了日:7月18日 著者:ステファニーメイヤー
トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしに トワイライト〈8〉 冷たいキスをあたしに
★★★ 「吸血鬼になるな!おれが幸せにするから」―今回はジャスパーの過去。ロザリーとも負けず劣らずの悲しいもの。みんな冷たい過去を背負っていて、傷を埋めるように一緒にいるんだろうな。またしてもベラは曖昧な態度でイライラさせられる。エドワードの寛大さには正直びっくり。ベラの元を離れた罪悪感がきっと拭い去れないんだろうな。しばらく平和だったのに、急展開でまたまた危険が迫ってきているようで。この件で2つの種族が少しでも歩み寄れるといいんだろうけれど。ハラハラさせられる展開に期待大。
読了日:7月18日 著者:ステファニーメイヤー
トワイライト〈9〉 黄昏は魔物の時間 トワイライト〈9〉 黄昏は魔物の時間
★★★ 「やめて、だれも死なないで!」―とうとう新生者たちとの戦闘が勃発!戦闘場面にハラハラさせられて、久しぶりにテンポよく読めたような気がする。エドワードとセスが意外にいいコンビだったのがなんだか微笑ましくて良かった。毎度お馴染み…ベラの態度にはイライラさせられっぱなし。言ってることと行動がどうもちぐはぐな感じがするような。。。ほんとエドワードが不憫に思えてしまうくらい。今度こそ三角関係が終わりを迎えてくれることを祈りつつ、このまま最後までさくっと読みたいな。
読了日:7月19日 著者:ステファニーメイヤー
デュラララ!!×7 (電撃文庫) デュラララ!!×7 (電撃文庫)
★★★ なんか久々に読みやすかったのは短編だからだったのかも。誠二と美香、波江のその後が知りたかったから良かった。相変わらず歪んでる人たちの集まりだなぁと思いながらも面白く読めたのでよし。今まであまり目にも止めていなかった赤林!ちょっと意外な過去があってかっこよかった!完全に見落としてたキャラだけに良さが倍増したのかも?主人公がほとんど登場してないのに物語が成り立つという完全なスピンオフ。けど、読みやすかったから本編より好き。
読了日:7月19日 著者:成田良悟
最悪彼氏 最悪彼氏
★★ 何が最悪なんだろ?とドSっぷりとかを期待してたから驚き。一番身近な人だからこそ性癖を見せることができないってのは納得だな。傷つけないために別で処理するってのもおかしくはないのかも。ついていい嘘もあるんじゃないかなぁとも思ってみたり。主人公には全く共感が持てなかったんだけど、それが逆に清々しくもあったりと不思議な気持ち。ノリとか嫌いじゃないけど、読むのにちょっと疲れたかな。ものすごくライトな読書をしたい時にはいいかも。やっぱりアルファポリスさんはちょっと苦手かな。。。
読了日:7月19日 著者:二宮敦人
爆ぜるゲームメイカー (講談社文庫) 爆ぜるゲームメイカー
★★ サスペンス?ミステリー?かと思いきやコメディ?もっと驚くような展開を期待してただけに残念な内容だったかなと。それぞれの登場人物たちがどう交差していくのかわくわくしていたのに、いざまとまってみるとそれほど驚かないし、結局何をどうしたかったのか伝わってこなくて微妙な読了となってしまった。他の作品を読んでみたいって思うほどの情熱はないな。。。せっかく友達に借りたけど、「ごめんなさい」しながら返そう。。。
読了日:7月20日 著者:木下半太
トワイライト〈10〉 ヴァンパイアの花嫁 トワイライト〈10〉 ヴァンパイアの花嫁
★★★ 「こわいほどに幸せ。なのに、どうして…」―先行きはある程度決まってしまったせいか、ちょっと飽きてきた感が。ジェイコブとエドワードの間で揺れてる感じにもどうも納得できないし。ともあれ、やっとベラも心を決めたみたいでとりあえず一安心かな。残り後3巻になったけれど、最終的にどういう方向になるのかな。ジェイコブたちとの関係も変化がありそうで見物。しかし…ヴァンパイアと人間との間の子どもってどんな成長になるんだろ。。。
読了日:7月20日 著者:ステファニーメイヤー
トワイライト〈11〉 夜明けの守護神 トワイライト〈11〉 夜明けの守護神
★★★ 「あたしがこの子を守るの。命にかえても…」―生むことを決意して頑張るベラ。けれど、ヴァンパイアと人間の子どもは一筋縄ではいかなくて。成長速度からして違うことがまた怖い。ジェイコブのおかげでなんとか母子ともに平穏を取り戻したみたいだけれど、胎動で肋骨がやられるとか怖すぎる。そして生まれてくる瞬間まで恐ろしい。けれど、これでベラもとうとうエドワードたちの仲間入りになりそうだし、物語が終わりに向かっていく感じがしてきた。
読了日:7月21日 著者:ステファニーメイヤー
トワイライト〈12〉 不滅の子 トワイライト〈12〉 不滅の子
★★★ 「あたし、吸血鬼になるために生まれてきたのね…」―ハラハラさせられるところで前巻が終わってて、とにかく続きが読みたかったんだけど、間が空いてしまった。望んでいたことだったけれど、ベラがとうとう吸血鬼として生まれ変わってしまうという。かなりの痛みに苦しみ回りながら、けれど精神はある程度保ったままで。レネズミとも会うことができてほっとしたと思ったら、ジェイコブ!!まさかの展開にちょっと笑ってしまった。このまま平和に終わるのかと思えば、最後の最後まで忍び寄る影…次でラストだけどハッピーエンドがいいな。
読了日:7月26日 著者:ステファニーメイヤー
トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて トワイライト〈13〉 永遠に抱かれて
★★★ 「ずっと、いつまでも、永遠に」―13巻まで追いかけてきて、いざ終わってみるとほっとしたような、どこか悲しい気持ちにも。とうとう終わったんだなって思うと寂しい気持ちもひしひしと。今回ばかりはバッドエンドが頭から拭い去れずに、最後までドキドキさせられてしまった。周りの協力もあって、なんとかハッピーエンドに落ち着いた時には嬉しかったな。そして、最後の最後でベラがエドワードに心の底から想いを伝える場面がすごく好き。紆余曲折もあったけれど、想いを貫けて本当によかったんだな。
読了日:7月27日 著者:ステファニーメイヤー
ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫) ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~
★★★ 久々に読んでみた。ライトな感じがやっぱりいい。読みやすさ抜群だな。3巻までの内容が薄れつつあったので、人間関係とか忘れかけてたけれど、それぞれが独立しているから読めないこともなかったし。とうとう栞子の母親登場で波乱の予感。本当に悪い人なのかどうかまだ見極めはできないけれど、本当はそこまで悪い人じゃないのかもしれない?なんて思ったりも。最後の最後の展開がものすごく気になる!!五浦がちょっと頑張ってるし、2人を応援してあげたいな。この勢いで5巻も読みたくなった。
読了日:7月28日 著者:三上延
スマドロ スマドロ
★★★ それぞれの独白から成る物語。こういうタイプの構成好きだな。各章が終わるごとに相関図が出来あがっていく仕掛けも面白かった。読みやすくてさくさくと読めたんだけど、読み終わって数日経ってみると内容をあまり覚えていないという。ずしっとくるような重さはなかったし、あっと驚く展開でもなかったかな。今回も帯に踊らさせられた感満載かな。しかし…双子の母親の姑と義兄。やり過ぎで読んでいて本気でぞっとさせられた。マジで気持ち悪い。。。けど、現実にあり得そうで怖いな。
読了日:7月29日 著者:悠木シュン

読書メーター
AD

水族館の殺人

テーマ:
水族館の殺人/東京創元社
¥1,944
Amazon.co.jp
夏休みも中盤に突入し、
風ヶ丘高校新聞部の面々は、
「風ヶ丘タイムズ」の取材で
市内の穴場水族館に繰り出した。

館内を館長の案内で取材していると、
サメの巨大水槽の前で、
驚愕のシーンを目撃。

な、なんとサメが飼育員に喰いついている!

駆けつけた神奈川県警の仙堂と袴田が
関係者に事情聴取していくと、
すべての容疑者に強固なアリバイが…。

仙堂と袴田は、仕方なく柚乃へと連絡を取った。
あのアニメオタクの駄目人間・裏染天馬を
呼び出してもらうために。

平成のエラリー・クイーンが贈る、
長編本格推理。




★★★

体育館の殺人 」が面白かったので、借りてみました。
今度はどんな館の事件だろう?
と思っていると、なんと水族館だったとは^^;

しかも、殺され方が結構凄惨でした。。。
死体をサメプールに落とし、食べさせるという…
水槽が真っ赤に染まる様子を想像すると、
さすがに気持ち悪くなっちゃいました。

前回のように頭をフル回転できるかと思いきや、
あまりにも多い容疑者の数に頭が混乱。
11人も容疑者がいたら、誰が誰だか…泣
近頃の読書は混乱するものが多いです。

そして、読解力のなさからなのか、
トリックの様子を説明されても頭に入らないという。
どういった状況下で、細工されているのか、
読んでも読んでも情景が思い描けなかったです。
あまりに集中力が落ちてるのかな…

結局、置いてけぼりをくらったまま読み進めたので、
何がなんだか分からない頭のままで読了。
なんとも残念な読書となってしまいました。

ともあれ、天馬の事情は気になるし、
次はどんな館か気になるので、
次作が出たら読もうと思っております。
AD

黒祠の島

テーマ:
黒祠の島/祥伝社
¥957
Amazon.co.jp

嵐の夜、孤島で巻き起こる猟奇殺人!
本格ファンを唸らせた傑作!

作家葛木志保が失跡した。

パートナーの式部剛は、

過去を切り捨てたような彼女の履歴を辿り

「夜叉島」に行き着いた。


その島は明治以来の国家神道から外れた

「黒祠の島」だった……。


嵐の夜、神社の樹に逆さ磔にされた

全裸女性の死体。


さらに、島民の白い眼と非協力の下、

因習に満ちた孤島連続殺人が!


その真相とは?






★★★


ずっとずっと読んでみたかった小野さんの新本格。

孤島×邪教×失踪…

心踊るキーワードだらけでわくわくです。


閉鎖された島での聞き込みは難航します。

村人は全員が何かを隠しているようで、

少しずつ真相に近付いていくのですが…


まぁ…登場人物が多いこと多いこと。

しかも似たような名前が多くて大混乱します。

本家と分家の争いごとについては、

読めば読むほど混乱してしまうし、

誰それが誰それの親での話も複雑すぎて…泣


途中から頭の中で整理することを辞め、

ただひたすら真相に近づくためだけに、

文字を追いかける読書をしてしまった次第です。


もう少し人間関係をシンプルにして、

量も減らしたのでもよかったんじゃないかなと…。


映像化したら絶対面白いとは思いますが、

私の理解力では、ちょっとしんどかった内容でした。


それでも、最後まで読むことができたのは、

小野さんの読ませる力なのでしょうね。

今度は「屍鬼」に挑戦してみたいものです。

AD

天使の柩

テーマ:
天使の柩/集英社
¥1,620
Amazon.co.jp

「世の中がどんなにきみを責めても、

きみの味方をするよ」


14歳の少女・茉莉(まり)が出会った

20歳年上の画家――

その人の名は、歩太。


望まれない子どもとして育ち、

家にも学校にも居場所がないまま、

自分を愛せずにいる少女・茉莉。


かつて最愛の人・春妃を亡くし、

心に癒えない傷を抱え続けてきた歩太。


公園で襲われていた猫を助けようとして

偶然出会った二人は、

少しずつ距離を近づけていく。


歩太、そして彼の友人の夏姫や

慎一との出会いに、初めて心安らぐ居場所を

手にした茉莉だったが、二人の幸福な時間は

ある事件によって大きく歪められ――。


『天使の卵』から20年、『天使の梯子』から10年。

いま贈る、終わりにして始まりの物語。






★★★


最初の作品から言うと、かなりの年月が!

20年前の作品って思うと衝撃的ですね。

前作でさえも10年前。

読んでいた頃はまだ学生だったと思います。


図書館で借りるという選択肢を知らなくて、

本当に好きな作家さんの本だけを

買っていたような時代だったせいか、

同じ本を繰り返し繰り返し読んでいましたね。



歩太のこと、ずっと気にはなっていたけれど…

このような出逢いで終わりを迎えるとは。

夏姫と慎一のカップルの方が自然だったような気も。


さすがに20歳の歳の差を想うと、

保護者的な雰囲気が漂ってしまって、

どこか非現実だなと。

歩太の優しさは十分に分かったけれども…

やっぱり最後は恋愛面で幸せを見たかったです。


あり得なくはないんだろうけれど、

想像できなくて、残念な気持ちが残ってしまいました。


もう少し歳を近づけて、恋愛面を見たかったかな。

せっかく、終わりだけど始まりの物語なのだから。

首挽村の殺人

テーマ:
首挽村の殺人/角川書店
¥1,404
Amazon.co.jp

岩手県の雪深い村・鷲尻村の診療所に、

東京から医師・滝本がやってきた。


滝本が村に赴任してから、

村では謎の連続猟奇殺人事件が起こる。


村の昔語りに秘められた陰惨な過去が、

事件解決の鍵を握る!


横溝賞受賞作。





★★★+


横溝正史ミステリ大賞、大賞受賞作とあったので、

古めかしい感じを期待しながら借りてきました。


とは言っても、実際のところ…

横溝さんの作品って読んだことなかったりします。。。

勝手なイメージで古めかしいって言っているだけという。


雪深い岩手県の山奥の村に、医師がやってきた途端、

次々と奇怪な事件が起こるという、

閉ざされた空間、村の言い伝えetc.

心踊らさせられる要素が満載のはずなのに…

どうしても読書ペースが上がらなかったです。


人物像がどこか浅かったり、

場面がどんどん切り替わってしまうので、

その度にちょっと考える時間があったのかも?


特に驚くようなトリックがあったわけでもないですが、

犯人に関しては意外性なんかもあったりして、

まぁ、面白かった部類に入るかなと思ってます。

映像化とかしてくれると有り難いかなとも。


殺人事件そのものよりも…

心に深く印象づいたのが…実は熊だったりします。

熊が人間を襲う描写が怖くてたまりません。

想像しただけで、背筋がぞっとしてしまいます。


なので、熊と戦い続ける雄鶴さんのかっこよかった!

今でもこういった方々っていらっしゃるのかな。



ともあれ、他にもこういった作風のものがあるらしいので、

そちらも読んでみようと思います。