岡田克也外相は1日の参院外交防衛委員会で、在沖縄米海兵隊のグアム移転に伴って米国がグアムに整備する施設について、再生可能エネルギー技術導入に必要な経費を、在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)から負担することを検討する考えを明らかにした。井上哲士氏(共産)の質問に答えた。

 再生可能エネルギー技術の導入は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する日米共同声明で「緑の同盟に関する日米協力」として盛り込まれた。

 日本はグアム移転費用102.7億ドルのうち60.9億ドルを負担することになっており、国外の米軍基地に対する新たな負担を思いやり予算で賄うことになる。これに関し、岡田氏は「日本政府も一定の負担を行っており、特段おかしいことではない」と述べた。

【関連ニュース】
岡田外相:イラン外相と会談 IAEA決議に従うよう要請
岡田外相:「率直に認める」普天間移設5月決着できず
日米外相会談:「北朝鮮に圧力」連携 普天間決着へ協力
哨戒艦沈没:韓国政府を支持 岡田外相
日中韓外相会談:韓国艦沈没「調査見守り」

詐欺 小杉元文相の妻逮捕 架空投資話で八千数百万円(毎日新聞)
署名抜き「首相発言」で調整=対処方針、28日に決定へ―社民となお溝・普天間移設(時事通信)
【中医協】高度医療2技術を了承(医療介護CBニュース)
<天皇、皇后両陛下>パラリンピック選手ら招き皇居で茶会(毎日新聞)
iPadで案内、作者の詩朗読も…富弘美術館(読売新聞)
AD