天皇、皇后両陛下は27日、皇居・宮殿にバンクーバー冬季パラリンピックの入賞者や役員らを招き、茶会を開いた。アルペンスキーの男子スーパー大回転で優勝した狩野亮選手(24)ら約40人が出席し、両陛下や皇太子さまらと約40分間懇談した。

 天皇陛下は「みなさんは障害を持ちつつ、さまざまな困難を乗り越え、努力を重ね、一つの大きな目的を達成されました。みなさんの努力は障害者はもとより、多くの人々に深い感動や励ましを与えたことと信じます」とあいさつした。狩野選手は懇談後、「天皇陛下は私のメダルを持ちながら『重たいですね。よく頑張りましたね』と話されました。皇后さまはやさしい方で、リラックスして話すことができました」と感想を述べた。

藤沢武夫:「管理職」という幻惑から技術者を解放せよ
各党、要介護者らの「郵便投票」改善に前向き―政治参画フォーラム(医療介護CBニュース)
<暴行>JR駅員殴り、国交省課長補佐を容疑で逮捕 横浜(毎日新聞)
「マニュアルは机上の空論」 大阪府立大の向本准教授 口蹄疫(産経新聞)
囲碁 山下勝ち、1勝1敗に 本因坊戦第2局(毎日新聞)
AD