コンクールまでの過程と結果

テーマ:

一段落して夏休みしてました。

 

毎年夏の前半は、中高生のコンクール一色で過ごしています。

 

今年はとても楽しかった。

自身が振るコンクールで金賞頂けた。

4年ぶり。

4年前までは、練習時間がたくさんあってのことだったりで、

時間が助けてくれての金賞。いろいろな大切な事を見ずにエゴな力での金。

 

そこから、体制が大きく変わり、色々な都合で練習時間が減った。

 

部活の雰囲気も、イマイチ。限られた時間の中で、良いチームを作っていこうと

行動し始めたのが2年前。今の高1の代と一生懸命、取り組んだ。

その時の僕の口癖が、

「同じ事をしていたら、同じ結果になる。だから自分を変えよう。

僕もドンドン変わるから」

本当にたくさんの事を少しずつ少しずつ、根底から変えていった。

部活の基盤もそうだけど、何より自分自身を。

 

高1のたなばたの代と作った基盤を今年のエルモの代(自由曲の略称から)

と磨きをかけた。今までは銀か金かレベルにずっといたけど、

今年は、金か代表かというレベルに上がれた。素直に嬉しい。

 

吹奏楽コンクールについては、良し悪しは散々議論されているけど、

僕は良い音楽、良いチームには結果がついてくると思っていて、

今年はそれが自分の中で確信できた。

 

音楽は聴いてくださる方の心に何かが響くものだと思う。

一生懸命な演奏をすれば、一生懸命さが。

丁寧な演奏をすれば、丁寧さが。

迫力ある演奏をすれば、迫力さが。

 

自由曲選びは、その代のカラーが映えるように、なるべく選ぶ。

そのチームの良さを出して、お客様、審査員に、曲の持っている良さをチーム力で伝えることができれば良い演奏だと思う。

中高生の音楽って音楽の前に生徒指導、人間力をつけることだと思う。

でないと、チームになれないし、なれなければ音楽を一緒に作ることはできない。

 

吹奏楽部の活動を通して、自分って何なのか。少年少女から大人へと歩み始める

この時期に、自分という存在を他者を通して知ること。部活という環境、コミュニティにおいて、他者から学ぶこと。

自分の学年、役職、パートの1員としてどんな役割ができるのか。

これはそのまま、曲中でどんな役割をしているのかに当てハマる。

 

彼ら全員と調和した音楽をするということは、結構並大抵のことではないと思う。

 

今年はその1歩が結果として出せた。まだ全部ではない。

やれてないこともまだある。

部活をリードしていく生徒達の想いを汲み取ったり、焚きつけたりしながら、

歩みがのんびりな生徒達のフォロー、ケアをしていく。

歩みがのんびりでも気持ちはしっかり持っている。見捨てることはできない。

 

僕にはまだまだ、仲間が必要だ。一人ではできない。

今年は初めて一人ではなかったように思う。本当に有難いことだ。

今年はたくさんの協力があった。感謝だ。

 

生徒が言ってくれた。

「今年の練習は楽しかった!」

 

何より嬉しい。

まだ伝えていないけど、

「それはみんなが本当に本気で行動して結果がでたからだよって」

 

って今度伝えたい。

 

来年は都大会に出場したいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

AD

1の自力より10の他力

テーマ:

この夏も2校のコンクールを指揮させて頂くことができ、

 

また、パート指導や全体指導でも数校関わらせて頂いたり、

コンクールのために顧問の先生が部活後に、曲のアナリーゼやスコアリーディング、

合奏の進め方や、今後の修正ポイントなどのレッスンを熱心に受けてくださったりと、熱い夏を過ごさせて頂いてます。

 

自分が変わること、自分が本当に向き合うこと。

生徒の本気のやりたいを妨げているものを、丁寧に一緒に取り払って行くこと。

 

新しいことや変化への「不安」「恐怖」という感情を押し込めるのではなく、

勇気を持って、「自信」へと変化していくように促すことから、調和していくプロセスを楽しみ、結果へと繋げていく。

過程も結果も大切にしていこうと日々過ごしています。

 

そして何より、「1の自力」より「10の他力」と言わんばかりに

いろんな方にお手伝いをお願いすることを始めました。

感謝感謝です。生徒たちがドンドン変化して行くし、それがとても嬉しい。

 

今日は、高校の合奏でしたが、

桐朋の中等部・高等部のオーケストラの方々が合奏見学に来られて、

自分たちも良い緊張感の中、合奏に望むことができ有意義な時間となりました。

 

明日は1日ホールに篭って、4校のレッスンをします。

どんな1日になるかとても楽しみです。

 

どこも、あと2週間程。

とても幸せで充実する2週間です。

 

 

 

 

 

AD

いよいよ夏。

テーマ:
久しぶりのブログ更新です。

17日には狛江の海の日コンサートでの演奏会がありました。
毎年のことですが、1年生にとってはデビューコンサート。2.3年にとってはコンクールがいよいよだぞという気持ちのコンサート。

一昨日、昨日と2つの学校で反省会とこの夏の過ごし方を話をしてきました。

中でも昨日は、
帰りがけに1人の生徒が
『今日の反省会で嬉しい気持ちとか反省しないとなという気持ちとか、コンクールにむけてとかで、感情が複雑で熱が出そう、、、』と話してくれる生徒がいて、

そしたら別の生徒が
『明日は通知表も来るからもっと複雑だね。』
と追い討ちをかけていました。

この時期って、みんな凄く成長する時期なんだなって思いながら会話聞いて笑ってました笑

不安や怖いという気持ちを、如何に勇気に変えていけるように、声をかけたり行動出来るか。
みんなで本気でやるというのは、なかなか難しい事。個人個人抱えてることが違うんだもんね。

一人一人の心に一石を投じ続けながら、みんなで化学反応を起こして、ステキなチーム、素敵な家族を最後までつくり続けたいなって思います。

今年のコンクール練での僕のテーマは、イメージをどう伝えるか。如何にしてみんなで1つ1つのフレーズのイメージをシェアするか。

過程と結果の両方を大切にしたいと思います。
AD

中学3年生

テーマ:
毎年毎年、中学生と関わっていると

その時期その時期で、数人の生徒から

同じ悩みを相談される。


今日もあった。

『先生、塾とか習い事と部活を両立したいと思うんですけど、上手くできない』

という類の悩みだ。

それはそうだ。
どっちも頑張りたいと思うけど、時間という制約がそれをなかなかスムーズにさせてはくれない。


大抵の3年生は、もう引退している頃なのかな?
東京の吹奏楽部は8月の頭にコンクールがあるため、今から熱がグーンと上がってくる頃。

3年生は、受験という不安と頑張ろーという気持ちも募ってくる頃。
周りが受験モードになれば尚更焦るのだろう。


僕が今日伝えたのは、
『今、1番大切なのは何なの??
それを見つけようよ。時間の順番的には、コンクールがあって、受験なんだけど、
◯◯ちゃんは、何が今1番大切なの?』

ということ。
きっとこれで伝わってくれると思う。
あくまで思うだけだから、実際伝わらずに悶々とする生徒もいるんだけど、そしたらまた話せばいいし。

1つのやりたい事をやりきれれば、次のやりたいこともきっと上手くいく。やりたいことをやりきる密度を濃くしていく事が大切だと思うんだよね。
僕がそれをしてない事が多くて、今そうしようと思ってる段階なんだけど、今までの生徒達を見てそう思う。

それをしてないことが多いとは言ったけど、中学の時はやってたんだよね。

吹奏楽部でコンクール出て、9月の文化祭まで部活やってた。
夏の偏差値は3教科がオール50。
うーん、ヤバかったよね笑

でもコンクール終わって、自然とスイッチが入って、勉強に意識が向くようになった。ゲームもやってたりして遊んでたけど笑

12月よ偏差値は、国62数68英60とかだったと思う。凄くね?笑
実際のところ、ほとんど数学ばっかりやってた。
でも何か、わかるようになったんだよね。自分なりの勉強方法が定着したからかな。できるようになるのが楽しかった。

目的目標みたいな方向性は大事なんだけど、志望校は最後まで決めなかったからガンガン伸びたのもあったと思う。
自分ができるようになることが楽しかったんだよね。
だから、その時自分の実力で選択できる学校を選べば良いんだよね。
1つに絞ると途端に苦しくなるんだと思う。
これは、受験だけでなく何でも一緒。

みんなには、
今1番やりたいことを思い切ってやってほしいな。
それがコンクールで仲間達と楽しく思いっきり演奏することであったら、俺も凄く嬉しい。

それが違うことであっても、それは受け入れて応援する。
でも中途半端なのは、僕は好きじゃない。
選んでほしいなと毎年毎年思う。

学校の先生にも悩みの話があった事を伝えたら、
『それが3年生になったって事ですよね。』

そうだな。って思った。
1つずつ選択する機会が増えてくるんだよね。
成長している証ってことだ。

順風満帆。問題なし。





できる限り音楽的に、、、

テーマ:
先日の、川崎さくら吹奏楽団でのこと。

次の演奏会に向けて、試奏大会がここ数回の練習で行われています。

その中で、2007年の課題曲にある
憧れの街をやった時のこと。

1回全部通して、マーチがどんな曲なのかに触れて2回通した。

そこで氣になったことは、慣れない譜面を演奏する時に、一生懸命その譜面を演奏することに意識がいっていて、もっとも大切な聴くということに意識が向いていない人が多くいるように感じた。

そこで、
3回目をやろうと思った時に、
全体に
『できる限り音楽的に演奏して下さい』と伝えてみた。
指示としては、ものすごく曖昧な感じがして、普段言わない言葉なのだが、
やはり経験豊富な大人の方々、

曲が一気にまとまるのだ。
周りを聴くようになるのはもちろん、曲の展開への意識も届く。急に全体の中の自分の役割をこなしてくれている感じ。

ここから詰めていけば、曲の仕上がりもグッとよくなると思った。

この言葉は大事にしていこうと思った瞬間でした。

『できる限り音楽的に、、、』



最近お気に入りの脱力方法

テーマ:
筋肉は、緩ませてトレーニングした方がいいのか、トレーニングして脱力した方がいいのかという話がたまにされていますが、皆さんはどちらですか??

僕は前者です。
鍛えたい筋肉にもよるのでしょうが、
僕は呼吸が深くなるために身体について学んでいます。
脱力をして筋肉が緩むことで、身体を支えるための身体の部位を骨と支持筋に任せたいのです。
他の筋肉は運動すること、呼吸をすることに使いたい。
脱力をすることで、支持筋と運動筋をちゃんと分けたいんです。

とまー、そんなことを考えています。詳しくはまたの機会に。知りたい方がいれば書こうかな。

今日は最近お気に入りの脱力方法があります。
これはもしかしたら、脱力についての認識が少し進んだ方にオススメかもしれません。
脱力という言葉の定義が何か、人によってだいぶ違うため、、、

その方法は、
自分の身体を感じながら、身体に外側のラインに空気を感じる。
空気と同調するような、空気に身を任せるような感じにする。

これだけ。

歩きながらでも、電車の中でも、いつでもなんの違和感もなくできて楽ちん。


お試しあれ(^^)

教え子たちと

テーマ:
教え子達と飲んできました。

1人は音大生になって、今度ウィーンに15日間行って来るとのこと。

1人は高校出て就職してもう3年目。
今日から職場が変わったとのこと。

それぞれが自分の居場所で生きてるなーって。

教師ではない外部指導の僕と今でもこうして関わってくれるというのは、とても幸せなことだなと感じた。大切にしないとな。

昨日は、中学時代の顧問と飲みに行く途中で、小学校時代の音楽の先生にばったり会うという奇跡に恵まれた。
小学校の恩師は、僕の今後をとても氣にかけてくださり、中学の恩師は、うちに指導に来てくれと仕事を振ってくださる。
これまた、幸せなことだなと感じた。
やはり大切にしないとな。


今ある縁というのは、頻繁にやりとりしているものだけでないんだな。

やりとりしていても、繋がっていない縁も実はあったりするんだな。

こいつは、ちょっと疎遠にしようと思っても、実は大切な縁だったりもするんだな。

何がどうなるかわからない。
だからこそ、今の自分の氣持ちを大切に、
シンプルに氣持ち良く生きようと思う。

そうすると、きっと素敵な場所へ自分を運んでくれるのではないかと、そう思う今日この頃。


生徒指導と音楽指導

テーマ:
とあるブログをみて書こうと思った。

僕は音楽指導がしたくて、レッスン業を始めた。
のめり込む内に、上手くいかない事が増えてきた。上手くいかそうとするとイライラすることが増えて力技、ようするに怒ることで強引にやらせることが増えてきてしまった。

あっ、これは昔の話ね。

楽しく向上していけるはずで、やっているはずだったレッスン。なんか、違うなーってモヤモヤしてた。

あの子は、こういう子だから上手くいかない。
その子は、何を言ってもやらないから変わらないとか、提案しても、理解してるんだかなんだかわからない状態でこっちも楽しくない。

こんな事が日常茶飯事なんですわ。

これって人としてどうなのってことが多々ある。
挨拶ができない。返事ができない。
コミュニケーションがきちんと取れない。

コミュニケーションがきちんと取れないと先生と生徒という関係が上手くつくれない。

こんな状態ではレッスンが上手く行くわけがないなーって。

そしたらやることは、生徒指導というかコミュニケーションをとる練習をすればいいんだなって、これだって立派な音楽指導なんだよね。
『聞く』、『伝える』
コミュニケーションの基本だし全て。
アンサンブルの基本だし全て。

僕は音楽指導をなるべく、コミュニケーション力や人間力に置き換えられるように指導することを心がけています。

中学生がコミュニケーション力が大人と比べて低いのは当たり前なんだよね。出来なくて当たり前。できていれば、凄い子。
挨拶も返事も練習すればいいんです。

なんでも練習。

外部指導が生徒指導に口を出すことに否定的な人は少なからずいらっしゃることもよく知っています。外部指導者に、傲慢な方がいるという話もチラホラ聞きますし。確かに難しい事なんだと思います。
しかし、顧問が部活に対してまで生徒指導に力をさく時間がない現状の教育現場もよく知っています。
僕は生徒指導に関わる部活の現場を何校か携わっています。顧問や学校合意の上です。学校の先生方はとても親切にして下さいます。

部活というグレーな現場に僕もみたいな考えの持ち主も必要かと思います。

おっと、少し話がずれました。


そうそう、
返事や挨拶も練習すればいいし、
時間の使い方も練習すればいいの。

出来ないからダメじゃなくて、出来なくて当たり前。大人でも出来ない人いるし。
練習っていう考え方は、僕はとても氣にいってるんだけど、
練習ってことは、失敗していいんだよね。
『ちゃんとしなきゃいけない』は、どこか失敗が許されないようなニュアンスにとれる。

生徒にはいつも練習だから失敗して構わないから存分にやろうと伝えている。
失敗したら学ぼうね笑
って感じに。
何回も何回も学習無しにやらかしてしまう生徒だっている。
全くこちらの意図は御構い無しに練習しない生徒だっている。
氣がつき方は千差万別。ここが生徒指導の面白いところだし、こちらのコミュニケーション力が試されるところ。
これって音楽指導と一緒でしょ?

極論ね、音楽指導は生徒指導なんですよね。
実際イコールだと僕は思ってる。

レッスンするということ自体が、その人の人生に大きく関わってる。
楽器のレッスンや合奏はしても生徒指導はするなとか生徒指導はしないとかって、僕から見れば中途半端以外何者でもない。

レッスンというのは、人対人のコミュニケーションの場であって、お互いの考えを理解しあい伝え合う場。
もちろん人間力が同じくらいの大きさだとその場は盛り上がって楽しい。
差がある場合は、やはりその場の盛り上がりは少ない。そんなのは当たり前。

まー、楽しいに越したことはないよね笑

僕は、幾つか楽しみ方を知っている。
レッスンの場自体が楽しい時があること。

その場はなかなか苦戦しても、生徒がある瞬間、レッスンの時間以外で急に変化すること。
これは、大切に育ててきて待ちに待った花の蕾が開いた瞬間に出会ったように、キラキラするんですよー。これを知るとね、やばいっすよ。

同時に僕1人でこの生徒の環境を作っているのではないんだなーって強く実感する。たくさんの人との関わりの大切さというのかな。


場が大切。
場は人が創る。

場を創ること。
場の質を高めること。
これが僕の今やってること、やりたいこと。
もっと大きな場。もっとたくさんの場と関わりたいな。

最後はまた話がズレたけど、、、、笑


ネガティヴとポジティヴ

テーマ:
ふー、ようやく心に余裕が出てきました。

この1週間くらいがしんどかったー。

心が何かに囚われると、ホントに周りが見えなくなるというか、見ようと思っても見れない、動けない。心がザワザワするだけ。

今回はそんなことを感じながら、無理して進まず、何もしないというか、ザワザワしない慌てない範囲で行動することをしてみた。

強引に進むと、ネガティヴにより囚われていくんだね。

焦りがきて、どうにかしなきゃと思うけど、それはしない。
そうして何日か過ぎたら、心が普通にそろそろやるかーと、前向きに変わる時が来た。少しずつだけど。

自分の氣持ちに正直になるってこういうことなんだなー。合理的なことばかり追いかけると、氣持ちなんて置いてけぼり。

昨日は久しぶり、多摩川散歩して、、、
あっ、写真撮り忘れた。。

散歩して、のんびりしてみた。
まー、いつものんびりしてるんだけど笑

氣持ちは焦ってたんだなー。

心の移ろいを楽しむ今日この頃。


でもね、
そろそろ次のステップに行きたいんだな!
というか、行くと決めたのだ。

ワクワクもザワザワもどんとこい。

僕を囲む会

テーマ:
昨日は、ついこの前中学校を卒業された代のお母様達が
『石黒先生を囲む会』

と銘打って飲み会を企画してくださいました。

囲まれて、イジメられたわけではないです笑
楽しくサングリア飲んでました。

卒業して、もう先に進んだ子ども達。
1ヶ月以上経つのに、このような会を設けてくだって嬉しかったです。感謝です、ありがとうございます。

それぞれの子ども達の近況も聞けて、意外な方向性に進んだ子もいて、この先が楽しみですね。