トロントより、おはようございます。

 

 

 

 

今日は蒸暑かった!

 

 

気温は30度!湿度95%!!

 

 

この暑さは、5月27日としては、1939年以来の最高記録だそうです。

 

 

あと数日はこの暑さ、そして雷雲発生が続くようで外に出るときには注意が必要です。

 

 

十分な水分補給を心がけてください。

 

 

 

 

 

今日の話題は、トロント市警のマリファナ一斉摘発。

 

 

 

 

 

木曜日、トロント市警による一斉摘発行われました。

 

 

 

 

 

 

 

場所は、ケンジントンマーケットからダンフォースの地域。

 

 

 

 

 

押収したのは、医薬用マリファナ。

 

 

押収令状をもって、立ち入り強制押収。

 

 

家によっては、ドアやガラスをけ破って入ったケースもあるとか。

 

 

 

 

 

一斉摘発に立ち会った警察官は、店舗数、逮捕者数などについてはコメントしておらず、罪状も市の条例違反か、刑事事件となるのか、そして押収したマリファナの量などについても明らかにしていません。

 

 

 

 

 

今回のプロジェクト名は Project Claudia

 

 

 

 

 

トロント市の発表によると、査察官が立ち入ったのは、45店舗だそうです。

 

 

 

 

住民の反応は二分しているようです。

 

 

 

 

 

違法取引の取り締まりを歓迎する人

 

 

 

 

 

一方では、来年、合法化されるマリファをなぜ今の時点で一斉摘発するのか。無駄な行為だ。との意見も。

 

 

 

 

 

現在でも、医療用のマリファナは処方箋があれば購入できます。

 

 

今回摘発された店は、処方箋を求めず違法販売していた店。

 

 

 

 

 

摘発に先立ち、水曜日には登録されている83のマリファナ販売店のうち、78店舗に対して警告書を発行していたそうです。

 

 

 

 

 

一斉摘発を受けた店の中には、水曜日に警告書を貰い、木曜日に一斉摘発とは、とんでもない行為だ、との不満も。

 

 

 

 

 

しかし、違法行為に対して、そうした言い訳はまったく通用せず。

 

 

 

 

 

トロント市警では、毎年、ターゲットを決めたプロジェクトを進めています。

 

 

今回は違法マリファナ販売ですが、これまでに、拳銃摘発、コカイン・麻薬摘発、テロ・爆発物摘発などが行われています。

 

 

 

 

 

トロントは安全な街ですが、それもこうした地道な努力があってのこと。

 

 

警察官には感謝です。

 

 

====

 

 

ブログランキングに参加しています。

下のバナーにポチッとしていただけるとポイントがつきます。ご支援お願いいたします。

カナダ(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ にほんブログ村
読者登録してね

AD