売上の悩みスッキリ解決!銀座で経営塾(歩いて5分)・経営相談 経営セミナー・東京戦略社長大学

個人事業主様、中小企業経営者様向けに、経営勉強会、特別講師を招いた講演会『東京戦略社長大学』を開催しております。竹田陽一先生のランチェスター代理店です。



テーマ:

おはようございます!


西村です!

 

 

昨日、感激したことが有って長く書いてしまいましたが

簡単に言うと

 

 

強者の戦略=帝国戦略

弱者の戦略=ゲリラ戦略です。

 

 

中小企業や小さな会社、お店が『帝国戦略』をやると

どうなるか?わかりますよね!

 

 

詳しく読みたい方は、下をご覧ください。

 

 

西村謙二



◆昨日、日経BP社より栢野克己さんの新刊「小さな会社の
稼ぐ技術」が届きました。
 

 

 

 

この本の表紙をめくった時にビビビッと電気が走りました!


(と言って、この本をここで勧めるわけではありません)


このように書かれていました。
「…実際の戦争でも、大国がゲリラ戦で打ち負かさせる時代だ。…


●この『ゲリラ』という言葉に、ビビビッときたのです!


そう『ゲリラ戦略』なんです。
と言うのは、ずっと『弱者の戦略』以外のネーミングを探してきました。


いい名前が見つかりません。


『弱者の戦略』が悪いわけではありませんが、この言葉で
日本は救えません。


●大げさかもしれませんが、ネーミングは大事です。


今『弱者の戦略』が必要なのは日本の大手企業です。


時間上がりのGDPがたった39ドルに対して、米国62ドル
おまけに賃金も1995年に比べ、87%になっています!


(これ物価の増減を加味した実質賃金でです)


アメリカでは、その間180.8%、ユーロ圏では149.3%も

上がっているにも大して日本は下がっています。

 

 

●これは戦略の問題です。

 

 

(当然、それ以外の政治的な問題もありますが)

 

 

日本の大手企業にも『弱者の戦略』が必要です。

彼らが儲からないと内需が増えないからです。


しかし、日本の大手企業の戦略を考えるエリートは

『弱者の戦略』を受け入れません。

 

 

●『弱者』=敗者、弱い者のイメージがつきまとうからです。

 

 

東大京大出身企業のエリートは、受け入れないでしょう。


当然、彼らがそれを自覚することは大事です。

企業として劣勢の状態にあるからです。

 

 

●そんなことでずっと『弱者の戦略』に代わる物を考えていました。

 

 

それで、栢野さんの本を見た時に「ビビビッ」ときたのです。

 

 

ここで、もう一つ大事なことがあります。

 

 

それは、

 強者の戦略=大手企業の戦略

 弱者の戦略=中小企業や小さな会社やお店の戦略

と取られていることです。

 

 

これは間違いです。

 

 

大手でも弱者の戦略を取らないといけない会社もありますし

中小でも強者的な戦略を取る必要があります。

 

 

●ここで、誤解が生まれます。

 

 

おまけにヤッカイなことに一人でやっている個人事業主の人でも

自分は強者と思って、それを実践してしまうことです。

 

 

強者と思ってやるというのは、言い過ぎかもしれませんが。。。

 

 

でも、強者の戦略はカッコいいですからね!(笑)

楽して儲かるイメージがあります!

 

 

そして、知らず知らずやってしまって『経営の軸』がブレるわけです。

 

 

●それで考えたのが『ゲリラ戦略と帝国戦略』です。

 

 

これは、ベトナム戦争を思い出していただけるとイメージしやすいと

思います。

 

 

あの大国アメリカが全勢力を尽くしても勝てなかった!

 

 

19才の時に見た『サイゴン陥没』の新聞は本当に衝撃でした。

ベトナムの農民が大国アメリカに屈しなかったわけです。

 

 

●弱者の戦略は『ゲリラ戦略』です。

 

 

強者の戦略は『アメリカの帝国戦略』です。

大量の物資と武器で資本をかけて戦うわけです。

 

 

絶対中小企業や小さなお店は出来ないことです。

 

 

ここで面白いのは、大手でも『帝国戦略』を使えない会社が

あります。

 

 

これは先に書いた『大手弱者』です。

 

 

大手でも不利な状況に置かれている会社です。

このような会社は『大手ゲリラ戦略』をする必要があるわけです。

 

 

●では、この『ゲリラ戦略と帝国戦略』の違いは?

 

 

・帝国戦略

 武器 一発で多くの人を殺傷する武器です。

     (不特定多数の相手を狙う)

 

 戦場 そんな武器を使うので広い場所が必要です。

    距離も相手から離れている必要があります。

 

 物資 大量の物資と輸送する仕組みが必要です。

 

・ゲリラ戦略

 戦場 帝国戦略が使える場所に入ると圧倒的に不利

    だから、帝国軍が入ってこない場所で戦う。

    (狭い場所)

 

 武器 狭い場所で戦える武器

    特定の相手を狙う

 

 物資 特定の地域と特定の相手なので大量にはいらない。

 

 

●どうですか?中小企業や小さな会社、お店にピッタリです。

 

 

こう書くと「それでは、負けないかもしれないが勝てない!」という方も

いるでしょう。

 

 

でも、それでいいわけです。

 

 

中小企業や小さな会社、お店が大手に勝てなくていいわけです。

大手が入ってこない市場で勝てればいいわけです。

 

 

●どうですか?イメージがピッタリですよね!

 

 

帝国(大手企業)に負けない『ゲリラ戦略』で楽しい経営を

やっていきましょう!

 

 

西村謙二

 

 

・銀座経営勉強会(No.1経営塾)

12月からの予定です!

http://no1keiei.jp/keiei-jyuku/

 

 

・新宿勉強会

売れて利益の上がる竹田ランチェスター・商品戦略

 

http://no1keiei.jp/strategy/post-4250/

ゲリラ戦略を基にした商品戦略が学べます!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

◆【戦略クイズ】弱者の商品戦略の3つの基本とは?



皆様、おはようございます。


東京のNo.1経営塾の西村謙二です。
(No.1 になるための経営戦略を教えています)


◆先週、エアコンを買った話をしましたが、続編が。。。


無事にY電機さんが取り付けに来られました。


機種は富士通ゼネラルさんのノクリアAS-X56F2です。


このエアコン、テストを終えて止めると面白いことが
「今日の電機の使用料は26円です」と教えてくれるのです。


「エッ、こんな短い時間で26円もかかるの!?」


「1日使ったらいくら位なるの?」と
妻が使用を控えております。(笑)


交換したのがよかったのか悪かったのか。。。

---------------------------------------------------------------------
★【戦略クイズ・解答】 戦わず勝つ商品戦略とは?


このことを書く前に、ある社長の話を書きます。


『月商2500万のお店を手放して、800万のお店に集中した』
社長の話です。


これは東京の山手線のある駅にあるレストランです。


月商2500万のお店ですから、それはもう繁盛していました。
ところが、この社長そのお店を手放すというのです。


●もう、ビックリしました!


一番の理由は、ビルの建て替えでした。


もう一つの理由が、過当競争でした。


同じようなレストラン、あるいは競合となりえる
お店が多すぎたのです。


●それで、そのお店を手放し集中したのは。。。


なんと、月商800万のお店でした。


実はこのお店、手放そうとしていたのですが出来なかったお店
でした。


売却の一歩手前まで行ったのですが直前で断られました。


●しかし、ランチェスターを学んで大事なことがわかりました。


このお店の回り、強い競合店がなかったのです。
おまけに人気がないので、家賃も値切れました。


そんなことで経営していると思わぬ話が!


それは近くのお店が、撤退することがわかったのです。
その時に彼にはピーンとくるものがありました。


「この近くにない商品(食べ物)を用意すればお客様は来る!」


そして、彼はそのお店を買ったのです!
そうすると見事に戦略は当たり繁盛店に!


●そうすると、また近くで同じように撤退するお店が出ました。


同じように「近くにない商品(食べ物)を用意すればいいんだ!」
そのお店も引き継ぎました。


そのお店も大繁盛!


同じ方法で界隈に5店舗経営
そして、現在は3000万以上の売上を毎月出しておられます。


●ちなみに、この社長のお店、全部フランチャイズです。


つまり、どこにでもある差別化の効かない商品なんです。
でも、その商品で『戦わずして勝つ』と言う戦略の実践です。


この『戦わずして勝つ』と言うのは孫子の言葉です。


※孫子は紀元前500年ごろの中国春秋時代の軍事思想家孫武の
作とされる兵法書とウィキペディアにあります。


これを商品戦略に合わせると『戦わず勝つ商品戦略』になります。


●それは、簡単に言うと差別化が効いている商品です。


竹田先生は、差別化をこう言われています。


「差別化とは、勝ち目のない強い会社のいる土俵に上がるのを
やめて、別の場所に自分独自の土俵を作ること」
(旧・商品戦略CD版テキスト P47)


●商品だけで差別化の出来ない時にどうするか?


それは、この社長がやってようにお客様と競合をよく見て『独自の
土俵を作る』それが『戦わずして勝つ商品戦略』になります。


●次回は、【弱者の商品戦略の3つの基本とは?】です。


お楽しみに!


西村謙二

★ここに書いたような差別化の効く商品戦略を学びませんか?

【新宿経営塾】 

竹田陽一先生が制作された本格的な教材を使った勉強会です。
新宿で開催(新宿ワシントンホテル新館)

CDもついているので、振り返り学べます!

詳しくは、
http://no1keiei.jp/strategy/post-4250/ をご覧ください。

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
“頭のいい経営の仕方”を学ばれませんか?
★経営戦略を学ぶと『次の一手』が見えてきます!
7日間メール無料セミナーです!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

 

 

No.1経営塾の西村謙二です。

 

 

ところで、先週、リビングのエアコンが壊れたみたいです。


スイッチを入れてもファンが回りません。


それでメーカーのサービスに連絡したら「2004年の製品ですか
修理するよりも新しものを。。。」という内容のことを言われました。


私はなんとかなるんじゃないかと画策(かくさく)しています!(笑)

 

 

そうしたら、賃貸をやっているお客様から『エアコンが動かない時、

どうする?』の対処法を送っていただきました。

 

 

また、報告します!

西村謙二

 

 

★【戦略クイズ】なぜ、絞り込むと利益が上がるのか?

 

 

これはランチェスターの基本ですね!

 

 

『絞り込んで、一位をつくると利益が上がる』

でも、考えたら不思議ですよね?

 

 

なんでも絞り込むと利益が上がるのか?

 

 

来週・金曜日に紹介します!

 

 

待てない時は、ランチェスター経営の塾長さんに

 聞いてみて下さい。(笑)

 

 

●その前に今日は、『なぜ、8大要因で商品が最初なのか?』です。

 

 

よく、『商品3分に売り七分』と言います。

 

 

どんなに商品がよくても、売り方売る相手が大事だと

言うことです。

 

 

これは、『有吉ゼミ』の東ちづるさんのお店の話をしました。

 

 

番組史上最高の商品の点数がついたのに、倒産する

確率は72%でした。

 

 

それは看板がまずかったんです。

 

 

やはり、どんなに商品がよくても売り方見せ方伝え方が

大事だということです。(顧客維持も)

 

 

◆では、なぜ経営の8大構成要因で『商品』が最初なんですか?

 

 

その前に、経営の8大構成要因とはなんですか?

 

 

これは経営を構成する大きな8つの要因、要素です。

 

 

つまり

 ・商品

 ・地域

 ・客層(エリヤ、業界)

 ・営業

 ・顧客維持(顧客対応)

 ・人組織

 ・財務(資金経費)

 ・時間

と言う経営をする上で大切な要素のことです。

 

 

まあ、これは竹田ランチェスターの基本ですね!

 

 

●では、なぜその中で『商品』が一番にあるのでしょうか?

 

 

これ、竹田ランチェスターの講演する方でも

「何でだろう~?」とおっしゃっていた方がおられました。

 

 

その理由が、竹田教材の中にあります。

 

 

「商品は、顧客のお金と交換できる唯一の手段であり、…

さらに商品によって経営形態の大半がきまる…」

(竹田教材 小企業の成功戦略 商品戦略より)

 

 

つまり、どんな商品を扱うかによってその後の『経営システム』

(経営装置と言ってもいいです)が決まってしまうからです。

 

 

●この経営システムとは簡単に言うとお客様づくりの仕組みです。

 

 

ある意味では、線路(レール)ですね。

 

 

社長の仕事は線路を引くこと、

従業員はその上をひたすら走ればいいわけです。

 

 

●やずやの創業者の矢頭宣男(やずのぶお)氏もこう言われました。

 

 

魚を獲るのは漁船員(社員)の仕事
どこで魚が獲れるかを探すのが船長(社長)の仕事

 

 

つづいて、

中小企業は、付加価値の高い業種や商品を選ばなければ
大きく成長できない。
他人と同じことをしていてはダメ!

 

 

これは商品についてですよね。

 

 

0から345億(2009年3月期))の会社の基を作った方の

言葉は違いますよね!

 

 

●そんな意味で、商品も大事だということです!

 

 

【戦略クイズ】次回は、なぜ、絞り込むと利益が上がるのか?

です。

 

お楽しみに!

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【送信者】


◆「経営塾 東京」で検索すると一番に出るようになりました!


竹田ランチェスター系・講演会 東京最多開催!
4年で22回開催916名様が参加!
セミナー激戦区東京で経営塾14年連続開催も!


経営講演会と経営塾で経営者をサポート!


ランチェスター東京・No.1経営塾 西村謙二
(有限会社ソリューション・アンド・クリエーション)


〒271-0067
千葉県松戸市樋野口672-3 ベルスクエア松戸506号
◆TEL/FAX 047-369-2844
◆携帯(24時間365日対応)070-5074-3499
◆E-mail nsmrknj@gmail.com
◆HP   http://no1keiei.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
“頭のいい経営の仕方”を学ばれませんか?
★経営戦略を学ぶと『次の一手』が見えてきます!
7日間メール無料セミナーです!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

 

 

No.1経営塾の西村謙二です。

 

 

2016年も11月になりましたね!

 

 

11月になって、年初に「今年絶対にやろう!」と思ったことを

今週思い出しました!(苦)

 

 

やることが多くてズルズルと先延ばしにしまっていました。

 

 

いや、それどころか忘れてしまっていました。

怖いですね~!(笑)

 

 

それで11月に一念発起で取り組んでいます。

 

 

西村謙二

 

 

★【戦略クイズ】なぜ、8大要因で商品が最初なのか?

 

 

頭の体操です!

 

 

第1回目のクイズは、

『なぜ、8大要因で商品が最初なのか?』です。

 

 

と言うのは『商品3分に売り7分』っていいますよね。

 

 

前回のメルマガで東ちづるさんのお好み焼き屋さんがある番組の

歴代最高得点の商品にも関わらず倒産の可能性は72%でした。

 

 

どんなに商品がよくても営業の部分が大事と言うことです。

 

 

営業の部分と言っても

 ・お客様への伝え方

 ・お客様に見つけて貰う方法

 ・客層や地域の選定

と言うものもこの『営業』と言うところに入っています。

 

 

でも、なぜ経営を構成する8大要因、

 

 

つまり

 ・商品

 ・地域

 ・客層(エリヤ、業界)

 ・営業

 ・顧客維持(顧客対応)

 ・人組織

 ・財務(資金経費)

 ・時間

と言う経営をする上で大切な要素のことです。

 

 

その中で、なぜ『商品』が一番になっているのでしょうか?

 

 

大きな2つの理由があります。

答えられますか?

 

 

(あなたの考える時間)

 

 

では、次回のメルマガでその答えを紹介します。

 

 

(どうしても知りたい方は、近くの竹田ランチェスターの塾長さんや

代理店の方に聞いてみて下さい)

 

 

★2017年竹田陽一先生の講演会をやります~!

 

 

日程は3月7日(火)です。

詳しくは、次回のメルマガで紹介します。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【主催者】


◆「経営塾 東京」で検索すると一番に出るようになりました!


竹田ランチェスター系・講演会 東京最多開催!
4年で22回開催916名様が参加!
セミナー激戦区東京で経営塾14年連続開催も!


経営講演会と経営塾で経営者をサポート!


ランチェスター東京・No.1経営塾 西村謙二
(有限会社ソリューション・アンド・クリエーション)


〒271-0067
千葉県松戸市樋野口672-3 ベルスクエア松戸506号
◆TEL/FAX 047-369-2844
◆携帯(24時間365日対応)070-5074-3499
◆E-mail nsmrknj@gmail.com
◆HP   http://no1keiei.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
“頭のいい経営の仕方”を学ばれませんか?
★経営戦略を学ぶと『次の一手』が見えてきます!
7日間メール無料セミナーです!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今晩は。


No.1経営塾の西村謙二です。


ところで、日曜日どえらいミスをしました。


250名位の前で話す必要があったのですが、話す内容を間違いました!


実害はなかったのですが、凹んでしまいました!


それで自己嫌悪に陥り、いろいろ調べたところえーちゃん
(矢沢永吉さん)の
NHK紅白歌合戦での全国規模の失敗を見つけました。


歌詞を間違えたのですが、何でそんなことが起こったのか
語っておられます。





ご覧になりましたか?


・普段やらないことをやるのと
・普段やっているリハーサルをしなかったのか原因
だそうです。


しかし、えーちゃんなんとその日帰ってきた時に「◯◯◯◯」を
つけたままご自宅に変えられたそうです。


それくらい慌てられたのでしょうね。


経営者は精神的にも『タフさ』が求められます。
また、ミスも許されないケースが多いです。


だから、

・普段やらないことはいきなりやらない
・普段やっていることをシッカリとやる
事が大事ですね。


そこで、経営の
・普段やらないことは何か?
・普段やること(ルーティン)は何か?
を、ハッキリさせておくことが大事ですね!


西村謙二


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
“頭のいい経営の仕方”を学ばれませんか?
★経営戦略を学ぶと『次の一手』が見えてきます!
7日間メール無料セミナーです!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。