1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年08月14日 15時12分22秒

今年の夏の新潟

テーマ:ブログ
お元気ですか?

ちょっと暑さは弱まったかと思うけど、まだまだ油断はできませんねー。

なかなか更新できてなくてゴメンなさい皆さん。。

今日は、楽しかった新潟の話を。
毎年この時期に行く新潟、今年は4日間でいろんなシチュエーションでのライヴ、行く前から楽しみにしてました。

まず、初日の8/8 の県立自然科学館のプラネタリウムでのライヴ!
さぞや楽しかろうと思ってたけどやっぱり楽しかった!!
この日は僕がとっても信頼するピアニストの宮本貴奈ちゃんとデュオだったんだけど、二人でずっと上を見上げながら演奏してました(笑)。
すごかったのは、僕が体験した一番すごい星空の話に合わせて、その当時の星空を再現してくれるというもの。
それは、2006年の年末から2007年の年始にかけて10日間船に乗った時の話。横浜からマリアナ諸島へ向けて3日目の夜中、海もだいぶ落ち着いて船のデッキに出て見上げた星空は、生涯忘れられない。。まさに満天の星空、流れ星は常に見ることができて、低いところには月が出てて。。とても幻想的でさえありました。
2時間近く、デッキのベンチに寝転がり、夜空に飲み込まれそうになってたのを覚えてます。
それを今回プラネタリウムでまた見ることができて嬉しかった!!
photo:01



終わった後は、大好きな居酒屋「五郎」へ。それから、次の日の万代ジャズ・フェスティバルに出演するために新潟入りしていたスガ・ダイロー・トリオのメンバーと、Keissy Costa と合流して、これまた大好きなお店「SHAME」へ。楽しくお酒を飲み、楽しい話に花が咲きました。
photo:02



2日目は、数年前からプロデュースにも関わっている「万代ジャズ・フェスティバル」当日!
今年は、長年の友達でもある信頼するサックスの鈴木央紹を加えた、宮本貴奈ちゃん、楠井五月(b)、石若駿(ds) との最高のクインテットでの出演。

オープニングは地元の歌とピアノのユニット、「ONE SHOT ONE KILLING」が。
そして、フリー・ジャズのスガ・ダイロー・トリオが大いに盛り上げ、
Keissy Costa は San-nino として、その素晴らしい声とギターを届け、
僕らはガツンとストレート・アヘッドなジャズをプレイ、
そして最後はSwing Brothers Big Band が華やかにステージを飾り、ジャムでまた盛り上がりました。
打ち上げはまた「五郎」(笑)。
別イベントで新潟に来ていたSALTさんも合流してくれてさらに盛り上がり、
すごい時間に。。
photo:03


とにかく、生憎の雨の中、最後まで楽しんでくれたお客様、そして支えてくれたスタッフの皆さんに感謝です!!

3日目は、長岡市の「クックテールくぼた」で、サックスなしのカルテットでライヴ。この日もたくさんのお客様にお越しいただき感謝。
演奏面ではいろんなことを試すことができて、新たな境地まで行けた感触がありました。それは何者にも代え難い幸福。

4日目は、これも恒例になった関屋浜ビーチの目の前の「チャーリーズ・カフェ」でのライヴ。前の日からの台風の接近が心配でしたが、気温は低いものの雨はなんとか降らない状態。
早めに着いてランチを食べ、迷ったけど海に入ることに。ちょっと寒かったけど、潮に浸かって浄化されたかったので気持ちよかった。

ライヴ中、台風による気になるくらいの波の音がしてましたが、ここも会場は屋外、とにかく雨が降らなくてよかった。
貴奈のアイデアで、アンコールで全ての照明を消してもらい、暗い中で「What A Wonderful World」を歌いました。きっと歌い終わってもしばらく拍手はなくそのままなんだろうなと思ったら案の定そのままに。。それがなんとも心地よく。。僕も歌い終わってしばらく暗い海を眺めていました。
沈黙を破ったのは月でした。
というか、月が出たので僕が「あ、月が出た!」と言ったからお客さん達も月を見ようと席を立ったり、これまた素敵な瞬間で。
その後、挨拶をして拍手をいただきライヴは終了。
素晴らしい時間だった。。
天国のチャーリーに感謝!
お客様、スタッフ一同にも感謝。

そして、今回一緒にプレイした素晴らしいミュージシャン達、貴奈、五月、駿、そして央紹に心からのリスペクトを。
誰がなんと言おうと、彼らは抜群のセンスと技術を持った、日本の音楽界の中で重要なミュージシャン達。
誇りに思います。
photo:04



また書きます。
Have a good day !


Toku
AD
2014年08月05日 06時35分43秒

今夜!目黒ブルースアレイで!

テーマ:ブログ
いかがお過ごしですか?

久々なのにいきなりで恐縮ですが、

本日!8月5日!
目黒のBlues Alleyにて
「A Tribute to George Duke」
というタイトルのライヴをやります!

ジョージ・デュークとは惜しくも去年他界してしまった偉大なジャズ・ピアニスト、作曲家、アレンジャー、プロデューサー。
僕の長い友人でもありました。
彼とアルバムを作る話をしていた時に彼の訃報を聞き、悔やんでも悔やみきれない思いをしました。

僕にも彼のために何かできるかと考えて、やっぱり彼の音楽を聞いてもらいたいと思い、今夜の彼の命日にライヴを行うことにしました。

素晴らしいミュージシャン達が集まってくれました!
みんなジョージの音楽が好きな人ばかり。
このメンバーでの、この人数でのライヴはこの先も滅多にないはず。
まだまだ日本では過小評価されているジョージの、素晴らしい楽曲達を必ずや楽しんでもらえると思います。
僕たちも楽しみにしています!
お待ちしていますよ!

8/5(Tue) 目黒 Blues Alley Japan
TOKU Presents
a Tribute to George Duke
TOKU(vo,flh) 小川慶太(dr) 坂本竜太(b) 田中義人(g) 柿崎洋一郎(pf) Penny-K(pf) 仙道さおり(per) Fire Lily(vo) AISHA(vo)
「FIRE HORNS」 湯本淳希(tp) 近藤淳也(sax) 川島稔弘(tb)

OPEN 18:00 START 19:30
テーブル席(指定) ¥6,000
Dinner Set(mini Dinner・1Drink付/MC・SC込) ¥12,500
立見(自由) ¥5,000
当日券は各料金 ¥500UP
03-5496-4381


昨日のリハーサルから
photo:01


http://www.bluesalley.co.jp/i/02live_02.html?id=Schedule-20140608131307 」


Have a good day !

Toku

近いうちにまた書きます!!
AD
2014年01月02日 18時21分37秒

Happy New Year !!

テーマ:ブログ
皆さん、

明けましておめでとうございます!
2014年がやってきましたね。
皆さんは、どんな大晦日だったんでしょうか。
良い年越し出来ましたか⁇

僕は今回も、ホームグラウンドの
南青山「Body&Soul」で新年をむかえました。
カウントダウン後に、ハーレムのゴスペルのミュージカル「Mama,I Want To Sing」で主役を務める僕の長い友人が、クワイアのみんなと遊びに来てくれて大合唱してくれました。
すごかった!
忘れられない夜にしてくれて感謝。
photo:01



2013年、いろいろありましたね。
今までなかったような奇怪なニュース、なかなか末端まで届かないアベノミクス、諸外国との緊張、未だ収束しない原発事情、相変わらず無くならない虐待、課題はたくさん残ったまま。僕的には掴み所のない年に思えました。
これだけ書くとすごくネガティブな感じですが、もちろん喜ばしいニュースがあったのも知っています(笑)。

個人的には、通算10枚目のアルバムを出せたことは嬉しいことでした。
photo:02


僕にとっては初めての、恋愛ではなく人類愛を歌ったアルバム。

あと、久保田利伸さんのアルバムに参加させて頂いたこと、
photo:03



Zeebra のアルバムにも参加、共作した曲が入ったアルバムが発売されたこと、
photo:04



この二つのアルバムは、僕のキャリア
の中でもハイライト的な出来事。


さて、今年も攻めて行きますよ。
今まで通りジャズの普及に務めながら、自分ができるサウンドを追求して行くつもりです。
ブログの回数も増やすつもりです、、
すいません。。!

今年も、全国のライヴ会場でお待ちしています。
よろしくお願いいたします!

2014年、皆さんにとっても実りある年でありますように!

photo:05


元旦の「Body&Soul」から。

Have a sweet night !


Toku




AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>