きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。

スイートポテト
秋刀魚のすり身汁
ユウガオ
マッシュルームの海鮮サラダ

ハヤトウリ






 





山登り大好き! 


ブログに書いた主な山行記録をまとめました。2005年から2010年の分の 一覧はこちらです


2011年は こちら 


2012年は こちら


2013年は こちら


2014年は こちら


2015年は こちら


2016年は こちら




最近、記事に全く関係のない、自分のブログに誘導することだけが目的のコメントが入ります。


いちいちその度に削除して来ました。


が・・・・。これからは承認制にすることにしました。なのでコメントくださった方、すぐには反映されません。ごめんなさいね。










NEW !
テーマ:
病院から家に帰ってきました。
これからマッサージなどのリハビリが始まります。
昨年左膝十字靭帯断裂したあと、せっせとリハビリ、筋トレやりました。
 
しかし・・・・・・山岳会の登山に参加しようと思った矢先に、右膝までやってしまって、今回は回復へのモチベーションを強く持ち続けることが出来るのか、ちょっと自信がありません。
 
以前と同じように登山が出来るようになるのかしら。
 
膝以外の筋肉や心肺など身体機能の強化もやらなければ、到底登山など無理ですが・・・・・・
 
弱気。ショボーン
 
 
車の運転がまだ駄目なので、買い物していません。
冷蔵庫の中身の整理をかねて台所をやっています。
 
かねふくの明太子見っけビックリマーク
クローバー明太子のドレッシング
明太子を外皮を破り、中身を扱き出しておきます。
明太子+無糖の自家製ヨーグルト+マヨネーズ+白コショウ
 
ブロッコリーと笹かまぼこのサラダにかけました。
うまいのよね。これが。
 
 
クローバー大根の明太子炒め
拍子木に切った大根と、さっとゆでて、食べやすく切った小松菜、しめじをオリーブ油で炒めて、しんなりしたら、ほぐした明太子を絡めて火が通ったら出来上がり。
明太子には塩味があるので調味料は使っていません。
 
とまあ、あっという間にできてしまいます。
 
 
♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*
 
一番の課題は・・・・・・
不安だらけの気持ちを前向きに保つこと。
 
一流のスポーツ選手たちの誰もが口にする
余計なことを考えずに、しなければならないことを無心に着々とやるだけです。
えらいよね。こういうことを言うって。みんな若いのに。
 
見習わなくちゃね。まずは装具を外して自分の足で歩くことを目標に頑張るわ。
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
蜂蜜と遠雷は、ピアノコンクールに挑む4人のコンテスタントの一次予選から本選終了までの物語。
この本が、直木賞をもらった理由を知りたかったし、色々思うことがあるので、少し書いてみます。

まずは、小説の登場人物のプロフィールがしっかり組み立てられている。
例えばコンテスタントの一人、栄伝亜夜
小さい時から内外のコンクールを制覇している天才少女。
ずっと彼女をサポートしてくれていた母親を13才のとき失う…………。
そのあと、コンサートをドタキャンするという経験をし、
暫く普通の高校生活を送る。
そのあと、浜崎
(亡くなった母親の大学同期生、。有名音大の学長)の推薦で、音大へ入る。 
現在20歳。
 
という具合。
登場人物のすべて、コンクールを審査する審査員のプロフィールまでも、全部しっかりと作りこまれている。
これが、物語の構成を確固たるものにしていると思いました。
 
そして何度も出てくる彼女の心の言葉 
でも・・・・それでも音楽は美しい。ピアノはすばらしい。
 
本選まで進み、彼女がオーケストラと合わせて弾いたのが、かつて舞台から逃げ出した時に弾くはずだったプロコフィエフの2番のコンチェルト
 
ここまで来るまでの彼女の心の動きや成長や音楽に向かう覚悟がよく伝わってきて、
作者の表現力量のすごさを思い知る。
 
 
 
曲の描写が出てくるたびにそのメロディーが頭の中をめぐる。
メロディを音符や音でなく、文章で表現するってとてつもなく難しいと思うのに、
彼女の文章はそれを難なくやって遂げる。
 
なんだ、どうして出しているんだ? まるで雨のしずくがおのれの重みに耐えかねて一粒一粒垂れているような。(バッハ平均律ピアノ曲集一番)
なるほどぉ・・・ほんとにそんな感じするわね。
 
まさにモーツァルトのスコンと突き抜けたような至上のメロディー
泥の中から純白のつぼみを開いた大輪の蓮のごとく------(この曲ははるか昔、私の入試の時の課題曲だった・・・・トリルをきれいに弾くことだけで精いっぱいだったなあ…) 蓮!?!? 
 
 
作者の恩田 陸さんの文章表現力のすごさ、完璧な構成力、読者をいっぺんにその世界に連れて行ってくれる登場人物の魅力、それすべてが直木賞につながったんだと思ったわ。
 
 
4人の登場人物のコンクール後がどうなるのか、いささか続きを読みたい気分にさせてくれるが、
4人とも、ピアノを通してこれからもそれぞれの音楽を追求していくだろうと、暗示して物語は締めくくられている。
久しぶりに一気に読めてしまう本に出会ったわ。    (2/15)
 
 
もう1つ、心を満たしてくれるもの
甘くていい香りのチョコレートは、どうしてこんなに心を満たしてくれるのでしょう。
これを作るひとが、食べる人のことを思ってLOVEをいっぱい注入するからなのでしょうね。(2/15)
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
祝日を含む連休なので、家に帰ってきました。
タブレットでブログを書くのはやっぱり慣れません。
パソコンで書けるぞ。
 
病院の食事のことなどを・・・。
 
2/2 朝食                  2/2 夕食
 
      
2/3 朝食                  2/3 昼食 
 
      
2/3 夕食                  2/6 夕食
 
とまあ、こんな調子です。温かいご飯が山もりですが、食べるのは半分だけね。
ダイエット向きですね。   まだ動けないから、この程度でいいのです。
血糖値を心配する私むきかも。
うれしいのは、夕食に、手を変え品を変えがつくこと。
2/3の夕食の小鉢には牡蠣のたまごとじが、2/6は、たったひと粒だけれど牡蠣フライが。
漁港で有名な塩竈の病院だけあるよねー。
 
私はこれでOKですが、若い人は病院を抜け出して「にくくいてー」とか言って、外食してきたり、コンビニで買い込んできたリしています。
 
 
 
病院を抜け出してやったこと。
 
図書館に連れて行ってもらって本を借りた。
4冊の宗教に関する本と、
石田衣良さんの小説
 
そして・・・
ラーメン屋さんへ行った。
メニューで青菜野菜味噌ラーメンを頼んだんだけれど、野菜はもやしだけ。もやしって緑色の野菜かなあ・・・。
もう、あのラーメン屋さんには行かないムキー
 
娘①とマゴ⑤ともちゃんが夕方来てくれた。
中身はなんだろ。
 
留守中にお友達が来て、置いていってくれた。
 津波から復活したあま~い亘理のイチゴ と・・・
お手製の卯の花の炒り煮。
退屈だろうと、新刊の蜜蜂と遠雷 直木賞をもらった恩田陸さんの本も。
ありがたくて、うるうるです。
 
夜は弟夫婦も。 二人とも、決して健康とは言えないのに… わざわざ・・・。
 
久しぶりの家での夕食です。
冷蔵庫の中身をみて、あんまり動くと夫が気にするからさっと用意。
クローバー納豆、玉ねぎ、豚ロース肉のラー油炒め
クローバーわかめ、ソーメンカボチャ、エノキ茸の胡麻酢あえ
クローバー Iさん作の、卯の花の炒り煮
クローバー 味噌汁  セリ、白菜、揚げ
クローバー ご飯
娘①が買ってきてくれた赤い箱の中は、笹かまぼこでした。
イチゴ、さっそくデザートにいただきました。
 
夫をはじめみんなにささえられて、私ってほんとうにし・あ・わ・せ
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は皆さまからお見舞いコメントをたくさん、本当にありがとうございました。
リハビリ頑張って元どおり復活するように、頑張ります。

入院は、整形外科専門の病院で、理学療法師さんが何人か
いらっしゃいます。外来診療が始まる前に病室に来て、患者さんの症状にあわせて施術してくださいます。
私はまだ。マッサージも始まっていません。

入院している皆さん、内科ではないせいか、とても明るくて、よく私を笑わせてくれます。
若い人は交通事故とか、労災事故の人が多いようです。
突然の大怪我で人生感が変わるだろうに、命拾いした、助けてもらったという感謝の気持ちからでしょうか、皆さん明るいの。退院したあとのやりたいこととか語ってくれます。

私は…………そりゃ、まずは登山が出来るようになることよ。
他にもあるわ。一度だけの人生ですもの、たくさん楽しまなくちゃ


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
おじさんの通夜の夕方。
喪服に履きなれないパンプス姿で出掛ける。
通夜の会場のすぐそばで、いきなり転び、顔面と両手、膝を思いっきり打ってしまった。
側溝の蓋の穴にパンプスのヒールが引っ掛かった。 
その日は血だらけの顔と手だけが痛かっただけ。なのに、夜中ずっと膝が痛み
次の日、病院へ。
右足膝十字靭帯断裂。

即入院。叔父さんの葬儀ももちろん欠席。

あ~あ。  
昨年と同じことやっちゃった。



夫が病院でもブログの更新したいだろうと、タブレットを買ってくれた。
やっと文字が打てたわ。
ここまでが長い道のりだったの…。
いいね!した人  |  コメント(54)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。