きょうも、いただきまーす!

パパが一生懸命作った野菜たち。
それらを食べつくすために、レシピを考えることにハマっています。ここでは、それを紹介していきます。

スイートポテト 秋刀魚のすり身汁 ユウガオ マッシュルームの海鮮サラダ ハヤトウリ

 

山登り大好き! 

ブログに書いた主な山行記録をまとめました。2005年から2010年の分の 一覧はこちらです

2011年は こちら 

2012年は こちら

2013年は こちら

2014年は こちら

2015年は こちら

最近、記事に全く関係のない、自分のブログに誘導することだけが目的のコメントが入ります。

いちいちその度に削除して来ました。

が・・・・。これからは承認制にすることにしました。なのでコメントくださった方、すぐには反映されません。ごめんなさいね。



NEW !
テーマ:

片品村の農家さんが心を込めて作った紫色のジャガイモ。

紫色って、食材としてはおいしい色には見えないけれど・・・

今は食卓がカラフルになる野菜がいろいろ出回っていますね。

うちの近所ではまだシャドークィーンは出回っていません。意欲的な農家さんがいる産直ならではです。

を通して皮をむいた。

鮮やかな紫色。

っと潰して塩コショウ。

キタアカリと比べると、こっちはそれほど粉質ではなくて、メークィンに近いかも。

あとは、マヨネーズで和えてきれいな色の芋サラダ、作った。

 

めた玉ねぎ、牛乳を一緒にミキサーにかけてほんの少しの塩味をつけて冷やしてビシソワーズ。

 

いんげんの肉巻き

 

到来した蟹と格闘しました。

身がぎっしり入っていて、おいしかった。

食べきれない分は、身を取り出しておいたので中華風のかに玉でも作ろうかな。

 

 

 

 君が代

9月13日、KOBOスタジアムでみんなで歌うんだよ。楽天-ソフトバンク戦。

その頃は楽天、消化試合になっているかもしれないけれどね、しっかり歌って1つでも勝てるように応援しなくちゃ。

もしかしたらテレビに映るかも口笛

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

欲しい商品に投票して、豪華グルメをGETしよう♪

▼あなたが投票したお取り寄せ

夏のお取り寄せ総選挙はこちらから

 
 
国産のウナギ? マンゴー?  高級な肉? どれも投票率が高いので当たるとは思えない。 
 
大好きなので牡蠣にしたわ。 当選するかどうか、しばしのあいだ夢を見ましょ。。
 
宮城県の牡蠣はとってもおいしいし、冬にはよく食べているんだけれど、夏の北海道の牡蠣には思い出があるのよ。
 
ウトロで厚岸産の岩牡蠣が手に入り、キャンプ場でいただいた。
北海道の岩牡蠣は、おいしかった思い出とともに、楽しかったあの時の空気、まわりの雰囲気まで全部思い出される。
 
 
当たったら、食べながらまたあの時の幸福感に浸りましょう(笑)
 

 

 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

♪はるかなおぜ~ とおいそら~

と、歌にある通り我が家から尾瀬片品村までは遠い。

 

私だって車の運転できるんだけれど、オットは私に運転させてくれない。

なので1泊して温泉に浸かりゆっくりすることに。無理して長距離をその日のうちに帰る必要はない。

 竜宮旅館。

 

地元を歩いて見ました。宿のおねえさん、見て面白いところ、ないからねぇ…。というとおり、人が歩いていない。

 

バスの発着所の隣のぶらり館(温泉施設もあるビジターセンターのようなところ)へ行って観光情報を得ることに。

 地元出身の若い職員さん、ほんとに地元ラブ度満点で、尾瀬の素晴らしさをたくさん教えてくれました。

さらには、尾瀬高校には日本で唯一の自然環境科があって、村の家庭でホームスティを引き受けていて、県外の生徒も多数いる。(村ではそのための補助金を出している) だから、お孫さんに尾瀬高校に山村留学を勧めてください。と、勧誘までしてくれた。(@_@)

 

村でお金を出してまで若い人を集めたいのは、ここも人口が減っていて高校まで存続の危機を心配しているのでしょうか。

観光で潤っているようにも思えるけどね・・・。

 

 

国道120号線沿いにある村営の直売所かたしなや に立ち寄ってみました。野菜と加工品が並んだ売り場のほかに、しゃれた喫茶スペースがありました。

おみやげに買ったものは、地元の野菜と花豆、トマトジュース、尾瀬の絵葉書。

 

 

宿の、座る前のテーブル。

尾瀬の花が書いてあるクロス、水芭蕉の敷紙に思いっきり尾瀬感が出ています。

 

地場野菜料理のいろいろ、食前酒、豆乳なべや湯葉。そしてこんにゃく。ここは群馬県ですものね。

おいしかったです。

 

 

23日。

楽しかった思い出をおみやげに、日光経由で帰途につきました。

金精トンネルを超えて・・

湯ノ湖、戦場ヶ原そして雲をつれた男体山。いいねえ・・・。。日光はほんとにけっこうだ。

しかし・・・・・

 

戦場ヶ原、竜頭の滝、と下るにつれて霧雨。濃霧。

もちろん明智平へ行っても景色は見えないだろうし、華厳の滝に降りてみようと思ったけれど濃霧のため見えないと張り紙がしてある。えーん

さらにいろは坂を下って、新しくなった宝物館で徳川家康様にお目にかかって帰りました。ニコニコ

 

帰宅途中の高速道路は、延々とヤマユリが咲き、季節が進んでいることを感じながら。

 

って来た日、我が家のユリも開いていました。ニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

尾瀬は有名な観光地。いろいろな人に会いました。

今のシーズン尾瀬ヶ原の入り口鳩待峠には車を乗り入れることはできません。

戸倉から小型のバスに乗り換えます。ツァーでやってきた人たちも同じです。

 

ツァーを引率してきた〇〇〇ツーリズムの添乗員さんに鳩待峠から山の鼻へ下っていく道で会ったので聞いてみました。どこからみんなを連れて来たのか、どんな旅程なのか。

横浜から日帰りで尾瀬滞在時間は4時間とのこと。 うわー大変だ! 

 

夏休みに入ったばかりの21日。地元の小学生たちがネイチャーガイドさんの引率でたくさん入山していました。

ふるさと学習の一環で、群馬の5年生は小屋に泊まりながら尾瀬のことを学ぶんですって。

素敵ですね。

ビジターセンターなどで働いている若い職員さんたちの尾瀬ラブ度が半端じゃないのはこういう学校活動があるからなのでしょうね。

 

 

歩荷(ボッカ)さん。 撮っていいかと許可をもらって写しました。

        

シーズン初めにヘリコプターを使って荷揚げされているにしても、生鮮食料品などはこうして人が毎日運んでいるんですね。

歩荷さんたち、30kgくらいからはじめて、今頃はみんな80kgから100kg背負うのだそうです。ヽ((◎д◎ ))ゝ 

こんなつらい仕事をする人たちも尾瀬ラブ度が半端じゃないからこそ。

小屋で飲む超うまいビールが高いのはこれで納得。ありがとうございます。

 

 

ファミリー入山がたくさんいました。

小学生とママの2人連れと一緒になりました。

若いママ休みが取れたから一緒に来れたのよ。と、うれしそう。 きっと普段は仕事に忙しいのでしょう。

こうして子供が親と一緒に来るのも今のうちだからね、楽しんでね。

私たちは孫たちを誘ったけれど、振られた。(/_;)/~~

 

 

山小屋で。

年配のひと。

私ね、もう3泊目なの。のんびり贅沢でしょう? 親たちを見送ったし、夫も一昨年逝ってしまったからすごく自由なの。何泊でも好きなだけ自然の中を楽しめるわ。

 

隣の年配のひと

うらやましいなあ・・・。私は94歳のおばあちゃんと夫が待っているから、明日は帰らなくちゃならないの。

 

わかる。2人の言うことどっちもよくわかる。私も介護の修羅場を経験しているから。

でも、自由もいいけれど、自分が家族を支えているんだという充実感もすごく幸せだよね。渦中にいるときは気がつかなくても、余裕が出来て自分はなんで生きているのかと考えるようになると

 

 んだかんだとけんかしながらも2人とも元気でこうして山歩きできる事はとても幸せだわ。

 

山の鼻で。

〇〇〇ツーリズムのコートを着た人が立っていました。

何処からお客さんを連れてきているの?

全国からだよ。大阪、東京、きょうは北海道からもいたな。

は?

4時間のフリータイムで、至仏山往復するつわものもいるよ。

旅行会社では、お客さんをここまで連れてきて、地元のガイドさんに集合時間や集合チェックなどをしてもらっているんですね。

 

の鼻から鳩待峠までは登りです。

追いつ追われつお友達になった人とゆっくり歩いて鳩待峠到着。楽しかったね~。

峠は深い霧の中。

ああ・・・・バスが今行ってしまったばかり。

人数が集まれば乗せてくれるタクシーで戸倉へ向かいました。 東北の山とは全く違ってこういう交通システムがあるのねー。

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

写真はたくさん写した。ここにはごく一部だけど、感動が伝われば…。

ウバユリ 山小屋の前の林の中。

 

大きなシシウド。レースみたい。

 

クルマユリ  コオニユリ (;^_^A 鮮やか

 

ひつじの刻に咲くからヒツジグサと名付けられたと聞いたけれど、太陽に当たると開くんだって。可憐で大好きな花。月山では見たことがあったわ。尾瀬では初めて出会ったので、うれしかった。

 

尾瀬でだけしか出会えないというナガバノモウセンゴケ。食虫植物。

虫が捕まっているのを見つけたかったな・・・

白い穂をみんな飛ばしたあとのワタスゲの間に見つけた。

 

 

ヒツジグサがたくさん浮かんでいる池塘で夢中で何かを食べていたカモくん。

 カルガモ?

 

緑の中に鮮やかな色。これがね、アザミだろうとばっかり思ったら、とげがないからアザミじゃないのよね。山の鼻のビジターセンターに立ち寄って違うことがわかったのはいいけれど、名前を忘れた。

最近、新しく覚えたことをしっかり記憶することがとても苦手になっちゃって・・・。いかんいかん。

花の中にマルハナバチがもぐりこんで、一生懸命蜜を食べています。わかるかなあ。

 

ヒツジグサの中に、オゼコウホネ見っけ!チョキ

 

今年は尾瀬もクマさんが出没するのが頻繁なのだそうです

クマは水芭蕉の実が大好物なのだそうだけれど、水芭蕉は例年より不作だとレンジャーさんが言っていました。

 

オゼミズギク。 

 

よく知られている通り、尾瀬ヶ原には湿原を守るためにいろいろ努力が続けられています。

外来植物を除去したり、荒れた植生の復元事業も行われたり、

70kmにも及ぶ木道が複線施設されていて、それも歩きやすいように順次取り換えられているのです。木道にはいつ施設されたのか、焼き印が押されています。

新しい木道の隣には、次に取り替える木道の木が置かれていました。

材料、運搬のためのヘリコプター代、敷設のための人件費・・・。考えると、ものすごいお金がかかっています。

自然を楽しむってほんと、ぜいたくね。

 

きのこ。

 

原には、カッコウ、ホトトギス、などの声が響き渡っています。

 

 

夕飯のあと、夕暮れの原に出てみました。いい写真、撮れるかなあ・・・。

竜宮小屋はカメラを持った人たちが多く泊まっているらしく、夕方の光を求めて三脚を持って思い思いの場所に陣取ってシャッターチャンスを待っています。

ねらったんだけど・・・・実際にはもっと赤かった。(負け惜しみ)

 

暗くなって・・・・厚い雲に覆われていたので星空は見えなかったかわりに、

草むらの中に光る蛍の乱舞に会うことが出来ました。小さな小さな光。みんな大喜びです。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。