◎無料メールセミナー

【安全を最優先した株式投資法ペアトレードの秘密】


◎株価が上がっても下がっても関係ありません。もちろん暴落にも巻き込まれません!

【ペアトレードで安全確実に資産を膨らます方法!】

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2008-01-23 22:26:54

買いの順張り

テーマ:株コラム

移動平均線を使った「買いの順張り」手法があります。


株価が、○○日移動平均線の上に出たら仕掛け、下に抜けたら手仕舞うというものです。


○○を何日にするかは、その人の投資スタイルに拠ります。

例えば、中期投資を好む人は、13週移動平均線を使っている人が多いです。


株価が13週移動平均線の上に来たら買い。下に抜けたら売り。

こんなルールです。


細かく言いますと、これにもいろんなルールが存在しています。


日足の終値で判断する方法とか、週足チャートでローソク足全体が上に来たら仕掛けるとか・・・・いろいろあります。


どれが良いとかはありません。それぞれ一長一短あります。


この手法の良いところは、うまく上昇トレンドを捕らえたら、利益がどこまでも伸びることです。


極端な例ですが、1999年6月にヤフーを12,000円(調整後株価)で買うと、2000年3月の55,000円(調整後株価)で売却できることになります。


実に4.5倍に化けるまで持っていられることになります。


これが、明確なルールなしで運用していると、「2倍になったから」「3倍になったから」と迷うことになります。


もっと言いますと、2倍になるまでも持っていられないと思います。


たぶん、50%前後で、手放してしまうでしょう。


そして、とてつもない後悔を味わうことになります。


このように、ハッキリとルールを決めた買いの順張りは、大きな利益が得られる投資法と言えます。


ただ、大きな弱点もあります。




(続く)




★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。最新コラムの購読は、こちら ⇒ メールマガジン登録・解除ページ



無料ウェブセミナー!安全を最優先した株式投資法ペアトレードの秘密

ペアトレードで安全最優先の株式投資を!

損切り・ロスカットができない!したくない人へ

夢を実現する株式投資初級講座のメニューに戻る!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-11-30 16:43:25

順張りと逆張り 2

テーマ:株コラム

前回に少し触れた「順張り・逆張り」の続きです。


2005年7月から長期上昇トレンドが始まっています。


2006年5・6月に押し目が入りましたが、そこから切り返して、2007年2月現在もなお上昇トレンド継続中です。


こんなことは、日経平均の月足チャートをみれば誰でもわかります。


問題は、この現在の状況でどういった戦略を取るかということになります。


現在の状況で効率よく稼ぐには、「買いの順張り」が一番です。


「買いの逆張り」は、買場がなかなかやってこないので、じっとそれを待つ忍耐力が求められます。


あの株もこの株も順調に値上りしている最中に、じっと我慢して待たなければいけません。


これは結構つらいものです。


「儲け損なっている。」「損をしている。」という気分が襲ってきます。


やっと押し目が入ったと、それまでの鬱憤を晴らすように買いまくると、まだまだ深い押し目が入り、いきなり含み損を抱えて真っ青になったりします。


押し目が終了し反転しますが、なかなか買値まで戻らずにイライラします。


やっとこさ買値に戻り、やれやれと売却してからが急上昇というパターンになります。


そして一番危険なのが、売りの逆張りです。


バブル崩壊後の長期下降トレンドの頃の感覚で、指標的にそろそろ反落するだろうと空売りすると、逃げ場がないぐらいのスピードで踏み上げられることになります。


新日鉄が800円台で推移していますが、600円台で空売りを仕掛けた人達はびっくりしていると思います。


こんな大型株が、こんなスピードで上昇するなんて、少し前なら考えられない状況です。


だったら800円台のこの状況からなら空売りできるかですが、私ならやりません。


まだまだ、一か八かの勝負的要素が多くあります。


そんなリスクを取らなくても、他にいくらでもやり方がありますから。


次回は、「買いの順張り」について、具体的な手法を考えてみたいと思います。




★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。最新コラムの購読は、こちら ⇒ メールマガジン登録・解除ページ


無料ウェブセミナー!安全を最優先した株式投資法ペアトレードの秘密
ペアトレードで安全最優先の株式投資を!
損切り・ロスカットができない!したくない人へ
夢を実現する株式投資初級講座のメニューに戻る!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-06-21 08:59:56

順張りと逆張り

テーマ:株コラム

投資スタイルの分け方に、「順張り」と「逆張り」があります。


上昇している株に乗っかって、さらなる上昇を期待するのが、順張り。


下降している株の底を見計らって反発を期待するのが、逆張り。



上昇トレンドの押し目を狙って仕掛けるのも、私的には逆張りだと思ってます。



どちらが良い悪いの問題ではなく、個人の選択の問題です。


それぞれに長所と短所があります。


順張りを実践するなら、「こんな高いところから買っていいのか?」という恐怖と戦わなければいけません。


逆張りを実践するなら、「まだまだ低い底があるんじゃないのか?」という恐怖と戦わなければいけません。



私的には、大きなトレンドの方向によって方針を切り分けたほうが効率的だと思ってます。



バブル崩壊後の長期下降トレンドでは、逆張りが有利だったと思います。


大きな下げがあったときに、勇気を出して買う。反発したところを欲張らずに手仕舞う。


こんなスタイルが、一番効率的でした。


もし順張りスタイルなら、買った途端に下げ、また買った途端に下げとロスカットのオンパレードになっていたはずです。



だったら現在はどうか?



逆張り・順張り、どちらが有利か?



(続く)


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。最新コラムの購読は、こちら ⇒ メールマガジン登録・解除ページ




無料ウェブセミナー!安全を最優先した株式投資法ペアトレードの秘密


ペアトレードで安全最優先の株式投資を!


損切り・ロスカットができない!したくない人へ


夢を実現する株式投資初級講座のメニューに戻る!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-06-11 09:04:59

ペアトレードのメリット 2

テーマ:株コラム

株価を変動させる要因はたくさんありますが、短期に限って見てみるとニュース性に拠るところが大きいです。



日銀総裁が利上げについて○○○と発言した。


経済統計の結果が○○だった。


北朝鮮の高官が○○○と発言した。


こんなニュースが流れると、それに反応した投資家が明日の動きを決めます。


上に行くのか、下に行くのか、その時々で反応が違います。


株の入門書に書いてあるような単純な動きではありません。


株の入門書には、利上げは株価を押し下げると書いてありますが、よくある動きは、利上げ発表前から株価が下がり始め、発表と同時に反発する。


「これで当面の利上げはなくなったと投資家が好感!」などと解説されたりします。



利下げは、株価を押し上げるといいますが、発表と同時に下落し、「下げ幅に失望!」などと解説されることもあります。



株初心者からみれば、訳がわからない動きに見えてしまいます。



結局落ち着くところは、「明日の株価は誰にもわからない!」ということになります。



ペアトレードは、根本的なところで明日の株価に左右されません。



株初心者こそペアトレードをするべきだと思う所以です。



★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。最新コラムの購読は、こちら ⇒ メールマガジン登録・解除ページ




無料ウェブセミナー!安全を最優先した株式投資法ペアトレードの秘密


ペアトレードで安全最優先の株式投資を!


損切り・ロスカットができない!したくない人へ


夢を実現する株式投資初級講座のメニューに戻る!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-06-05 09:09:00

ペアトレードのメリット 1

テーマ:株コラム

ペアトレードの利益の源泉は、2つの銘柄間の価格差となります。


価格差が大きくなったときに仕掛けて、小さくなったときに手仕舞うと利益が得られます。


注目すべきは「価格差」であり、トレンドの方向は関係ありません。


この「トレンドの方向は関係ない」という部分は、株初心者にとってかなり嬉しいメリットになります。



基本的な部分において、株価のアップダウンに一喜一憂しなくてもよいというのは、精神的にとても楽な投資法といえます。



私も昨年の秋ぐらいから、ペアトレードを研究し実践してきましたが、精神的にとても楽になったという実感があります。


自覚はしていませんでしたが、トレンドの方向に合わせているとはいうものの、片張りはとてもプレッシャーが強かったんだなぁとつくづく思いました。



資金量が大きくなればなるほど、強いプレッシャーがかかってきます。


儲ける金額が大きくなると同時に、負ける金額も半端じゃなくなります。


損切りに対する心理的負担が強くなってきます。



その点、ペアトレードは常に保険がかかった状態でのトレードになりますから、安心感があります。



任意保険に入らずに車を運転しているときの精神状態と、任意保険に加入して車を運転しているときの精神状態の違いといえばわかりやすいと思います。



一度任意保険に加入した状態を知ってしまうと、もう元には戻りたくなくなります。




★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。最新コラムの購読は、こちら ⇒ メールマガジン登録・解除ページ




無料ウェブセミナー!安全を最優先した株式投資法ペアトレードの秘密


ペアトレードで安全最優先の株式投資を!


損切り・ロスカットができない!したくない人へ


夢を実現する株式投資初級講座のメニューに戻る!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-05-29 09:52:10

ペアトレードの壁 1

テーマ:株コラム

ペアトレードは暴落に強い投資法ですから、株初心者にこそお勧めしたいわけですが、この投資法を実践するには、初心者にとって多くの壁があります。


一番の壁が、信用取引を使わないと出来ないということです。


世間一般では、「信用取引は危険だ!」という認識が強くあります。


だから、「よくわからないけど手を出さない!」という投資家もいます。



確かに危険な要素もありますが、それで思考をストップさせていては、勝ち続ける投資家になるには時間がかかり過ぎます。



どこが危険で、どう使えばメリットを享受できるのかをキチンと知る必要があります。



「自転車は危険だから絶対に乗らない!」


こういう認識で思考をストップさせていると、絶対に乗れるようにはなりません。


自転車の仕組み・乗り方を理解して練習を重ねれば、最初は何度かこけますが慣れればほとんど誰もが上手に乗れるようになります。


徒歩に比べ、格段に行動範囲が広がります。目的地に着くスピードが大幅に短縮されます。



信用取引も同じことです。


仕組みを理解し、何が危険なのかを知り、上手に使えば、それを使えない人に比べ格段に有利に戦えるようになります。



私も以前は、株初心者に信用取引を勧めるのは、メリットよりもデメリットの方が大きいと考えていましたが、ペアトレードのために使うという限定使用であれば、問題ないと思えるようになりました。



むしろ株初心者こそ、ペアトレードのために信用取引を学んだほうがよいと考えるようになりました。



(続く)




★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。最新コラムの購読は、こちら ⇒ メールマガジン登録・解除ページ




無料ウェブセミナー!安全を最優先した株式投資法ペアトレードの秘密


ペアトレードで安全最優先の株式投資を!


損切り・ロスカットができない!したくない人へ


夢を実現する株式投資初級講座のメニューに戻る!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-05-22 09:10:29

株初心者とペアトレード

テーマ:株コラム

去年の秋ごろ、たまたま読んでいた本にペアトレードのことが書いてありました。


この投資法のことは、以前から知っていましたが、安全性は高いけれども、利益率が悪いというイメージがあって、深く研究したことはありませんでした。


上昇トレンドでは「買い」、下降トレンドでは「売り」でトレードする方が効率的だと思ってましたから。



しかし、去年のライブドアショックや村上ファンドショックなどで、逃げ遅れてしまった人の話などを聞くと、この投資法も研究の余地があるぞ!と思うようになったんです。



上昇トレンド途中で事件が起こると、高所恐怖症の投資家が関係ない銘柄までパニックのように売ってきます。



こんなときに無傷で済ませることは、難しいです。


よほどその後の見通しが読める人でないと、多少なりとも被害を受けてしまいます。


そして株初心者の人がうまく立ち回るなんて芸当は、無理というものです。


株初心者ほど、大火傷を負ってしまうというのが実態です。



そんな事態に威力を発揮するのが「ペアトレード」です。


よく似た動きをする2つの銘柄に、「買い」と「売り」を同時に仕掛けるわけですから、連動性が崩れない限り、大損することはないわけです。




そんなこんなで、「株初心者がペアトレードを実践するにはどうすればよいか?」を研究していると、けっこういろんな壁が立ちふさがっていることに気が付きました。



(続く)


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。最新コラムの購読は、こちら ⇒ メールマガジン登録・解除ページ




無料ウェブセミナー!安全を最優先した株式投資法ペアトレードの秘密


ペアトレードで安全最優先の株式投資を!


損切り・ロスカットができない!したくない人へ


夢を実現する株式投資初級講座のメニューに戻る!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-05-16 09:58:23

安全に継続して!

テーマ:株コラム

書店に行くと、いかにも株は簡単だというタイトルのついた本が並べられています。


株の売買に関する制度的な基礎知識さえマスターすれば、誰でも稼げると書いてあります。



大学生が億の資産を作ったというような本もあります。書いてあることが嘘だとは言いませんが、誰もが再現できるとは思えません。



たまたま運用していた時期が良かったのか、それとも本人は自覚していないが非凡な才能の持ち主である可能性が高いです。


もしかしたら、書いた本人さえ数年後には、パンクしているかも知れません。


短期間で一気に稼いだお金というものは、よほど気を引き締めていないと短期間で失くしてしまうのが世の常です。


株式投資で大切なことは、一気に稼ぐことではなく、継続して稼ぐこと!


多少利益が少なくなったとしても、安全に、そして継続して稼ぐ術を身につけることが、結局は成功への近道だ!



ちょうど去年のこの時期にライブドアショックが勃発し、多くの個人投資家が火傷を負ったころから、上記のようなことを感じていました。



そして、多くの個人投資家、特に株初心者に必要なのは、「安全性の高い投資法」ではないのか?


難解な理論を駆使しなくても、高度な経済知識がなくても、安心して市場にお金を投入できる投資法ではないのか?



というようなことを考え続けた結果、最もそれに適した投資法は、ペアトレードしかないのではないか!という結論になりました。



次回から「ペアトレード」について解説したいと思います!




★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。最新コラムの購読は、こちら ⇒ メールマガジン登録・解除ページ




無料ウェブセミナー!安全を最優先した株式投資法ペアトレードの秘密


ペアトレードで安全最優先の株式投資を!


損切り・ロスカットができない!したくない人へ


夢を実現する株式投資初級講座のメニューに戻る!

株初心者のための株式投資入門講座 ペアトレード投資法 投資情報

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-05-07 09:19:10

相場は意地悪です!

テーマ:株コラム

2006年の相場を振る返ると、日経平均だけをみれば、わずかですが陽線で引けとなりました。


しかし、いろんなところから聞こえてくるのは、「サッパリだった!」「サンザンだった!」とかの声が多かったです。



これはやはり、新興市場の下落によるものが大きいと思われます。


やっぱり個人投資家は、この市場が大好きみたいです。


だから大火傷を負った人が大勢となってしまったようです。


私は常々、「株は理屈どおりに動かない!」と言っているわけですが、多くの人が、「この会社がここまで下がるのはおかしい!」「そろそろ反転しなければおかしい!」などと理屈をつけて、塩漬け株を抱えたりしています。



でも相場は、たいていの場合、意地悪です。


みんなが「そろそろ反転」と思っても、「まだまだ下落」が続くわけです。


多くの場合、相場は上にも下にも「行き過ぎる」と思った方がいいです。


特に流通している株数が少ない新興市場銘柄は、この傾向が強いです。



ファンダメンタルからいけば納得いかない価格を、平気で付けてくるのが新興市場です。


ですから、「ファンダメンタル」に頼るより、素直に「現在のトレンド」に従うほうがうまくいきます。



というよりも、そろそろ「一攫千金型投資」をやめて、「安全堅実型投資」に切り替えてみませんか?



今年は、「安全堅実型投資」に関する、かなり強力なノウハウを提供する予定です!


★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。最新コラムの購読は、こちら ⇒ メールマガジン登録・解除ページ




無料ウェブセミナー!安全を最優先した株式投資法ペアトレードの秘密


ペアトレードで安全最優先の株式投資を!


損切り・ロスカットができない!したくない人へ


夢を実現する株式投資初級講座のメニューに戻る!

株初心者のための株式投資入門講座 ペアトレード投資法 投資情報

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-04-23 15:23:24

欲望との戦い 3

テーマ:株コラム

頭も尻尾も残さず、獲物全体を食べようとすることは無理です。


長く投資を続けていると、嫌でも思い知らされます。


投資経験が少ない人ほど、食べ損なった部分について、もっと食べられたはずなのにと後悔している人が多いです。


「今度こそ全部食べてやる!」などと、その手法を研究しても徒労に終わります。



だったら、気持ちを切り替えて、「頭と尻尾は、誰かにあげたんだ!」と考えたほうが、よほど気分が良いですし、投資成績も安定することにつながります。



実生活の中で、自分だけがいつも一人勝ちしたいなどと思っていると、ロクなことがないというのは誰もが実感していると思います。


それが投資の世界に入ると、途端に欲望むき出しになってしまう人が多いですが、この世界も同じような法則が働いています。



全部を食べようと彷徨っている間に、結局手持ち資金を失くしてしまうことになるんです。


「私は、獲物のこの部分だけを狙うようにしよう!」


消極的に感じるかも知れませんが、こういった考え方のほうが安定して稼ぐことができます。



★このページはメールマガジン「株式投資!負け続ける理由と勝ち続ける方法!」で執筆したコラムのバックナンバーを掲載しています。最新コラムの購読は、こちら ⇒ メールマガジン登録・解除ページ




無料ウェブセミナー!安全を最優先した株式投資法ペアトレードの秘密


ペアトレードで安全最優先の株式投資を!


損切り・ロスカットができない!したくない人へ


夢を実現する株式投資初級講座のメニューに戻る!

株初心者のための株式投資入門講座 ペアトレード投資法 投資情報

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。