縮毛矯正の口コミで有名 青山表参道で縮毛矯正と髪質改善なら田中一輝 東京で縮毛矯正

あなたの髪を愛される質感にします☆『髪は女性の命』その想いを大切にしています☆

くせ毛でも柔らかい縮毛矯正で可愛い愛される髪へ☆まだ見ぬ自分に出会って下さい☆


テーマ:

 

 

 

なぜ

 

 

 

縮毛矯正なのか

 

 

 

なぜ本気なのか。

 

 

 

縮毛矯正や髪質改善に偏ることによって

 

 

 

どんな価値を感じているのか。

 

 

 

なぜそんなにも綺麗な髪の毛にこだわるのか

 

 

 

僕は選んだ。

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

専門的にヘアケアにこだわり、

髪を綺麗へと導くプロフェッショナル

 

 

 

僕は選んだ。

 

 

 

先に言っておきますが

個人的な偏った考え方です( ´ ー ` )

 

 

 

いろんな美容師さんがいます。

 

 

 

詳しくは知らないけど、

星の数ほどいます。

美容師。

 

 

 

この仕事を目指した頃、

今とは全く違うイメージを持っていました。

 

 

 

雑誌にたくさんその人の巻き髪が載っていて、

可愛いモデルさんを使って流行りの髪型を

世に放つカリスマ美容師と呼ばれる美容師

 

 

 

みたいになりたいと思っていましたね。

美容学生の頃からスタイリスト初期にかけて、

ずっとそのイメージでした。

 

 

 

ぼんやりとですが。

 

 

 

おれは有名になる。

おれは芸能人を担当する。

おれは金持ちになる。

 

 

 

 

高校生の時に進路を選択したということで

当時、持っていた動機はその程度。

男子って感じですね( ´ ー ` )

 

 

 

デザインやファッションにこだわり

いかにかっこいいか、

有名になるか。

 

 

 

美容師の中でも名の知れた美容師が、

良いんだろうなーと思っていました。

当時は( ´ ー ` )

 

 

 

でも徐々に、

変わっていきました。

 

 

 

20年ちょっとの

少ない人生経験ではありますが、

確実な変化を感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えばこんな話があります。

 

 

 

以前勤めていた美容院では元々

ブリーチを使ったハイトーンカラーを

多くしていました。

 

 

 

どんな色が出せるのか。

個性的なデザインにしたい、

どうすれば自分だけの形を作れるか

 

 

 

そんなことをずっと考えていました。

 

 

 

綺麗な色や良いデザインになると、

お客様も喜んでくれます。

とっても喜んでくれる。

 

 

 

それが嬉しくて、

次々とお客様に提案してつくりました。

たくさんブリーチしました( ´ ー ` )

 

 

 

でも、

次の機会にお会いした時にお客様は

ブリーチをしたことをとても後悔していました。

 

 

 

色はすぐ抜けてるし、

バサバサでまとまらなくなって

とても汚いしもう嫌だから暗くしたいって。

 

 

 

僕はなんだか訳が分からなくなりました。

 

 

 

「すみませんねー、

ブリーチは傷みますよねー」

としか言えなかったですね。

 

 

 

それでも続けました。

でもその頃から悶々と、

何か違うと感じていました。

 

 

 

ひっかかる、

この仕事はこういうデザインが

楽しいんじゃないのか。

 

 

 

いやでも

人の身体の一部だし、

もっと髪は尊い気がする。

 

 

 

デザインデザインって

傷めつけて結果的に汚くなってしまうことは

その行為は美しくないな。

 

 

 

仕上がりのデザインがよければ良い

であろうと考えていた僕の感覚に、

少しづつ変化が出てきました。

 

 

 

身体の一部分を傷めつけている。

 

 

 

デザインにこだわるために

カラーやパーマなどを駆使して。

 

 

 

毎日毎日、

いったいなんなんだ 

なんやこれは と感じるようになりました。

 

 

 

美容師なのでやっていることは普通です。

カラーをして色を変える、パーマをして形を変える。

それが仕事で当たり前です。

 

 

 

そこです。

 

 

 

それがおかしいと思いました。

普通ってなんや、

そうである必要はあるのか。

 

 

 

ぽいことをして

ぽい感じを目指して

そうならないといけないのか。

 

 

 

プロとしてこのままで良いのか。

果たして自分はいつか納得するのか、、、

 

 

 

いやそんなはずはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中にはお医者さんのように

人の命を預かる人もいる。

 

 

 

首相のように直接的に、

国民の未来を背負っている人もいる。

 

 

 

宇宙飛行士のように

人類がまだ見ぬ領域に

進もうとする人もいる。

 

 

 

重みを感じる。

 

 

 

そんな中、

自分は何ができるだろうとか思うと

とてもちっぽけに思えた。

 

 

 

髪の毛のプロとして何ができるだろうか。

デザインなどトレンドをリードすることは

華やかでとても楽しそうでかっこいい。

 

 

 

でも自分には軽すぎると思いました。

それだけをする日々は。

 

 

 

仕事を否定しているわけではないです、

自分には軽すぎるという

個人の感覚ですお手柔らかに( ´ ー ` )

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クセ毛の方のお悩みは

とても深いです。

 

 

 

とても深い。

特に女性。

 

 

 

『なんでこんなにクセ毛なのか』

『直毛の人が羨ましい』

様々な思いがあると思います。

 

 

 

女性の髪は命

それは男の僕にもわかります。

 

 

 

その髪に対しての悩みを解消することは、

その人の人生を変えるレベルのこと。

 

 

 

それに気づいてからはもう、

追求するしか道はなかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容室に行って、

カラーやコテ巻きで可愛いくなった時、

とても嬉しいと思います。

 

 

 

可愛くなることへの喜びは永遠ですよね( ´ ー ` )

多分。

( 女性の方はそう思うらしい )

 

 

 

でもですね、

 

 

 

次元が違うんですよ

 

 

 

クセ毛や髪質の悩みを

解消できた時の喜びや感動は

比にならないんです。

 

 

 

圧倒的です。

 

 

 

目に涙を浮かべる人もいるぐらいです。

 

 

 

目の前で喜んでいる。

心から感動している。

それが五感を通してひしひしと伝わって来る

 

 

 

それを味わったらもう選べないです。

 

 

 

ああこれやな

自分ができること

これが自分の仕事

 

 

 

悟りました( ´ ー ` )

 

 

 

確信を持ったその瞬間は、

目の前に喜ぶお客様がいた時。

ありがとうと言われたけどこちらのセリフでした。

 

 

 

これは恐らく後づけですが、

自分の性格を考えた時にここにたどり着くという

必然性も感じて納得です。

 

 

 

これが僕の仕事、

この日々です。

 

 

 

だから僕は

髪の毛を綺麗にすることに注力します。

熱意を持って取り組みます。

 

 

 

そうしていないと

生きている心地がしません。

納得できないんです。

 

 

 

これからもっと、

少しでも多くの方に喜んでいただけるように

一生懸命取り組みます。

 

 

 

全てが完璧ではなく

まだ自分でも伸びしろをひたすら感じるので

全力で詰めていきます。

 

 

 

もっと

人に必要とされる人間に

なってみせます。

 

 

 

どうか、

宜しくお願い致します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです

 

 

 

ぼくは選んだんです。

 

 

 

偏った人間になることを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上でございます。

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

おおきに、

 

ほなまた。

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さまのお母さまに食生活心配されがち 田中一輝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆるい記事

 

 

 

 

image

 

 

親父の還暦祝い熱海旅行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

母親泣かせの弟

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

2016年の始まりは京都から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

ばっちゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

天才子役

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

小説を書きたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

親父とオリヴァー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

カレー番長の休日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆☆☆

 

バイアス なぜ縮毛矯正にこだわるのか 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【PCの人用】

 

テーマごとに分かれています。



田中の記事 テーマ別

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【スマホから見てくれている人へ】

 

 

ここ最近のだけではなくよかったら過去の記事も

見てくださいな( ´ ー ` )↓の画面参照。

 

 

オススメ記事の見方

 

image
 
      ↓
 
image
 
 
 
テーマ別の見方
 
 
image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


田中へ直接相談

ご予約、ご相談
事前カウンセリング
どうぞお気軽に。
時間何時でも平気です。深夜でも( ´ ー ` )





















Liloa

 

 

 

◼︎料金

 

(税込表示)

 

 

・カット ¥8640

(前髪カット¥2160)

 

・田中縮毛矯正  ¥23760〜

(質感向上処理  +¥8640〜 )

 

・ポイント縮毛矯正 ¥10800〜

 

・ビビリ修正 ¥28080〜

 

・髪質改善トリートメント 1回   ¥9720

(内部補強)

 

・オーダーメイドトリートメント 〜¥8640

(コーティング系)

 

・カラー ¥8640

(リタッチ ¥7560)

 

・デジタルパーマ ¥12600

 

・メンズパーマ ¥10800

 

・シャンプーブロー ¥4320

 

・カウンセリングのみ 30min  ¥3240

 

・優しさ思いやり丁寧さ ¥0

 

 

※カット無しの場合

 シャンプーブロー代+¥4320

 

※ロング料金 ¥1080〜

 肩より長い髪

 

 

 


◼︎営業時間

 

11:00~19:00

※時間外はLINEにて相談を

 

定休日 月
※月が祝日の場合は翌日の火が休み

 

 

 


◼︎TEL


03-3400-6551

(できればLINEでお願いします)

 

 

 


◼︎ACCSESS


東京都港区南青山5-10-1 二葉ビル2F
地下鉄 表参道駅B3出口徒歩5分


→Max Mara の向かい側
→スターバックスの隣
→KUA AINA の二つ隣

 

 

 

 

◼︎ホームページ

http://liloa.jp





 

 


Instagram


◼︎TANAKA  KAZUKI のinstagram
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

田中一輝さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント