1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2009年01月31日

すでに地域政党なのかもしれない~青年地方議員の会の集まり

テーマ:活動日記

議員研修会等の都合で遅刻して青年地方議員の会と若手政治家養成塾の合同ミーティングに参加。

いろいろな熱い議論をしてきました。


特に盛り上がったのは議員年金の破綻の話。

市議の年金は市議の減少による加入者の減少などで破綻しつつあり、その話はここでも少し書かせていただきました。

今日はまさにその話で盛り上がりました。

最大のガンは、3期以上で支給ということで3期しがみつく議員を増やしていることなのですが、それ以上に問題なのはすでに破たんが決まっているスキームの延命のために払い込みを強制しているということ。

他にもいろいろ問題がありますが、問題意識を共有し、あるべき方向性についても共有していることがよくわかりました。


他に、最近情報交換をして行った一般質問の成果の報告なども。


この集まりで言えるのは、議会改革にしても、地域の再生についても、あるいは行革についても、本音をぶつけ合い、議論できる仲間だということ。しかも、個別の政策についても、お互いにブログや議会報告ビラを読み合う中で自然にかなり共有していて、大きな方向性は共通で、ある種の地域政党のように機能しています。


もちろん、政党を名乗っているわけではないのですが、埼玉という地域に根ざした発想をし、議論する集まりとして成長している気がします。

これからも若い仲間たちとともに、刺激し合って行ければ、と思いつつ浦和を後にしました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年01月29日

羽根木プレーパーク初代プレーリーダー・天野秀昭氏講演会 その1(コラボ和光)

テーマ:活動日記
コラボ和光 のプレイパーク(冒険遊び場)講座に参加。
講師は世田谷の羽根木プレーパーク初代プレーリーダー・天野秀昭氏講演会です。
天野さんは日本初のプロのプレイリーダーです。
プレイパークとは、地域の人々が主体となり、自己責任による子供の自由な遊びを実現する、公園・緑地・広場などを舞台にした市民活動のことです(某自治体の定義)。
もっとわかりやすく言うと、

子供の最低限の安全確保と遊び心の火に油を注ぐ役割を担う大人がいる、基本やりたい放題の遊び場

です。

プレイパークはヨーロッパ発祥の市民運動で、戦時中のデンマークで生まれました。
ある建築家・造園家が子供は計画された遊び場よりももっと危ない場所でこそ生き生き遊んでいるということを「発見」します。
そこでやってみたのが廃材だけを転がした遊び場。これがプレイパークの原点でした。
そこから、そこにのこぎりを置いてみたり、いろいろと子供が自由に遊ぶ材料を揃え、安全管理上の人を配置して、というように遊び場ができて行くのですが…。
そこで大きな「発見」が。その大人が子供との絶妙な掛け合いで子供の遊びパワーを引き出したのです。
子供たちではできない「遊び」が大人の補助で可能になることがわかりました。子供たちも大人の補助で「夢」がかない大興奮。これがプレイリーダーの発見でした。
(天野さん曰く、プレイリーダーの存在が子供のやりたいことを10とすると9ぐらいまでを引き出して遊ばせられる状況をつくるといいます。
ちなみに、彼の言葉では普通の遊び場の管理者だと4とか5で止めさせ、親は2あたりで止めさせる、という表現でした。)
こんなプレイパークを世田谷の建築士夫婦がたまたま発見し、視察し、世田谷に導入します。
天野さんはそこの管理人として「勤務」してきました。
その中で、プレイリーダーとして子供の遊びを引き出した結果、子供がやった凄いことをいくつかあげておられました。

・地面に掘った4メートル四方の穴
・深さ6メートルの穴(子供が考えた換気用の掃除機システムが壊れたため6メートルでストップ)
・ほとんどログハウスのような部屋・・・・

プレイリーダーの存在が、子供の夢をかなえる、ということの意味が分かった気がします。

とりあえず、今日はここまでで。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年01月28日

公共施設の鉄部の錆を何とかしなければ

テーマ:施設管理

年末の大和中学体育館視察 では、体育館本体のほか、周辺部もいろいろと見てきました。私が感じたのは非常階段など、鉄部の錆が顕著だということ。

錆はガンのようなもので、早期発見、早期対策がポイントです。


和光市議会議員(39歳、無所属) 松本たけひろの「持続可能な改革」日記-xv@

私の『自治体連続破綻の時代』でも指摘したのですが、鉄部の塗装は定期的に的確にメンテナンスすれば、非常に長持ちします。しかし、自治体はこの管理をあまり重視していないらしく、全国でさびっ放しの非常階段をしばしば目にします。

ただ、正直、自分の本で指摘した程度の管理が近所の大和中学でさえできていなかったことに驚くとともに、「灯台もと暗し」を痛感しました。

全市の市有施設の鉄部の総点検&補修が必要ですね。


しかし、ここ7年、ハコモノは作りまくったものの管理は杜撰そのもの。これではいくらハコモノを作ってもあっという間に全部ボロボロです。

建て替えとか新設とか派手なことを好むのは結構ですが、こんなことに目が行き届かないのでは、税金を大切に思っているのか、と言わざるを得ません。

私も議会にいたのだから責任があるのは認めつつではありますが、腹立たしい限りの現場でした。


ちなみに、学校に責任はないですよ。校長先生が施設の管理をするという体制が間違っているのです。だからこそ、施設台帳整備の推進を私も主張してきました。

また、現場の先生でもチェックできるマニュアルを作り、このような問題を早めに発見できる仕組みを早急に作るべきだと思います。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009年01月26日

予算の概要を聞く全員協議会

テーマ:市議会のリアルタイムな説明

全員協議会。

予算の概要の説明を受けました。

これ、市のサイトには資料の提供がないことに先ほど気づきました。

明日、問い合わせてみます。

議員だけが先に資料を受け取り、説明を受けるというのはちょっと違うと思います。

市民みんなが資料を見られ、市民全体の叡智を結集して予算をチェックし、あるいは良くするというのが筋だと思います。


予算の概要はというと・・・


一般会計は総額204.6億円で昨年比マイナス7.5パーセント(12月の一般質問で私は200億円以内を、と主張しましたが、答弁があいまいだった理由がわかりました)。

特別会計込みでは、総額302.3億円。昨年比ではマイナス6.2パーセント。

実施計画からはかなり絞り込まれていますが、正直、不要不急の予算も紛れ込んでいます。

たとえば、青パトカーによるパトロールの業務委託。

他の自治体ではボランティアの運転など、いろいろ工夫をしています。

いきなり委託は違和感があります。


とにかく、これを実施計画と比較したりしながら、予算の検討を始めて行きたいと思っています。


追記:青パトが不要不急とは言いません。「他の自治体ではボランティアが運転したり、いろいろと工夫しているのにいきなり委託ですかい?」という趣旨です。そういう運営の自治体の議員からミクシィでご指摘いただきました。

おっしゃる通りです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年01月25日

市の新しいウェブサイトでは和光市内の文化財や名所の案内が充実!

テーマ:和光市ネタ

和光市のウェブサイトが新しくなり、いろいろと改善がなされました。

文化面では、私が以前に一般質問で要望 した文化財の詳細な紹介まではいきませんが、市指定文化財の紹介 など内容が充実しました。


個人的には一般質問でお話ししたように、市内にこんな文化財があるんだということをもっともっと知っていただくために、ネット博物館的なものに発展させられるといいな、と思っています。

また、市内のいろいろな画像データや動画をどんどん集めて整理、公表し、和光市の歴史を保存されたアーカイブでいつでもだれでも見られるようにしたいとも思っています。

郷土史博物館を、という意見もありますが、はるかに低コストで誰でもいつでも見られるネット博物館が先だし、郷土博物館は各地で閑古鳥が鳴いています。

とりあえず、ネットで誰もが見られるようにできればと思います。


ちなみに、文化財のコーナーには新倉ふるさと民家園も紹介されています。

近隣では最も古い、江戸時代の民家であり、何より素晴らしいのはいつでも囲炉裏に火が入っているということです。

国宝などでは中で火などもってのほかですが、市指定文化財であるがゆえに出来ることです。

もともと、民家には常に火の入った囲炉裏があり、生活の営みは火を中心に続いてきました。

そんな歴史を見た目だけではなく、匂いと熱からも感じられるのが民家園の特徴です。

連日、市内の保育園や小学校などさまざまな団体の子供たちも訪れます。

ぜひ、子供のみならず、市外の方もご訪問いただければと思います。

特に、地方出身の中高年の皆さんには「なつかしい」「いやされる」と非常に好評です。

運営しておられるのは市民団体で、子供たちが行くと皆さんで子供と一緒に遊んでくださったり、とにかく温もりのある施設です。


ちなみに、今日は「彩の国鍋合戦」。古民家の皆さんもふるさと鍋を出品、また、市役所の有志はニンジンスープを出品しました。

私は子供の残りばかり食べさせられたのですが、どちらも冬にぴったりの温まる料理でした。


○月刊誌『地方自治職員研修』にて、これからの自治体のリスク要因について執筆。

資金リスクやコンプライアンスリスクについて事例により検証しています

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
facebook

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース