こんばんは!

 

本日は、標記会議に出席。

この協議会は、安心・安全で住みやすい大分県を目指す団体で、委員として16団体が加盟(自治会・老人会・防犯協会など)。

「防犯」がキーワードです。

大分県連合青年団も委員として加盟→今年から私が役員になったため出席。

(もちろん、地元青年団なないろベースの活動も頑張りますよ!)

出席してびっくり!

…知事やテレビ撮影があるなど、かなり大きな会議でした(笑)

(私のような若輩者が出席してよいのかと恐縮しました…体格は大柄ですが(苦笑)

なお、先ほど地元2局のニュース番組でも紹介されておりました。)

 

防犯について、県内状況報告や、各種団体・取り組みの紹介が行われました。

 

<要旨(大分県の現状)>

・「大分県の刑法犯認知件数=13年連続で減少&全国4番目に少ない都道府県」

・「今年3月に宇佐市の子ども園で発生した傷害事件を忘れてはいけない。」

・「29年の現時点での犯罪傾向・特徴は、以下の3通り。

 1)「万引き犯が多い」…前年比+20%も!未成年だけでなく、高齢加害者も増加傾向。

 2)「鍵かけ率が悪い(未施錠率が高い)」…侵入被害者の過半数が未施錠だった、大分県の施錠率=全国平均より低いという課題…。

 3)「詐欺が依然多い」…一方で、犯罪阻止率は昨年よりも上昇傾向

・「自主防犯パトロール隊=右肩上がりで、犯罪件数も減少→警察だけでなく県民の防犯意識が高まりよい傾向」

 

<感想>

「架空請求詐欺=若者の喫緊の課題」

→特殊詐欺については、H28大分県の被害者の過半数は、実は64歳以下(高齢者以外)。

 というのも、アダルトサイト利用料請求名目等の架空請求詐欺が近年急増。

 若者の被害者も急増し、喫緊の課題だと学びました。

 

防犯について、つい子どもや高齢者に注目しがちですが、私たち若者世代でも気をつけねばならないことがあると痛感。

過去、団員から「おかしなメールや請求が届いている」との相談あり。

私や先輩団員が、「身に覚えのないメールや請求は無視した方がよい」とアドバイス。

そのアドバイスを守った団員は、安心し、それ以降何もトラブルはございませんでした。

このように、正しい知識や対処法を知る→それを仲間に伝える・教えることが大切だと感じました。

(その団員も、きちんと相談してくれたのが良かったですし嬉しかったです♪)

こうした活動も大切だと、本日学んだ(視野が広がった)次第です☆

 


以上が総会の模様でした。

みなさま、ぜひ防犯の意識も大切に☆

=======================================
☆HP→http://www.geocities.co.jp/takatch2002/
☆【トリップアドバイザー】お勧めブログ
  
☆1日1クリック頂けると嬉しいです♪☆
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 大分県情報へ    にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
 にほんブログ村 
===========================================

AD