友人が初フルマラソンを完走したことに対して、何か

気の利いた言葉でも、と思いましたが

「お疲れ様でした」としか言えませんでした。

 

色んな感想や思いは時間がたつにつれ、湧き出てくると

思うのですが、終わった直後はシンプルに

「お疲れ様でした」

が一番いいのかもしれません。私もそうなので。(笑)

 

 

ところが本日、友人からメールで

「42キロを経験したことは大きな意義がありました。

でも満足感よりも不満足のほうが大きいので、すぐに

走り始め再挑戦します」

とのこと。

 

 

・・・ここに新たな市民ランナー誕生です。(笑)

 

しかし42キロって、自分自身の弱さを思い知らせてくれる

距離かもしれませんね。

 

 

そんな私の静岡マラソンの続きを・・・(ってもう遥か昔だなw)

 

今まではスタートしてから10キロくらいまでは、あっという間

な感覚で走っていましたが、この静岡マラソンは5キロ地点では

「もうやめちゃおうかな」「リタイアしたいな」

というネガティブな思いしか浮かんできませんでした。

 

で「ハーフくらいまで行ったら、リタイアしよう」と決めて、そこまで

は走ることにしたのです。ところが、ハーフ直前の場所では

地元の高校生たちが華やかに応援してくれていたのです。

 

ここでハイタッチをしたりして遊んでいたら、急に気分が高まり

調子がでてきまして「なんだかこのまま走っちゃえ」という感覚に

なったのです。本当に応援のありがたみを感じた瞬間でした。

 

晴れていたので富士山もきれいに見えたのも、また気持ちが

上昇した理由だと思います。

海沿いを走る30キロ地点では苦しかったのですが、所々にいる

応援に勇気づけられ、この時点では「ここまで来たら完走しかない」

と気持ちを入れ替えました。

 

しかし、そのペースで快調に走れたのは35キロまで。(笑)

 

予想以上の暑さに身体が悲鳴をあげだすのです。

37キロ地点では脚が攣りそうになり「いかん、ここで攣ったら

終わる。走れなくなる。」

とペースを落とし、ストレッチなどをしてごまかしごまかし走ります。

 

心肺はそう辛くもなかったのですが、脚が攣る兆候が恐ろしくて

吸水所では水を脚にかけ、ストレッチをしごまかし走る、という

情けない後半になってしまいました。

 

ゴールをした瞬間は「終わった」という気持ちよりも「情けない」

という気持ちでいっぱいでしたが、フィニッシャータオルやメダルを

かけてくれる高校生ボランティアに笑顔で「お疲れ様でした」と

言われると、素直に「ありがとう」と腐った笑顔で返せました。(笑)

 

「お疲れ様でした」というシンプルな言葉が嬉しかったのです。

 

こうして不甲斐ないレースは終わりましたが、同じように疲れ切って

いるゴール直後のランナーたちと「お疲れ様でした」を言い合い、天気

が良かったので富士山を背景に写真を撮りあうと、不思議に満足感が

出てきました。

 

これが次につながる気持ちなんでしょうか。(笑)

 

 

少し遠かったですが、行って走ってよかったと今は思います。

 

 

 

 

 

 

そして、この後のクルマでの200キロは、ほとんど覚えておりません。爆  笑

AD

本日、友人の初フルマラソンの応援に行ってきました。

 

私も走る側の人間なので、応援がいかにありがたいか

分かっていましたが、応援してみて色々な感動をもらいました。

 

3時間もかからずに走り切るランナーのストイックさは尊敬

できますし、それ以降の自分自身の目標を目指して走るランナー

の走りには、本当に感動しました。

 

「マラソンにまぐれ無し」とはまさにその通りの格言です。

自分の脚だけで前に進まなければゴールはできない、それを

実践しているランナーは速度の違いこそあれど、自分の力だけで

42キロという途方もない距離を走り切るのです。

 

それを見て感動しないわけはありませんよ。

 

大人は色々言い訳をしたり、ごまかしたり、小賢しい真似をしたり

他人のせいにしたりして毎日を過ごしていますが(笑)、自分の脚

には嘘をつけません。

 

それがマラソンの魅力の一つかもしれません。

 

応援することで、またモチベーションが上がりました。

 

何はともあれ、友人の初フルマラソンの完走を祝いたいと思います。

 

 

 

 

あっ、静岡マラソンのレポ、ホールまで書いてませんでした。てへっ

AD

変則トライアスロンから早くも1週間経ちました。

 

終わった安堵感としばらくはレースの無い生活に

ほんの少しの寂しさを感じているところです。

 

来年は移動のことも吟味してエントリーしようと思います。

何しろ、市民ランナーなら当然の出来事も走る習慣の

無い人に言おうものなら、確実にヘンタイ扱いですからね。

 

42キロ走るのもヘンタイ

その為に前泊するのもヘンタイ

クルマで200キロも走って参加するのもヘンタイ

 

 

さてそんな中で、今回のフルマラソンは過去の私には無い経験

をしました。目標値を設定していた過去の大会とは違い、な~んも

考えずに参加したのです。

(というよりも直前まで不参加の意思だったので、決めきれなかったのです)

 

スタート地点で何となく「3時間30分以内では行きたいな」くらいな

漠然とした目標しか浮かびませんでした。

 

と、並んでいる横に女性ランナーが・・・しかもやる気十分な雰囲気。

「すいません、その太ももに憑いて後ろに付いて行かせていただきます。」

と即決です。

 

スタートをするとしばらくは動きません。しかしその女性は隙間をぬって

あっという間に見えなくなりました。

 

スタートラインを越える前に見失う、という天晴な作戦で木端微塵です。

 

仕方ないので、ペースが上がるまでは周りに合わせて進みます。

すると阪神タイガースのユニフォームを着たおっさんランナーが

目の前にいるではありませんか。

「しめた、この人に付いて行こう」

 

・・・実は私、ジャイアンツのユニフォームで参戦していたのです。w

 

しかし3キロも進むと、阪神おっさんがペースダウン。

いやいやちょっと早すぎるでしょう。仕方なく阪神おっさんをスルー

します。

 

 

 

 

 

今年も阪神タイガースは開幕直後から失速しそうです。わはは

AD