★治癒力開花 セルフセラピー日記★

心、からだ、魂 ともに癒され 本来の自然治癒力が 目覚めることを願って・・・


テーマ:

先日 健康古民家かのう様での お話会に

参加されていた ガルネコさんは

前回のブログ 「がんの手術を決意したとき」

で 取り上げさせていただいた方です。

(ご本人の承諾を得てご紹介します)

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

私の話(病の捉え方)は わかる人にはわかり

わからない人には 外国語?のようです。

以前は わかりやすく伝えるにはどうしたらいいんだろ・・?なんて

考えたりしていましたが

今は もう、わかる人にわかればいい・・・と思うようになりました。

それでも

ガルネコさんのように受け取っていただけると 嬉しいものです♪

 

聡明で 真摯にご自身と向き合い 

素のお気持ちを 書かれています。

本の受け売りのような きれいな言葉を羅列しても

理解度は わかってしまうものですが

ガルネコさんは 内側から溢れるご自身の言葉で書かれています。

 

「ガルネコが3年たってもガンが自然治癒しない訳」

 

私が 一番伝えたいこと

「治る」とは、こういうことなんです!ってことを

ぎゅ~っ!と詰めて

続けてアップされていますので どうぞお読みになってください。

ガルネコさん ありがとうございます。

 

 

 

 

~ 治癒力開花研究会アイム ~
 

★ カウンセリング・個人セッションについての

詳細は クリック  こちら

お申込は クリック こちらのフォームから お願いします

小冊子 がん~ その自然治癒の軌跡
お申込は クリック こちらのフォームから お願いします
 


【子宮頸がん 自然治癒のプロセス】は クリック  こちら

【子宮筋腫 自然退縮のプロセス】は クリック こちら
【治癒のスイッチは、どこ?】クリック こちら
【私が一番お伝えしたいこと】はクリック 「がん細胞を育てる心」

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

同じような方に届くことを願って 

健康古民家かのう様で お話した

私からのメッセージを 加筆してシェアします。

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

がんと向き合う時

自然療法で しばらく 自然治癒に向けて取り組んできて

「やはり 手術を選択することにしました。」

という方に 時々お会いします。

そのときに、

「自然療法を徹底して やり切れなかった…。結局、手術か・・」

という敗北感 のような気持ちになることがあるようです。

 

しかし、その想いは 全く不要だと思いますし

何よりも がんばってくれた体に対して 失礼です。

今までしてきた自然療法は、決して無駄ではありません。

 

体を整えて 手術に臨んだから 予後が驚くほど良くて 回復力が早い!

という話も よく聞きます。

実際、自然療法してから 婦人科の手術をして 

1ヶ月後には 私の主催する 「森ワーク」に参加して

元気に 横浜から鎌倉までの山歩きをされた方も♪

 

 

いままで 自然療法に取り組んで、

がんばってきたご自分と身体に対して

「よく、やったね~!」と認めて

これから益々の回復を目指して 

信頼する医療機関で 手術及び必要な治療に臨んでください。

(念のため、という類の

不必要な治療でないか、よく見極めてくださいね)

 

大事なことは 自然療法を徹底することではありません。

西洋医学を拒否することでもありません。

回復してから どんな生き方をするか?

なぜ がんになったのか?

探求する課題が待っています。

 

最も大切なのは

あなたが 生きて幸せを享受すること、だと思います。

 

今月末の手術がうまく経過するように

お祈りしています。

 

 

 

~ 治癒力開花研究会アイム ~
 

★ カウンセリング・個人セッションについての

詳細は クリック  こちら

お申込は クリック こちらのフォームから お願いします

小冊子 がん~ その自然治癒の軌跡
お申込は クリック こちらのフォームから お願いします
 


【子宮頸がん 自然治癒のプロセス】は クリック  こちら

【子宮筋腫 自然退縮のプロセス】は クリック こちら
【治癒のスイッチは、どこ?】クリック こちら
【私が一番お伝えしたいこと】はクリック 「がん細胞を育てる心」

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週、お話会で 

お母様のために参加された方が いらっしゃいました。

いままでも 時々、御身内の方からのご相談を受けます。

小冊子のお申込も 

「がんと診断された母(あるいは父)に読ませたいので」

というコメントをいただきます。

 

自然療法を望む方が 私のサイトやブログを読んで

「共感しました」と

コンタクトをとってくださるのは 嬉しいのですが

当のご本人は、何を、望んでいるのでしょうか?

 

身内には、どうしても思い入れが強くなるので難しいですね・・・

私も 父親が 前立腺がんとわかったとき、

思いっきり、自分のやり方を押し付けようとしました(*v.v)。

 

77歳のときに 前立腺がんと診断された父親は

病院の治療(ホルモン療法とピンポイントの放射線)を受けて

あとは 新聞や健康誌の切り抜きなどで情報を集めて、

(ネットを使わないので)

日々のウォ―キングや食事を節制して

86歳のいまも 元気です。

 

砂療法も、断食も、ひまし油湿布も、気功も、レイキも、

野菜スープも、ニンジンジュースも、ビワ葉温灸も、サプリも

私がすすめたことや施術しようとしても、何もしていません。

あ、野菜スープだけは 一口飲んだけど止めました(^_^;)

参考になると勧めた本も、読んだのかどうか・・・?

 

「自然塩を摂るのは大事よ!」と言っても

「塩=高血圧」が頭から抜けません。

 

私は 父親のがん治療で

とても大切なことを学びました。

 

1:本人が何を望んでいるのか?を聞いてから

  本人にやる気がある場合は自然療法を提案してみる

 

2:求めていない人に 自然療法、代替療法を押し付けないこと

 

3:「治るために協力するよ」というまなざしでいること

 

4:心配し過ぎて 自分を見失わないこと

 

5:身内と自分との間に適度な距離をとって境界線を引く

 

ご相談くださる方は

お母様、お父様が 大好きだから 

治って長生きしてほしいのですよね?

 

私も 父が好きなので

元気で長生きしてほしい

だから

余計な治療で免疫力を落とさないでほしい

と、思いました。

しかし

父にとって その考え方は理解されませんでした。

 

父もまた「治りたい一心」で 治療を受けて

自分でできる方法で 体力をつけていきました。

そして、9年間 元気でウォ―キングしています。

 

渦中では う~ん・・と思うこともありましたが

それでよかったのだと思います。

 

父には父のやり方があります。

家族は それを尊重して

「何か、協力できることがあったら言ってね」

というスタンスで

少し離れて 見守るくらいでいればよいのではないか、と。

 

私も がんのとき 私のやり方を尊重してほしかった。

1990年代には到底理解されない、

がんの自然治癒を目指す私のやり方を批判されることは

がん以上につらく、ストレスだったのです。

 

それなのに、自分の経験を忘れて

父に 自分のやり方を押し付けてしまったのは大反省です。

私のエゴですね~(^^ゞ

 

過去記事ですが

お身内のがんに向き合う方の参考になれば幸いです。

クリック 父親のがん治療から学んだこと

 

 

 

 

~ 治癒力開花研究会アイム ~
 

★ カウンセリング・個人セッションについての

詳細は クリック  こちら

お申込は クリック こちらのフォームから お願いします

小冊子 がん~ その自然治癒の軌跡
お申込は クリック こちらのフォームから お願いします
 


【子宮頸がん 自然治癒のプロセス】は クリック  こちら

【子宮筋腫 自然退縮のプロセス】は クリック こちら
【治癒のスイッチは、どこ?】クリック こちら
【私が一番お伝えしたいこと】はクリック 「がん細胞を育てる心」

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。