暑中お見舞い

テーマ:

のうぜんかづら ポスト 暑中お見舞い申し上げます。


ここ暫くは暑さが厳しい(せっかくの夏だから、も少し続いて欲しい)が、夜には涼しい風があり、虫の声や風鈴の音が聞こえます。(忍び寄る秋の風情を感じる) 自然は着実に、次を準備している。てんとうむし


 ※風鈴の音はこのブログを訪れた方にのみ聞こえます。シーズンが終わればこの仕掛けは解除。


 ※写真は、自宅の生垣を乗り越えて道端にはみ出した「のうぜんかづら」の花ですが油絵風に手を入れ(デフォルメし)ています。

風鈴用ディスプレイ
¥1,260
ウェブショップ ビンゴ Yahoo!店




AD

庭の福寿草早春の雑木山
福寿草
ドキドキ
3
月も中旬に近づくと、早春の先触れの福寿草の花が咲いた、梅の花もほころび正に春が来たと実感する。 花の春を愛でるかのように暖かい日差しを受けて山野を散策するのは至上の癒しになる。




伊藤秀志/福寿草
¥1,200

雑木山


2008/03/09

晴れ 特に、遠くに残雪の山並みを眺められる里山は、冬枯れの雑木林に差し込む日差しで明るく気持ちが良い。 今日は、ぽかぽか陽気で里山歩きには、最上でした。 日陰に残る残雪も良いアクセントです。

 健康の森散策

AD


鳥
目 庭の野菜を食い荒らす鳥の正体見つけた。 小型の鳩位の大きさで2羽が時々やって来て食べている。今のところガラス窓越しに観察しているが。 売り物の野菜ならば見逃すわけに行かない。 生産者ならどのような対策を取るのか、中国のように農薬で退治するわけに行かない。 広い畑にネットを掛けるか、温室栽培するか無農薬野菜を作るのは金が掛かりますね。 自然と共生して安全な食べ物を自家栽培する程度ですが、歩留まりが悪い点で、無農薬野菜を作る農家は大変でしょうね。 2008.03.02

                 つれづれの庭日記 [動画you-tube] 


AD

庭雪模様 雪 雪、雪、節分寒波の後、雪また雪の波状攻撃を受けていますが、豪雪地・福井の雪としては物足りなく、今年は何時もになく少ないようです。温暖化の影響か判りませんが雪は他の県に移動したのでしょうか? 有難いやら、物足りないやら・・・・。

カメラ 2月中旬になって、寒気団も少ない予算を使い切ってしまえと言わんばかりに雪を振舞ってくれているようで、いずこも同じ事情でしょうか。

2/17~18になって久々に除雪機の出動で目が覚めた。庭の雪景色も写真で見てもらえるようになって、一筆啓上。 2008/02/17

 ドキドキ~you tube~動画 をご覧下さい。

空き巣
晴れ 日脚が伸び、枯れ草の庭は明るくなってきた。 草花もない庭木の小枝に鳥の「空き巣」を見つけた。 今年は雪が少なく湿った枯葉が目立ちますが、節分を境に冬も遠ざかって行くのでしょうが、戻り寒波で震え上がる日も多々出現しながら、春がやってくる。 そして去っていったものが戻って来るのでしょうが。 自然は何事もなかったように戻ってくるが、人はそうは行かない。 桜 「東風吹かば匂いよこせよ梅の花」・・・・4次元の時空のの中での以心伝心ですね。 
【限定!節分の日向け景品・粗品】延喜福豆(100個)
¥8,925

お正月・節分に。厳選された荒挽き大豆を砂糖と合わせお多福型にした押し菓子です【笑福堂】 豆らくがん  20個入
¥1,000

ドキドキ 節分(せつぶん)は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことで、四季の節目に年4回あるが春の節分は厳しい冬も峠を越えたという開放感と春を迎えることへの期待感がある。 またそのことが豆まきとなって鬼(冬)は外、福(春)は内となったのかもしれない。

太巻き寿司
 ところがこの日に太巻きの寿司を恵方の方角を向いて丸かじり(包丁などで切らずに)することは、何か縁起担ぎ的で馴染めない。 後世に海苔業者が販促で考えたようですが、これに寿司業者、最近はこれに悪乗りした、スーパーや量販店まで目玉商品のごとく並びたて、結果的にゴミになるパックに入れ、飽食の上塗りをしていることにて少なからず懐疑的になる。 他方で空腹でも食べるものが手に入らないもの(国内・海外ともに)がいることを思うと。。。。これも格差の拡大の一種なのか? 全体的に見れば、飽食やゴミの問題はやがて地球環境全体の無駄・浪費になり、貧困を平等に負担しなければならなくなる。 誰一人として無関係であり得ない。

           無病息災を願う風習   ハンバーガー 寿司桶
赤鬼
ドクロ この「鬼は外」については、中国から渡来し宮中で行われていた「追儺(ついな)」の行事と節分に行われた方違え行事の中の「豆打ち」の儀式が融合したものだといわれます。追儺は「弓矢などで悪鬼、厄神などを追い払う行事」で、年の暮れに行われていました。豆打ちは豆まきともいわれ、その言葉通り豆やカチグリを蒔いたものです


なぜ豆を蒔く?
 穀物や、果実には「邪気を払う霊力」があると考えられており、豆を蒔くことで豆の霊力により邪気を払い、福を呼び込むと考えたのでしょう

太巻き祭りずし新作フルレシピ集―楽しい、きれい、おいしい/龍崎 英子
¥1,575
Amazon.co.jp

子どもといっしょに太巻き祭りずし/龍崎 英子  ¥1,575 Amazon.co.jp




パンダ「雪国ふくい」は山間部を除いて雪はありません。(*^o^*)
 熊も冬眠出来ずに食べ物をあさって山里の民家を襲っています。

昨年の豪雪では雪で倒壊する家屋や、除雪疲れで死亡する高齢者が出たり、倒木が沢山でました。 特に桜の木の枝折れが哀れで、折れた枝から吹き出た桜の花が地面を覆っていました。
はてなマーク幸いかどうか判りませんが、今年はそのような気配がありません。
 非常に有難いのですが、他方で雪国では程々の雪が必要で、それが農耕や生活の基盤になっている、この暖冬の結果はかなり先になってしか結論が出ない。 環境破壊が進まないように願う。
クマこの季節、熊に襲われるとは、想定外?でしょうね。
おにぎりこのような異常気象が繰り返されると、下手な想定や経験は何の役にも立たない。

 何が起きても対応できる、計画や柔軟な仕組みを持つことが必要ですね。(^_^)


アート毬 たまねぎ温室
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オーリック小型ガスバーナーコンロ M-7900
¥1,921
Amazon.co.jp
バーベキューコンロ(角型)


ブナの実
クマ 今年は里山にブナの実やドングリが少ない!ブナは1~2年に一度大量の実をつける様で昨年は足の踏み場もないほど山一面に降り積もった。今年凶作で熊や獣が食べたドングリの皮がちらほら残っている程度でした。食べ残したドングリは一つもない状態です。ドングリなどの実をつける木は枝ごと熊が食いちぎり、落ちた枝についている実を地上で食べたようで、樹木の被害も多い。


ラーメン 今日12/8もまた小学校に熊が現れ、ガラス越しに内部の様子を探っていたとか、動物園の檻の中に居るのは誰か? 大胆というか冬眠を前に餌がないのでしょうか?

きらきら研修医
¥1,200
アメーバブックス

クマ 熊が街に出没する訳は何か? 公式な結論が出ていない様であるが、あえて独善的な見解を述べることも、ヒントになるかも知れない。o(^-^)o 剥製の熊
 

1)山に熊の食料がない。 今年はブナの実が不作とのこと、ドングリも見かけない。

2)熊の個体が増えたのでは? 小熊が目立つ。

3)林道開発で便利になったのは人間だけでなく熊にとっても里の出やすくなった。 獣道が林道で遮断され、壊されている。

4)里に下りれば、食べ物が豊富で生ゴミがあふれている。

5)獣道から外れると林道や里道・街路は熊にとっては山勘が働かない迷路です。したがって山に戻れない。

6)熊は木登りが上手というが、木から降りられない小熊が目立ちます。高いところに登るのは熊の習性のようですが、降りる方法を学習していないのか?