1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
February 27, 2017

アトリエ探し

テーマ:日記

私はワリと新しいことやグループにドッボーンとダイブすることに抵抗がない。面白そうと思ったら己を顧みず門を叩く。

 
アメリカに来てテニスや仕事などは体験したが、そういえばもう一つの趣味であるお絵かきのアトリエに挑戦してないことに気が付いた。って言うか、引っ越して来て早々にアトリエを見つけて門を叩いてみたものの、そこは私が望んでいた環境ではなかったのでサッサと諦め、すっかり熱が冷めてしまって次を探していなかった。
 
年が明けて、ある日オットがもう絵を描かないの?って言ってきた。
 
あ~、すっかり忘れてたわ(^_^;)
 
で、また探し始めた。毎日次男のお迎えがあるから、彼の学校に近いところはないかと探したら結構ある。アートクラスって感じで、絵の他に色んな趣味を学べる教室もある。
 
ドイツにいた時は、行く時間さえ先に電話で予約しておけば、画材はアトリエにあるものを自由に使え、大きな描きかけのキャンバスもそこに置いておいてくれる便利なアトリエに行っていた。出来合いの色のチューブを使うんじゃなく、無職透明のベースのアクリル材に粉のピグメントを入れてあれこれ調合し、まずは色を生み出すところからが癒しで面白かった。至福の時だった。
 
ここでもできれば自分で画材は調達したくないし、没頭できないから家では描きたくない。アトリエ確保もさることながら、気の合うアトリエのぬしも重要だったりする。アーティストだから個性が強いんでね。当時私が利用していたアトリエの主は、利用者それぞれの個性や描き方に訂正を入れたりするんじゃなく、横に立って一緒に「こうやったらどうだろう」って、人に合わせて助言してくれていた。水彩画をやったときはアルゼンチン人で、アクリル画の方はドイツ人だった。どちらとも相性が良かった。
 
で、先週ふっと思いついて、次男のお迎えの前に一つ良さそうなアトリエを覗いてみた。Webサイトもきちんとしていて、色んなアーティストが所属していてクラスもたくさんあるし、画材もそこにあるものを使えるようだ。
 
が、門をたたいてみて「うっ・・・」って、しばらく体験していなかった雰囲気を味わった。私をみるなり「あんただれ?」って感じの Exclusive(排他的)な視線のアレ。
 
私:「Webをみたんですけど、どんな場所でシステムなのか知りたかったので来ちゃいました~」みたいなノリで明るく入っていったら、
 
アーティスト: 「すべてWebに載ってるから。それみてメールで問い合わせしてくれる?」の一点張り。だから、どんな雰囲気か見たかったから来たんだって言ってるんだけどね。私はプロじゃないし、こんな趣味の域な人がきてもいいのか?って質問しても、「だから、Webにその旨いろんなプログラムが書いてあるから、質問はメールでして」ってつっけんどん。
 
そうこうしているうちに、入り口から肩で風切って「私はアーティストです」みたいな人が数人入ってきて、私としゃべっていた女性もそっちの方に行ってしまった。なんか忙しそうで、個展の用意でもしている感じだった。まぁ好きに観ていて構わないって言われたので、絵をみたりしてお暇した。
 
うーん、ちょっと違うなー。こういうところって、私がどっかーんとすごい絵を持ち込んだらこっちを見てくれるんだろうけど、手ぶらでいったらタダの通りすがりの邪魔者なんだな。まぁそもそもそんな才能を持ち合わせていないんで無理なんだけど。
 
私の武器は、無謀なことでもとりあえず乗り込んでみて、砕けながらも破片を自分で拾ってまたくっつけて(?)また乗り込む!みたいな打たれ強い性格なはずなんだけど、年取ってきたせいか、なんか今回はあそこにわざわざ行かなくてもいいかなって思った。すっかり弱くなったなー
 
もう一つ良さそうなアートスクールを見つけたんでそっちに行ってみることにする。一人でじっくり絵を描かせてくれればそれでいいんだよね。ドラマは嫌だわ。あーめんどくさ。
 
ってことで、アトリエ探しは続く。
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
February 25, 2017

褒められる事が長生きの秘訣な母

テーマ:ウチの…

今週は日々違ったことがあってまぁ忙しかったのなんのって。やっと金曜日だー

 

+++++

 

82歳の母。あれこれガタは来ているが、なかなかよく機能していて、実に前向きな82歳だとつくづく思う。未だに日中は運転してるし、週に2回のグランドゴルフ、髪の毛もパーマやらカラーやらカットにセットって、実に自分の見た目に気を使うひとだ。未だにわざわざデパートの一階のあの臭い化粧品コーナー(私は苦手)まで足を運び、クリーニング店やらなにやかやと、とにかく自分であれこれとマネージしていて実に感心する。私も姉も、自慢じゃないが自分の見た目に気を使うことは母から譲り受けていない。

 

そんな母の活力は《褒めてもらう》ことなんじゃないかと思う。

 

人と会って、いつもきちんとされてますね、すごいですね、素敵ですね、ママってすごいね、などなど、ちょっとした褒め言葉が活力なんだと思う。私と電話していても、直ぐに「私のときはねぇ・・・」って、人の話を横取りして(笑)自画自賛して自己満足に浸り、幸せを噛みしめて「おやすみね~」みたいな感じ。実に安上がりともいえる。現役時代にちやほやされていた事と、今は伴侶がいないから、自分で自分を奮い立たせて活力にしている感じかな。姉とよく「お母さんはすごいよね・・・」って結論に至る。

 

それほど深刻な病気は持っていないが、そんな強い彼女の泣き所はずばり、歯だ。

総入れ歯ではないが、まぁ似たような上下の入れ歯をずーっとしている。去年からその彼女の入れ歯が合わなくなってきて、ある時から毎週水曜の通院が始まった。いつもの様に歯医者に一人で通っていたが、話を聞いていると、典型高齢&進歩のない歯医者のような気がしてきた。良いように通院させられて、お金だけ取られてるみたいな。母も高齢だから文句も言わないし。

 

入れ歯とは別に、母は日本人特有の骨瘤(こつりゅう)が口内にある。

 

骨瘤とは、歯並びが悪かったり、顎に極度に力がはいると、下あごが上からの圧力に耐えようと下段の両奥歯内側に均等に瘤のように骨が発達してしまう事。昔、ドイツで初めて顎関節症の事で大学病院の口腔外科を訪れたとき、教授が「これはアジア人にほんとに多いんだよ」と、珍しがって研修医への見世物にされたことがある。

 

とにかく、近年母の骨瘤が酷くなっているらしく、それを歯医者に訴えたらしいが、その老医は「なんでもないよ。大丈夫」って、話にならない。私は母に去年、『入れ歯をとって寝ちゃダメよ。夜寝ているときに歯に負担がかかるから骨瘤が酷くなるんだから』って言ったと思うのに、母は忘れていて、今年に入ってから『なんか骨瘤がもっと大きくなっちゃってね、隙間に指が入らないくらい狭まっちゃったのよ~』って言っていた。

 

どうもこのやぶ医者にその旨聞いても、「まぁ、入れ歯はいれてもいれなくても同じですよ」って、知らないからテキトーに答えたらしい。母も反論せず、そうなんですか、って引き下がてきたらしい。なんで専門医の歯医者じゃなくて、素人の私が母にネットを屈指してレクチャーしなくちゃいけないのか。これは間違っている。

 

こうなったら放っておけない。母は姉や兄に「病院に一緒に行って」って自分で言わないんだもん。ダメだよ、年寄りが一人で医者に行っちゃ!ってことで、姉に骨瘤と入れ歯の素材の事など、いろいろな予備知識を先に入れ込み、歯医者に一緒に行ってもらった。すいません、お姉ちゃん、いつも口だけの私で。

 

姉に後日話を聞いてありがちだと思ったのが、この医者の対応。

 

初めはしたてに出ていた姉の質問に、面倒くさそうに対応していたのに、姉が『そうなんですか、すいませんねいろいろと質問して。でも、兄に今日の事をしっかりと伝えないといけない使命が私にはあるもので。じゃないと、来週は兄が母と来るって言っているんですよ・・・』と、医療関係者の兄の存在を口にしたとたん、急にネットで写真を検索したりして真剣に説明をしだした事。これには姉も 『あったまにくるね~男の存在を口にしたとたんコレだもんね。嫌な医者だわ。まったくナメてるよ!』と、あきれていた。

 

結局、新しい入れ歯の注文はすでにしてしまっていたのでキャンセルはできない。で、最近出来上がったので、これを機に歯医者を変えることにした。日進月歩で技術が変わっているから、もっと向上心のある歯医者にしないとダメだよお母さん。

 

+++++

 

母を見ていると、私の方がよっぽどポンコツだ。

 

右顎、右ひざ、左の大腿骨。はぁ、なんとも情けない。。。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
February 19, 2017

Still OMG...

テーマ:子供
{A81D336C-D42A-4A2B-9570-2E67C27E53A2}

もうドキドキ。超ドキドキ…

オットが助手席、私は後ろに乗って口と目閉じてます。

次男の運転する車に初めてのったんだけど、久しぶりの怖さ。あたし、上の子二人にも教えたんだけど、あのときは無我夢中で過ぎ去ったけど、今回は

((((;゚Д゚))))))) ((((;゚Д゚)))))))((((;゚Д゚)))))))

くらいの緊張感。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
February 19, 2017

年相応な誕生会

テーマ:出かける
土曜はバースデードリンクがあった。近所に住むJの50歳の誕生日。かしこまった事はいやだって人だから、皆でビールの醸造所に集まった。

ほとんど近所の人たちだから、メンツ同じで場所移した感じ。私は飲まない(飲めない)からDD(designated driver/飲まないで運転に従事する意)をかって出た。で、バースデーチャイルドとその妻を乗せてレッツゴー。オットもまだ風邪と時差ボケが抜けないんで、結局は彼が運転して帰ったんだけど。

バースデーチャイルドはオットのテニス友達でもあるんで、彼が自分でプレゼント用のビールとか買ってきてて、自分で一応ラッピングしようとしていた。が、なんと!クリスマスのラッピングペーパー持ち出して来たんで、この時点で止めましたわ(^_^;)

{669BACA5-7567-4359-AEE2-32526C2D041C}

Is this some kind of joke?! って感じ?!

バスケットに入れてあげた。ブーツ型グラスは潜り込ませる感じで突っ込んだ。我ながらグッドアイデア

{D0BEAFDA-CE54-448B-86D6-CD6C2C0BE5AD}


{580995AA-CED8-497B-A267-A790F5D744A4}


+++++

フードトラックが来てたんで、食べながらビール飲んだりしてしばらくおしゃべりしてたけど、結局男性陣はコーンホールにハマり、女性陣はジャイアント・ジェンガやドミノとかで遊んだ。

このジェンガ、久しぶり〜 楽しくてハマったわ。

{7DDFC43D-E4BF-4BBE-A247-1A926191351E}

ロリー↑

{7ED27DCB-B441-45FA-B21E-627CAB24F221}

↑このグラグラ感がドキドキして面白いんだな。

{079FEFB7-5A12-48CB-8901-9850190EE949}

キム↑はスタイル抜群なママで、私とロリーと3人でジェンガしてて、唯一ボディーパートがジェンガに収まった人(爆) 脚が綺麗だ。

私たちのグループは30人くらいいたけど、生演奏がうるさくて、みんなと喋るのはムリだった。もう怒鳴りまくりと口パクを読むって技術で疲れた(´-`)あったかかったから、倉庫の入り口が開けっ放しだったのがせめてもの救いだった。

久しぶりにあった友達もいて、キャッチアップが忙しかった。

新しい出会いもいいけど、最近はこうやって知れた顔に会う方がとっても落ち着くねって話になった。

笑えるのが、6時半から始まって、私達とバースデーチャイルド夫婦が最後にバーを後にしたのが10時ちょっと過ぎ。しかも土曜の夜、引き上げるの早いよ!

早いカップルは9時に帰っちゃったもんね。みんな年なのよ(^_^;) 彼らは超朝型で、週末でも9時には布団ん入る家だからね。うるさくて大声で話して魂を抜かれて退散って事なんだな。

J、55歳の誕生日は午後3時からだねって言ったわさ。老人ホームの誕生会並み。

とにかく、昨日は楽しい夜をありがとう❗️




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
February 18, 2017

ひえ〜〜

テーマ:子供
{9E519006-E9B0-426A-8FBB-1BE52B7A7A1F}

2/17/17  とうとう我が家のベイビー次男が仮免Permitを習得した。

翌朝、今さっき土曜9:30からのスイミングへは自分で運転することに。お父さん、ジャケット着てたんだけど、「汗かきそうだから脱いどく…」って後部座席へ脱ぎ捨てた(汗)

{3130C422-2157-4A17-9594-84DDD08A5092}

ガレージからバックで出る一部始終をビデオにおさめ、家族間に送った。もう、みんな大騒ぎ。

長男: 「そのうちバックを片手ハンドルでするようになるから」

とにかく、人身事故さえおこさなければいいの。車なんかどうでもいいんだから。

と言って、私の車は乗らせない(爆)

+++++

と、ケイタイいじっているほんの10分で「着いたよ〜No mistakes. 除く:65mph の所を70mphで運転しちゃった」と、ジムに着いた次男からテキストが入った。

Well done.  初めての感覚をちゃんと覚えておくのよ〜って返事しといた。

これから60時間の親との練習の始まり。




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。