BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBCタイトル戦の無期限出場停止中の元WBA世界ヘビー級王者アレクサンデル・ポベトキン(ロシア)が、7月1日にロシアで予定しているWBO世界同級11位アンドリー・ルデンコ(ウクライナ)との一戦が、WBO世界同級インターナショナル王座決定戦として開催されることが明らかになっている。

 

 

ポベトキンは昨年5月に王者デオンテイ・ワイルダー(米)への挑戦試合を控えながら、薬物検査でメルドニウムの陽性反応が検出され試合は中止。その後、お咎め無しとなって12月にバーメイン・スティバーン(カナダ)との暫定王座決定戦がセットされたが、試合20時間前になって今度は禁止薬物オスタリンの陽性反応が明らかとなり、スティバーン戦はキャンセル。WBCはタイトル戦の無期限出場停止と、罰金25万ドルの支払いを命じていた。

 

ポベトキンは先週、VADAのドーピング検査を受け陰性だった事が判明しているが、WBOは試合前にドーピング検査を行い、両選手共に陰性反応が出た場合のみ、タイトル戦として承認するとしている。

 

37歳のポベトキンは、31勝(23KO)1敗。33歳のルデンコは、31勝(19KO)2敗1NC。

 

応援、深く感謝です! 三浦隆司、亀海喜寛・世界戦生中継!→ WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります