オリジナルの絵とか、漫画とか、音楽とか、珍しいものなど《妄想印象派》

脳内にて、東京藝術(芸術)病院 多摩美術病院 武蔵野美術病院 女子美術病院に勤務


テーマ:


Lotte ja Kuukivi saladus


ロッテと月の石の秘密(2011)

Lotte ja Kuukivi saladus


【監督】(Režissöör)

【脚本】(Stsenarist)

ヤンノ・プルトゥマ(Janno Põldma)

ヘイッキ・エルニツ(Heiki Ernits)

【時間】

76分

ラトヴィア・エストニア合作

http://www.imdb.com/title/tt2080337/


予告編映像(Trailer)

http://www.youtube.com/watch?v=iBTqCIibZFM


ベトナムのアニメ『バインチュンとバインザイ』記事のコメント欄より、

massandoさんの情報提供で知った情報です。


8月15日~19日の5日間行われる、

『第20回キンダー・フィルム・フェスティバル』

の二日目である16日に、エストニアで人気のアニメーション『ロッテ』シリーズの

最新作が上映されるとのこと。

http://www.kinder.co.jp/program/index.html


実は、6月に開催されていた

EUフィルムデーズ2012(EU Film Days 2012)

で、昨年のバルト記念週間の企画の一つとして日本初上陸を果たした

ロッテのアニメーションが再上映されたのですが、初上映の時は英語の字幕でしたが、

pdfのプログラムによると、声優による日本語ライブ吹き替えが行われたとのこと!!

行ってみたかった!!

http://www.eufilmdays.jp/

http://www.trainspot.jp/_exchange/EUFD/flyer_2012.pdf

最近は色々と忙しい上に、カバーしている範囲が広過ぎるため、

くまなく情報を手に入れられているわけでは無いので、

情報提供してくださる方がいると非常に助かります!!


さて、『ロッテと月の石の秘密』(2011)について検索してみると、日本語のブログで

昨年の夏に既にこのアニメーションを紹介している方がおられました!!

http://sipsik.cocolog-nifty.com/eesti/2011/08/--lotte-ja-kuuk.html

エストニア情報に精通している方のブログで、今まで何度か覗いた事があります。

勝手にリンク貼らせていただきました(問題でしたら削除します)。


キンダーフィルムフェスティバルのサイトのプログラム情報によれば、

翻訳者が紹介されているので、ロッテ日本初上陸の時みたいに、

英語とエストニア語が分からないと言葉の意味が分からないという不便さは無いようです。

まあ、当たり前ですよね。子供向け上映会だから。


また『ロッテの冒険-月の石を探せ!』という風に、

直訳からややズレたタイトルに修正されています。

この方が、日本語のタイトルとしては雰囲気的にしっくりくるわけです。


YouTubeで予告編を観てみましたが、凄い丁寧に、

愛情を込めて作られている様な雰囲気がとても伝わってきて、

見ていて気分いいですね!!


個人的には、丁寧に作られているアニメが好きですけど、

某アメリカ大手のアニメーションみたいに、技術的にはとても高く丁寧に作られているけど、

キャラクターが余り魅力的ではなく、内容も浅い感じだと、余り好きになれません。

まあ、元々子供向けに作られているのだから、大人がああだこうだ言っても

しょうがないですけど、子供も大人も観て愉しめるのが理想だと思います。


ロッテは、前回観た、ススムくんの出てくる長編版を観ての通り、

子供だけではなく、大人が観ても愉しめる、内容がしっかりしている

アニメーションだったので、次回も期待出来そうであります。


実は今の所、日程調整が出来ていないので、鑑賞できるかどうかは分かりません。

が、極力見られる様に努力いたします!!

親子連れに囲まれながらの鑑賞になると思いますが、気にしません!!


【会場】

調布市グリーンホール

東京都調布市小島町2-47-1

【上映日】

8月16日




【追伸】

今までは、独走態勢による紹介が多かったですけど、

最近は、人からの情報提供やネットでの交流が増えました。

今回の記事も、人からの受け売りばかりとなってしまいました。

往々にしてこういったマニアック情報に興味を持つ人は、

同じ趣味を持つ者同士交流が無い場合が多いです。

絶対数が少ないからというのもあるでしょうし、

人見知りや人との交流を煩わしく思う没交渉的な人も多いかも知れません。

寛容性や柔軟さに欠ける偏屈も多いと思います。

アスペルガーな人が多いと思うので、仕方の無い所はあるかも知れません。

私としては、マニアック情報マニア同士の交流を深めるべきだと常々思っていましたが、

「やっと」といった所ですかね。


勿論、マニアックな人としか交流したくないわけでは無いのですが、

往々にしてテレビ等の大手メディアで紹介されたものや、

権威で箔付けされたものにしか目を向けようとしない『B層』(Sheeple=ミーハー)

が今の日本に多いので、肩身が狭い所ではあります。


耳が三本の兎が出てきますが、

漫画同人『うさぎっこクラブ』の

マスコット『うさみっつくん』みたいだな!!

(関係無いけど)


うさみっつくん




【関連エントリー】

アニメーション『発明村のロッテ』(2006年長編版)を鑑賞する

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11077854418.html

バルト三国新作アニメーションの上映始まる!!

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-11054573839.html

クラープ(Klaabu)1978

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10833737831.html

犬のユックの冒険(Kutsu-Juku seiklusi)1931

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10789607808.html

EMT POP (2003-2004)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10339225466.html

・・・そして イタズラ(・・・Ja Teeb Trikke)1979

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10300625893.html

バルト3国アニメ:エントリー保管庫(Baltic Animations)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10297034997.html

”超キャンバス展”(遠藤一郎)と”エストニアアニメ上映会”(ラピュタ阿佐ヶ谷)

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10243343921.html

うさぎのユッシ(Jänku-Juss)2004~

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10194632642.html

発明村のロッテ-劇場版(Leiutajateküla Lotte)2006

http://ameblo.jp/ssatoloux-1987/entry-10193343489.html

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

Satos72(Sats72 改め)最近は現代妖怪絵師さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。