もっと知りたい労働法!

東京都町田市を拠点に両立支援、労使トラブル、障害年金などに対応、『悩み』を『戦略』に変える労務管理を提案する特定社会保険労務士櫻井三樹子のブログです。日々の疑問や矛盾と戦います!!たまに日本酒でまったりします。


テーマ:

時効を理由に23年分の遺族年金を受給できなかった兵庫県の60代女性が、不支給処分の取り消しを国に求めた訴訟の判決が29日、大阪地裁であった。田中健治裁判長は、社会保険事務所が窓口でずさんな対応を繰り返したため、女性が年金記録の存在を長期間証明できなかったと判断。「国の時効の主張は信義則に反する」として、23年分の年金計約2200万円の支払いを国に命じた。

(毎日新聞)


女性は1981年に夫を亡くし2007年までに10回年金事務所で相談をしていたが、その度年金加入記録はないと説明されていたそうです。いわゆる消えた年金…。2009年に相談に行ったら突然年金記録の存在が認められたのだそうです。しかし、23年分はすでに時効で受給できないという扱いを受けました。


判決は、女性の夫の年金記録は国の「社会保険業務センター」にマイクロフィルムで保管されていたと指摘。「職員がセンターに手帳番号を照会していれば、年金記録が発見できた」と述べらました。


女性は遺族年金が適正に支給されなかったおかげで生活は大変苦労しました。夫の死亡の当時5歳と7歳の子どもを抱えた女性は工場などのパート労働をして生活を支えていたそうです。


消えた年金5,000万件のうちまだ2,000万件は浮いたまま統合されていません。しかし、今は年金事務所に相談に行くと記録に不備がないかどうか、こちらから頼まなくても照合してくれるような状況です。それにしても…同じような案件は他にも多数あったのでしょう。そういう方は申し出た方が良いでしょう。

もっと知りたい労働法!-sakura2

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村ランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

櫻井三樹子社会保険労務士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。