兵庫播磨不登校発達障がいに悩む母に幸せを引き寄せる、人生再生相談室

発達障がいにより、不登校状態や学校に行くのがつらい子どもさんをお持ちのお母さんの不安を解消するためのブログです。引きこもり体質で、お笑い好きの心理カウンセラー・いなまつゆかが、不思議な方法を使って、明るく解決法をお伝えします。

NEW !
テーマ:
◆子連れの外出が大変で、つらくなったときに使う、魔法の言葉

こんにちは、加古川明石不登校専門・魔法を科学する人生再生カウンセラー、いなまつゆかです。

こころに、いい影響を与える言葉とイメージを、魔法としてお伝えしています。


メニュー /  予約する  / 初めての方へ / お客様の声  / メルマガ



智恵

自閉症スペクトラム(発達障がい)を抱えている子どもさんと外出すると、

大変なことが多いです。


人混みが苦手で、動けなくなったり、機嫌が悪くなることがあります。

切り上げるのが苦手で、かんしゃくを起こしてしまうこともあります。

じっとしていられず、さっとどこかへ行ってしまうこともあります。


周りに迷惑をかけないよう、気にしていても、なかなかうまくいきません。

理解が得られないと、「しつけができていない」と誤解されることもあります。


つらいですね。

どうしたらいいのでしょうか?


「助けを求めよう」と言ってあげましょう。


世の中には厳しい人もいるし、こころない人もいます。

その一方で、「大変そうだから、力になりたい」と思ってくれる人もいるのです。


そういう人には、こころを開きましょう。

「きっと、助けてくれる人がいる」と唱えましょう。

助けてくれそうな人が目にとまるようになります。


誰も助けてくれないと思いこんでいると、助けてくれる人がみえなくなります。

残念なことですね。


助けてもらうことが、だめなことのように思ってしまう人もいるかもしれません。

わたしも、そう思う癖があります。

「いいです。大丈夫です」とつい言ってしまうのです。


しかし、親が遠くに住んでいて、年子の子を抱えていると、

お隣ご近所さんやお友達に助けてもらわないと、とてもやりきれませんでした。

今思えば、ギリギリまで無理しないで、もっと頼ってもよかったのです。


なんでも自分でやらないといけないと思うことは、自立ではなく、孤立です。


自分で(ひどくがんばるのではなく)できることはやり、できないことは助けてもらう。

これが自立です。


助けてもらうのが苦手な人は、

「自立する練習だ」とこころの中で言って、助けてもらいましょう。


自分から言えなくても、申し出を断らないようにしてみましょう。


練習なのですから、うまく言えなくても当たり前ですし、助けてもらえたなら成長です。

練習だ、練習だ、と言いながら、助けてもらいましょう。


助けてもらったら、こころから「ありがとうございます」と言いましょう。


子連れの外出が大変で、つらくなったときは、

「助けを求めよう」と言ってあげましょう。


読んでくださって、ありがとうございました。


不登校状態を改善する具体的な方法をもっと知りたい方は、無料メール講座をごらんください。


カウンセラーいなまつゆかの考えや心理に興味がある方はこちらをご覧ください。エッセイやこころと親しくなる物語を書いていきます。



心理スペース「ぽれぽれ」
◆営業時間 9:00~20:00
土日祝日も営業しています。
メニュー
お客様の声
メルマガ
H子メール予約フォーム (24時間OK)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◆こんなことぐらい、なんでできないんだろうとイライラしたときに使う、魔法の言葉

こんにちは、加古川明石不登校専門・魔法を科学する人生再生カウンセラー、いなまつゆかです。

こころに、いい影響を与える言葉とイメージを、魔法としてお伝えしています。


メニュー /  予約する  / 初めての方へ / お客様の声  / メルマガ



調和


どうして、宿題をさっさとやってしまわないんだろう。

プリントぐらい、出せばいいのに。

すぐに謝ったらすむことなのに、なんでできないんだろう。

兄弟の泣き声が嫌なら、離れればいいのに、なんで近づいてきて、怒るんだろう。


簡単に思えることができないと、イライラしますね。

どうしたらいいのでしょうか?


「この子にとっては、難しいことなんだな」と自分に言ってあげましょう。


夕食は、ハンバーグの予定です。

最近、ぐっと回数が減ったメニューです。

なぜなら、手間がかかるから。

玉ねぎを刻んで、冷やして、ひき肉と混ぜて、こねて・・・


やってみれば、大したことがないのですが、それまでが億劫(おっくう)です。

今日のように、「やるぞ」と思い立たない限りは、やる気になれません。


ハンバーグぐらい、大したことないのに、と思う人もいるでしょう。


受け止め方は、人それぞれ違うのです。


「ヒルナンデス」で、料理が苦手な3人が、どの料理ならできるかと判定するコーナーがありました。


包丁を持つ料理はだめ。

やることがたくさんあると、できない。

揚げ物は油が怖いからだめ。


苦手なこと、だめなこともそれぞれ違っていました。


料理が得意な人が簡単メニューを教えてくれるのですが、なかなか「できる」「やってみる」とは言ってもらえません。

得意な人の簡単と、苦手な人の簡単は違うのです。



自閉症スペクトラム(発達障がい)を抱えていると、多くの人が簡単にできることが、とても難しいです。

理由はさまざまなうえに、自分でもよくわからなかったり、言葉にできなかったりします。


話をよく聴いて、気持ちや理由を想像しながら、

理解しようとし、少しでもやりやすくなる方法を具体的に考えていきます。


そのときに最初に考える土台になるのが、

「人それぞれの大変さがある」ということです。


グローブをはめ、よく見えないゴーグルをはめていると想像してみてください。

課題をすること、プリントの管理が、とてつもなく、面倒に感じられるのではないでしょうか。


ステレオの音とテレビの音が急に最大になったら、とにかく音を消したいと思って近づこうとするのではないでしょうか。


自分の手、自分の目、自分の耳とは違うのだ。

よくわからないけど、この子なりの大変さがあるのだ。



そう思えば、イライラも減ります。

わからないなりに、想像して理解しようとする気にもなります。

解決策も見つかりやすくなります。


お互いにハッピーになりますね。

誰も悪くはありません。

理解が難しいだけなのです。


こんなことぐらい、なんでできないんだろうとイライラしたら、

「この子にとっては、難しいことなんだな」と自分に言ってあげましょう。


読んでくださって、ありがとうございました。


不登校状態を改善する具体的な方法をもっと知りたい方は、無料メール講座をごらんください。


カウンセラーいなまつゆかの考えや心理に興味がある方はこちらをご覧ください。エッセイやこころと親しくなる物語を書いていきます。



心理スペース「ぽれぽれ」
◆営業時間 9:00~20:00
土日祝日も営業しています。
メニュー
お客様の声
メルマガ
H子メール予約フォーム (24時間OK)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◆子どもが「どうせ自分なんか」とやけになっているときに使う、魔法の言葉

こんにちは、加古川明石不登校専門・魔法を科学する人生再生カウンセラー、いなまつゆかです。

こころに、いい影響を与える言葉とイメージを、魔法としてお伝えしています。


メニュー /  予約する  / 初めての方へ / お客様の声  / メルマガ



愛


どうせ、障がいがあるんだから。

敏感だから。

学校に行けないんだから。

もう、終わりなんだ。


子どもさんが、やけになっていると、どう言葉をかけていいものかと迷いますね。

どうしたらいいのでしょうか?


「どっしりと構えよう」と自分に言ってあげましょう。


大事なことは、落ち着いて、どっしりとした態度を持つことです。


気持ちがグラグラとしているとき、周りの大人まで動揺すると、よけい不安になります。

本当に終わりなんじゃないだろうか、と思ってしまいます。


こちらも不安なのですが、

はったりでも、堂々としていると、お互いに落ち着くことができます。


「どうせ、自分なんて障がいがあるからできないって思っているのね」という風に、いったん受け入れましょう。


事実だと認めているのではありません。

そんな風に思っているのね、と気持ちを受け入れるのです。



気持ちが落ち着いてきたら、


お母さんは、終わりだとは思っていない。

あなたを、今のままでもだめだとも思っていない。


ただ、今より生きやすくなる方法があるから、試してみないかと伝えてみましょう。

何も試して観ないで、つらいままなのはもったいないと思うよと言ってみましょう。


人生は選択です。

ご本人がどういう考え、どういう言葉づかいを選ぶかによって、生き方が変わってきます。


障がいがあるからではなく、「どうせ」という考えや言葉づかいが、人生をつらくするのです。


このままで、本当にいいのか。

「本当に」をつけて、考えてもらいましょう。


子どもさんが、「どうせ、自分なんか」とやけになっているときは、

「どっしりと構えよう」と自分に言ってあげましょう。


読んでくださって、ありがとうございました。


不登校状態を改善する具体的な方法をもっと知りたい方は、無料メール講座をごらんください。


カウンセラーいなまつゆかの考えや心理に興味がある方はこちらをご覧ください。エッセイやこころと親しくなる物語を書いていきます。



心理スペース「ぽれぽれ」
◆営業時間 9:00~20:00
土日祝日も営業しています。
メニュー
お客様の声
メルマガ
H子メール予約フォーム (24時間OK)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)