自宅にて、フランス料理教室レッスンを始めました。

詳しくはHPをぜひご覧くださいませ~。



フランス料理教室 「ねこのひげ」

http://softcreamcat.amebaownd.com
  • 27 Jun
    • 7月 自宅レッスン 募集開始しました

      7月のレッスンメニューは  ガレット・コンプレ & いんげんのサラダ です。       ガレットは最近専門店も多くなりましたね! フランス ブルターニュ地方の郷土料理です。 中でも卵・ハム・グリュイエールチーズが入る、ガレット・コンプレは定番です     そば粉100%の生地は、噛みしめるとふんわりいい香り。 卵の黄身をとろっと仕上げて、ハムとチーズにソース代わりにからめて頂くと、もう最高 お洒落カフェメニューをご自分で作ってみませんか     付け合わせはいんげんのサラダです。 いえいえ・・・ありきたりないんげんサラダじゃありません。 もともと、2016年ドゥニ・リュッフェル氏講習会の魚メニューの付け合わせの一つです。 ほんの少量入るハーブが、いんげんのサラダに清涼感を与えてくれます。 緑野菜の青臭さを飛ばす、フランス人シェフならではのハーブの使い方にはきっとびっくりしますよ。     詳しい内容はHPをご覧くださいませ~ http://softcreamcat.amebaownd.com

      NEW!

      3
      テーマ:
  • 23 Jun
    • チョコレートのテリーヌ

      冬にトリュフを作ったときのスイートチョコレートが冷蔵庫にまだ残っています・・・。 とにかくチョコレートを大量に使うレシピを!と探していて見つけました。     東京 四谷「北島亭」北島シェフの本より。 チョコレートのテリーヌ  です。     手に入れにくい材料もなく、作りやすい     お店ではアングレーズソースを添えるそうですが、もう少し軽くてもいいかな。 お砂糖ぬきのクレームシャンティとフレッシュブルーベリーを添えました。   濃密ですが口どけの良いテリーヌの中には、カラメルがけしたクルミがどっさり。 アーモンドも合うかなぁと思うけど、そうなるとフレンチでなくアメリカンになっちゃうかな。     冷凍庫に作り置きしておけるのに、味は極上。 凝ったお料理をふるまう予定があるけどデザートにまで手が回らない。 そんな時、前もって作っておくものとして最高~  

      4
      テーマ:
  • 17 Jun
    • お手軽3種のチーズのピザ

      成城石井でピザクラストを買ってみました。 ゆっくり起きた土曜日のお手軽朝ごはんです     オーブンを250℃に予熱セット。 クラストにオリーブオイルを振って、ゴルゴンゾーラ、コンテ、パルメジャーノ、粗く刻んだくるみを散らします。 オーブンに入れて2,3分で、チーズがとろけてピザクラストがキツネ色になってきます。 あっという間に出来上がり。 朝からすご~くいい匂いたまらない~。         極上ピザクラストとはいきませんが、作業開始から10分でこの味ができあがるなら合格。 はちみつをちょっぴり垂らしていただくのもいいかも

      5
      テーマ:
  • 09 Jun
    • 豚フィレ肉のオリーブ風味 ゴルゴンゾーラとバジルのタグリアテル

      お料理は、「とりあえず材料を全部買っておいて、時間があるときいつか作ろう」という訳にはなかなかいきません。野菜は旬もありますし長期買い置きもできません魚や肉も冷凍ものはなるべく使いたくない作る気まんまんで買い物に行っても、材料を買えずに帰ることもしばしばです。そうこうしているうちに季節は変わり、野菜や魚の旬も移り変わり・・・。いつまでたっても作れません。  もう最近では、習ったお料理の材料リストをいくつも常に持ち歩いています。一番レアな材料を偶然見つけたらすかさず他の材料も買い込み、その日の晩ご飯は急遽フランス料理になるわけです・・・。  今回のレアアイテムはフェンネルあてにしていたお店には入荷が無く、今日は作るの無理かぁ・・・とあきらめていたら最後に行ったお店で発見。来た道を戻って材料を揃えました(よくあることです)。   前置きが長くなりましたが、今日は地中海風な一皿です。豚フィレ肉のオリーブ風味 ゴルゴンゾーラとバジルのタグリアテル前回のイルプルーレッスンで習ったものです。  豚フィレはカットしないでまるまるロースト。簡単です。 にんにく、バルサミコ酢、黒粒こしょう、ハーブ、ドゥミグラスなどを煮詰め、最後にタプナードを入れてソースを仕上げます。タプナードとは、オリーブ、ケッパー、にんにくなどが入ったプロヴァンス地方特産のおいしいペーストです。私は1瓶スプーンで食べられちゃうほど好きです。やりませんが 「酢っぱにんにく、後からほわっと辛味がくるオリーブソース」・・・文字で表現するとですが、オリーブが好きな方は夢中になるおいしいソースです。   付け合わせは2種。 フリカッセ・レギューム(野菜のフリカッセ)は、鮮やかな緑の野菜たっぷり。本日のレアアイテム  フェンネルは噛みしめるとふんわりと甘い香り。ルセットでは冷凍そら豆使用ですが、ギリギリ旬の生のそら豆を使いました。絹さや、アスパラガス・・・本来はアーティチョークも入りますがあまり好きではないので省略。軽くつぶしたコリアンダーシードが入っており、独特な香りがアクセントになっています。どうやって使ったらいいのか見当もつかなくて、余ってしまうコリアンダーシード・・・緑の野菜と合わせるとあの青臭いような香りがぐっとひきたつんですね。  ゴルゴンゾーラとバジルのタグリアテルは、あっという間にできるのにビックリするほどおいしいです。市販の生タリアテッレをゆでている間に、生クリームとゴルゴンゾーラチーズ、にんにくをにつめ、混ぜるだけ!バジルを散らしてできあがり   ソースに思ったより濃度がついてしまいました。仕上げにタプナードがたくさん入るので、そこでかなり濃度が上がります。ソースは何度やっても難しい~、けど楽しい~。 

      7
      テーマ:
  • 02 Jun
    • グラーブラックス

       お料理やお菓子の作り方を読んでも、全く作ったことのないものだと作り方のイメージが沸かなくてなかなか作りませんよね~この グラーブラックス もレシピは持っていたのですが、今回まで作ったことがありませんでした。レシピを読んでも「???」だったのです。  ところが先日、たまたまマーサ・スチュワートのお料理番組でグラーブラックスを作っているのを見て、「なるほど!これならできそう」とやっと重い腰が上がりました。   グラーブラックス とは北欧の保存食で、スモークサーモンに似ていますスモークサーモンは燻製ですが、グラーブラックスは塩と砂糖の浸透圧で水分を抜き保存性を高めています。スモーク風味は付きません。  さて、レシピのどの部分が「???」だったかというと、「塩と砂糖を混ぜて鮭をおおう」というところです。塩と砂糖を混ぜる?!そんなことしていいの?鮭を覆う?どうやるの? 映像で見たら、先入観も疑問も一発で吹っ飛びました。う~ん、便利ないい時代です・・・  早速、刺身用のサーモンのサクを買ってきました。皮付きの方が望ましいのですが、刺身用なので皮無しです。その代わり小骨を取ったりなどの処理も済んでいるので、ありがたいです。  作り方は、サーモンのサクがまるまる入る容器に、ざっと刻んだ生のディルを敷き詰めます。マットレスを敷く感覚で。ディルの上に塩と砂糖を混ぜたものを敷きます。いわば敷布団。サーモンをそこへ寝かせます。切りません。サーモンの上に、生のディルをきれいに載せます。毛布ですね。一番上はまた塩と砂糖をかぶせます。これが掛け布団で終了。そして冷蔵庫で24時間、眠ってもらいます。すごーく簡単です  塩砂糖に入れるスパイスやハーブにレシピごと工夫があるようですねー。ディルは必須のようです。  さて、24時間経った容器にはサーモンから出た水分が溜まっていますディル・塩・砂糖をきれいに取り除き、スライスしたものがこちら  ソフトオレンジ色だったサーモンは、水分が抜けてつやつやなアメ色。塩気がかなり強いので、パクパク食べるというよりはおつまみに数切れいただく、というものでしょう。つまみ好きな私が大好きなお味です。「柔らかい鮭とば」といったお味でしょうか。  アレンジメニューとして、生春巻きの具に使ってみました。  少し残っていた生ハムも一緒に、サニーレタスとにんじんとくるっと巻いてみました生春巻きの皮からうっすらと透けて、見た目もきれいで美味しそうに仕上がりました。 

      5
      テーマ:
  • 28 May
    • ゆで鶏ガーリックライス&チョリソー入りキャベツのコンポート

      最近、野菜中心メニューばかりだったので、久しぶりに肉!メニューを作りたくなりました。と言っても、がっつりヘビーなのは避けたい・・・。  ゆでたチキンなら軽めでいいんじゃない?ということで、ゆで鶏ガーリックライス (コム・ガー) を作りました。  鶏もも肉をゆでて、そのゆで汁を使ってジャスミンライスを炊きます。綺麗なパクチーをどっさりのせて。さらっとしたジャスミンライスににんにくが効いていて、どんどん食べられちゃう。カロリーを考えて茹で鶏にした意味が全くな~~~い  前回のイルプルーで習った、チョリソー入りキャベツのコンポート も作ってみようサルタナレーズンとチョリソーが入っているのですが、これがよく計算されていること!平坦なキャベツのソテーに甘さと辛さのアクセントが加わって、ゆでキャベツが大嫌いな私が夢中になる味です。 もう一つはお手軽に。プチトマトとかぶスライスの醤油ドレッシング。2年に1度くらいカニカマを買ってみるのですが、その進化っぷりに毎度びっくりします。よくできています。カニカマ、侮れません。 

      7
      テーマ:
  • 25 May
    • 6月 自宅レッスン 募集開始しました

      6月自宅レッスンは、 野菜のテリーヌ  です。     難しそう・・・に見えますが、基本は野菜を切ってゆでて並べるだけ きれいに仕上げるポイントやコツがありますので、レッスンで分かりやすくご説明いたしますね     ご自分で作ったテリーヌはまるまる1台お持ち帰りです。 冷蔵庫で一晩寝かせて、翌日ご家族や大切な方と召し上がってくださいね! 「きれい~どうやって作ったの~?」と歓声があがりますよ   レッスン当日は、講師が前日に作ったものを試食していただきます     野菜がお好きな方はもちろん、「レストランで食べて、こういうの自分でも作ってみたかった!」という方、HPをぜひご覧くださいませ~。   http://softcreamcat.amebaownd.com  

      3
      テーマ:
  • 18 May
    • 野菜のテリーヌ

      「来月のレッスンメニューどうしようかなぁ」と家でつぶやいたら、主人が「あれがいいよ。小さい野菜がたくさん入った、夏向きのあれ」と無責任なアドバイス     あ~、野菜のテリーヌね。 おいしいしきれいだし、すっごくオススメなんだけど、作った当日は食べられないから生徒さんが作ったものはお持ち帰りになるのよねー。 型の問題とか、固まり具合とか、実現不可能だよ~。無理無理。     イヤ・・・でも待って。 一回試してみよう ということで、 野菜のテリーヌはお持ち帰りできるかを検証してみました。     本来はガラスや陶器の型を使いますが、今回は使い捨てアルミ型を使用しました。 水分のモレ防止にラップを敷いてから、キャベツ、ジュレ、お野菜を入れて後はいつもの手順。 型の深さがないのでお野菜の段は3段になりました。     組み立てが終わったら冷凍庫へ30分。 その後、冷蔵庫へ移して30分。 保冷バッグに移して保冷材を多めにいれてから、25℃ほどの室温に1時間放置。(生徒さんがご自宅まで帰る時間を想定) バッグから出して冷蔵庫で1晩寝かせます。     翌日、ドキドキでカットしましたが、特に問題なし     ラップとキャベツが一体になって剥がれたらどうしよう~、お野菜の段がズレてたらどうしよう~と怖かったですが、全然平気でした。 アルミの型はほとんど汚れないので、おうちでのリトライもできそうです。     カラフルできれいに並んだ野菜の断面が美しい、野菜のテリーヌの出来上がり 味付けは茹でる時の塩分のみで野菜自体のおいしさを引き出しています。 ソース・バルサミコを添えて、味わいにアクセントとボリュームが加わります。     このお料理に限って、私はお野菜を「パーツ」「部品」と思って作ります。 まず、よい野菜を選ぶこと。 一つ一つを丁寧に切ること。 それぞれのパーツの茹で加減を慎重に。 切ったところをイメージしながらの組み立て。   一度コツをつかんでしまえば、大き目の型で野菜の段を増やしたり、他のお好きな野菜を入れたりとアレンジも可能です。   あまり遠方でない方でなければレッスンできそうです 心ひかれた方は来月のレッスンのご案内をお待ちくださいね~

      8
      テーマ:
  • 17 May
    • フランス料理上級レッスン 6回目

      イルプルーフランス料理上級クラスも、今年で2年目に突入。 でも上級クラスは今年で終了とのことなので、1レッスンごと気合を入れて臨まなくては       ★  豚フィレ肉のオリーブ風味 ゴルゴンゾーラとバジルのタグリアテル   ドゥニさん著 「感動の味わい 2」掲載のお料理ですが、ルセットを読んだだけでは味が想像できなくてノーチェックだった一品。     豚フィレは切らずに1本、ローストするだけ。 バルサミコ酢、にんにく、黒つぶ胡椒、タプナードが入ったソースを添えます。 まずガーリックとオリーブが味わえ、とろんと甘く酸味もある、そして後から辛味がふわっとくるソース。 本で読んで想像できるはずもない、日本人は作れない味です。 これはオリーブ好きにはたまらない味~~     付け合わせは2品。どちらも絶品です。 春の青野菜盛りだくさんのフリカッセ・レギューム。 粒のまま入れたコリアンダーシードが、カリッと弾けて効いています。 フォン・ドゥ・ヴォライユを取る時しか使う予定がないコリアンダーシード。 こうやって使えば消費できるのか。 この使い方も日本人は知らない上級テクニックですね~。     レッスンの最初に「これはおいしいですよ」と椎名先生がおっしゃっていた、ゴルゴンゾーラ風タグリアテル。 椎名先生が「おいしい」と敢えて付け加えるものは、私たちレベルだと「驚愕のおいしさ」だということが最近わかってきました。 ゴルゴンゾーラチーズにいい品を選べば、簡単にレストランの味のパスタができます。 生クリーム仕立てでクリーミー、本当に簡単なのになんなの、この旨さ           ★  燻製サーモンのアスピック     宝石を閉じ込めたようなキラキラのアスピック、大好きです。 ホテルのビュッフェやハム売り場のショーケースなどで見かけると、つい心ひかれます・・・があまり美味しいものに巡り合ったことはありません。     キラキラなジュレの中は、スモークサーモンの薄切り、いくら、アボカドのムースです。 とにかく彩りが美しい ジュレに入れたシェリー酒が大人の味。これは好き嫌いあるかもしれません。 でも、私は一気に3個は食べられるくらい好きなお料理です。     教室ではソース・ムースリーヌを添えてありましたが、アボカドムースが十分クリーミーなのでおうちで作るならいらないかも。 こちらは実演のみでした。         ★ 鯛のヴァントレッシュ風味 人参のグラッセ クミン風味     「ヴァントレッシュ」はベーコンを使ったお料理につく名前だそうです。   切り身の鯛にスモークベーコンを一枚、着物の帯のように中央にくるっと巻いてソテーします。 ベーコンはぐるぐる巻きにするのかと思っていたので、ちょっと拍子抜け。   ソースは焦がしバターを作り、ドゥミグラスなどを入れた軽いもの。 焼いた鯛に「焦がしバター醤油」をイメージして頂くと近いかも。     付け合わせは2品。   人参のクミン風味は、オレンジバターでグラッセしたもの。 チョリソー入りキャベツのコンポートにもクミンが入ります。 燻製の香りとクミンが相性がよいので、この組み合わせになったそうです。         午前中に豚フィレの実習、お昼に豚フィレ試食。 14時すぎくらいにレッスン終了&試食開始という速さ!   アスピックでお腹いっぱいになり、残念ながら鯛は全部持ち帰りました。 出来立てを食べられなかったので、早々に復習して出来立てを食べてみないと!     めったに使わないスパイスの効かせ方、「付け合わせ」と言ってしまうのがもったいないくらいおいしい付け合わせ・・・今回も学ぶところの多いレッスンでした タプナードを購入したので早速豚フィレに挑戦~  

  • 13 May
    • ヴィシソワーズ & レンズ豆のサラダ

      やってきました薄着の季節 最近お腹周りがになってきたので、夕食を軽めにしています。 ごはんはもち麦ミックス。   巷では糖質抜きお肉OKなどのダイエットもあるようですが、うちではお肉控えめ・食物繊維多めメニュー主体にしています。 ピークの頃よりお腹周りはましになってきました。     とは言ってもフランス料理は作りたい。 今日の晩御飯は、 ヴィシソワーズ と レンズ豆のサラダ にしよう。     まずはヴィシソワーズから。 ポロねぎを焦がさないように蒸らし炒めしてじゃがいもを加え、フォン・ドゥ・ヴォライユで煮込みます。 ミキサーにかけて、さらに裏ごし器でこします。 この漉す作業・・・。ねぎは繊維が多いから大変です。 何度も言いますが私は裏ごし作業が大嫌いです。が、こういうポイントをサボるとおいしくならないのでひたすら漉す!ひぃ~~     レンズ豆のサラダは何度もご紹介していますので、またかと思われるかも。 レンズ豆をゆでて、ビネグレットソースを合わせるだけ。   これだけでも十分おいしいですが、今日はルセットにあるようにポーチドエッグを添えます。 生協で買ったポーチドエッグバッグというものを使ってみたら、白身が散らばらずきれいなポーチドエッグができました!これいい!     舌ざわりなめらかで水っぽくないヴィシソワーズと、黄身とろりんのレンズ豆のサラダ。 ガッツリお肉が大好きな私ですが、満足できるボリュームの晩ご飯となりました!

      9
      テーマ:
  • 03 May
    • 米のカレーのサラダ & イサキのカルパッチョ

      春真っ盛り、あちこちでつつじの花が咲き誇っています あったか煮込み料理はひとまずお休みして、野菜たっぷりのサラダが食べたくなりますね~。   米のカレーのサラダ を作ります。 日本人の感覚だとお米は主食ですが、フランスでは「野菜」とされているそうです。     お鍋で炊いたカレーピラフを冷まして、小さくカットした野菜を混ぜてドレッシングで合えるだけ。 工程は簡単なのですが、トマトの湯むき、マッシュルームのソテー、そして大量の野菜をカット・・・と結構時間がかかります。     こういうサラダって、下ごしらえが終わって混ぜる瞬間ちょっと気分が上がります 混ぜる前のピラフと野菜の割合は、ほぼ同じくらいの量。 がっつりカレー味ピラフに見えて、食べる量の半分は野菜ということですね! カロリーも抑えられるし、食材もたくさん摂れてバランスもいい!     いっしょにいただくのは  イサキのカルパッチョ  シンプルにレモンとオリーブオイルで       先日作った コーヒーのパルフェ  の出来がイマイチだったのでもう一回挑戦。 今回は一番上のホワイトチョコレートのクリームはコーヒーエッセンス抜き、仕上げのジュレも略しました。       18cm角で作ったので、アングレーズの温度が下がる前にババロアを作って型に流せました。 前回は液量が少なくてあっという間に固まっていき、ビスキュイとババロアの間にすきまが空いてしまっていたのです。 連続で食べてもやはりおいしいですね~、このケーキ        

      5
      テーマ:
  • 23 Apr
    • 5月 自宅レッスン 募集開始しました

      5月自宅レッスンの募集を開始いたしました   今月はフレッシュハーブをどっさり使った2品をご紹介。     ★ クスクスのサラダ & クロケットゥ     パプリカ、レモンの果肉、レーズン、ミント、コリアンダーなどを、細かくカットしてクスクスに混ぜ込んだサラダです。 スプーンで口に運ぶと、爽やかさや甘さがパッと弾けるようです     クロケットゥの主役は鱈なのですが、マッシュルームやディル、コリアンダーの方が主張しているかも。 フランス料理にふさわしく、軽~いクロケットゥは幾つでも食べられそうです。     興味のある方はぜひHPをご覧くださいませ~      

      8
      テーマ:
  • 15 Apr
    • 自宅レッスン 仔羊のコンフィ アプリコット添え&オリエンタル風ラタトゥイユ

      フランス料理のプライベートレッスンのリクエストをいただきました。 いらしてくださったのは、イルプルー フランス料理本科の元クラスメイト KさんとMuさんです。 仔羊のコンフィ アプリコット添え クスクス オリエンタル風ラタトゥイユ の3品を作ります。     お料理のスキルはお二人とも問題なし!なので、調理は順調に進みます 出来上がりが同時になるような段取りなどの説明や手順などをご説明 試食のおまけは、今回はテリーヌ・ドゥ・カンパーニュです。     食後のお楽しみデザートは、コーヒーのパルフェ。     ビスキュイ、2種のババロア、イタメレ、シャンティ―クリーム、ジュレ・・・すべてにコーヒーが入った、コーヒー尽くしのケーキです 私はコーヒーはたまにしか飲まないのですが、コーヒー味のケーキは大好きです     お菓子・お料理それ以外にも話は弾み、楽しい時間はあっという間。 レストランで気取って食べるだけじゃない、みんなで作って楽しむフランス料理も、なかなかいいものですよね  

      7
      テーマ:
  • 04 Apr
    • 4月 自宅レッスン 募集開始しました

      JR藤沢駅 & 小田急線藤沢駅 からバス15分。 自宅でフランス料理教室を開いています。 代官山 イルプルーシュルラセーヌで習ったものをレッスンいたします。     4月自宅レッスンの募集を開始いたしました     ★ ピカルディ風クレープ & 根セロリのサラダ ★ サブレ・ア・ラ・ミモレット   の2コースです。     今月のお料理のコースでは、ポロねぎ、根セロリ、フォン・ドゥ・ヴォライユなど、フランス料理ならではの食材を使ったものを選んでみました。   ポロねぎとハムを炒めてクレープで包み、クリームソースを添えます。 軽いおやつクレープというよりは、お腹もお味も満足!のごちそうクレープです。 根セロリのサラダは私のお気に入り。 根セロリ、いんげん、マッシュルーム、グリュイエールチーズ、組み合わせる食材がさすがだなぁと思う一品です。   サブレ・ア・ラ・ミモレットは、発酵バター、ミモレットチーズ、アーモンドを使った塩味サブレです。 あまりのおいしさにウチではこればっかり作っています・・・。   ご興味のある方はぜひHPもご覧くださいませ~。 http://softcreamcat.amebaownd.com

      3
      テーマ:
  • 29 Mar
    • ピカルディ風クレープ

      前回のイルプルーのレッスンで習って美味しかった、  ピカルディ風クレープ  に挑戦です     ちょうどウチの冷蔵庫にポロ葱とフォン・ドゥ・ヴォライユがあったので、すぐできる! ・・・と、いかないのがクレープ。 クレープ生地は材料を混ぜて大抵1晩寝かせますが、イルプルーでは最低2晩寝かせます。 でも、前もって用意できる手順があるということは、当日その分やらなくていいから楽、とも言えますよね     さて、当日。 ガルニチュールの主役はポロ葱です。 炒め煮してからねぎと汁気に分け、ねぎとハムを生クリームで和えてクレープ生地に包みます。 汁はフォンと合わせてソースに。こちらにも生クリームを加えます。   包んだクレープの上にグリュイエールチーズをのせ、バーナーであぶって出来上がり     このお料理はバターは最初ポロ葱を炒める時に使うのみ。 ソースもバター抜きで、生クリームだけを使います。   焼き立てクレープに、ぽわ~~んとしたクリームソースと自然な甘さのポロ葱。 贅沢カフェメニューな雰囲気です   まったり一本調子になりがちなクリーム系ソースに変化を与えるのは、最後のあぶったグリュイエールチーズ ほんのり焦げ味と香りを添えて、味に飽きずにいただけます。   こちらのピカルディ風クレープを4月のレッスンにする予定です~  

      3
      テーマ:
  • 22 Mar
    • フランス料理上級レッスン 5回目

      今年初めてのウグイスの声を聞きながら地元の駅を歩いて、代官山へ向かいます いつもは憂鬱な雨も、花粉の季節だけはありがたい~     ★  ピカルディ風クレープ   当日急遽変更になったメニューです。   ポロねぎをフォンで煮て、煮汁はソースに、ねぎはハムと合わせてガルニチュールに使います。 クレープを焼いてガルニチュールを包み、ソースを添えます。 クレープの上にグリュイエールチーズをのせて、バーナーであぶって出来上がり。 うっすら焦げたチーズが見えるでしょうか?     ソースもガルニチュールもクリーム仕立てなので、ものすごいボリュームです。 見た目は軽食ですが、そこらで出されるパスタ1皿に匹敵する満足感。   この料理の感心ポイントはバーナーであぶったチーズです。 バーナーであぶることによって、溶け味ではなく「焦げ味」が加わります。 クレープを端っこから食べていって、真ん中あたりに来ると焦げ味が味に変化をもたらすわけです。う~ん、脱帽。 地味ですが美味しい!     ★ オニオングラタンスープ   大好きなメニューがやっとレッスンで習えます   是非とも知りたかった玉ねぎの炒め加減にびっくり。 よくあるカサカサ飴色玉ねぎではなく、バター煮状態です・・・。   もう一つのびっくりポイントは、パンに手を抜いたらおいしくない、ということでしょうか。 今回パン・ドゥ・カンパーニュを使っていましたが、このパンが美味しいのでスープが抜群に美味しいです。 家で作ったときはバゲットを使いましたが、ぜんぜん違う!     これまたご飯茶碗になみなみ分くらいあったので、お腹いっぱいです。 地味ですが美味しい!(2度目)       ★ 鶏のソテー 猟師風、 アンディーブのムニエルとポンム・ビロン     レッスンの最初に丸鶏を一羽さばくところから始まりました。 数週間前にさばく練習をしててよかったぁ~。 今回の鶏はスペイン産だそうで、カレー粉をまぶしたのかと思うほど鶏の全体が黄色くて、脂がとても少ない味の濃いものでした。   鶏は焼き色をつけて、白ワインとドゥミグラスと煮込むだけ。   ガルニチュールは3種。 アンディーブ(チコリ)のムニエルは、煮たアンディーブに粉をふってバター焼き。 想像つきませんよね? 椎名先生に「他にも、茹でてムニエルにする野菜のガルニチュールってあるんですか?」と聞いたら「こんなことするのはこれしかないわよ・・・」とおっしゃっていました。     怪獣みたいな名前のポンム・ビロンは、めちゃめちゃおいしいです。 ゆでたじゃがいもの中をくりぬいて、調味したじゃがいもをつめ、オーブンで焼くもの。 私の好きなイルプルーじゃがいも料理ランキングで、間違いなく3位以内にランクインです~。   最後は猟師風といえばシャンピニオン。ソテーするだけ。 ソースを調味して、盛り付けてできあがり。     フォアグラやトリュフなどの派手な料理とは違って、しみじみおいしいです! 地味ですがおいしい!(3回目) しかし、この量・・・。 お皿にもりもりです。     レッスン当日は、お昼にクレープを試食。 2時半ごろレッスン終了にて試食開始、オニオングラタンスープを頂いた時点で私はお腹いっぱいでした。 鶏はほとんどもちかえり、夕飯に主人と2人でわけてちょうどいい量でした   今年度のフランス料理上級クラスはこれにて終了。 来年度も通うことに致しました! まだまだレポは続きますよぉ~

  • 14 Mar
    • オーボンヴュータンのケーキ (オムレットゥ・ア・ラ・ノルヴェズィアンヌ)

      ホワイトデーに主人が、東京・尾山台の「オーボンヴュータン」のお菓子をどっさり買ってきてくれました。   「ものすごく丁寧に厳重に包んでくれたよ!」と言うので、どれどれ・・・と開けてみると。 モンブランが2つとも見事に逆さになっていました これはお店の責任じゃない! バイクで行くからだよ     その中の1つ、「オムレットゥ・ア・ラ・ノルヴェズィアンヌ」 ノルウェー風オムレツ・・・という意味かな? 違ったら失礼。 こちらはなんと 氷菓(中がアイスクリーム)です。     私好みの激甘のメレンゲの中は、春らしいピンク色のストロベリーシャーベット。 その下に薄いクリームの層があるのですが、何なのか解明できず! ビターアーモンドの香りかなぁ・・・?     形といい味といい、思いっきり乙女な雰囲気で可憐です 乙女でも可憐でもない私なんかが食べてしまって申し訳ない! 結構インパクトのある甘さも大好きなのですが、唯一お酒の香りが控えめなことが残念かなぁ。     イルプルーのお菓子に慣れきってしまったので、どんなお菓子を食べてもいつも「もう少しお酒がきいててもいいのに・・・」とつぶやいてしまいます。 ケーキに於いてはすっかり酒好きになってしまいました  

      8
      テーマ:
  • 13 Mar
    • 若鶏のフリカッセ 粒マスタードソース

      久しぶりに丸鶏をさばいてみました。 いつも不思議に思うのはさばいてる途中も2日くらい経った肉も、ピンク色のドリップがほぼ出てこないところです。 まな板がどろんどろんになるのでは、と思ってる方、魚に比べたらかなり短時間で終わりますよ。     おっと、話が逸れました   今回は   若鶏のフリカッセ 粒マスタードソース   に挑戦。     若鶏は焼き色をつけて、白ワインとフォン・ドゥ・ヴォライユで煮込みます。 鶏なので煮込みは短時間。     ガルニチュール(付け合わせ)は、 シャンピニオンはバターとワインで蒸し煮。 グリンピースは少量の砂糖とバターで煮たもの。 にんじんは塩ゆでのみ。 本来は小玉ねぎを入れるのが定番だそうですが、売っていなかったのでナシ。   ガルニチュールは全て別個に作ります。 本当に面倒くさいです が、別々に作るからソースが濁らず、それぞれの味が異なるので1口ごとが美味しいのですねー。     ソースを仕上げて鶏をお鍋に戻し、盛り付けて完成     生クリームとバター仕上げの濃厚クリーミーソースです。 牛乳仕立てじゃないので水っぽさもなし。 ホワイトシチューが苦手で今まで1回しか作ったことがありませんが、これは別もの。 すごく美味しいです!   ガルニチュールも手間をかけて正解! 塩ゆでしただけのにんじんがなぜこんなにうまいのか。 甘く煮たグリンピースもベストマッチです。   ゆでたカブなんかも合うんじゃないかな。 野菜の量や種類を思い切ってもっと増やして、一皿でいろいろな食材が取れるようにアレンジしてもいいかも  

      5
      テーマ:
  • 08 Mar
    • ゴーフル・ブリュッセル

      Mちゃんに会った時にもらったアーモンドを、ローストして蜂蜜漬けにしたものがそろそろ1か月経ちます。 アーモンドをオーブンで適当にローストしたら保存瓶に入れて、熱いうちに蜂蜜を注いだだけ 何と一緒に食べようかしらと迷った結果、ゴーフルを焼くことに決定!     イルプルーのルセットで作ります。 「ゴーフル・ブリュッセル」というより、「ベルギーワッフル」と言った方がわかりやすいでしょうか。     レッスンで習った時手軽にできるわりにすごくおいしいので、勢いでビタントニオのゴーフリエを買ってしまいました。 お手入れも簡単だし型離れもいいし、何より使っていて楽しい     いつもなら生クリームを添えるだけですが、今日はチョコレートソースも作っちゃう。 2月に復習したチョコレートが、まだまだどっさり余っているからです~       アーモンドをカリッと噛みしめると、香ばしさと甘さがじんわり。 チョコレートとアーモンドの組み合わせが王道だったことを、食べるまで忘れていました。     ナッツの蜂蜜漬けって、お店で買うとすごいお値段ですよね(というか高くて買わないけど!) すごく簡単なので、ぜひご自分で作るのをオススメします

      7
      テーマ:
  • 04 Mar
    • 3月 自宅レッスン 募集開始しました

      3月 自宅レッスンの募集を開始いたしました!     ★ 鴨のロースト オレンジソース   ハンガリー産のフィレ・ドゥ・カナールをオーブンでロースト。 国産オレンジとレモンを使って、甘くてフルーティなソースを作ります   これぞフランス料理!の見た目ながら、そんなに難易度高くはありませんからご安心を。       ★ サブレ・ア・ラ・ミモレット   ミモレットチーズがどっさり入った、チーズの香り高いサブレです お酒のおつまみにもオススメです あっという間にパッと作って、試食。お時間かかりません。     ご興味のある方はぜひHPをご覧くださいませ http://softcreamcat.amebaownd.com

      2
      テーマ:

プロフィール

アプリコット

性別:
女性
お住まいの地域:
神奈川県
自己紹介:
藤沢駅からバス15分。  自宅にてフランス料理教室を始めました! 代官山 イルプルーシュルラ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。