1分で目がよくなる方法 │ 子供の視力回復トレーニング方法:福岡店

只今、1分で目がよくなる方法を動画で公開中!大人・子供の視力回復トレーニング方法専門・アイトレーニング視快研 筑紫通り店(福岡県 博多)です。10年間で 4,317名の視力を 0.2 → 0.8 へとアップさせた視力回復トレーニングを公開中!


テーマ:
■1分で目がよくなる方法を公開中!

おはようございます。ビジョントレーナーの出口 隆です。
数あるサイトの中から ご訪問下さり、誠に ありがとうございます。

さて、前回では、目がよくなる4つの基本トレーニングと、そのやり方をお伝えしましたが、今回は、その大人・子供の視力回復トレーニング方法の中から特に、目のショボショボ感や 目のかすみ、不快症状を解消してくれる、目がよくなる方法をお教えします。

この目がよくなる方法は、テレビでも紹介された方法であり、実践後、目の周囲の血流がアップするため、すぐに物の見え方の違いが分かるほど 視界がクリアになる、即効性の高い方法です。

実践後、すぐに効果を実感いただけるといっても、マッサージと同じで、あくまでも一時的であり、また 元に戻りますので、継続することが大切です。

それでは早速、その 即効性の高い、大人・子供の視力回復トレーニング方法の1つ、1分で目がよくなる方法を お教えしましょう~♪

目のストレッチのやり方


目のストレッチ 「 眼を 上下左右 に動かすトレーニング 」 60 秒

この 「 1分で目がよくなる方法を 」 は、以下の動画や画像のように、
眼を上下左右に動かす運動をします。


目のストレッチ法


上記の 「 1分で目が良くなる方法 」 を、以下の 大人・子供の視力回復トレーニング方法と一緒に行って頂くと、より一層、目の疲れ、眼精疲労、目のショボショボ感など、
目の不快感を解消することが出来ます。

さらには、物がかすんで見えたり、ぼやけて見えていた物の見え方が
クリアに見えたり、目が悪くなるのを防ぐことができるため、
上記の目がよくなる方法と一緒に、お試し頂くことを おススメします。

詳しくは、以下の記事の中で 公開していますので、ご参考下さい。

目のストレッチ法や視力回復トレーニング


以上、大人・子供の視力回復トレーニング方法の1つ、目の不快感を解消する目がよくなる方法を お教え致しました。

今日も最後までお読み下さり 誠にありがとうございました。

 視力アップ推進委員会
 アイトレーニング視快研・育視(イクシー)グループ
 九州・山口カスタマー本部   

◆運営者情報◆
・代 表 : 出口 隆
・住 所 : 福岡県福岡市博多区諸岡5丁目
大人やお子さんの体験者のお声 はコチラから
お電話・メールでのお問い合わせは コチラから

いいね!した人  |  コメント(120)  |  リブログ(4)

テーマ:
白内障の原因についてお伝えします。

こんにちは。視力アップ推進委員会の出口 隆です。

さて、前回は、緑内障という怖い眼病について触れましたが、今回は、さらに高い確率でおこる白内障の原因について、お話いたします。

もしあなたが、すでに40歳を超えている場合は、特に気を付ける必要がありますので、今回の内容は必ずお読み下さい。

白内障の発症リスクや進行を、少しでも予防できるように、今回の白内障の原因と対策の内容を読まれ、対策してみて欲しいと思います。

まず、白内障は、年をとってくると、多くの人が発症します。

そう。お分かりの通り、白内障の原因は、いってみれば、避けられない加齢現象の一つです。

しかし、なぜ白内障になるのかは、意外と皆さん知らないようです。

それについて、今から分かりやすく解説して行きます。
 

白内障は、眼の中のレンズである水晶体が濁る病気です

水晶体とは、クリスタリンという、蛋白質と水分で出来ている透明な組織体です。

この蛋白質に異常が起こり、変性して濁ってしまう為に、眼からはいってきた光の通過を邪魔して、ぼやけて見えるようになるのが、白内障です。

だいたい80歳こえていれば、ほとんどの方は発症しています。

早い人なら、40代くらいでも発症します。

したがって、一番の白内障の原因は 「 加齢 」 といえます。
 
■また、次のような人は、白内障のリスクが高いです。■
・糖尿病の人
・アトピーなどアレルギー体質の人
・ステロイド剤を使用している人
・放射線治療を受けている人
・長時間パソコン作業を行っている人

これらの方々は、特に注意が必要です!
 

白内障は自覚症状がない病気

通常、私たちは、身体になんらかの変化を感じると、病気を疑います。

ところが、白内障の初期には、痛みなどないので自覚症状がありません。

その為に、光をまぶしく感じたり、白っぽくかすんで見えたりして、症状に気付いた時には、すでに進行してしまっていることが多いです。

さらに進行すると、視界が暗くなっていきますので、少しでも早めに気づくことが大事です。

なので、少しでも症状があったら、すぐに眼科で検査して下さい。

これは、白内障に限らず、緑内障や黄斑変性症でも同じですが、できれば、40代過ぎた方は、定期的に眼科で眼の健康チェックをした方がいいと、私は思っています。
 

白内障の治療法とは?

白内障の原因は分かった!では、どうやったら治るのか?

ということですが、ちなみに、白内障は一度発症すると自然に治ることはありません。

なので、日常生活がおくれるように、点眼薬や服用薬で、進行を遅らせる処方を眼科では、まず行います。

また根本的治療としては、眼内レンズを手術を行います。

進行が進み過ぎると、手術が難しくなるので、適切な時期に行うことが大事ですが、必ずしも早めに行う方が、いいとも限りません。

なぜなら、期待するほど改善できないこともあるからです。

白内障の手術そのものは、日帰りでもできますので、比較的安心しておこなえる手術です。

もちろん、術後の合併症などのリスクはゼロではありませんので、定期的に検査は必要です。

白内障手術は、自分の水晶体を吸い出して、代わりに眼内レンズを入れます。

この手術によって、屈折の矯正も行う為に、近視だった人は視力が良くなります。

 

眼内レンズには2種類ある?

■実は、眼内レンズには、■
1.短焦点レンズ と
2.多焦点レンズの2種類があります。

それぞれ、メリットとデメリットがあります。
 
■短焦点レンズ■
・メリット:健康保険が適用されるので、費用が安い
・デメリット:ピントを一定の視距離に合わせるために、メガネが必要になる
■多焦点レンズ■
・メリット:ピントが3つあるので、術後のメガネ使用が大幅に少ない
・デメリット:健康保険の適用外なので、自己負担が大きい

レーシック手術を受けた人は、

健康保険対象外になる

意外に知らない人が多いですが、レーシック手術で角膜矯正をしている人は、保険対象の、短焦点レンズでの眼内レンズ手術はできません。

屈折矯正をしている為に、眼内レンズの矯正も難度が高くなり、手術自体も経験のある専門医がいる、眼科病院でおこなう必要があります。

先ほど、説明しましたように、白内障の眼内レンズ手術を行うと、視力も改善できますので、今レーシック手術を検討中の方は、先々のことも充分に考えてから、結論を出した方が良いと思いますよ。

しかし、何よりも、自分の目でいつまでも見えるのが、一番いいに決まっています。

その為には、日ごろの目のケアと、トレーニングが大事になってきますね。

>> 効果的な視力トレーニング一覧

これらの白内障の原因と対策が、少しでも白内障リスクの予防になることが出来ましたら幸いです。

 

◆運営者情報◆

・代 表 : 出口 隆

・住 所 : 福岡県福岡市博多区諸岡5丁目
大人や お子さんの体験者のお声 はコチラから

お電話・メールでのお問い合わせは コチラから

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

・近視を放置すると目の病気で失明するリスクが高まります。

 

こんにちは。視力アップ推進委員会の出口 隆です。

 

さて、今回は、目の病気についてお話を致します。

 

もしあなたが、近視が進行しているならば、今回の内容は必ずお読み下さい。

 

なぜならば、近視が進行して視力が低下すると、目の病気で失明するリスクも高まるからです。

 

目の病気で失明するリスクを回避するためにも、今回の内容を読まれ対策を行うことをお勧め致します。

 

近視が進むと目の形はラグビーボール状に変形する。

ご存知でしたでしょうか? 近視が進行すると、眼球はラグビーボールのように形が変形することを…。

 

この状態を早く改善しなければ、近視の合併症とも言える目の病気

 

■近視の合併症■
・緑内障( りょくないしょう )
・黄斑変性症( おうはんへんせいしょう )
・網膜剥離( もうまくはくり )
・白内障( はくないしょう )

 

などの目の病気にかかってしまうリスクが一気に高くなるのです。

 

それらの目の病気で失明してしまうリスクも高いため、近視で視力低下があるならば、今すぐ

 

 

ことを、強く強くオススメ致します。


しかし、なぜ、

 

近視になると目の病気になりやすいのか?

それは、ラグビーボールのように眼球が伸びることで、網膜も引っ張られる。網膜が引っ張られると、網膜に隣接している目の神経などが萎縮してしまい、血流障害を起こしてしまうからです。

 

そのため、目のトレーニングや ストレッチ、目を悪くする習慣を改善し、近視の進行を食い止め 眼球が伸びるのを食い止めることが重要です。

 

それによって、目の病気で失明することを防ぐことが出来るばかりか、視力を回復させることも十分可能になります。

 

■眼球の長さ■

一般的な眼球の長さは、平均21ミリ。近視が進む( 3D:近視の度数を表す単位 )につれて1ミリずつ伸びると言われています。

 

なので、6Dの強度近視になると眼球が2ミリも伸びる計算になります。

 

ちなみに、眼球は2ミリ以上伸びると目の病気を招くリスクが高くなり、「 危ない 」 と言われています。

 

6D以上の強度近視は、医療業界では「 病的近視 」と呼ばれるホドなので、一度、眼科などで近視の度数を調べてもらうことをお勧め致します。

 

もし あなたの近視の度合いが、3D以上ならば目の病気で失明を招くリスクがあるため、今すぐ、目のトレーニングや ストレッチ、目を悪くする習慣を改善されることを、強く、強くオススメ致します。

 

どうが、ご自身のお子さんの目の健康を守るためにも、このブログで公開している目のトレーニングや ストレッチを、日ごろの生活の中に取り入れてみて下さい。

 

それによって、近視の進行・眼球の伸びを食い止めることが可能になるはずです。

 

では、「 なぜ近視になると目の病気になりやすいのか? 」について解説しましたので、今から 目の病気で失明を招く目の病気について、1つ1つ解説して行きたいと思います。

 

目の病気1:緑内障

緑内障は、あなたもご存知のことかと思います。ちなみに緑内障は、日本において 最も多い目の病気で失明するモノです。

 

しかし、なぜ近視が進行すると緑内障にかかりやすくなるのか?

 

今から解説して行きたいと思います。

 

まず、緑内障は眼球内の房水( ぼうすい )の圧力が上がることが影響します。

 

房水の圧力が上がることで 視神経が圧迫される。その結果、視野が欠けてしまったり、モノが歪んで見えてしまうような症状が現れるようになります。

 

ただし、眼圧が正常でも視神経が萎縮してしまい、緑内障になるケースも増えているため、ただ単に 緑内障 = 眼球内の房水の圧力が上がる。とは言い切れないケースもあるそうです。

 

■緑内障にかかりやすい年代■

緑内障を含め、目の病気で失明する近視の合併症は、中高年層に増えています。

 

特に、40歳以上の強度近視の5~6人に1人の割合で緑内障にかかっているデータもあります。

 

私共の視力センターにも、緑内障と診断された方もいらっしゃいます。

 

また、昨今パソコンやスマホ、携帯ゲームなどが急速に普及したことで、20代や30代でも近視の方が急増。

 

それによって、目の病気で失明するリスクの高い近視の合併症に関する問い合わせも増えています。

 

近視によって招く緑内障の原因。それは…

近視が進行して目の病気で失明する近視の合併症、緑内障の多くは血流障害によって起こっていることがほとんどです。

 

なぜか? それは、パソコンやスマホ、携帯ゲームなどによって目を酷使するだけでなく、首や肩周りのコリによって首から上の血流が低下し、目の機能が低下するためです。

 

更に深く突っ込んで解説すると、首から上の血流が低下すると、視神経に栄養がいかなくなる。それによって、少しずつ視神経が萎縮していき、視野が欠損する。と考えられています。

 

尚、緑内障にかかっている方の多くが、右目か左目の片側だけが緑内障になっている。というかたがほとんどです。

 

これは主には、両目を正しく使っておらず、右目か左目どちらかを酷使して使っている人が、悪化する傾向にあるからと考えられています。

 

たとえば、テレビ画面を真正面から見ないで斜めから見ると、どうしてもテレビと目との距離に左右差が生まれます。

 

当然、ピント調節も違ってくるため、視力に左右差が生まれます。

 

緑内障も同じでして、片目だけ使っている方が悪化し 目の病気で失明する可能性が高い、緑内障にかかっている傾向があります。

 

また、視力低下だけでなく、肩こりがヒドイ方も悪化する傾向もある。と言われています。

 

ので、ここまで読まれて「 心当たりがあるな… 」と思われた方は、目の病気で失明する可能性が高い緑内障になる前に、今すぐ、このブログでも紹介している目のトレーニングやストレッチ、目に良い習慣を取り入れて下さい。

 

緑内障は症状が出ないまま進行する…

■緑内障の主な症状■
・目の奥の痛み

 

ただし、一般的には症状が出ないまま進行するので、発見しにくいのが特徴です。

 

パソコンやスマホ、携帯ゲームのし過ぎで目を酷使して、目のコリをそのままにしてると、次第に目の痛みへと悪化します。

 

これは、目を酷使したことで目の筋肉が凝り固まり、目の血流が悪いくなる。結果、目の痛みが生じると考えられています。

 

目の痛みは「 目からの危険なサイン 」でもありますので、目の痛みを感じたらスグに目を休めること。

 

そして、目のストレッチやトレーニングで、目のコリをほぐし、血流を良くしてあげる。そうすることで、目の血流が改善され、視神経の流れも良くなります。

 

視野の欠損について

視野の欠損について、よく「 失明するのではないか? 」と不安を感じられる方がいらっしゃいます。

 

これは当然そう思いますよね。視界の一部が見えなくなる訳ですから。

 

目が見えなくなる恐怖や不安から、不眠症になる方もいらっしゃいます。しかし、病気の進行が止まれば不安の半分は解放されますので、必ず眼科で検査や治療を行って下さい。

 

緑内障は眼圧が高くなることで起こります。

 

これは、主には目や首のコリによって血流が悪くなり、視神経が圧迫されることにあります。

 

逆を言えば、目や首のコリを改善してあげれば、目の病気で失明するリスクの高い緑内障などを防ぐことが可能になる。と言えます。

 

このブログで紹介している目のストレッチや目のトレーニング、目に良い習慣や食事。それらを日常生活の中に取り入れることで、目の筋肉を鍛え、血管を強化し、血

液の流れを良くする。

 

それによって眼圧が下がり、栄養の供給も良くなり、目の病気で失明する可能性のある緑内障を予防することが可能になります。

 

さて、今回は目の病気で失明する可能性の高い緑内障を解説いたしましたが、次回も 緑内障以外の目の病気

 

 

について解説して行きます。

 

目の病気で失明を避けるためにも、近視で視力低下が進行している方は、今すぐ以下の目のストレッチや トレーニングを取り入れてみて下さい。

 

>> 効果的な視力トレーニング一覧


上記の目のストレッチや トレーニングを行うことで、近視の進行を抑制し、また、目のコリを改善し 血流を良くすることが可能になります。

 

それによって、目の病気を回避することができる可能性もグンッ!とアップするはずです。

 

これらの内容が、少しでも目の病気で失明するリスクを避けることが出来ましたら幸いです。

 視力アップ推進委員会
 アイトレーニング視快研・育視(イクシー)グループ
 九州・山口カスタマー本部
 

◆運営者情報◆

・代 表 : 出口 隆

・住 所 : 福岡県福岡市博多区諸岡5丁目
大人や お 子さんの体験者のお声 はコチラから

お電話 ・メールでのお問い合わせは コチラから

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)