子供の視力回復トレーニング方法 │ 1分で目がよくなる方法:福岡店

大人・子供の視力回復トレーニング方法専門・視力トレーニングセンター・アイトレーニング視快研 筑紫通り店(福岡県 博多)です。9年間で 3,817名の視力を 0.2 → 0.8 へとアップさせた視力回復トレーニングや、1分で目がよくなる方法などを公開中!

NEW !
テーマ:
■1分で目がよくなる方法を公開中!

おはようございます。ビジョントレーナーの出口 隆です。
数あるサイトの中から ご訪問下さり、誠に ありがとうございます。

さて、前回では、目がよくなる4つの基本トレーニングと、
そのやり方をお伝えしましたが、今回は、その
大人・子供の視力回復トレーニング方法の中から特に、

目のショボショボ感や 目のかすみ、不快症状を解消
してくれる、目がよくなる方法をお教えします。

この目がよくなる方法は、テレビでも紹介された方法であり、
実践後、目の周囲の血流がアップするため、
すぐに物の見え方の
違いが分かるほど
視界がクリアになる、即効性の高い方法です。


実践後、すぐに効果を実感いただけるといっても、マッサージと
同じで、あくまでも一時的であり、また 元に戻りますので、
継続することが大切です。

それでは早速、その 即効性の高い、大人・子供の視力回復トレーニング方法
の1つ、1分で目がよくなる方法を お教えしましょう~♪

目のストレッチのやり方


目のストレッチ 「 眼を 上下左右 に動かすトレーニング 」 60 秒

この 「 1分で目がよくなる方法を 」 は、以下の動画や画像のように、
眼を上下左右に動かす運動をします。


目のストレッチ法


上記の 「 1分で目が良くなる方法 」 を、以下の 大人・子供の視力回復トレーニング方法と一緒に行って頂くと、より一層、目の疲れ、眼精疲労、目のショボショボ感など、
目の不快感を解消することが出来ます。

さらには、物がかすんで見えたり、ぼやけて見えていた物の見え方が
クリアに見えたり、目が悪くなるのを防ぐことができるため、
上記の目がよくなる方法と一緒に、お試し頂くことを おススメします。

詳しくは、以下の記事の中で 公開していますので、ご参考下さい。

目のストレッチ法や視力回復トレーニング


以上、大人・子供の視力回復トレーニング方法の1つ、
目の不快感を解消する目がよくなる方法を お教え致しました。

今日も最後までお読み下さり 誠にありがとうございました。

 視力アップ推進委員会
 アイトレーニング視快研・育視(イクシー)グループ
 九州・山口カスタマー本部   

◆運営者情報◆
・代 表 : 出口 隆
・住 所 : 福岡県福岡市博多区諸岡5丁目
大人やお子さんの体験者のお声 はコチラから
お電話・メールでのお問い合わせは コチラから

いいね!した人  |  コメント(106)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
目のまわりのシワの原因と改善策について

こんにちは。視力アップ推進委員会の出口 隆です。

さて、これまで視力低下の多くの原因は 目の運動不足、目の酷使による目の筋力低下。そして、血流の低下による目の冷えが原因である。とお伝えしました。

が、実は、目のまわりのシワや 目のクマも、目の冷えが原因であることが多いのです。

今回は、その目のまわりのシワの原因と改善策をお伝えしたいと思います。

ですので、もしあなたが、目のまわりのシワや目のクマでお悩みの場合は、今回の内容が役立つはずです。

それでは早速、本題に入って参りましょうー!

目の冷えは、視力低下以外にも多くの悪影響を与えます。

目の筋肉のコリから招く血流の低下は、目のまわりのシワや 目のクマの原因にもなります。

なぜか?というと、まず、血流が悪くなるとご存知の通り、栄養や酸素不足に陥ります。

また、新陳代謝も低下するため、酸素や栄養が足りないことによって 目のまわりのシワが起こり、悪い血液が溜まってしまうため、クマも出てきしまうのです。

つまり、目のまわりのシワや 目のクマは、そのような

「 目の酷使、目の血流が低下しているよ…」 という体からのサインなのです。

また、目への酸素や栄養不足は、まぶたがはれぼったくなって目を覆う感じになります。

それによって、目が小さく見えてしまったり、暗く元気がない、機嫌が悪いようにも見えてしまうのです。

目の酷使、目の冷えによる視力低下は、目の健康だけでなく、目の美しさや 魅力も損なう、つまり、老け顔に見えてしまうなどの外見的なマイナス要因も与えてしまうのです。

視力低下は、視力だけでない。

このように、目の筋肉の運動不足、血流低下は、視力低下だけでなく、目の周りのシワや 目のクマの原因にもなり得るんですね。

では、どうすれば 目のまわりのシワや 目のクマを改善できるのでしょうか?

それは、原因が目の運動不足、目の冷えが原因なのですから、それらを解消してあげれば自然と改善できるようになります。

では、どうすれば 目の運動不足や 目の冷えを改善すれば良いのでしょうか?

それが、目を温めてあげること。です。

目を運動したり、外部から温めてあげることで、目のコリも和らぎ、目の血流も改善してきます。

目を効率よく温めるコツ

は、目を内部と外部、両方から温めることが最も効果的な方法です。

目を温める。と聞くと、どうしても ホットタオルなどをまぶたの上に乗せて温める。ことを思い浮かべがちですが、それだけでは不十分です。

ホットタオルだけでは、一時的にしか目が温まらず、熱もスグに外に出ていってしまいます。

なので、目のストレッチなどで内側と外側、両方から温めてあげることが根本解決に繋がります。

では、目の冷えを取り除く目のストレッチは、どのような物が良いのでしょうか?

今からご紹介する、目のまわりのシワや 目のクマ解消にも役立つ、目のストレッチは、道具を一切使わないため、仕事の合間や 目が疲れた時など、どこでも手軽にできる方法です。


■5分で目のまわりのシワやクマを改善!■
  1. 目のストレッチで凝り固まった目の筋肉をほぐす。
  2. 目のまわりのツボ押し
  3. プロのスポーツ選手も取り入れている ナンバータッチ

目のストレッチで凝り固まった目の筋肉をほぐす。■
パソコンやスマホ、携帯ゲームなどの小さい画面を見ている時、画面の小ささからどうしても、目を上下左右、斜めなど動かす範囲が小さくなります。

そのため、目を動かす筋肉もそれだけ少ないため、目の運動不足を招きやすくなります。

足腰も動かさなければ、歩かなければ筋力が低下するように、目の筋肉も動かさなければどんどん低下し、冷えを招くようになります。

そこでオススメなのが、上記の目のストレッチです。

実際に行っていただくと体験できるかと思うのですが、上記の目のストレッチをするだけでも、左右に動かしたときに 多少の痛みを感じるはずです。

痛みを感じれば、目の運動不足である証拠です。

1分行うだけでも、ずいぶんと目の見え方、目の不快感も改善されるため、まずは試してみて下さい。

いかに目の運動不足かが、体感を通してお分かり頂けるはずです。

■5分で目のまわりのシワやクマを改善!■
身体にもツボがあるように、目のまわりにもツボが存在します。

そのツボを刺激することで、血液の流れを促進させることが可能になります。

その具体的な方法を、図解で解説していますので試してみて下さい。

プロのスポーツ選手も取り入れている ナンバータッチ■
これは、有名なプロ野球選手や テニス、ボクサー、卓球など トップアスリートも取り入れているほど、科学的にも立証された効果絶大なトレーニング方法です。

動くモノを見る時は、目を素早く動かす必要があるのですが、現代人は、パソコンや スマホなどを一転凝視することが習慣になっているため、目を素早く動かす能力も衰えています。

それらの、目を素早く動かすのに非常に効果的なトレーニング法です。

トップアスリートも取り入れているその方法を、ぜひ試してみて下さい。


・上記3つのトレーニング+目のホットパック。

これらを1日5分続けるだけでも、目のまわりのシワや目のクマはもちろん、視力低下を抑制し 目の見え方も変わることを実感いただけるはずです。

ということで、目のまわりのシワの原因と改善策をお伝えしました。
それでは、今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 視力アップ推進委員会
 アイトレーニング視快研・育視(イクシー)グループ
 九州・山口カスタマー本部

◆運営者情報◆

・代 表 : 出口 隆

・住 所 : 福岡県福岡市博多区諸岡5丁目
大人や お子さんの体験者のお声 はコチラから

お電話・メールでのお問い合わせは コチラから

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
視力の低下は目の病気を招く可能性が高くなります。

こんにちは。視力アップ推進委員会の出口 隆です。

さて、視力に関するお問い合わせや ご質問、カウンセリングをしていると、以下のように思っている方がとても多いように感じます。


確かに、視力は矯正することである程度見えるようにはなります。

しかし、メガネやコンタクトレンズで視力を矯正しても、近視は回復していないため、視力低下は進行しているのです。

視力低下が進行している。ということは、都度 メガネやコンタクトレンズで矯正していてもいずれ、さまざまな目のトラブルを招くだけでなく、目の病気を招く可能性も高くなります。

そう。視力の低下は目の病気を招くサインでもあるのです。

ほおっておくと、最悪の場合 目の合併症などによって 目が見えなくなってしまう可能性もあるのです。

■主な目の合併症■
  • 緑内障
  • 白内障
  • 網膜剥離
  • 黄斑変性症

ですので、もしあなたが上記の方達と同じように思っているのであれば、今回の記事は必ず目を通しておかれることをお勧め致します。

年齢を重ねるにつれ、目の合併症のリスクは高くなる。

視力の低下は目の病気のサインでもあると言えます。少なくとも、何の対処もせずにほおっておくと、将来 目の合併症になるリスクは高くなります。

そして実は、年齢を重ねるにつれ、この目の合併症のリスクも高くなる。と言われていたのですが、若いうちに目の合併症にかかってしまう人も 徐々に増えてきているのです。

これは、小学生から近視になる人が増えてきている、大人になって近視になる人も急増しているように、目の合併症になる人も増えてきているのです。


そう。目の良い人が緑内障になるのは、3%以下なのに対して、40歳以上の強度近視の人は、5人~6人に一人がかかる割合なのです。

視力低下をほおっておいて強度近視になり、それが原因で目の合併症を引き起こし、失明してしまう人は思った以上にいるのです。

視力の低下は目の病気のサインである。ということは、データを通して改めたお分かりいただけたのではないでしょうか?

強度近視は中途失明の要因にもなる。

仮に、目の合併症にならなくても、強度近視は中途失明の6番目の要因にも挙げられています。

視力低下は目の病気を引き起こす原因にもなりますし、近視に気づき、ほったらかしにしていると、合併症から失明のリスクも一気に高くなります。

年齢を重ねると共に、ちょっとした風邪で肺炎を引き起こす可能性が高くなるように、目もまた合併症のリスクが高くなるんですね。

このあたりは、目も体の一部、内臓が唯一外部に飛びだしている部分ですから、目も同じことが言えます。

ので、視力低下を感じたら、このブログでも公開している 目のストレッチやトレーニングなどで 目を温め、目の冷えを取り除き、目の筋力低下を予防し、血流を良くしてあげることが大切になります。

>> 目のストレッチやトレーニング法は コチラ

メガネやコンタクトレンズも使い方次第で有効。

ただし、メガネやコンタクトレンズが “絶対悪” という訳ではありません。

勉強をする時や 仕事をする時、大事な場面では必要になることもあるでしょう。

そのような必要な時にだけ使うようにしてあげると、近視の進行を遅らせることも可能になります。

メガネやコンタクトレンズをして視力を矯正したところで、近視自体が治ったわけでもなければ、裸眼の視力も上がるものではありません。

使えば使うホド、視力低下は進行して行きます。

人間が、車やエスカレーターなど足腰を使う場面が減ったことによって、つまり、楽をすればするほど足腰が弱くなり 腰痛が増えているのと同じです。

これは、レーシック手術も同じです。

レーシックでは近視は治りません。

あくまでも、目の中にコンタクトレンズを入れているようなイメージです。

しかも、取り外しの効かない、視力の低下に合わせて度を合わせることのないコンタクトレンズを…。

最近は、一時期に比べれば手術費用もグッと安く、手術時間も早くなり、気軽にレーシックを受けられるようになりました。

パッと手術をして、即効で視力回復が出来るのはとても魅力的です。

しかし、前述の通りレーシックは近視を治す手術ではなく、レンズを削って一時的に見えるようにしているようなモノなのです。

近視は治っていないので、レーシック手術をした後も 近視の進行は進んでいます。

つまり、目の筋力低下・目の筋肉の硬直、それにより血流が低下して目の冷えが起きている。

それによって視力低下を招いている。

その状態は、レーシックをしたから、メガネやコンタクトレンズをしたから。といっても、回復したワケではありません。

目先の視力は回復したとしても、その裏側では上記の状態の悪化は 着々と進んでいるワケです。

そして、それらを放置しているといずれは、目の合併症にかかる可能性も高く失明するリスクもあるわけです。

ですので、視力低下は目の病気のサインだということを、しっかりと認識していただき、今すぐ視力回復に取り掛かって頂きたいと、切に願います。

上記の視力トレーニングによって、目のコリを改善し 目の血流もアップします。

それによって、大なり小なり視力回復を実感できます。

体験版やブログ内で公開しているトレーニング法でも、十分 視力低下の抑制、視力回復を実感いただけますので、まずはそちらからお試し頂ければと思います。

そして、それらを実感いただけたならば、ぜひとも周りの人たちに「 一度下がった視力はトレーニングすれば回復できる 」 ということを、お伝え下さい。

パソコンや スマホ、携帯ゲーム、テレビなどが急激に普及したと同時に、小さなお子さん(5歳児でも)の視力低下も急激に増えています。

それらを何とか食い止めるためにも、私達 大人が正しい知識を身に着けていけたら…私のブログが、その1つになれたらとても嬉しく思います。

共々に、大切なお子さんの目の健康を守り、また、ご自身の目の健康も守って参りましょう!

ということで、視力の低下は目の病気のサインでもある。ということを、お伝えしました。

それでは、今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

 視力アップ推進委員会
 アイトレーニング視快研・育視(イクシー)グループ
 九州・山口カスタマー本部

◆運営者情報◆

・代 表 : 出口 隆

・住 所 : 福岡県福岡市博多区諸岡5丁目
大人や お子さんの体験者のお声 はコチラから

お電話・メールでのお問い合わせは コチラから

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)