愛の夢のつづき

ピアノの演奏と指導をしている野谷恵です

50代で多くのコンクール入賞
札幌、東京、大阪で
楽な弾き方と楽譜を感じる表現法のレッスンをしています

ピアノとフィギュアスケートのブログです
羽生結弦、浅田真央両選手を応援しています

お問合せ先⇒プロフィールに

ドキドキグリーグ協会ランチコンサート/10月16日(日)12:00/仏蘭西屋すいぎょく(板橋区)/7500円
■カスキ/激流■詳細9/8の記事に■お問合せ pianoon*nifty.com (*を@に替えて)

■東京レッスン9/24(土)~28(水)、大阪は10月下旬■お問合せ pianoon*nifty.com (*を@に)
■演奏■10/16 ランチコンサート(東京板橋)■12/4 札幌コンサートホールKitara(小)■1/28 サニーホール(大)
NEW !
テーマ:

次ページ、■リストの易しく美しいピアノ曲・11曲(HPのエッセイ・知られざるリストより)

■萬斎さんが、さらりと大事なことを仰って・・

■思わず泣きそうになるくらい、とても美しく素晴らしい曲・・・レッスンで深く感じられると・・ 

■ライスト視聴可+新プロ成功をSEIMEIが祈り魔を払うかのような・・

■人の感情を揺さぶる嵐と激流・・演技・演奏の最終目標

■ピアノコンクールとスポーツの競技会の違い

■■10月16日(日)東京で演奏します。今度は北欧の音楽を・・

・・・にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへにほんブログ村よろしくお願い致します。

 

 

(※スローモーションでジャンプ2本だけを画面撮りした

動画をアップしたのですが削除されたようです。

申し訳ありません。一部、改稿もしました。)

 

 

「ひとつひとつの質」の高いジャンプを跳ぼうと

 

目指すことは、

 

ただ4回転ループを跳ぼうと目指すこととは

 

全く違う結果を生むというのは

 

スケートを実際に滑らなくても

 

容易に想像ができますよね。

 

image

 

 

ジャンプやスケーティングの質の高い演技の中で

 

例え1回や2回転倒があったとしても、

 

転倒無しで質の低い演技より

 

遥かに素晴らしいプログラムになりますし、

 

高くも評価されます。

 

 

 

まったく同じことがピアノにも言えて、

 

楽譜に「ド」と書いてあったら、

 

「ド」の鍵盤を間違いなく打てばそれで良いと考えるのと

 

どんな風に、その「ド」を打つのかを

 

繊細に感じ分けながら打つのとでは

 

全く違う結果になります。

 

 

 

また、

 

「プログラムの流れを大事に」するというのも、

 

音楽で言えば、

 

音と音をどうつなげ、

 

フレーズとフレーズをどう扱うか、

 

つまり、

 

曲の流れを考えて練習することは

 

1個も音を外さないように弾くことばかりを

 

目指して弾くのとは、全く違う演奏になります。

 

 

 

フィギュアスケートは、

 

近年、「結弦くんのお蔭で」と言えるくらい

 

「ただ失敗しなかったジャンプ」

 

「加点のつく質の高いジャンプ」があることが

 

一般にも知られてきました。

 

 


 

プロトコルがニュースで扱われる機会も増え、

 

こういうところを評価されたから

 

高得点になった、、という知識を

 

スケオタではなくても、

 

漠然とであっても、

 

知る機会が増えました。

 

 

 

ほんの数年前、

 

パトリックのスケーティング技術が

 

ジャッジに高く評価される意味が理解されず、

 

スケーターは「凄い凄い」と言うけれど

 

一般人は「八百長だ」などという人もいた頃を思えば

 

急速に理解が進んでいると

 

言えると思います。

 

 

 

ピアノは・・・

 

 

文字通りに「ミスを数えて」

 

「ミスがいくつしかなかったから素晴らしい」などという

 

怖ろしい価値観が、

 

まだ一般的というレベルです。。(^_^;)

 

しかもそれを助長するTV番組も時々あるようです。

 

 

 

 

しばらく前(昨年?)には

 

専門家さえそれに加わって、

 

機械でだんだんテンポを上げても

 

それでも「ミスがいくつしかなくて素晴らしい」という

 

タイプライター・コンテストのような

 

ピアノの競技が放送されていたのを見ました。

 

 

 

そうやっている限り、

 

例えば、タッチを磨くことで

 

同じピアノから全く違う音が出たり、

 

表現も(奇をてらう事ではなく)

 

本質的な音楽表現の感動というものがあるのに

 

それらは浸透せず、

 

指の運動を面白がる浅いレベルから

 

抜け出せないのです。。

 

(先日のリストの世界一難しい曲?とやらも

 

リストの功績を伝えることではありませんでした。)

 

 

 

指の運動性ではなく、

 

もっと深い面白さがあることを

 

もっと胸を熱くする感動があることを

 

伝える専門家が増えてほしい。。

 

 

 

フィギュアスケートでの結弦くんくらいに

 

ピアノでも「質」を求める人が、

 

増えてくれれば、

 

ピアノやクラシック音楽の面白さや感動は

 

一般にも浸透するのに、、と、

 

夢見る日々です。。

 

 

 

 

**********

 

10月16日(日)東京板橋区のフレンチレストランで

 

日本グリーグ協会主催ランチコンサートに出演します。

 

詳しくは↑リンクした記事をご覧ください。

 

**********

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

 

★下のバナー、クリックして頂けたら嬉しいです。

よろしくお願い致します。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

ひとつでも嬉しいです。
いつもありがとうございます。(^^) 

             Megumi(野谷 恵)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)