2006-02-18

223.オイルスコープ

テーマ:彼女じゃない恋愛

彼に冷たい態度をとってから、彼はやたらと私を構うようになっていた。
駆け引きの成立と、喜ぶ心は微塵もない。
こんなものなのかな、なんて思えてならない。
どんな気分かは解らないが、彼に返事のメールを送ることもあれば流すことも多い。
<無視ですか?>
彼はしばし私に不満を抱き始めているようだ。
私はやっぱり、自分がどうしていいのか解らずに何もしないという選択をするばかり。
彼からの連絡も徐々になくなりつつあった。


<2月に1度そっちへいきます>
彼からの業務連絡のようなメールが来る。
<早く会いに来てね>
私も定型文のようなメールを返す。
そうするしかなかったのだ。


好きだと言われ、未来も見え始め、傍から見ればもしかしたら幸せに見えているのかもしれない。
私だけが悲観的に考えすぎているのかもしれない。
そう思うのは自分がどんな理由で滅入っているのかよく解らなかったから。
並べた理由はどれもこれも首を縦には振らせてくれない。


2月に1度のデート…。
いつになるのだろうか。
第二日曜日のバレンタイン前日?
それとも、月末の彼の誕生日かな?
私は京都まで足を伸ばし、いろんな店を見て回った。
人ごみは嫌いなので、普段は京都になど一人では訪れはしない。
だけど、わざわざ田舎から京都まで出たのは、ちょっとした・・・なんだろうな。
わかんないや。
店内はバレンタイン仕様にデコレーションされ、華やかだった。
甘い匂いに誘われて自然にそちらへと足が向く。
「どうぞ」と手渡された小さなカゴ。
ガラス越しに並ぶハート型のチョコレートを私はカゴに一つとして入れることはなかった。
店を出て、商店街の路地を抜ける。
人ごみから抜け出す癖は無意識に発動する。
迷子になるのも定番だ。
見たことのない道にため息。
ゆうじ・・・。
助けを求めて呼ぶ名はいつも彼の名だった。
気分が悪い。
私は彼に再会して仕事をやめてから、殆ど他人とコミュニケーションをとることがなくなっていた。
インターネットで手に入れられるものは全てそれで賄っていたし、誰かと一緒にいる時は買い物ですら連れに任せていた。
たった一人行動することは出来ても、何かをしようとした時何も一人ではできないことに気づいた。


太陽が角度を変えて、ビルの隙間から光があふれてきた。
まぶしいことは判っていても、そんな太陽を向いてしまうのは何故だろうか。
ふと、光に顔を照らしてみた時、太陽の光に照らせれ光る路地の角の店に目がいった。
天井から吊るされたステンドグラスのオブジェたちがキラキラと輝いている。
店内に入ると「キラキラ」するものたちが沢山ならんでいる。
なんだかそんな「キラキラ」に心がすっと晴れるようだった。
店内には同年代くらいの女性が一人。
「いらっしゃいませ」と私に声を掛けてきた。
私は伝わるか伝わらないか程の会釈をして店内の奥へと足を進める。
女性は私よりも少し早く歩きながら私を追い越し、店内中央のレジ場へと入った。
私もレジ場前へ行くと、ショーウィンドウの中に、何本も筒が置かれているのに目がいった。
この商品だけは「キラキラ」していない。
不思議にそれを見ていると、女性が声を掛けてきた。
「これ、なんだか判ります?」
「いえ」
「オイルスコープって言うんですよ」
「スコープ…」
「万華鏡って言った方が判りやすいかな?」
「万華鏡好きです」
「覗いてみますか?」
「いいんですか?」
女性がショーウィンドウからオイルスコープを取り出し使えるようにセットして並べる。
私は、窓から差し込む太陽にオイルスコープを傾けた。
万華鏡とは違い、オイルに浮かぶビーズたちがゆっくりゆっくり形を変える。
時の流れが止まる、否、逆戻りしてゆくようなそんな感覚。
「これ、とても不思議な動きをするんですね」
「でしょ、それが万華鏡とは違って最近癒しブームで結構人気なんですよ」
「癒し…確かに…。これ、値段がピンキリだけど、何か違うんですか?」
「大体3千円から8千円ってのが定番。それ以上は、中身じゃなくて外見!筒のデザインだから、値段じゃなく覗いてみて気に入った物がいいですよ」
私は結構長い時間、その場でオイルスコープを眺めていた。
また、太陽が角度をかえ、光が弱まり長居したことに気づく。
「これ、ビーズの色は青やピンクが多いんですか?」
「そうね、綺麗に見えるからかな?」
「緑色ってないですか?」
「プレゼント?」
「忙しい人がこれを見たら、また頑張れるんじゃないかと思って…で、より効果的な緑って言う…ちょっと安易かな?」
「私は全然嬉しいけど?!ちょっと待って、倉庫にまだ入荷したのあるから、一緒に探そう」
私たちは何本もオイルスコープを覗き込み、緑色のビーズが使われているものを探した。
そして、見つけ出したエメラルドグリーンの石の入ったオイルスコープ。
私はそれを購入した。
「プレゼントだったよね?彼氏に?」
「あ・・・えっと・・・」
「そっかそっか、喜んでもらえるといいね」
「ありがとうございます」
「がんばってね」
包装してもらったオイルスコープを抱え私は店を出た。
「ありがとうございました。駅はあっちだからね」
しっかり迷子宣告をして…。


<忙しい?あんまり無理しないでね>
トゲトゲしい心を優しさが包んでいるようで、相手を思う思いやりというよりは、そんな言葉が出たことで自分がなんだか癒された。
翌朝、携帯には未読メールのアイコン。
<今日は深夜3時までお持ち帰りの仕事やってた。もう直ぐ展示会があるから明日も会議。がんばらないとな>
そして、携帯がなる。
<今日も頑張るよ。いってきます>
<いってらっしゃい。頑張ってね。それから、早く会いに来てね>
私はやっぱりそういうしかなかった。
バレンタインに会いたいとか、誕生日に会いたいとかどうしても言えない。
それに、どちらでもなく何でもない週末デートになるかもしれない。
求められないのであれば、それでいい。
会いたいと思ってくれるだけで、それでいい。


2月に1度…か。


オイルスコープを引き出しの中にそっとしまった。



[ ← 222 ]  [ 目次 ]  [ 224 → ]

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

5 ■日額10万円保証

素敵な時間をくださるなら日額10万円以上の謝礼でも十分喜んでおられます

4 ■> ammoniteさん

去年、同じことをしていたんですね。とっても偶然。
何処にあるのだろう…この言葉で頭に浮かんだ万華鏡は、暗闇だったな…。想像つかなかったのか、想像したくなかったのか、本当に暗闇にあるのか、そうであれという願望だったのか…。
こうだろうな~という返事を書こうとおもったけれど、答えがだせませんでした。
私の方はリアルで彼を想い悩む日々がここ最近増えています。今どうしたら良いのか解らない、これからどうしたら良いのかも解らない。少しずつ変化する今が、言葉を濁しています。
そうですか…「切られた」という一方の納得いかない別れだったんですね…。人に決められる人生ほど歩み辛いものはないです。ammoniteさんの選択肢は沢山あると思います。足踏みかもしれないけれど、私にはまだ終わらせるわけにはいかない想いがあります。直ぐに消し去れる想いなら、私は彼をこんなにも…。

3 ■今、どこにあるのだろう

彼の去年の誕生日、万華鏡を作ってプレゼントしました。中に何かを入れるタイプではなくて、ビー玉越しに見える外の景色を3面の鏡に映すタイプ。
「何が入っているんだろうって一生懸命見てたらPCのモニターだったw」
彼の言葉が嬉しかった。
あの万華鏡、今はどこにあるんだろう……。

先月末、とうとう彼に完全に切られました。

2 ■> ケイノさん

私は小学生の低学年の時に、万華鏡を作りましたね。二度と同じものは戻らない世界観が詰まっているような…子供ながらに万華鏡にドラマを感じました。記事の頃には感じなかった思いなのだけど、私、彼を癒すというよりも、時を感じて欲しかったのかもしれません。
刻々と変わる万華鏡…大人になって覗くと心がズキンと振るえますよ。一度、どうです?

1 ■そういえば

しばらく万華鏡なんて覗いてないですけど
万華鏡は好きです。見てると飽きませんよね。
子供の頃万華鏡を少しずつ形を変えながらずっと見ていたのを
思い出しました。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。