2006-01-11

209.恋がしたい

テーマ:彼女じゃない恋愛

3日後、忙しそうな彼からメールが届いた。
<仕事と飲み続きでかなり免疫力ダウン。疲れ気味の毎日だよ。今週末はマラソンやのに全く練習してない。せのりは元気?お前この前、車に上着忘れたやろ!オカンからメールあったで…上着忘れてるって。年末は、実家戻れたらいいけど、寝正月な予感>
ため息が出た。
クリスマスを1週間後に控えているというのに、クリスマスはおろか年を越して正月の話を始めた彼。
そして、正月も寝て過ごすのだと遠い未来の予定を教えてくれたらしい。
シカトしてやった。
私は聞く耳持ちません。
そんな先の話、私は知らない。
会えないと解かっていても、私はまだまだクリスマス気分なのだ。
キラキラ光る街に心躍らせてる。
色んな事も考える。
もしかしたら会えるかもしれない…とか。
ただ、彼には伝えられない想い。


シカトしたままの翌日の朝、「おはよう」と彼がメールしてきたけれど、そんなメールにも私は応えられなかった。
たった一言「おはよう」と言えばいいだけのメールなのに。
何を拘っているのだ、子供みたいに…。
ふと、誕生日やクリスマスをここまで特別な日にさせた親の愛を何となく感じた。
どんな事があっても笑顔になれる日なのだとそんな風に思う特別な日。
涙を流したり寂しくなったりする日ではないと思う事が、与えられない特別に悲しくなった。
そして彼がいなくなる様な謎の感覚。


<クリスマス、よりによて福井へ出張が決まりました。鬼のような会社です。せのりに逢いたい気持ちがあることだけは忘れないで。昨夜のメール無視してるから多分怒ってるんやろ?逢えるなら逢ってるよ…>
昼、彼からメールが届いた。
愚痴一つこぼさなかった私にこんなメールを送ってきた。
リアクションに困った。
クリスマスの話を避けられても語られても私には辛かった。
会う時間があったのなら私に会いたいというのは本当なんだろうか…。
知らず知らずのうちに私は気持ちをセーブする。
<大丈夫だよ>
そんな風に返事をしていた。

私の心の中には「それでも会いたい」という気持ちが大きく存在している。
福井だろうがどこだろうが、私は彼を追いかける。

私の心を吐き出せば、きっと私は重い。
初めて男性に求め抱く感情は限度を知らずに押し寄せる。
伝えたい想いは伝えられない。
「言える立場ではない」こんな事を言ったら彼はきっと怒るだろう。
だけどそう思う、私はどうしても言えない、彼女のいる人にクリスマス会いたいなどと。
もうすぐ新しい年がやってくる。
時期的にも一掃させたい気分になる。
このままでいいのか?と自問。
堂々と答えられる強さもなく、心はモヤモヤと私をイジめる。
もっと、思いっきり恋がしたい。



[ ← 208 ]  [ 目次 ]  [ 210 → ]

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■> みうさん

はじめまして、せのりです。ブログを読んでくださってありがとう。共感していただけたこと本当に嬉しく思います。自分の思いを文字にするまでは、ずっと私だけではなかろうかとずっと悩んでいました。なのでとても安心した気持ちになれます。
だけど、ココには沢山の彼女じゃない恋愛をしている女性がいますが、行き先は皆別々なんですよね。続けるか別れるかの二者択一でもない、それぞれの道があって、それぞれに答えがある。「前へ進む」その方向こそが答えのある場所なのでしょうね。目の前には沢山の道があって、どちらの方向に進めばいいのか判らない。私はね、どの道を選んでも、その先に答えが待っているのだと思っています。その一歩が「勇気」なのだと思います。みうさんに勇気を与えたモノ、それが答えなのだと思います。何故、その道を選んだのか?きっと今後もその事がみうさんにずっと勇気を与え続けると思います。答えが出るその日まで…。これで良かったのだと思わせてくれるものになると思います。
私は、クロスロードの真ん中で後ろを振り返りつつどの道を選べばいいのと自問…。当ってるよね?確かめつつも一歩を踏み出せずに今にもしゃがみこんでしまいそうなのです。

3 ■> ammoniteさん

私の場合、答えは出てきます。いいわけがないんです。先へ進まなきゃいけない。だけど、いいわけないでしょ!って自分に言ってあげられない、彼にそう言えない。今がとても幸せで今を手放したくないと、現状満足してしまっているんです。もっと恋がしたいと思う気持ちは、そうあるべき私の姿だと思い直せという自分へのエールでした。実際、あった心は、「このままでいいでしょ、もう私を苦しめないで」というものでした。先を望む事が何だか、今を正当化する道具に過ぎないように思うマイナス思考は、今でも健在です。ほんと、なかなか難しいものです。

2 ■初めまして!

前からここにはおじゃましていましたが、書込みは初めてです。
どうぞよろしく。
私もせのりさんと同じ立場だったので、共感して読んでるうちに涙がでることが何度もありました。同じ立場だった・・・と過去形なのはつい数日前に終わりにしてしまいました。この決断がよかったのか、悪かったのか未だにわかりません。ただ、前に進む勇気をもてたことだけが救いかな。また遊びに来ます。

1 ■想うほど臆病になるのか

「このままでいいのか?」
それはきっともっと幸せになりたいから思うこと。同時に、今ある幸せに気付かないから思うこと。そして「もっと」を求めたばかりにあったものまで失うこともある。
現状に満足したら進歩はない。だから「もっと」を望む気持ちを否定したくはない。けれどそこにある幸せを大切に出来なければ先はない。難しいです。あたしはこのまま彼を愛し続けていたいと思っていますが、「このままでいいのか?」という自問から逃れられることもないのではないかと思っています。
明後日、彼に逢います。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。