2005-10-26

158.幸せのトルマリン

テーマ:彼女じゃない恋愛

大阪から地元へ帰ってきて、彼の車で私たちはいつもと違うラブホテルを探してる。
彼は出来るだけ綺麗なホテルが好きらしい。
私は彼におまかせだ。
あるアジアン系のホテルを見つけ、私たちはそこに決めた。


部屋に入ると普通だった。
代わり映えはしない。
「さぁー風呂風呂、せのりお湯入れて~」
「えー、またウチなん?」
「俺もう疲れたー」
「ウチも疲れてるよー。しかもブーツやし足絶対臭いし!」
「ほら!足洗うついでに風呂いれてこい!ってか、洗う前にちょっと臭がして」
「ちょっ!バカ!アホ!やめろ~!」
私は足の臭いを嗅ごうとする彼から逃げる。
「ってか、めっちゃ元気やん…」


私は風呂場に向かい、また素直にお湯を入れに行く。
が、いつもとは違う勝手に戸惑う。
戸惑うだけならよかったが、全く湯がでようとしない。
水1滴漏れてこない。
「ちょっと~、ごめん、やっぱゆうじ入れて~」
私は風呂場から声を張り上げる。
「そこまで行って何やねん!」
「いや・・・ね・・・、水の出し方がわからへん」
「・・・・出るやろ・・・・」
「いや!出ぇへんねんて!」
彼と位置を交代して、彼は蛇口に手をやる。
結構苦戦しているみたいだ。
この蛇口、いくら回しても出ない。
しばらく彼が蛇口を弄っていると、ジュボッと音を立てお湯が出てきた。
「これ、押してから回すんやわ」
「マジで、ちょ、お湯止めて。ウチもやる」
二人で何度も何度もお湯を出したり止めたりして遊んだ。
こういうバカな遊びが出来る彼って良いなと思う。


彼はこの遊びに飽き、風呂から出て行った。
私は足だけ先にシャワーで洗う。
洗う前に少し嗅いでみた。
やっぱりちょっと臭かった。
彼に嗅がれても、ギリセーフかなくらい…。


裸足で彼が座るソファーに行き、彼に重なり座りこむ。
「何や?」
「だっこ・・・」
そういうと、後ろからギュッと抱きしめてくれた。
「ねぇ、ゆうじ、ケーキ食べる?」
「え?あんの?」
「うん」
私は鞄から昨晩作ったチーズケーキを取り出し彼に渡した。
「お前作ったの?」
「うん。…えっと、いつもワガママばっかり言ってごめんね」
「えぇよ。こっちおいで」
私はまた彼に寄り添って座る。
「お前のワガママなんかワガママやと思わんよ」
「そう?」
「もっとどんどん言え、な!」
「うん…。おいしい?」
「おいしいよ」
「よかった」
「お前はもっと辛い筈やねん。いつも強がってるから、俺は怒るんやぞ」
「でも、全部言うたら…守りたいものまで失っちゃう」
「そやな…でも、言うてもえぇねんで、解かった?」
私はこくっと頷く。
「せのり、ちょっとそこで待ってろよ」
そう言われ、私はソファーで彼を待った。


ベッドで自分の鞄をゴソゴソと漁っている。
小さな青い袋を持って、彼はソファーに戻ってきた。
「はい、開けてみ」
「くれるん?」
「あぁ」
私は小さな青い袋の中を覗く。
その中には小さな箱が1つ入っていた。
ピンクのリボンがかかっている。
それをほどき、箱を開けて・・・箱を開け、ん?て・・・開けてみたいのだが開かない。
半べそかきながら彼を見る。
彼はジェスチャーで箱の開け方を指示。
その通りにそっと箱を開けてみると、貝殻のような小さな白いケースがチョコンと入っていた。
彼の顔を見ると、また白いケースの開け方をジェスチャーで教えてくれる。
そっと開けると、フワフワの白いレース地の生地がゆっくり外側へ開いた。
その白いレースの中から現れたのは、ピンクトルマリンがついたネックレス。
誕生日プレゼント 「わー、綺麗。これ、うちに?」
「あぁ、誕生日おめでとう」
「・・・私、まだ誕生日じゃない」
「ごめん、誕生日はどうしても会ってあげられなくて…」
「そか…。でも、ありがとう。嬉しい」
「気に入った?」
「うん。どうしたの?これ、買いに行ってくれたん?」
「さっき、一緒に阪急行った時に選んで欲しかったのに、お前どっか行くから、俺、勝手に選んだんやん」
「そか…ごめん。でも、ゆうじが選んでくれた方がいい」
「そうか?」
「ありがとう、ゆうじ」
私は思わず彼に抱きついた。
そして、初めて自分から彼にキスをした。
軽い軽いキスだったけど…。
「なぁ、つけてみてよ」
そう言われ、私はネックレスを取り出そうと思ったが…やっぱり取り出せなかった。
彼は私から白いケースごと奪い、金具で固定されているネックレスをゆっくり取り出し、私に付けてくれた。
「こっち向いて」
少し照れながら、彼の方を向く。
「うん、可愛い。想像通りや!幸せになれるぞ」
「もうすごい幸せ」
「前のみたいになくさんといてくれな」
「失くさないよ!こんな大切なもの失くさない」
「そんなに喜んでもらえると本当こっちも嬉しいわ」
「あ!お風呂!!」


急いでお風呂を覗きにいくと、ダボダボと溢れていた。
「一緒に入る?」
「うん」
「今日は嫌がらんねんな」
「一緒にはいろ、生理やけど」
「そか、お前生理やったな…」
「ごめんね」
「えぇよ、さっ!入ろうかな」
彼は早速、服を脱ぎお風呂に入りだした。
「せのり、早く来てくれな、俺そんなに長いことお風呂入ってられへんで~」
風呂場から彼の声が聞こえる。
私は、躊躇いながら服を脱ぎ始めた。



[ ← 157 ]  [ 目次 ]  [ 159 → ]
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。