2005-07-19

80.セックス左腕枕 睡眠右腕枕

テーマ:彼女じゃない恋愛

しばらくして目を覚ます。
彼の方を見ると少しだけ彼が冷たく感じた。
目が、少し怖く見えた。
当然かもしれない。
セックスの後、直ぐに寝ちゃったりしたのだもの。


彼の服が、 ベッドの真ん中で私はそのままの形で寝ていたので、彼はソファーに座ってテレビを見てた。
布団も何もかも、ふんずけていた私。
私の肩には唯一自由に動かせた、彼のパジャマが掛けられていた。


そっと、彼の側によった。

彼は、そっと抱きしめてくれる。
「風邪ひいてないか?」
「うん、ごめんね」
「どうしたんかと思った」
「気持ちよすぎて・・・」
私は少しだけ嘘をついた。
彼は優しく頭をなで、キスをしてくれた。

「さぁ、寝ようか」
「うん」


散らかったベッドを彼は大雑把に整えている。

さっきまで私が下敷きにしていた私用のパジャマのしわをのばし、私に向かって放り投げた。

「俺、風邪引くから替えっこー」

私は彼用のパジャマを引きづりながら、放り投げられたパジャマをキャッチする。

「うん、男の人用って、大きいね」


お互いのパジャマを着終え、彼がベッドに横になる。
私はまた彼の向かって右側へ座る。

「今度は、こっち」
彼はさっきとは逆側のスペースを、手でポンポン叩いて私に言う。
「なんで?」
「寝る時は右向きがいいの」
「ふ~ん、変なの」
「お前はない?」
「寝る用とセックス用って?」

「あはは、別にセックスの為でもないけどさ」

「でも、あのまま寝てたらどうすんのさ」

「意地でも逆向いて寝る」

「私に背中向けてねるんや」

「お前も一緒に回転させるよ。お前なんて何処でも持ち運べるんやから」

「ふ~ん、お腹またぐよ~」
私は、彼のお腹をまたぎ彼の右手側へ移動した。


彼は、さっきとは逆の右手を伸ばし「おいで」と私を呼んだ。
私も、さっきとは逆で彼の方を向いて寝転がった。
彼のお腹に手を置いて。


少し見つめあいキスをした。


「おやすみ、せのり」
「おやすみ」

彼の腕の中

初めて、彼の腕の中で眠った。



← 79 ]  [ 81 →
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

7 ■エロ逢瀬

最低10万円保証の逢瀬

6 ■札束を貰う生活

初回登録者様に限り一日で30万円の謝礼からスタート

5 ■おっぱい大好き

おっぱいを見て触ってお金がもらえる夢のようなバイト!

4 ■急募メールホスト

家でいるだけで稼げるメールホストサービス

3 ■1000万を超える貯蓄

仕事を辞めたくないですか?

2 ■> sodifficultさん

なんとなく、ソコに居るとしか考えてなくて、だから、この会話が心に残ったんだろうなって思います。
眠る時いつも彼が左側にいて、歩く時は右側にいつもいるから、私もそれが居心地よくなったな。
今では逆だと私もモソモソしちゃう。
話変わるけど、漫才師の立ち位置が逆でも気持ち悪いね。

1 ■眠るときも

そうだし、一緒に歩く時も心地よい向きってありますよね。
腕枕・・・わたしはどっちかなぁ。わたしの左側に彼がいる方がいいかも。
でも歩く時は右にいて欲しいなぁ。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。