2005-07-18

79.蘇る記憶─セックスの恐怖─

テーマ:彼女じゃない恋愛

それからもゆっくりゆっくり腰を動かす彼。
その一突き一突きが、私を感じさせる。
激しくなる動きにまた私は身を任せた。
体位を変え、全ての動きに彼を感じた。


バックで彼を感じていると、彼も感じているいることに気付きだす。


ねぇ、私、気持ちいい?
…私からは聞けない。


「…あ…ぅ…ダメ…」


激しくなる彼に少し戸惑いを感じ始めた。
おさまらない激しさに感じながらも、怖さを感じる。


「ダメ…ぁん…」


「あ…ぅん…ヤっ…」


私は、思い出してた。
初めてのセックスのこと。
知らない誰かに、こうやって後ろから突かれたこと。


彼の顔が見えない。
怖い。

過去と今が行き来する。

私は彼とセックスをしているのだ・・・そう、思おうとした。

ねぇ、声を聞かせて。


意識喪失 多分、彼はイッた。

何か話しかけられていた気がするが、よく判らない。
四つん這いでいた私はそのまま、へ垂れ込んだ。


彼が私の名前を呼んでいるような・・・。


私はそのまま眠った。

怖い・・・。
そっと目を閉じたのを覚えている。
少しだけ彼と会話したような、そんな気もする。

気持ちよかったと、私は言えたのだろうか、判らない。


あまり覚えていない。
もしかしたら意識を失ったのかもしれない。



← 78 ]  [ 80 →
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■> mochihadaさん

あは、どんな感覚だ?!
「怖い」って事ですかね?
mochihadaさんところで、「変わった」なんて言われてましたっけね^^。
告白、いい答えがもらえるといいですね。
セックスに関わらず、誰にでも傷はあるので、大切にしてあげて欲しいです。
がんばってね☆

1 ■しばらくそんな感覚はありませんでしたが

現在アタック中の女の子には
いつもと違った感覚で
接していけるような気がするし
そうやっていきたなと
漠然と考えながらアタック中です。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。