2005-07-08

69.A型男とO型女

テーマ:彼女じゃない恋愛

休みが取れそうだと決まってから、A型の彼のリサーチが始った。
何処に行きたいとか何が好きかとか私の好みを聞きたがった。
その点では私は昔と全く変わらない。
「どこでもいいよ、何でもいいよ」
「ソレが一番困るんだよ」
と、彼は忙しそうだった。


「映画みる?ボーリングする?カラオケする?」
「いいよ」
「何が?」
「あなたが好きなものでいいよ」
「お前は?」
「好きだよ」
「やっぱり嫌~とか言われたくないしな」
「言わないよー。言うなら今言う」
「これだけは嫌ってのはある?」
「疲れるの」
「ボーリングだめじゃん・・・」
「なんで?」
「疲れるでしょ?!」
「それ、はしゃぎすぎだよ」
「いや、するならマジで闘わないと」
「もしかして、本気とかいてマジ?」
「他に何がある!?」
「ソレって少年の心を忘れないってやつ?」
「あぁ、いつまでも忘れないね」


何度も何度も聞かれた。
何が食べたいとか何が楽しいとか。

会う日が近づくにつれ彼は焦りだしたのだろうか。
「俺と何もしたくないってことか?」
なんて、ひねくれた事を言い出した。
「うぅん、一緒ならどこでもいいよ」
「ホラー映画でも?」
「ムッ!嫌いなの知ってるくせに!」
「お前が何処でもいいって言うからやん」
「いいよ~別に、泣いてやるから」
「それは困るからやめとく」
「まぁ、ほんと言うとデートってしたことないから。そりゃ映画に誘われたりはするけど、始だけだし。後は男の家ばっか、いつもそうだったから、あんまり知らないの」
「そか」
「ほんとに一緒ならどこでもいい。色んな所に行きたい。デートしたいな」
「解かった。ハードスケジュールで考えるわ」
「疲れるのは嫌だよ」
「OK!文句言うなよ」


彼が一生懸命で嬉しかった。

どんな不安があったとしても、少なくともこの「時」だけは、私だけ。

そんな独占欲。

今まで、彼女になろうとしたりしたけれど、初めてそう感じた。

独占したいと感じた。

今はまだ、そんな感情だけ・・・。

きっと、世の彼女と言う名の女性は、だから怒るんだと思った。

理不尽に怒るんだと思った。

怒りはまだない。

彼女にも同じことしてるのかな・・・そんな風に思うと少し心に穴が開いたように感じだけ。

世の真似を、今はしようとは思わない。

普通に憧れる。

だけど、彼には素直でいた。


多分、彼の考えた計画は見事に崩れ去る。
何故って?
私はO型だから。

何処へつれていってくれるんだろうな。
週末が楽しみだ。


← 68 ]  [ 70 →
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。