2005-07-06

67.瞳の深さに惹かれた

テーマ:彼女じゃない恋愛

翌日、私の裏腹メールの返信が返ってきた。

何故にこんなにも時間が必要だったのだろうか。


<今の俺にしてあげられること、叶えてあげられることはしてやりたい。お前のことずっと好きやった。今までなかなか面と向かったことなかったからなお前と・・・。急速すぎて焦ってるけど。でも・・・俺はお前が思う程いい男じゃないよ。常に矛盾ばかりの嫌な男やし・・・。お前は俺の何を知って惹かれてる?俺はね、お前の瞳の深さに惹かれたんだ>


解かる事は一つ。

あのメールを受けて、彼が私の事を考えてくれたという事。


私も同じ彼の瞳の深さに惹かれた。

何をそんなに悲しんでいるのだろうって・・・。

その瞳を晴れさせてあげたいって思った。

そして、彼の真っ直ぐな強い気持ち。

そんな彼に影響されて、私も素直になれる。

そんな自分が好き。

とっても気持ちがいい。

彼といると強く生きられる気がした。

そして・・・そして・・・。


<私、あなたが好き。でも、好きな所は言えないよ。こっそりと見ていたいの。ほら、言ったら調子のるでしょ~。でも、あなたが思う矛盾してるところも好きだよ。気持ちに正直ってことだよね。どんどん変わる想いに嘘つかないところ好き。それにいい男だよ。私はあなたを好きになったの・・・だから、あまり自分を否定しないで・・・。私の想いが間違ってるのかと弱気になってしまう。あなたは素敵な人だと思う。そんな力を少しでも、私にください。あなたに触れて変わった自分も大好きです>


彼の心を探らなくても、言葉として私に届いている。

心の会話はもういらない。

嘘もカケヒキももういらない。

私の心も、言葉として彼に届けられる。

気付いて・・・そんな風に心の中で訴えることももうない。


ふぅ・・・。

ため息を一つついた。

今まで心にしまっていたモノが零れ落ちた気がする。

嬉しいため息だった。


もしも・・・もしも・・・、私の瞳に深さがなくなったらどうなってしまうのだろう。

もしも・・・もしも・・・、彼の瞳に悲しみがなくなったらどうなってしまうのだろう。


はぁ・・・。

ため息をもう一つついた。

今度は失いたくないと言う恐怖を感じる。


今日は男からの連絡がない。

このまま、なくなってしまえ。


そして、彼の彼女もまた、なくなってしまえばいい。

・・・これは今は叶えられない望みかな。


彼に会いたい。



← 66 ]  [ 68 →
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

senoriさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。