心屋智子のKata Yogaへようこそ

1300年余りの歴史と文化のまち京都で、心理カウンセラーの夫と暮らす、ヨギーニとも先生のマイペースな日々を綴ります。

晴れ季節の変わり目、いかがお過ごしですか?


いつも変わらず、ここ京都であなたを待っています。


一緒にほっこりとヨガしませんか?晴れ



ヨガで最も大切にしたいこと。

それは、正しい、間違いがないこと。

いい、悪いがないこと。


あなたがいま感じてることを、大切にしていきましょう。

あなたがあなたの心に寄り添うために

あなたの呼吸に寄り添います。



カラダがカタイ初心者さん対象に


四条烏丸でゆったり系のヨガクラスやっています♪




週末は、不定期で


テーマを決めて、ヨガと瞑想のクラスを行っています♪




会場: KATA YOGA Room


㈱グロウスサポート
京都市中京区室町通錦小路上ル 山伏山町558
三洋室町ビル 605,606号室




テーマ:
おはようございます。  


おとといは、メイクのプロの福井美余ちゃんと、血流の堀江くんと仲良し定例会。

躍動感あふれるでしょー(笑)

{38756BA0-7607-4A2C-A604-8E1CCF770221}


やり直し😊
{D92F4661-7F16-4E1E-A416-C49501DA173A}



そのとき、ローチョコトリュフを作ってもっていったんです。

カカオバターを溶かして

カカオパウダー、デーツ、ローハニー、バニラエクストラクト、塩を少々。

ピスタチオをまぶしました。


丁寧につくるから

自然に素材もナチュラルで良いものを選ぶようになります。

{CD91C1D3-2FB9-42FA-9B67-0FF1465CFAC2}







自分が丁寧につくったものを

誰かが丁寧な気持ちで味わって食べてくれる。


その逆もあり。

誰かが丁寧につくったものを

自分が丁寧に味わって食べる。



そういうやりとりが好きです。
 

ダマエダさんのお料理もそう。


{AC984AFB-2C7E-4300-A9FE-03258AB7EED2}

{6AEAF52E-EC59-420E-8D10-BFB87E2BE4B3}



翌日、宇治の「山小屋」さんに

鳥居みこちゃん連れて食べに行きました。


「山小屋」のあっちゃんもお友達。ご夫婦でお店をされています。

あっちゃんが、わたしのために、こんなに手間暇かけてお料理をつくってくれる

それだけで、お料理が何万倍も美味しく感じる。

もちろん、素材もお料理もとても美味しい。

「山小屋」のあっちゃんのお料理は

いつかわたしが家ごはんで作りたい目標なの。

この日も盛りだくさんでお腹いっぱい❣️

玄米(古代米入り)にはチアシードの醤油漬け
テンペにはパクチーソース
サラダにはキヌアがアクセント
車麩のカツはたべごたえたっぷり
菊芋のカレー炒めもおいしかったな〜〜
里芋のスープは塩胡椒がピリッと効いてる
小松菜?とひじきの和え物
風呂吹き大根は、あっちゃんお得意

{F25C4EC9-1E19-4CE8-859F-1EDF7DA99954}

{D6ACF302-4559-432F-8593-78943A872240}

{E162C4BA-D658-4008-9515-A5E0E8B9A785}

{D9112808-0F03-41E9-94A0-1AD8E99400C0}



{28A726D1-E22E-4B19-BACE-65D004D18FD9}

カヌレはあっちゃんの旦那さん作💓

{1BB95C5D-0856-4D4A-A78B-08DC0707E06C}




{52B5F5A3-51BC-44E9-B108-384BBD5B02A9}

みこちゃんと組紐屋さんの前で。


ナチュラルな一日は続くのである。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:
こんにちは。
 
「自分を大事にする」というのは基本のキ。
 
でも、果たして、これって自分を大事にしてるのかな、、、
 
同じように感じて悩まれているひとはたくさんいらっしゃいます。
 
なので、ブログで回答しますね!
 
 
 
「わたしは私を大切にしたい」
 
そう心から思えることが、自分を大切にすることです。
 
それがしっかりと、胸のうちに太く根っこのようにある限りは、絶対大丈夫です。
 
でも、表現方法をたまに間違えるのです。にんげんだから。笑
 
 
 
ひとは
 
「本当の気持ち」を言ったり、表現したりできてないとき
 
「自分を大切にできている」状態から、離れていきます。
 
 
 
嫌だ、ムカつく、許せない
 
その怒りの裏にある悲しみや寂しさを
 
あなたは、旦那さんに伝えきれていると、自信をもっていえますか?
 
 
本当の気持ち、本当に伝えたい事は、「怒り」ではありませんよね??
 
悲しみや寂しさですよね?
 
「怒り」は単なるエネルギーです。
 
あなたの悲しみや寂しさを表現する方法ではあるけれど
 
相手にそのエネルギーをただぶつけても
 
本心が伝わることはありません。
 
 
 
 
自分を正当化して相手を責め続けることは
 
ただ、相手の怨みを買うだけです。
 
 
ひとは、ひとから強制されて反省することはありません。
 
反省は、ひとに「させる」ことはできなのです。
 
自発的にしか、反省は「起きてこない」もの。
 
だから、あなたが旦那さんを「反省させる」ことは不可能です。
 
 
 
 
ここまで読んで、どう感じますか?
 
ニコニコニコニコニコニコ
 
 
旦那さんを自由にさせてあげること。
 
それができたら楽になれますよね。
 
もう見張るのもうんざりでしょう。
 
 
 
そのために必要なことをいいます。
 
もっともっとあなた自身に注意を向けてください。
 
まだ足りない。
 
旦那さんじゃなく、他人じゃなく、自分自身に注意を100%向けてください。
 
 
 
 
どういうことかというと
 
心から自分の好きなことをしてください。
 
自分のために生きる、という強い意思を持ってください。
 
 
誰がなんといおうと
 
自分のために生きると決めてください。
 
 
まずは旦那は放置でいいから
 
自分のために生きてください。
 
 
 
お茶を飲むとき
 
靴下を履くとき
 
歯を磨く時
 
洗濯物を干すとき
 
 
そういうときも、気を抜かない。
 
 
 
自分自身に100%注意を向けて
 
「わたしは、自分のために、これをやる」
 
そういう意識を常に持ってください。
 
 
 
そして実際に
 
自分を喜ばせることを出来る限りなんでもしてみましょう。
 
そこは妥協してはいけません。
 
お金もかける。
 
 
そして、実際に、喜ぶ。楽しむ。笑う。ゲラゲラ
 
その時間を増やしていきましょう。
 
 
 
 
あるとき
 
必ず何かが変わりますから。
 
 
 
ほんとうの意味で自分中心に生きることができたとき
 
旦那さんとの関係性も変わっていることに気づきますよ。
 
 
 
がんばってウインク
 
 
 
ともこより。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
こんにちは。ブログ読まさせていただいてます。
私はもともと仁さんのブログや講演会にも行かせていただき
今まで気付かなかった自分の気持ちを発見したり
苦しんでいた気持ちが楽になったりしてきました。
でもずっと変わらないことがあります。
先日も、旦那の行動で嫌だなと思うことがあり
爆発してしまいました。正義を振りかざして旦那を
責めまくりました。私はこれだけ傷ついたから
反省してもう二度としないようにと言いました。
そこからずっと考えています。
私が繰り返すこのこと。きっとまた同じような
ことが起こる、もしくはずっと私は旦那を見張り
続けるのかなーと。旦那の、他の女の子に
対するチャラチャラした言動がムカつく。許せない。
一緒にいないときも、自分の知らないところで
嫌なことをされていると思うと許せない。
ここから抜け出したいと思い、旦那が同じような
行動を取っても、見て見ぬフリをしました。
でも苦しかった。
こういうとき、私は嫌だ!と思う気持ちを我慢しないで
遠慮しないで言い続ける。
これが自分を大事にするということになるのでしょうか。
同じことが起きても、それを悪いことと思わないように
して、思っても我慢?して、反応しないようにするのが
自分を大事にすることになるのでしょうか。。
長々とわかりづらくすいません。。
ずっと悶々と考えております。
何か教えていただけるととても嬉しいです。
いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(48)

テーマ:
こんにちは、心屋智子です。
 
 
みなさん、武道館お疲れ様でした。😊
 
関わってくれた全ての皆さんに感謝を申し上げます。
 
 
わたしは一階席正面で、両親と観ていました。
 
(思いの外、会場がでかすぎて、びっくりするくらい知り合いに会えませんでした。
 
ご挨拶できずにすみませんでした🙏😊)
 
 
 
両親は、ぢんさんの華やかな仕事の姿を見るのは初めてでした。
 
 
母親世代には、ぢんさんのトークはウケます。
 
母親は、笑ったり
 
手拍子したり
 
隣で楽しんでいるのがわかりました。
 
「すごいねえ、すごいねえ」と、驚いた様子で何度も口に出していました。
 
 
 
その隣の父親の様子は
 
はっきりわからなかったけど
 
特に何も言わず
 
手拍子もなく
 
じーっと黙って観ている様子でした。
 
 
「何を思って観ているのかな」
 
時々、そんなふうにおもって
 
チラリと母親越しに、父親に目を向けたりしていました。
 
 
 
 
{B48293EB-A40B-4653-81F6-B206271DFC4C}
 
武道館の翌日のぢんさん。
 
 
 
{01F73340-8DB6-41F0-8DF0-49A67C28E962}

わたしの席からはこんな感じでした。
 
 
{096C20B3-1D6B-48D5-9288-A7BEADD6A26C}
 
 
この文字に萌え萌え↓↓  武道でしょ、やっぱ💓
{71595505-7A50-4B5E-8FAE-64E8A3F83BE6}

 
 
翌日父親から短いメールがきました。

 
「ひとしくんはすごいね。
 
父さんも、歌はかなわないなあ」
 
 
と書いてありました。
 
 
何も言わないけど
 
ちゃんと伝わったのが
 
嬉しかったですね。
 
 
ぢんさんのあの姿を見せることができて
 
よかったです。
 
 
その姿を見て
 
感激してる皆さんの空気感を
 
伝えられてよかったです。
 
 
 
 
照れ屋のお父さんが
 
珍しく、気持ちを伝えてくれた。
 
 
 
武道館に、両親を招待して
 
よかったなあと心から思えました。
 
 
 
あ、そうそう。
 
ハレもケもないについてね。
 
 
 
 
ハレもケも、ないんですよ、
 
日常も、非日常もないんですよ。
 
 
 
すべては
 
いまこうして
 
ここにあることしかない。
 
それしか、ない。
 
 
 
 
 
{419FEDDE-2AAA-4AC7-930F-9CBE131BB449}

さくら?
 
今朝の写真。
 
 
{51E90802-6A45-4B8D-82A0-92CC8CB7C406}
 
{3E0331EA-26EE-403B-9CE1-E2D6E0AA8BE5}

 
 
いじょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(4)