喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:
ピアノが突然消えたら、どんな気持ちになりますか?

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です。

1週間前の月曜日深夜に放送されていた、テレビ岩手制作

「ピアノで紡ぐ三陸の春~西村由紀江とともに~」

この番組を見た感想を、翌日、すぐにF・Bに書きました。

今日は、F・Bとは違った視点を交えて、書きます。

「3・11で、約500台のピアノが流された」と言われています。ピアニストの西村さんは、眠っているピアノを被災地に届ける活動「Smile Piano500」を現在も行っています。

番組は、その活動の様子や、ピアノを受け取った・譲った人達の思いも伝えていました。


・ピアノを流され、その後、結婚され、子供さんも生まれ、新居を建て、届けられたピアノを前に、顔を両手でおさえ、涙する女性。

・保育士を目指し、ピアノが届いた2週間後に、ピアノを流された子は、その後、ピアノが届けられ、夢の保育士の切符を掴み取りました。

・ピアノ教室を開いていた女性に届けられたピアノは、関東地域に住む、男の方から譲られたピアノで、そのピアノは、亡くなられた奥さんが、大切にしていたものでした。「受け取った側は、恐縮しているようですけど、ピアノに新しい家族が出来、感謝しているのはこちらの方」と泣いて答えていました。


もし、そこにあるのが当たり前のピアノが、突然、失われたらどんな気分ですか?

「もっと、弾いてあげれば良かった」

「もっと、聴いて(練習に付き合って)あげれば良かった」

って思う事はないですか?


習う側は「面倒くさい!!」

習わせる側も、子供さんを通し、思い通りにならない事もいっぱいあると思います。

そして、指導する側も、日々の指導に、常に、悩み・問題を抱え、凹む事もあると思います(あります)。


子供さんに、ピアノが届いたお母さんがインタビューの中で、

「ピアノの音色が、家の中から聴こえるって、幸せです」

って、答えていました。(ピアノが流される前は、当たり前に感じていたかも…)


この番組には(ピアノ)音楽の持つ力・意味の、大事な根っこの部分があったと思います。(適当な言葉が見当たらない)

ピアノを習う多くの人たちの中には

・上手くなりたい(させたい)

・難しい曲が弾けるようになりたい(させたい)

そんな思いの人もたくさんいるはず。(私もその一人)

でも、これらの感情の根っこの部分に、その大事な何かが、あるかないかで、喜び・幸せは変わってくるのだろう、と思います。


西村さんの曲を意識し、聴き始めた頃に出会った、西村さんのラジオ番組。

こちらの地域では、日曜日の朝に、放送されています。

番組では、そのラジオの録音風景も映し出されていました。


この番組、実は、すでに1年前に、岩手県内で放送されていたもの。

なぜ、福島では1年後なのだろう?

なぜ、深夜放送なのだろう?


習う側も、

習わせている側も、

指導する側も、

音楽の好きな人だったら


きっと、見たら、何かを感じたはず。

こんな良質な番組が、多くの人に見てもらえていないなんて、残念です。


年少・年中さんを対象にした、新しい教室のコースプレ・ピアノコース が出来ました。


ぴありな音楽教室では、体験レッスン を行っています。


ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります