喜多方 塩川町 会津若松 ピアノ教室「ぴありな日記」

喜多方市塩川町の「ぴありな音楽教室」です。音楽的成長と共に、人としての成長を大事に考えレッスンしています。今までに、喜多方市、会津若松市、下郷町、湯川村から、習いに来ていただいています。ピアノ、エレクトーン、リトミックを取り入れた、幼児のレッスンがあります。


テーマ:

こんばんは!!喜多方市塩川町で、ぴありな音楽教室を主宰しています、鈴木です.。


普段、雪の降らない地域に、雪が降って大変そうですね。


・・・あっ、でも、きっと、雪国の人たちは、


「ふ~ん、あれ位で…っ」


て、冷ややかに見てたりするんですよ、私も(意地悪ですよね)


明日以降は、こちらもひどくなるらしいです。


雪に不慣れな地域の方も、雪国の方も気をつけましょうね。


今日の生徒さんが、最後に弾いた曲にも、雪がタイトルにありました。


【雪のおどり】



この楽譜集から選曲しました。


そうそう、これって、小学校で使う、歌本。


ここから、朝の会で唄ったりするんですよね。


「1曲、この中から、好きなのを選んできて」


そして、生徒さんが選曲したのが【雪のおどり】でした。


選んだ理由は『クラスの1月の歌』だそうです。


「今まで、学習した、伴奏、和音を活かして!!」


って、はりきっていたんだけど…この曲、コードネーム見たら、1つのコードだけだったのです。


『Dmオンリー』


(偶然とはいえ、なんで、ワンコードのこの曲を選んだかな、ってちょっと思いました)


「形式ごとに、伴奏形を工夫したり、左手も単音で、動かして弾くと、1つしか、使わない和音(コード)の曲でも、変化が出てるよ」


って、ちょっと、弾いてあげて聞かせ、先週、宿題にしました。


そして、今日のレッスンで、聞かせてもらったら、これが、良く出来てるの。


前奏、エンディングが付いていなかったので、その場で、付けました。


「もう1回、練習してまとめる?それとも、違う曲にする?なんなら、歌本から弾くのはやめる?」


って聞いたら、違う曲選びなすんだって。


今回の【学校の歌本に、伴奏を付ける】は、今日の生徒さんには、はじめての試み。


学校で唄っている曲に、自分で、オリジナル伴奏を付けて遊ぶ


せっかく、ピアノを習ってるんだから、こうした事も、自然に出来るようにしてあげたいって思います。


そしたら、音楽の可能性が、またまた、広がる。



ぴありな音楽教室に興味のある方は、お問い合わせくださいね。


お目にかかる日を楽しみにしています。


◇ ぴありな音楽教室ホームページ

◇ 連絡先

◇ ぴありな音楽教室からごあいさつ

◇ レッスン料

◇ 体験レッスンのご案内
     【住所】福島県県喜多方市塩川町 御殿場
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

喜多方・会津若松市 鈴木 里美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります