VIBES 『 楽しい車の弄り方 』

カーオーディオ、カーセキュリティなどを取扱う専門店です。
VIBES 店長が日々の取付や流行のカー用品などを紹介します!!


テーマ:

本日はトヨタ C-HRのご紹介です。

新車納車されて間もない2月にオーディオ、セキュリティのシステム

構築をさせて頂きました1台でオーディオは当初、パッシブネットワークを介して

BEWITHの限定モノラルアンプP-100K x4台で

DIATONEのフロント2Wayをバイアンプ駆動、併せてカロッツェリアの

パワードウーファーを組み合わせALPINEのBIG-Xが発売されたら

メインソースユニットに据える予定でしたが、

BIG-Xの発売を待たずしてシステムアップのご相談を頂戴しましたので

既設のP-100Kに合わせて「ブルー」のBEWITH製ユニット群で

システムを更に高次へ引き上げさせて頂きました。

BIG-Xの取付を待たずしてBIG-Xとの共存も図れるメインとなる

ソースユニットに話題のMM-1D Kを据え

専用のミラーリンクケーブルを介してリアラゲッジの

プロセッサーとダイレクト接続させました。

既設のDIATONE DS-G500のパッシブネットワークを撤去したうえで

シート下のクリアランススペースに設置したBEWITHの

限定モノラルアンプP-100K x4台にダイレクトに再接続し

リアラゲッジ床面の収納スペースやデッドスペースに

プロセッサー x2台とサブウーファー駆動用のモノラルアンプ x2台を

追加しました。中でも今回は限定50台のプロセッサーSTATE A6Kを 

贅沢にL/Rch独立仕様で2台導入したことで

左右間のチャンネルセパレーションの向上を図りました。

オプション扱いのスペアタイヤが積載されていましたので

スペアタイヤ下のデッドスペースに固定ベース及びカバーを制作し

STATE A6K X2台を収納しスペアタイヤの積載とユニット群の設置の

両立を図りました。

サブウーファーは15リッターの脱着可能なシールドボックスで

SW-G50を2発とし超低域もステレオ仕様で盤石な布陣です。

 

で、サウンド調整も施し「一旦」納車させて頂きました・・・

というのも更なる「一手」のご依頼を頂戴しましたので

オーナー様のご期待に応えるべく改めてお預かりさせて頂く予定です・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ヴァイブスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。