VIBES 『 楽しい車の弄り方 』

カーオーディオ、カーセキュリティなどを取扱う専門店です。
VIBES 店長が日々の取付や流行のカー用品などを紹介します!!



テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

本日は昨日の続きとなります。

BSC並びにFSC終了後、私のわがままでレクサス IS300hをオーナー様に

お持ち頂いたうえで代車(⁉)でお帰り頂いたので車両を入れ替えるべく

本来とは反対方向の静岡県に向けひた走りました(汗)

レクサスX2台で途中はぐれながらも

浜松SAで再び合流しオーナー様とささやかな打ち上げです。

その後、無事に静岡某所に到着し車両入れ替えの後

深夜にホテルにチェックインでそのまま記憶を失いました(笑)

本来なら起きて帰るだけですがありがたい事にレクサスのオーナー様から

ご紹介頂いたBMW 3シリーズGT(F34)のスピーカー交換を現地でさせて頂きました。

事前に下準備を入念にしてありましたので当初の予想よりも

スムーズに施工が進行出来ました。

 

BEWITHから先だって発売されましたReference AMシリーズの「Duo 88」です。

施工が一段落したところでタイミング良く(⁉)レクサスのオーナー様より昼食のお誘いを

頂きましたのでありがたくお供させて頂きました(笑)

昼食後、改めてレクサスのオーナー様にご挨拶をさせて頂き

ようやく今回の出張の全任務完了でゆくっりと石川県へと帰って来ました。

 

この場をお借りして私のわがままを聞いて頂き前週にIS300hをお忙しい中、

石川県までお持ち頂いたりお客様をご紹介頂いたりと何かとお世話になりっ放しの

レクサスのオーナー様に感謝申し上げます。

 

最後に・・・

今年のBSCは念願の「登頂」が叶った反面、「隣の芝生は青く見える」もので

審査結果発表前に当社以外からエントリーされた車両を試聴させて頂いた段階で

正直、今年の登頂も難しいかなとも思えるほど個人的にプリウスより素晴らしいと思う出音にも出会えました。

今年の出音がたまたまコンテストの絶対的存在となる審査員「Mr.BEWITH」に評価頂けただけ、と捉え

オーナー様各々の嗜好に合わせたサウンドをご提供できるよう

引き続き「チャレンジャー」精神を持って技術向上に努めてまいります。

 

以上、2回に渡ってイベントのご報告と個人的雑感をお届けしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

去る11月19日に鈴鹿サーキットで開催れました「第11回BEWITH SOUND CUP」並びに

「第2回FOCAL SOUND CUP」に参加してきましたので本日はご報告を兼ねて

時系列と共に個人的雑感にお付き合い頂ければ幸いです。

前日、18日の朝一に金沢を出発し途中、当社のお客様のフォローのため

寄り道をしましたが無事に鈴鹿に到着しホテルへのチェックインの前に

洗車をしていたところ昨年の「チャンピオン」と遭遇しましたのでしばし談笑含め

今年の「出来」の探り合いをしながら(笑)ご挨拶させて頂きました。

 

左からマセラティ ギブリS、トヨタ 50プリウス、レクサス IS300hです。

この3台でMr.BEWITHが審査する最高峰クラスのROYAL Classで

「登頂」を目指します。

 

で、現地で合流のレクサス RX200tは当社から唯一のFOCAL Classに

エントリーで「前夜祭」前にサウンド調整させて頂きました。

ちなみにISとRXは同じオーナー様で当初はRXのみのエントリーでしたが

昨年の「リベンジ」も含め私のわがままを聞いて頂き

前週にISを静岡より自走でお持ち頂き私が運転し現地入りです。

 

RXのサウンド調整後は「愉快な仲間」も合流し楽しい「前夜祭」を

催し盛り上がりました生ビール日本酒

明けて当日は早起きからの朝風呂、朝ご飯を早々に済ませ

各車両の最終チェック後、いざ会場の鈴鹿サーキットに搬入です。

 

天気こそ曇り交じりの晴れでしたが風が強く肌寒い一日でした。

審査終了後のエントリー車両を試聴させて頂いたり談笑したりと

各オーナー様が各々でイベントを満喫されていました。

私は後学のため、当社からのエントリー車両の審査に極力同席したり

他のショップのスタッフ様並びにお客様と交流を図らせて頂き

毎度ですが慌ただしく過ごさせて頂き楽しくも緊張感のあるひと時はアッという間に終わりました。

で、今年の結果ですが昨年、ROYAL Classで惜しくも(⁉)2位でしたトヨタ 50プリウスが優勝、

同じくROYAL Classでレクサス IS300hが6位を頂戴しました。

今年は超ド級ユニット「STATE A6R MONO」搭載車も昨年より倍増し猛者揃いのなかの

「登頂」報告を都合で急遽参加が叶わなかったオーナー様に出来ました。

また昨年、謎の現象(⁉)に見舞われたとはいえ入賞を逃したIS300hもサブウーファー1発ながら

入賞でき私のわがままで動いて頂いたオーナー様に「お土産」を渡す事が出来ました。

併せてROYAL ClassにエントリーのギブリSは「新日本無線賞」を頂戴出来ました。

車両のインパクトと搭載システムから審査終了後はありがたい事に多くの試聴希望に恵まれ

オーナー様も大変そうでしたが各ユニットのエージングも進む来年こそは入賞目指して

オーナー様と一緒に熟成させていく次第です。

 

そしてFOCAL Classに当社から唯一エントリーのレクサス RX200tが2位を頂戴しました。

という訳でレクサス IS300hと合わせてお一人でW受賞です(笑)

 

今年は精力的に他のショップ様からのエントリー車両を試聴させて頂きましたが

特にGOLD Classにエントリーで結果、優勝のトヨタ ハリアーはSTATE A6R DUALの

ポテンシャルをいかんなく発揮された出音で素直に「参りました」です(笑)

また、ROYAL Classで唯一AZ-1CC Sunriseで入賞されましたBMW M4も

「ありえない」出音で「自分はまだまだだなぁ・・・」と痛感させられました。

 

審査後の試聴におきまして当社制作車両にお褒めのお言葉を頂ける反面、

ショップの垣根を越えてあえて素直に正直なご意見を頂けた事が

今後にも繋がり個人的には逆に嬉しく思えました。

来年はY様に褒めてもらえるよう頑張ります(笑)

 

この場をお借りして入賞した皆様、おめでとうございます。

また、私の力不足で入賞できなかった当社から参加頂いたオーナー様も

今後とも技術向上に励んでまいりますので変わらぬお付き合いをお願い致します。

来年以降もお客様にはイベントを満喫して頂ければ幸いです。

今年はたまたま、このような結果に終わりましたが当社はまだまだ

「チャレンジャー」の立場で日々精進して再びチャレンジさせて頂ければと思う次第です・・・。

 

併せてBEWITHスタッフ一同様並びにイベント中、交流して頂いた皆様に御礼申し上げます。

 

で、イベント終了後の模様は次回に続きます(笑)

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日はマセラティ ギブリSのご紹介です。

車両購入検討段階からお打合せを重ねBEWITHが誇るパッケージシステム

「BEWITH Royal EnsembleⅡ」をベースにシステムを構築させて頂きました。

 

メインソースユニットは本来ならMM-1D Rですがその後発売されました

MM-1D Kをベースに本体からのジョイント部を排したミラーリンクケーブル6m仕様です。

接点が通常モデルに比べ「半分」になる分、よりロス無く信号が伝送されます。

 

加工施工の事例が皆無に等しく着手するまでドキドキでしたが

予想通り(⁉)手強い構造のフロントドアでした(笑)

結果、ドアトリム下半分でエンクロージュア制作並びにトリム加工を

行いましたが下半分のみで分離も出来ず、かつレザーも上部と下部が

ステッチで接合されていました。加えてポケットも強固に接着され分離出来ず

どうなる事かと思いましたが車格に相応しいデザインを考慮しながら

ドアポケットを実用範囲で残してエンクロージュアを制作させて頂きました。

 

トリムはレザー、ユニット周辺の化粧パネルとポケット内はスエードで仕上げました。

 

トゥイーターマウントは塗装による仕上げですがBEWITH製の

砲弾型エンクロージュアG-50MGのカップ部を用いた「お初」の仕様です。

 

サブウーファーはリアシート背面に前向きで2発セットしましたが

少しでも遮蔽物無く室内に最低域を送り込むべく

リアシートセンターの可倒式アームレスト部に開口加工を施し

バスレフポートを露出させました。

 

トランクは壁面にモノラルアンプ、レギュレーター、床面にプロセッサーを

配した定番(⁉)のレイアウトです。

 

今回のシステムの中枢を担う超ド級プロセッサーSTATE A6R MONOを
床面にセットしました。
6台1セットでの仕様を前提とした「MONO-SIX拡張ファームウェア」を搭載した
全chが完全に独立したモノラルプロセッサーは既存のプロセッサーとは
次元が違い過ぎる驚異の調整能力を持つ反面、サウンド調整には
時間を要しますが只々舌を巻く事、間違い無しです(笑)

 

サブウーファーボックス背面にはモノラルアンプのP-1Rを6台に

レギュレーターのV-50Rを2台、配しました。
モノラルプロセッサーからの信号を各々のモノラルアンプに入力しますので
左右間/帯域間の相互干渉を理想的に排除出来る究極のシステムレイアウトと言えます。

 

毎度ですが純正のネットフックをカバーリングに移設しました。

 
トランク上部のカバーリングには上からユニット群を照らすホワイトの
間接照明に加えオリジナルで制作させて頂いたエンブレムをセットしました。
 
完成後はBEWITHの車内特性測定器「SIEG」を用いて
STATE A6R MONOの圧倒的なプロセッシング能力を駆使して
サウンド調整を施し納車させて頂きました。
各ユニットのエージング不足は否めませんが、
それを言い訳にせず(笑)来る11月19日、鈴鹿サーキットで開催の
第11回 BEWITH SOUND CUPにオーナー様と共に参加させて頂きます。
 
 
 
 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日はメルセデス・ベンツ 現行Cクラス・ステーションワゴン(S205)のご紹介です。

当社ホームページをご覧頂いたうえでFOCALの専用モデルでの

ご相談を頂戴しましたが、BEWITHより新たに発売されました新機軸モデルの

Reference AMをお勧めさせて頂き施工と相成りました。

 

施工はFOCALの専用モデルに準じた内容で88mmユニットの

固定用バッフルや純正サブウーファーに接続するローパスフィルターは

当社で別途ご用意させて頂きました。

 

ロゴエンブレムが付属されていましたので換装をアピール出来ます(笑)

出音はFOCALとはまた違った魅力的なもので自信を持ってお勧めできるユニットです。

 

現行Cクラスのスピーカー交換に関するご相談も

お気軽にお問合せください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日はアウディ 現行A4オールロードクワトロのご紹介です。

新車納車前にオーディオのご相談を頂戴し新規でのオーディオシステム構築の

ご提案をさせて頂き新車登録前の状態でディーラー様にお持ち頂き

施工させて頂きました。

 

当社のディスプレイボードにて視聴して頂いたうえでFOCALの

K2 Powerシリーズ ES 165 KX2をお選び頂きました。

ドアパネル/トリムに各種ドアチューニングを施したうえでバーチ合板と

M &M DESIGNのアルミバッフルPCD-1をボルト/ナットで

ドッキングしたバッフルにユニットを強固に固定しました。

マルチピッチ設計なのでFOCALを始め各種ブランドのユニットに対応可能なので

装着ユニットの適応が合えば積極的に導入をお勧め出来る最近の当社一押しのオプションです。

 

ピラーをベースに加工形成を施したうえで

純正に近似した質感のクロス生地で仕上げましたトゥイーターマウントです。

 

リアラゲッジ床面内のバッテリー周辺のスペースを活用して

BEWITH製のプロセッサー、モノラルアンプ4台、レギュレーターを設置しました。

純正オーディオシステムのMMIの音声とアダプターを介してデジタル出力の状態での

WALKMANの音声をプロセッサーに入力しました。

 

 

本来なら同社のルームミラー型メモリープレーヤーの画面にプロセッサーの

動作表示を入力させますが今回は純正モニターに入力しました。

純正モニターへの外部機器の映像入力に当たって施工実績も無く

オプションカタログにもラインナップされてなかったので表示出来るかドキドキでした(笑)

 

施工完了後はBEWITHの車内特性測定器「SIEG」を用いながら

サウンド調整を施しディーラー様にお渡しさせて頂きました。

 

納車前の段階での各種施工も場合によっては可能ですので

お気軽にご相談ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日はメルセデス・ベンツ 現行Cクラス・セダン(W205)のご紹介です。

オーディオはフルBEWITHシステムを構築させて頂きましたが

フットワークのご相談を頂戴しプランニングさせて頂きました。

当社一押しの国産ホイール・ブランド「HYPER FORGED」(ハイパーフォージド)の

ニューモデルHF-DiCの20インチとiiD製のロワリングキットを取付させて頂きました。

 

フロントは8.5Jのセミコンケイブです。

リアは9.5Jのディープコンケイブです。

 

今回はジェントルなオーナー様のご要望であまり攻め過ぎない「大人仕様」です。

ディスクはブラッシュド、アウターリムはハイポリッシュ、インナーリムはマットブラックと

定番のフィニッシュです。

HYPER FORGED(ハイパーフォージド)  HF-DiC
Disk Finish: Brushed+GLOSS Clear
Rim Outer Finish: High Polish
Rim Innner Finish: Anodized Black(Matte)
Center Cap: Brushed+GLOSS Clear
12Point Stainless Bolt: Chrome

 

当社一押しのホイールブランドとなりますHYPER FORGEDですがインセットはもちろんの事
カラーリングも豊富なバリエーションからお選び頂け自分好みの「オンリーワン」を
制作する事が可能です。また当社デモカー各車にも装着されていますので
気になる方はお気軽にご相談下さい。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。