解放

新しい革新運動


テーマ:

 

 筆者は、民族蔑視をせず、其のやうな發言もしないと云ふ信念を持つてゐる。
此の事は筆者が身分を明示して記したSNS、Web上の記録でも明らかであり、所謂「ヘイトスピーチ 」が問題視される以前から一貫してゐる。
然し其れは、斷じて「韓國・朝鮮人が可哀想であるから」ではない。大御心に反するからに他ならないのである。

では今回、川崎市中原區で開催された「川崎淨化デモ」と云ふ催しに參加した理由は何であるかと云ふと、第一に筆者の居住地と近いからなのであるが、最たる理由としては「カウンタア」と稱されるデモへの抗議をする者達と對話をしてみたいが爲であり、其れに關してはSNS「facebook」にて豫告してゐる。


 草地貞吾 先生は次のやうに仰られた。
即、「意見の同じ者とばかり對話しても無意味である。意見の異なる者とこそ積極的に對話せよ。さうする事で相手に影響を及ぼせ。」とである。
其れゆゑ筆者は、實際に代々木公園にてアムネステイ の運動員と對話をしたり、川崎市外國人市民代表者會議にて朝鮮人や廈門出身の支那人との議論を試みてゐる。
其れも何一つ聲を荒げる事もなく、まつたく落ち着いた態度で臨んでゐる。
虚僞と誇張が著しい「關東大震災時の朝鮮人虐殺を考へる集會 」に出席した際は、同行した高橋氏と左翼側との紛擾をなだめ、筆者が試しに狗肉を食しに行つた事等に就いて和やかに話し乍、資料に基づいた歴史的事實を提示し、靜穩に論を交はしたものである。


 反日的な韓國・朝鮮人に對して「死ね殺せ」等と云ふ單純な言葉を投げかけるのは簡單であるが、斯樣な言葉は損失しか生まないばかりか、人權問題に敏感な「國際權力」の的になる事必至であらう。
其の事情を知つてゐるはづの筆者の關係する諸團體はデモの際「民族差別的な標識の持參」を禁じてゐるし、櫻井誠氏との確執もある。
さう云ふ事情があるので、筆者は「行動する保守」なる運動には今まで參加した事が無かつたのである。
但し、今囘行はれたデモの案内 には「韓國(人)朝鮮(人)」の文字は何處にも見當たらず、「反日勢力に對するデモ」であると云ふ旨が明記されてゐた。
「ヘイトスピーチ」なるものが問題視されやうが何だらうが、其れが規制されやうとされまいと、筆者はもとより愚劣なる表現を嫌ふのであるが、此れの何處が「ヘイトデモ」なのであらうか。


 ともあれ、筆者は上記した豫告を實行する爲の努力を行つたのであるが、參加してみた結果、間も無くとんだ見當違ひをしてゐた事に氣が付いたのである。
抑々「カウンタア」と稱される勢力の大半が「四十面五十面を下げた餓鬼の集まり」であり、ぎやあぎやあワアワアと喚くだけの愚民勢力であつたと云ふ事實である。

其の後、警官隊に圍まれ乍集合場所に向かふ途中で、デモ行進が中止となつた事を告げられたのであるが、殆ど動く事が出來なくなつた。
筆者は餘り氣が長くはないので、要領よく警察官の間を摺り拔けて、其の足で停めてある單車の処まで向かつたのであつた。


 筆者は勞災病院横でカウンタア參加者を待ち伏せし、「デモに參加した者であるが、何か言ふ事があるならば言つて呉れ」と訊ねてみた。
先程のやうな「破落戸の眞似事」みたいな言葉遣ひをするものとばかり考へてゐたのであるが、何と其のカウンタア參加者は「別に無いです」等と述べたのである。
「無いと云ふ事はないだらう。其れならば何故參加したんだ。」と尤もな疑問を投げかけると、筆者は微塵も襲撃する事等を考へてゐない処か極めて穏便に話しかけてゐるにも關はらず、驚いた事に警察官に助けを求め、誘導され乍仲間の居る「中原區平和公園」まで向かつたのであつた。

其の爲筆者は公園まで向かひ、屯してゐた一群に對して氣さくな感じで「デモ參加者だが、何か言ふ事があれば言つてみよ。」と聲をかけたのである。



和田伸也



 勿論、落ち着いて彼等の言ひ分を聽いて、其れに就いての我が見解を披瀝する積もりであつたし、若しも、彼等がきちんとした「意見」なり「理想」を語るのであれば、本ブログ記事に其れを掲載する事を豫定してゐた。


 然し次の瞬間、彼奴等は警察官を呼び、揃ひも揃つて「言論から逃亡」したのである。
要するに彼奴等は確固たる「意見」も持ち合はせてをらず、況や「思想」等と云ふ上等なもの等持つてゐない爲、投げかけられた「質問」にすら答へる事が出來ないのである。

此れが愚民の馬鹿騷ぎと云はずして他に何と呼ぶ事が出來やうか。
筆者は、「斷じて斯樣な者達と同列であると思はれたくない」と心底感じた次第である。

 そして次の事にも言及せねばなるまい。
即、或は彼奴等に「活動するきつかけ」を與へて居るのは、取りも直さず行動保守と稱する勢力自身ではないのかと。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。