日本リ・ファッション協会@代表ブログ

リ・ファッションを「生活スタイルの見直し、変化」と定義し、循環型社会における持続可能な生活、産業へのシフトを推進する活動をしています。


テーマ:
東北支援活動で知り合った
「桜クシュクシュたわし ゆめ工房」さん。
 
閖上の朝市にご出展されていたところを見つけて
お話し伺ったのがきっかけで知り合いました。
{E9BE504F-0322-496D-A4D9-1C4DE0461E97}

 

{A9889E4C-5E31-4227-A203-259134202157}

 

 

東日本大震災で津波による大きな被害のあった閖上地区。

ゆめ工房さんでは、仮設住宅に住む方々に

作る楽しみと自分で稼ぐ喜び

仲間と繋がる場を作ることを目的に活動されています。

 

作っているアクリルたわしは、

環境に優しい洗剤いらずの優れモノ。

編み目が大きいことから、

洗って風通しの良いところに干せば衛星面も良いとのこと。

 

代表の市川さんや協力者の皆さんとお話しをさせていたところ

・毎月大量のアクリル毛糸が必要であること

・ご縁をいただいた方々に毎年ハガキを送っていること

・チャリティー販売した売上の一部は

 他の天災に会った被災地に支援品を贈るために使っていること

・助けていただくだけでなく自分たちも誰かの助けになることで逆に力をいただいていること

などを知りました。

素敵な活動を続けているみなさんは温かく力強い方々で、

私もパワーをいただきました。

そこで、リ・ファッション協会でも連携させていただきたいとお願し

集めた毛糸や切手を使っていただくことにしました。

 

{76984B6C-88C2-426D-8AB9-4457368A11C9}
2月に毛糸を贈ったときにいただいたお葉書。
 
このように、リ・ファッション ラボに届いたモノが
必要なところで有意義に使われ
まだ別のだれかを幸せにしています。
これを私達は「モノを介した心の循環」と呼んでいます。
 
これからも「モノを介した心の循環」を推進してきます!
 

●リ・ファッション ラボの詳細はこちら。

http://www.refashion.jp/lab/

※衣類や毛糸のほかにも募集しているアイテムがあります。
 リンク先のサイトでご確認いただけます。
 
●活動を続けるための寄付金の募集はこちら

http://www.refashion.jp/emergency/support.html

※現金の他に、切手や商品券、QUOカードなども活動に役立ちます。

 

皆様にご協力いただけると助かります。
 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

地域の暮らしを旅する「TABICA」に
リ・ファッション協会代表の鈴木が下町案内人として登場!
運営しているコミュニティーカフェ&チャリティーショップ

Engawa Sumidaを拠点に街歩きをします。

詳細と申込はこちら

"カジュアル"着物で下町散策!

~着物をグッと身近に感じる街歩き~
 

現在決まっている開催日程は

2017年4月~6月の第2と第4の日曜日です。


日本リ・ファッション協会の活動を応援してくださってる方々には特に

ご参加、情報のシェアをしていただけると嬉しいです。


よろしくお願いいたします。
 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先週は福島県のある仮設住宅Aをサポートしている社会福祉協議会さん(以下「社協(しゃきょう)」)に電話をして仮設住宅にお住まいの方々の状況をヒアリングさせていただきました。
この社協さんとはかれこれ4年のお付き合い。ご縁のあった仮設住宅のみなさんに日本リ・ファッション協会で集めた支援物資を届けるにあたり、現地での配布をお願いしている関係です。

私達が行う物資支援は全員に同じものを均等にばらまくものではありません。ひとりひとりの状況に合わせ、本人が必要としているものをタイミング良くお渡しすることを目指しています。
そのために、支援対象となる方と直接向き合っておられる現地のNPOさんや社協さんと連携することで活動を続けています。

 

今回の電話での会話は、私がたびたび受ける質問「まだ被災地に物資を送る必要があるの?」の答えになと思ったので書いてみます。

まず仮設住宅は少なからず残っています。この仮設住宅Aには100人ほどが住んでいます。多くの仮設住宅と同様に高齢者が多く、独居も多いそうです。高齢者は家に引きこもりがちのため、社協さんから何かお願いをして家から引っ張り出すような工夫もしているとのことです。

 

日本リ・ファッション協会が昨年の11月から12月にかけて送った防寒着は大変喜ばれたそうです。あるアラフォー男性はやっと決まった就職先にそれを着て毎日通っている。自転車通勤なので「この防寒着がなかったら辛かったなぁ」と言っているとか。ある独居のおじいちゃんは道で会うと「この冬はこれがあるから大丈夫だ!」と嬉しそうに挨拶してくれるとのこと。

 

私達がお届けしている衣類は、仮設にお住まいの方全員分ではありません。特に生活にお困りの方のサイズや必要なものをお聞きして送っています。それにプラスして消耗品的なモノ(ハブラシや洗剤、下着やシーツ、タオルなど)を適宜入れています。

 

今回の電話で要望をくみ取ったのは、老々介護の母娘と無職の息子さんご一家と退院したばかりのおじいちゃん。そのほかご高齢の独居男性を対象としたもの。

早速、本日のリ・ファッション ラボでの仕分け作業でリクエストのあった支援品を選びだし、宅配便で発送をしました。

 

日本リ・ファッション協会の被災地支援活動は、集めた衣類をこのように細やかな対応でお届けしています。物資を通して人をつなぎ心をつないでいきたいとの思いで活動をしているからです。みんな独りじゃないことを知っていただけたらうれしいです。

 

支援する側もされる側も視点を変えると共生関係にあって、お互いに支え合っているものです。私自身も支援活動を通じて多くの方とご縁ができ、みなさんの経験・知見を共有をしていただき、自分も経験を重ね伝えることをしています。人として生きる力が育まれていると感じています。

 

この活動に賛同する方、仲間に加わりたい方には、

少しでも関わる機会を持っていただけたら嬉しいです。

 

<例えばこんな方法>

◆今すぐできることもはこれ!
1.オンライン会員登録をする(年会費・入会金:無料)
活動情報を知って参加したりシェアを!
http://www.refashion.jp/nyukai/index.html

 

2.メルマガ購読登録をする
「ときめき通信」月一回発行
http://archives.mag2.com/0001032442/

 

3.PRする
オフィシャルサイト
http://www.refashion.jp/
Facebookページ
https://www.facebook.com/refashionjp/

 

◆まずは準備から!
4.ボランティアに参加する
http://www.refashion.jp/volunteer/index.html

 

5.不用になった衣類を回数して活かす活動に協力する
「リ・ファッション ラボ」プロジェクト
※東北支援は毎週ラボでも行っています。
http://www.refashion.jp/lab/index.html

 

6.被災地支援を続けるための寄付をする
http://www.refashion.jp/emergency/support.html

 

★応援についての詳細はこちら
「リ・ファッション応援団募集」のページはこちら
http://www.refashion.jp/cheerleaders/index.html

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
本日2/11(土) 19時-20時 トークライブ
テーマ:「リ・ファッションファッション

 良いものを永く使うとはどういうことか、オシャレとは何か
対談者:
鈴木純子(日本リ・ファッション協会 代表理事)
Marony.TOKYO(ファッションスタイリスト)
入場:ワンドリンクオーダー(500円)をお願いします。
 
【概要】
イベント名:Refashion Market 2017.02 ~素材市~
開催期間:2017年2月10日(金)~12日(日)
時間:13時~20時(最終日は18時まで)
入場:無料
会場:Engawa Sumida
住所:墨田区向島4-30-14
アクセス:「押上駅」から徒歩7分
A3出口をでて左に。コンビニの角を左に曲がってすぐの横断歩道を
渡り、右に数メートル行ってから左斜めに入る道を進む。
大通り(曳舟川通り)に出たら右に。
HONDA Carsの向かい。
※通りに面しています
Googleマップでは細い道に入るように表示されますが大通り沿いなのでご注意を!
主催:日本リ・ファッション協会
 
◆Refashion Market 2017.02 ~素材市~
詳細はこちら!
 
Facebookのイベントページでは
コメント欄に店内の様子などリアルタイムでアップしています)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ご縁をいただき、明治大学 落語研究会の10名さまに着物スタイリングと着こなし指南をさせていただきました。
みなさんまだ二十歳未満!お若い方々が着物に興味を持って着物のオシャレを楽しんでくださって嬉しい限りです😃

場所は日本リ・ファッション協会の新拠点「Engawa Sumida」(押上駅から徒歩7分)。

これをきっかけに、「Engawa寄席」が実現するかも?!

と妄想しています(^^)
 

「Engawa 寄席」が実現したら

リ・ファッション ラボからEngawaに持ち込んで展示販売している着物を使って、

今回スタイリングを担当したミシェルが再びスタイリングするというコラボ企画でo(^▽^)o

ご縁をいただいた明大落研OBの塚田さま、地元墨田つながりの中西さま、ありがとうございます(*^o^*)
Engawa Sumida店主 鈴木純子

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。