日本リ・ファッション協会@代表ブログ

リ・ファッションを「生活スタイルの見直し、変化」と定義し、循環型社会における持続可能な生活、産業へのシフトを推進する活動をしています。

NEW !
テーマ:

 

「Refashion Days」とは、毎年恒例のオシャレイベント。
「最近、欲しいものが見つからなかったのに、ここに来たら
欲しいものばかり!」と試着しまくり
一夏分のコーデを1万円前後の破格値でゲット。
ご来場者の滞在時間は平均2時間超!!
リピーターが多いのもうなづける楽しいイベントです。

今回は特別企画!!
fashoin×makeup×art×dance×music×voice×poetry

= 「変化~henge~」
和装、洋装、二つの出で立ちで最高のメンバーがお送りする、

ダンスあり、音楽あり、ヴォイスあり、朗読あり、アートありの

ライブパフォーマンス。

 

 

リ・ファッション協会の膨大な在庫の中から、出演者に合った洋服、和服、靴、アクセサリーをテーマに沿ってチョイス、スタイリングは、”和洋装スタイリスト”のミッシェルと”セルフスタイリングアドバイザー”のマロニイ。メイクアップは石原幸子。
更に助っ人として、2月から4月に6週間にも渡る個展とその前で繰り広げられるパフォーマンスに於いて、その空間演出能力を遺憾なく発揮した絵描き、坂巻裕一。
 

出演者は、ダンス界から、大御所、深谷正子。ダンサー、女優と多彩な顔を持つ三浦宏予。舞台・舞踊などの音楽監督、作曲、演出も行うコントラバス奏者、河崎純。特殊音声のスペシャリスト、徳久ウィリアム。5月にフランスのポエトリースラムW杯に日本代表として出場する朗読家、大島健夫。そして、今回の企画立案者でもある、ネイキッドヴォイス、富士栄秀也。

 

 

<出演者プロフィール>


●深谷 正子
1947年東京生まれ。日本体育大学健康学科在学中に芙二 三枝子のダンスに出会い、モダンダンスの存在を知る。卒業後、藤井公・利子の下でダンスのエッセンスを学ぶ。1976年より、「動体証明」と名付けたシリーズを開始、ダンスの枠を取り払い動体としての表現を追求し始める。2001年、主宰するカンパニーを「ダンスの犬ALL IS FULL」と改めて、〈そこに体がある〉〈塊としての体〉から、ダンスに温度を注入している。2014年、舞踊批評家協会賞受賞(ソロ《ダンスワームホール》により)。
--------------------
●三浦 宏予
ダンサー、女優。
幼少の記憶に刻まれている遠野の自然、ざしきわらしやかっぱが日常会話にのぼる環境の影響で、シャーマニズム、アニミズムに興味を持ち、その延長線上でダンス、演劇に携わる。
大学在学中より、演劇、オペラ、クラブや美術館、ギャラリーでのイベント、映像作品に出演。
2001~生まれ故郷 岩手県遠野市に伝わる早池峰神楽を鈴木 廣志に師事。
2013 六本木アートナイト「 ブランシュネージュ 」演出:カトリーヌ・バイー
2015-2016「宙吊りというサスペンス」シリーズ,「二つのソロ 『軋む身体』玉内集子/三浦宏予」演出・構成:深谷正子
2015「捨て子たち 星たち」「終わりはいつも終わらないうちに終わっていく」演出・音楽監督:河崎純
--------------------
●河崎純
演劇・舞踊など70本以上の舞台作品の音楽監督、作曲。演出もおこなう。歌を中心とした音楽劇作品が多い。2012年より立教大学演習公演の作、演出。2015年より音楽詩劇研究所を主宰、タデウシュ・カントール生誕100年で2作品を演出、作曲。 日本トルコ現代音楽公演Sound Migrationに参加。振付家Aydin Tekerとdb-ll-baseでソロパフォーマーとしてイスタンブールなどで公演。2013年ドレスデン・シンフォニカの新作音楽劇「Dede Korkut」にソリストとして招聘され、中央アジア伝統音楽家とともに公演。古典芸能では故・西川千麗の日本舞踊の多くの公演で作曲・ 演奏。
--------------------
●徳久ウィリアム
『ボイスパフォーマー、ボイスコンサルタント
ブラジル生まれ。母が日系ブラジル人。早稲田大学卒。
1000種類の声が出せる、特殊発声のスペシャリスト。最高で、年間160本(約2日に1回)のライブ・イベントをこなしてきた現役のボーカリスト。
一度に二つを出す驚異の歌唱法「ホーメイ(ホーミー)」、モンゴルの「デカい声」オルティンドー、イランのタハリール唱法から、デスボイス、オリジナルのノイズボイスなど、様々な声を自由自在に扱う。
「声の大学」主宰として、声のレクチャーにも力を入れている。
GargantaDelDiablo、ノイズ合唱団主宰。チャーリーウィリアムス、滞空時間メンバー。』
--------------------
●大島 健夫
1974年千葉県千葉市生。早稲田大学法学部卒。
文筆家/朗読家として「声・言葉・お話の力」を追及する。
2009年12月より現在まで、山口勲と共同で、千葉で唯一の朗読オープンマイクイベント『千葉詩亭』を隔月で主催中。2014年12月より現在まで、渋谷RUBY ROOMにて、URAOCBと共同で、朗読ライヴイベント『SPIRIT』を毎月第一月曜日に主催中。
2014年7月、史上初の24時間朗読ワンマンライヴを完遂。
2015年3月、ベルギーのモンスで開催された国際ポエトリースラム『SLAMons & Friends』に三角みづ紀、橘上とともに日本代表として参加。準決勝進出。
2016年3月、詩の朗読の日本選手権、ポエトリー・スラム・ジャパン2016全国大会優勝。5月、フランスのポエトリースラムW杯に出場する。
http://www1.odn.ne.jp/goingthedistance/
--------------------
●富士栄秀也
ネイキッドヴォイス
天鼓に師事。2004年より、コラボラボoh-hoを主宰、即興表現の分野で、 従来のセッションに留まらない企画性のある即興表現のWS、セッ ションを毎月開催。 オーガナイザーとして、東京を代表する即興WS主催 団体5つを一堂に会した「自由即興フェスタ2005~2013」(新宿PIT INN)を始め、多くのシリーズ企画を主催。
2010年、ダンス好きが高じて踊りの稽古に通い始め、翌年舞踏家デビュー。その後、表記をダンサーに変更。2014年5月から始まった深谷正子さんのWSに通い始め、2015年、深谷作品デビュー、好評を得る。
--------------------


変化~henge~のライブを観たら、
ファッションで自分を表現することがより楽しくなることでしょう。
いつもは無難な服選びをしている方も、Refashion Daysだったら冒険できるのも特徴。
それは超お買得価格だから、値段を理由にイメチェンのチャンスを逃さない!
根っからのオシャレさんには、
流行に関係なくオシャレ心を満たすアイテムが揃っているため

ワンストップで満足の全身コーデが完成するのが嬉しい!
 
★買い物して東北支援
気に入ったものを選んだらお会計(^^)
売上は、直接経費を除き全額が東北支援に活用されます。
※活用先は日本リ・ファッション協会の支援活動と連携先の活動
※具体的な支援については活動報告ページをご覧ください。

 

★嬉し楽しいサービス
1.スタイリング:
  スタイリストが変身願望をかなえます!
2.メイク:(ワンポイント:500円、フルメイク:1,000円)
  メイクアップアーティストが魅力を引き出します
3.ヘアメイク:(1,000円)
  変身したファッションに合ったヘアアレンジに!
4.撮影:(1,000円)
  プロカメラマンが変身したあなたを素敵に撮影!
5.ドリンク&フード:
  (※入場料にドリンク券1枚がつきます)
  追加オーダーはキャッシュオンでご提供。

 

■「Refashion Days 2016特別編

 『変化~henge~』」開催概要

【日時】2016年7月10日(日)11:00~17:00

【会場】「油田カフェ」
       東京都墨田区八広3-39-5 ライオンズマンション1F
       京成押上線「八広駅」徒歩12分

【入場料】500円(ドリンク券つき)

 

【主催】一般社団法人 日本リ・ファッション協会
      
【目的】
「オシャレを楽しむ」×「いいものを循環する」×「売上で東北を応援する」
      
【商品】洋装、和装、靴、バッグ(靴とバッグは、劣化のしにくさを考慮し本革または布を素材としたものがほとんどです)、ベルト、帽子、スカーフ、アクセサリーなど
※一般家庭から寄付された新品、USED品の中からオシャレで状態の良いものを選んでご提供します。
      
【価格帯】※有名ブランドは個別表示
<洋装>
カットソー 700円
パンツ&スカート 800円
ワンピース 1000円
パンプス 1000円
アンサンブル 1200円
スカーフ 500円
ネックレス 500円~
バッグ(小) 800円~
バッグ(大)1500円~
<和装>
浴衣 2,000円~3,000円
半帯(婦人) 1,000円~3,000円
へこ帯(紳士)3,000円~7,000円
などなど
店頭にはお買い得コーナーを設置予定。
      
※Facebookイベントページ  にて最新情報を掲載していきます。
 
●過去の開催内容と写真はこちら
http://www.refashion.jp/days/2014summer.html
http://www.refashion.jp/days/2015summer.html

 

日本リ・ファッション協会ロゴ

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

3.11希望のひかりPROJECT【モノづくり市】in東松島市

久しぶりの東北でイベントに出展。
ファッションスタイリストのマロニイ(櫻井さん)からのご縁で

マロニイさんのスタイリング講座とのコラボで

自分を表現するツールとしてファッションアイテムを選び

楽しんでいただく場をご用意。

セルフスタイリングしたファッションアイテムは購入することも可とし被災地応援価格でご提供。持ち込んだファッションアイテムの数々はRefashion SHOPの商品です。売上は、被災地支援活動に活用させていてだきます。

 

他の出展者さんのブースも個性豊かで心躍りました!

 

夕方からのキャンドル点灯はとても美しく心を和ませてくれるものでした。

 

ご来場の皆様、ありがとうございました。

主催の Lamp of Hope

ご一緒させていただいた出展者の皆様

会場を貸してくださった東松島市小野市民センターの職員の皆様、

大変お世話になりました。感謝です!!

このイベント詳細はこちら

https://www.facebook.com/events/1203119936366972/

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

6月に入りました。

今月のイベント目白押しです!

ゼヒご参加、応援をお願いします。

 

【6月5日(日)6日(月)】

毎月恒例「103フリマ」

日本リ・ファッション協会は東北支援チャリティー目的での参加。

季節のファッションアイテムやアクセサリ、雑貨などを販売します。

https://www.facebook.com/events/175832652812594/

 

【6月11日(土)】

「第5回あらかわ手づくり市」(入場無料)

日本リ・ファッション協会は手作り体験ブースで出店。

オリジナル缶バッチ作り+手作りアクセサリーとパーツ販売

http://www.acc-arakawa.jp/event/others/2016/06/5-3.html

 

【6月11日(土)】東北でのイベントに出店

「希望のひかりPROJECT 『モノづくり市』」
in東松島市小野市民センター

セルフスタイリング講座(講師マロニィ)+ファッションアイテム販売のコーナーに出展

https://www.facebook.com/events/1203119936366972/

 

【6月14日(火)19:00-21:00】

ニコ動「東京下町チャンネル 番組名『和あそび研究所 vol.8』」放送

※入会無料!

放送時間前に「タイムシフト予約」をクリックすると

放送終了後1週間以内なら視聴できます。

http://ch.nicovideo.jp/tokyo-shitamachi

 

【6月18日(土)】

「衣育×食育×住育カフェ Vol.8」(参加費2,000円)

今月は食育担当の千葉さんがキュレーション。

食育関連ゲストは近日発表です。

https://www.facebook.com/events/1035081353251037/

 

【6月28日(火)19:00-21:00】

ニコ動「東京下町チャンネル 番組名『和あそび研究所 vol.9』」放送

 

※入会無料!

放送時間前に「タイムシフト予約」をクリックすると

放送終了後1週間以内なら視聴できます。

http://ch.nicovideo.jp/tokyo-shitamachi

 

◆2016年7月のイベント予定

【7月10日(日)】11:00-17:00

Refashion Days特別編

「変化~へんげ~」

季節のファッションアイテムの販売とスタイリング+ヘア・メイクに加え

6人のライブ(パフォーミングアーツ)を楽しめます。

ライブ時間:第一部13:30~、第二部15:00~。

会場:油田カフェ(墨田区八広)

住所:

※入場時にワンドリンクご注文をお願いします。

 

<詳細はこちら>

リ・ファッション協会のサイトでの告知

http://www.refashion.jp/days/2016henge.html

Facebookのイベントページ

https://www.facebook.com/events/570540823125480/

 

★収益金について★

イベントでの収益金は、震災支援活動に活用させていただいております。

あなたの参加費、ご購入費がソーシャルな活動を支えます。

これを機に被災地の今を知って、

まだ長くかかる復興を一緒に支え続ける仲間になっていただけると幸いです。

 

皆様のご来場、ご参加を心よりお待ちしております。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

20代30代の時には本当に諸先輩方にお世話になった。
若い時には、ギブ・アンド・テイクで、何かしてもらったらすぐお返ししなくては!と思っていた。でも懐が深い先輩方はそんなこと期待していないし望んでもいないと知った。
「私がしたことが役に立ったなら、あなたも誰かの役に立てるようになって誰かに「恩送り」をしてもらえたらそれでよし。そうすれば私も嬉しい。」と。

 

よいご縁に恵まれたこともあって、多くの方に御恩を沢山いただきながら進んできた。ご恩に報いようと思い、文字通り寝る間も惜しんで我ながらよく働いたとも思う。
私は1996年に有限会社(その後株式会社に組織変更)を創業、1997年にNPO法人の設立に関わり副理事長に、2009年に一般社団法人を設立し代表理事になった。
そのほかに任意団体やコミュニティーカフェの運営に関わった経験がある。「何の得になるの?」と言われるようなことも望まれることで意義を感じれば時間を創ってやらせていただいた。

どれも小さな組織で意思の疎通よく小回りを利かせ意義を感じることをコツコツと積み重ねてきた。継続は力と実感できたことで、ぶれずに生きられるようになった。

 

近年、起業を志す方からの相談が増えている。
多様な働き方、多様な起業の時代を迎えたことで、私のこれまでの経験が後輩の役に立てる「恩送り」の機会がやってきた。

と同時に、誰かの役に立てることは自分のためになる「お互い様」だと強く感じるようになった。
若い人たちと話をするのはいろいろな意味で楽しい。ピュアな心、柔軟な発想、時代の流れに乗る勇気、溢れるエネルギー、未来を拓く可能性、などに触れるとこちらも元気をもらう。勝手に希望を託させてもらう(笑)。
子どもがいない私はご縁があった若者の成長を見させてもらうのが本当に楽しみなのだ。

 

「恩送り」「お互い様」は、被災地支援活動のボランティアも同じだと思う。関東に住む私達にとっては、今のところボランティアするほうが多いように感じるかもわからない。でもボランティアさせてもらいながら沢山の無形のものをいただいている。東北で出会い親戚のようなお付き合いをしているおばちゃんや若夫婦、復興のために移住して住民と一緒に復興に取り組んでいる若者、私達の活動を支援してくれている方々とのご縁は宝物だ。それに首都直下型地震が起きたら、東京在住の私達は日本中の人に助けてもらう立場になる。

 

ボランティア活動をこのように「やらせていただいている」と考えられるようになった最初のきっかけはNPO法人winkを立ち上げたとき。近年では、2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災地支援に団体として取り組んだときだった。地震発生の3日後から活動をスタート。初めての経験であったこともあって当初は毎日が大変だった。3ヶ月経って、半年経って、初めての冬が来て、一年経って、二年経って。終わりが見えない中、仲間や協力者は減っていく。逆に他の支援団体が減る分、支援対象が細かく広がっていった。自分の生活もままならない苦しさをだれにも言えない。終わりが見えない。抱えきれない支援活動に疲れ果ててしまった時期があった。それでも続けられたのは、「こんな状況なのに生かされている」のは使命としか思えない。そう思えたことに感謝できたからだ。

 

とはいえ大変な時期は長かった。そして、このままでは続けられなくなると感じたとき、私の中で大きな意識の変化が起こった。いまいちど自分の役割を軸にして考え方・活動を見直した。すると自分の人生を生きている実感が戻ってきた。以前よりしなやかで強い心になったと感じる。こうやって、成長させてもらってるんだなぁ、と。このご恩をまた次に送っていきたい。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
公式サイト(下記URL)の原文を転載します。
http://www.refashion.jp/emergency-k/index.html

2016年4月14日発生の熊本地震による災害で
被害を受けた地域への支援を行っています。
 
東日本大震災での支援活動と同じスタンスで、
必要なモノ・コトを必要な方、場所へおつなぎするお手伝いです。
現地の声を直接お聞きしながら、細やかな対応を心がけます。

現時点では、阿蘇市狩尾地区に対しての活動です。
実質孤立地域になっているため
さまざまな面で支援を求めています。

【皆様へのご支援お願い】
1.支援物資
基本は直送をお願いします。
※ラボへの衣類と同梱でお送りいただいたものは
数量がまとまったものから届けるようにします。
(送料の寄付や切手の寄付をいただけると幸いです)

~以下は、現地からのメッセージです。(5/2時点)~
★5/6時点で佐川急便が配達再開していました。
プラスチック衣装ケース 何個でも
(激励のお手紙も歓迎!)
※路線便をお使いの皆様
amazanでは絶対購入しないでください!
この地区は、佐川急便が動いていないのでせっかくの善意が、
支援者の方へ配達不能で戻ってしまってます。
運送は下記をお使いください。
・ヤマト運輸 阿蘇一の宮センター止
(094-060止 と記入でも来ます)
・ゆうぱっく(通常配達ー遅延あり)
送り先
阿蘇市狩尾837-1 山西宗光 090-7984-5050
【チャーター便、自力運送の方】
※おろし場所が違いますので事前に電話下さい。
----------------------------------------------------------

○行先の無くなった支援物資を引き受けます。
(何でも可能)
向かわれる前にご連絡ください。
内容により、現地で降ろす場所が異なります。
送り先
阿蘇市狩尾837-1 山西宗光 090-7984-5050へ直接連絡か
事前に、太田幸男FBメッセンジャー
Eメール areajapan@gmail.com にご連絡ください。

2.活動資金
ご寄付のお願い。

現地に行っての活動や物資の調達・送付に必要な資金を求めています。
具体的に現時点で必要なのは、
(1)5/16日から現地に入るための交通費
(2)避難テントを立てるための資金
  詳しくは近々に明細をアップします。
(3)物資の調達費
(4)物資の送料
  リ・ファッション ラボに届いたものから支援品になるものを届けるため。

<お振込先>
三菱東京UFJ銀行
中野駅前支店・店番552
(普)0057011
一般社団法人日本リ・ファッション協会

<切手や金券>
〒131-0032 東京都墨田区東向島1-22-2
一般社団法人 日本リ・ファッション協会
熊本震災支援担当宛
※切手はゆうパックで物資お送るときに使います。
※金券は換金して送料・活動費にさせていただきます。

【報告について】
公式サイトやBlogやフェイスブックなどに掲載いたします。
※速報はフェイスブックが中心となります。


●この件についてのお問い合わせ
原則メールでお願いします。
担当は通常、打合せに出ているか倉庫にいるため事務所を不在にしています。
※携帯電話からお問合せをいただく際、受信設定をされている方は、ドメイン「refashion.jp」を「受信許可」に設定してくださいますよう、お願い申し上げます。
================================================================

皆様との連携で、被災地の方々が少しでも快適に過ごせるようになることを祈りながらこの取り組みを続けてまいります。
ご協力をいただけますようお願い申し上げます。


                          一般社団法人日本リ・ファッション協会
                                   代表理事 鈴木純子
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。