ななちのブログ

このブログは、スキップビート好きの非公式2次小説作成SS中心です。作品については、あくまで個人の趣味で作成しています。
馬車馬のごとく働く社会人ですので、更新スピードは亀ですが、よろしければお読みください☆

当ブログは花とゆめ連載中「スキップ・ビート!」の二次創作を扱っています。また、平成25年1月よりララDX連載中の「帝の至宝」の二次創作も取り扱いはじめました。,そしてそして!!平成27年2月より「コレットは死ぬことにした」の二次創作も取り扱いはじめました。一個人の趣味でおこなっております。出版社様、原作者様とは一切関係ありませんのでご了承ください。

スキビは蓮×キョ中心、帝の至宝は志×香、コレットは……。ど、どうだろう。とりあえず、コレットさんの相方はハ―様というSSです。基本、楽しいものを書こうと思っています。

のんびり、本当にの~んびり、更新される予定です。2次創作(小説)が苦手な方や嫌悪感を感じる方は回れ右でお願いします。



なお、本ブログの目次は、このブログ内にはございません。


「リク魔人」の妄想宝物庫様


が、作ってくださった目次がございますので、目次をご利用いただく皆さまは、そちらから記事のご確認をお願いいたします。こちらの二つから、sei様が作ってくださった『ななちのブログ』目次を確認できます♪



目次1    目次2


そして、この目次作成にご協力をくださっているKB様のブログもご紹介☆ 「三日茶坊主」様


NEW !
テーマ:

「後1シーンだな。順調にいっているようで何より。それが終われば次はTBMだ。」

「えぇ。そうですね。」

 

 社さんはパラパラと手帳を広げ、予定を口にする。朝、確認したことを今更繰り返すというのは、敏腕マネージャーにしては珍しい行動だった。様子からして、何か新しい仕事が入ったというわけでもなさそうなので、なおさら奇妙に感じる。

 

「TBMが終わったら。…一度事務所に帰るぞ。」

「そうなんですか?」

 

 それは朝の予定にはなかったこと。そのため、少しだけ目を瞠る。そういえば、最近LMEにいくことがあまりなかった。

 

「あぁ。ここでの仕事が順調そうだから、TBMの入りの時間も調整して、事務所行きの時間を作ってきた。やっとまともな報告をする時間がとれそうだ。最近、本当に忙しかったからな。……まぁ、オフを取るため、というのもあるけれど。」

「……それは、申し訳ございません。」

 

 一月半前に起きた仕事のトラブル。その後の俺の『オフが欲しい』という願い。

 社さんは、その突然できた2つの難題に対し、一瞬だけ顔色を変えた後。

 

『よしきた、お兄さんに任せておきなさい!』

 

 と力強く頷いたのだ。

 

 理由を聞かれることはなかった。

 問われたら答えるつもりではいた。

 今更彼女への想いを隠したところで、意味などない。

 

 だから、ものすごくからかわれることも、そしてそこらの乙女も驚くほどに乙女らしく瞳をキラキラさせてくることさえも覚悟してオフの願いを口にしたのだ。

 

 だから、何も言われなかったことには逆に拍子抜けをしていたのだが。

 

 先ほどの発言から察するに、「休みがほしい」と言った時点で、俺と彼女の間に何か変化が起きる出来事があったことなんてお見通しだったということなのだろう。

 

「謝る必要はないよ。全然我がままなんて言わない、手のかからない弟に甘えられて、嬉しくない兄はいない。」

「……そうですか。」

「ぐふふ、だからな?お兄さんは、蓮君が喜ぶことはなんだってしちゃうわけだ。」

「………ありがとうございます。」

 

 20歳を超えて、ちゃんとした『大人』になったつもりでいた。

だからこそ、多少の年の差のある男とはいえ、今更ながらに『弟』だと呼ばれ、甘やかそうとしてくれる存在がこそばゆい。

 

「ちゃんと聞いているか?蓮君。」

「え?聞いているつもりですが?」

「だから。お兄さんはね。喜ぶ蓮君のためになら、なんだってしてあげるって言っているんだ。……TBMでの仕事が終わった後、事務所に行ったら、誰がいると思う?」

「っ!!!!」

「と、いうわけで。ミスは許されないぞ?頑張ってこい。」

「はいっ!!」

 

 なんだか恥ずかしいな……などと思っていたというのに俺は、『兄』が提示する美味しい餌に一瞬にしてかぶりついた。

 

 その後の撮影がどれほどスムーズに進んだかは……終了後の社さんの苦笑いを見たら、一目瞭然だった。

 
 
 
 
 
 

 

web拍手 by FC2
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

―――俺が君を恐れる理由。君に会ったら話をしたくて、こうして触れたくなる理由。……その理由を、考えて。―――

 

 伝えたのは、昨年の彼女の誕生日前日。

 当日に伝えることができない言葉を精一杯の想いをのせて贈るため、この日のためにと準備したプレゼントを持って、まだいると聞いていたラブミー部室へ乗り込んで行った。

 

 本当は、彼女が生まれた日を共に祝いたかった。祝い、彼女をこの世に遣わせてくれた神に感謝をしたかった。

 「おめでとう」と言葉を贈るだけで、幸せそうに微笑む少女を知っている。

 生まれた時から、実の親に『その日』を祝われることはなく。彼女を育てていた人々も、仕事を理由に祝われない。

 

 幼い少女であれば、怒りを感じてもいいのに、前日のクリスマスイブと一緒に祝われることを『幸せだ』『嬉しい』と語った、6歳の女の子。

 

 そんな少女を知っているからこそ、仕方がないとはいえ融通の利かない仕事と己の曲がらない性格に腹が立った。

 

 愛しい、唯一だと定めた運命の女の、一生に一度訪れる18歳の誕生日を、どうして祝ってやれないのかと。

 しかし、きっと、今後も同じような状況になれば、やはり仕事を取ってしまうのだろう己の、『役者』だとか『プロ意識』だとか名付けてお綺麗に飾っている精神は、どうすることもできず。

 

 罪悪感さえも抱きながら、踏み込んだラブミー部室で。

俺からの祝いの言葉とプレゼントを受け取った彼女は、心の底から嬉しそうに微笑んだのだ。

 俺から祝われたことを素直に喜び。

 そして、俺が自分の誕生日よりも仕事を優先することがさも当然といった言葉を告げられた。

 

 その時に感じたのは。

 

 彼女が心から喜んでくれていることへの安堵ではなく。

 彼女のその慎ましやかな心への賞賛でもなかった。

 

 俺の行為を、「事務所の後輩を祝う先輩」だと、そう決めつけて。

 祝われるだけで十分だと、本気で言うことに対する、理不尽だろう怒りだったのだ。

 

 

 

********

 

 

 

「……ふぅ~~~……。」

「お疲れ、蓮。もうひと踏ん張りだな。」

「……えぇ。ありがとうございます。」

 

 撮影の休憩に入った途端に思い起こすのはもう1月半ほど前の記憶。

 

 あの日、得た『絶望』は、最終的には『幸福』へとすり替わり、現在もなお心が浮き立っている。

 

「……ぐふふふっ、ぐふふふふふふ……。」

「……社さん。突然奇妙な笑い声をあげるのを、やめてくださいませんかね……。」

「いやいや、これを笑わずにいられるか。」

 

 ミネラルウォーターを差し出してきた敏腕マネージャーは、それを受け取って礼を口にした俺をしばらく見つめた後、突然真顔のまま低音の笑い声だけを響かせはじめた。

 

 少し離れたところにはスタッフや他の役者がいるために、表情だけは引き締めているのだろうが、その笑い声とのギャップが怖い。

 

「楽しみだなぁ、明日。」

「…………えぇ。まぁ。」

「フリー最後の日になるな、今日は。」

「!!!??グホッ!!!!!」

「こらこら、蓮君。ダメだぞ~~~?まだ『敦賀蓮』なんだからな~~~~?敦賀蓮はそんな風に水を噴出さないし、動揺なんかしない、人間らしくない人間なんだぞ~~~~~??」

「……そのイメージ、もはや俺にはないですよね?」

「まぁ、ないな。」

 

 『羊枕』以降、俺の世間でのイメージは『ダークムーン』でのダークな演技以上に変わりつつある。

 それがいい意味での変化だったこともあり、俺は今も堂々と愛しの羊とともに現場入りをしている。

 とっつきやすくなった、と評されることもあるし、羊枕が誰かのプレゼントだったのかを知った貴島に至っては、

 

『……うん!!敦賀君って、意外と分かりやすいね!!そういう視点で見てみたらものすごくわかりやすかった!!』

 

 と評した上で、『邪魔は致しません、一生ね!!』とわざわざ誓いまで立ててくれた。

 しかも、彼は最近増殖気味の『京子』に対する馬の骨退治までも時々請け負ってくれている。

 すっかり頼りになる友人になってしまっていた。

 
 
 
 
 
 

 

web拍手 by FC2
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
蓮さま、お誕生日おめでとうございます~!と、いうことで。それだけ叫びにブログアップ…。
お話、間に合いませんでした(笑)…笑うところじゃないですか、そうですか…。
一行たりともではなくなりましたが、まだアップめきる状況にありませんが、蓮さまの生誕を勝手に祝うお話企画は、消えておりません!
近々また参上いたしますので、よければ読んでやってくださいね!
とりあえず。お誕生日おめでと~~!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さま、こんにちは~。そして、今年もよろしくお願いいたします!!
すみません、新年のあいさつまでもがない状況……。何度も来ていただいている方もいらっしゃったようですのに……申し訳ございませんです……。
2月に入る前日に!!
今年も!!どうぞよろしくお願いいたします!!
今年もゆるゆるといった感じですが、楽しくブログを書いて行ければなぁと思っておりますので、もしお時間がよろしければお付き合いいただけますと幸いです。
最近、なかなか更新はできていませんし、お話もなかなかかけていない状況ですが、スキビ愛には溢れておりますので!そして、コレットさんも好きですし、帝様も何かお話しかけたらいいな!とは思っております!!
帝様は時々リクエストと申しますか、何かお話をというメッセージもいただきますので、何か考えてみますね。
と、いうわけで……み、皆様、見捨てないで、ください、ね……。
さてさて、来月は蓮誕&バレンタインですね……。
キョコ誕で続きを書きそうなお話にしちゃっていたのですが…まだ続きが一行もかけていない現実!!
蓮誕、間に合いません!が、必ずや完成させますので、もしそのお話もできあがりましたら読んでいただけると幸いです!!よろしくお願いいたします!!
ちょっとそれに集中をしたいと思いますので、その他のお話が遅くなりますが……もうあんまり増やさないように努力しますんで、ちょっとだけ見逃してくださいませ。あ、でも書き溜めたものはちょっとずつ更新しますんでよろしくお願いいたします。
 
ではでは、後は拍手お礼を。
いつもいただいているのに返信のおそいブログで大変申し訳ございません!!
楽しく読ませていただいておりますので、たま~~にで構いませんので、書いていただける方は何か一言いただけるととっても嬉しいです!!よろしくお願いいたします!!
 
雪菜様:帝の至宝へのコメ、ありがとうございます!!本物が完結したお話で、二次小説続けるのはどうかな~と思っていたのですが、コメントをいただいて、また書いてみよう!という思いになりました!!ありがとうございます!!帝の至宝は下手すればギャグに走りかねないときとかあるのですが、それも楽しいですよね!!あの当時はモンハンだったけど、今は何なのでしょうね?ポケモンGO!じゃだめですかね?何が流行りなんだろ~~~??…ゲーム、ださなきゃいいんですかね……でも、何気に帝様がいつもモンハン言いまくっていたのがお気に入りでした……。
 
ちびぞう様:キョコ誕お話へのコメ、ありがとうございます!!楽しんでいただけましたでしょうか?焦りまくりの蓮様は、ちょっとやりすぎたかな?紳士から外れちゃったな…とは思ったのですが、やんちゃなところもある彼ですし、本能的な行動に走れば、お着換え中にも乗り込んでいっちゃうぜ☆みたいなところも無きにしも非ずかと(いや、ないだろう)。
またコメントいただけますと嬉しいです!!今年もよろしくお願いいたします。
 
だぼはぜ様;コメ、ありがとうございます!!お忙しくされていらっしゃいますよね~~……。お元気でいれっしゃいますでしょうか??
またメッセージ、お送りしますね!!……新しいのを書いて!!←プレッシャー……
ふふふ……キョコプレに関しては、ちょっと裏話があるんですが、次回の蓮誕で出せるかはちょっと微妙なんですよね……でも、これもちょっとのせれるように頑張ります。
パパラッチなんかに負けないぜ!!←え!?
今年もよろしくお願いいたします!!そして、またお付き合いのほど、よろしくお願いしますね~~!!
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ハデス様?……ねぇ、ちょっと、えっ!?ハデス様!!」

 

 ハデスは、懐から取り出したものを見つめる。

 それは、真っ赤な色をした、不思議な果実。

 

 影になるだけならいい。

 表情は見えなくても、言葉を交わせる。

 記憶がなくなってもいい。

 コレットが忘れても、ハデスは覚えているから。

 

―――いや。本当に、そうか……?―――

 

 ユリの花が似合う、笑みを浮かべる少女の表情が。

 ハデスの体調を気遣う、優しい声が。

 

 全てが無くなっても、いいと。

…本当に思えるか?

 

「……許さない……。」

 

 そんなことは、許さない。

 

 ハデスを見つめ、笑う顔も。ハデスを呼ぶ声も。ハデスを想い、ハデスが想う全てが、『コレット』を形作るものなのだ。

 どれ一つ、失われていいものはない。

 

 ……失わせようとするものを、許すことなど、できるわけがない……

 

「ハデス様!!」

 

 背後で、ハデスを呼ぶ声がする。

 ここでのただひとつの抑止力になる者として連れてきた、家来の一人。

 元ニンフの彼がいる以上、冥王たる己を保てると思っていた。

 

 ……だが、目の前で、命が消えようとしているのだ。

 

 ハデスの病を癒し、心を癒し。

 誰に乱されることもなかった感情を揺さぶり。

 ただ一人だと。これ以上ないほどに愛しい者だと想った女が。

 

 『人間』というだけで、全知全能たる神の手から、逃れようとしているのだ。

 

―――許せる、ものか……―――

 

 本当は、安心するために来たのだ。

 寝台に横たわりながらも、多くの命を救い、その矜持を誇る娘を、『お前が倒れてどうする』と注意するつもりだった。

 

 だが、それが叶わないのであれば……。

 

 ハデスは、懐から取り出した赤い果実にかぶりつく。

 

 途端に広がる、少し苦みのある、甘酸っぱい味……。

 

「ハデス様!!それはダメです!!」

 

 いつもならばのんびりとした口調で語る冥府の渡し守が、焦りながらハデスに制止の言葉をかけてくる。

 

 だが、彼は口にするだけで体を使ってハデスを止めようとはしない。

 ……いや、止められないのだ。

 

 カロンは絶対服従に見えるガイコツ達以上にハデスの本意に逆らうことができない。

 

 なぜなら、彼の身体にはハデスの『加護』がついている。加護を受けている以上、心でハデスを止めようとも、体は一部、ハデスに預けられている状況だ。ハデスが本気で動きを封じようとしたら、彼以上に逆らうことができない家来はいない。

 

「ハデス様!!」

 

 誰よりも冷静に、ハデスの行動を判断できる家来ゆえにつれてきた男は、同時にハデスの望む暴走を止めることができない者。

 

 それを分かってきて、連れてきた。

 

―――なんて、自分勝手な……―――

 

 気まぐれで、自分勝手。

 己が『良い』と思ったことを実行し、人間を好き勝手に扱う存在。

 

 天界の神を、そう見てきた。

 

 それが良いか悪いかは分からない。だが、ハデスはその考えに抵抗があった。

 人の生と死を見つめ続けてきたからこそ、彼らの人生を捻じ曲げる行為を良しとはしなかったのだ。

 

 けれど……

 

―――結局は、私も『神』か……―――

 

 ハデスは長い年月、冥府の王として人を裁いてきた。

 死した人が、新たな命として生まれるよう、導いてきた。

 

 コレットは多くの命の最期を見つめ続けてきた。

 そして今では、生まれくる命を受け止めることさえできる。

 

 『人』として生まれてくる瞬間から、亡くなる瞬間までを見守り、支え続ける少女。

 

―――その少女を、冥府に攫おう―――

 

 結論が出た瞬間に広がる、暗くも満たされていく想い。

 

 その想いと共に、ハデスは寝台の上にて死を待つ、愛しい人間の女に覆いかぶさった。

 

―――……すまん。―――

 

 初めて触れる少女の唇を前に、脳裏を過ったのは少女への謝罪の言葉。

 だが、決意が覆されることはない。

 

 選ばせてあげることはできない。

 神たる『ハデス』が選んだのだから。

 人間たる『コレット』は、その選択の上で生きるしかない。

 

 冥府の者として。

 ハデスの傍に常に侍り、彼を癒す者として。

 

 ……冥府の、王の妃として……

 

 その選択は、暗く独り善がりにすぎないというのに、なんと甘美なことなのだろう。

 

 仄暗さと甘みを含む味が、口内に広がる。

 その全てをコレットに与えるべく、ハデスはコレットの頬に触れた。

 
 
 
 

 

web拍手 by FC2
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。