パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:
今年も半分が過ぎちゃいましたね。

パッティングはプレーヤーの感情や自信によって左右され、肯定的な気持ちが大切だと、ハーヴィー・ペニックさんの言葉を紹介させて頂きました。→「肯定思考が好結果を生む」

「禅パッティング」(J・ペアレント著 塩谷紘訳 ベースボールマガジン社刊)の出版理由として著者があげている2つの理由は既にご紹介しました。→「ドラマはグリーン上」

その時は、前書きに書かれている執筆理由を端折っていましたが、ゴルファーの心理的な部分について著者は次のように述べておられます。

ーーーー
ゲームの結果を左右する重要なパットに直面したゴルファーが、不安、自己不信、恐怖、そして消極思考にとりつかれ、ミスパットした後で挫折感、怒り、そして自己嫌悪を味わっている姿は見るに忍びない。

また、パッティングで悩み、長期間に亘って悲哀、苛立ち、そして諦観にさらに深く苛まれるゴルファーの姿を見るのは、私にとって悲しいことである。

パッティングは、人間のこうした感情をゴルフの他のいかなる側面よりもはるかに顕著に引き出す。

パッティングは、最も簡単そうに見えるストロークだから、失敗した場合の落胆はことさら大きいのである。本書が紹介するレッスンの数々は、そのような心の痛みを和らげてくれるに違いない。

また、ゴルファー諸氏がこれらのレッスンを通して、必ずパッティングの喜びを実感することができるようになると思っている。

パットのラインが本能的に読めた瞬間、自分のストロークに対する自信に裏打ちされた力みのない動作、スウィートスポットでボールを確実に捉えたときのあのすばらしい感触、カップに向かってひたすら転がってゆく姿を眺めるときに味わうあのこころのときめき、、、。

これらすべてが、パッティングのコツをつかんだゴルファーだけが味わう歓びなのである。(後略)
ーーーー

以前からこの本をお勧めしていますが、内容が心理的なことに多く割かれているせいか(絵で見るハウツー本ではないので)、熟読しないと著書の良いところが理解できないように思います。

即ち、時間をかけないといけない。現代に不向きな著書ですね。漫画チックに脚色してくれた本になるとウケルと思います(笑)。

仮に、1mのパットを外したとします。
同じところから子供がそのパットを入れたとします。
心中穏やかでないですね。

日頃からの練習や気持ちの持ち方で、このような局面にならぬようにしたいと思います。

いつも御協力ありがとうございます。ランク1位を目指しています。

!!(~_~;) 今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。